Bulletin of Glaciological Research
Bulletin of Glaciological Research (BGR) は日本雪氷学会から刊行される英文の学術雑誌で,これまで世界の30カ国の主要な研究機関に配布されてきました.より多くの人にBGRに掲載された論文を 読んでもらうため,2010年28号よりこれまでの冊子体印刷出版からインターネット上で公開するオープンアクセス電子ジャーナルへと移行しました.これにより受理された論文は迅速にウェブサイト上で公開されます.また読者は論文の閲読,ダウンロード,コピー等,著作権法の範囲内で使用が許可され,現在では50か国で読まれています.このたびBGR誌は,Emerging Source Citation Index(ESCI)に収載されました.これによりBGR誌に掲載された論文は,Web of Science上で検索できることになりました.

掲載分野
■雪崩
■吹雪/地吹雪
■雪氷に関連した気候
■宇宙雪氷
■雪および氷の結晶
■氷河
■着氷雪
■アイスコア解析
■氷床ダイナミックス/モデル
■雪氷水文気象
■凍土
■雪および氷の物理・化学
■海氷
■積雪・降雪・融雪
■雪氷技術
■雪氷災害
■その他雪氷に関連したこと

BGRの論文の種類
原稿はArticleReportReviewのカテゴリーに分けられる.
Article:未発表の研究結果に考察,結論を加えた原著論文.
Report:調査・研究結果などの速報性を重視した研究報告.
Review:ある分野のこれまでの研究成果の分析や,将来展望をまとめた総説.
これらはすべて複数の校閲者によって査読される.

査読・編集プロセスなど,その他の詳細は日本雪氷学会のBGRページをご覧ください.

投稿の手引き
著作権について
もっと読む
収録数 57本
(更新日 2022/06/28)
Online ISSN : 1884-8044
Print ISSN : 1345-3807
ISSN-L : 1345-3807
ジャーナル 査読 フリー
Scopus
  • Atmosphere-sea ice-ocean interaction study in Saroma-ko Lagoon, Hokkaido, Japan 2021(北海道サロマ湖における大気–海氷–海洋相互作用研究について) Daiki NOMURA(野村大樹), Hiroki IKAWA(伊川浩樹), Yusuke KAWAGUCHI(川口悠介), Naoya KANNA(漢那直也), Tatsuya KAWAKAMI(川上達也), Yuichi NOSAKA(野坂裕一), Sachi UMEZAWA(梅澤沙知), Manami TOZAWA(戸澤愛美), Takahito HORIKAWA(堀川理人), Reishi SAHASHI(佐橋澪志), Taichi NOSHIRO(能城太一), Ibuki KABA(蒲惟吹), Makoto OZAKI(尾崎誠), Fumiyoshi KONDO(近藤文義), Keisuke ONO(小野圭介), Itsuka S. YABE(矢部いつか), Eun Yae SON, Takahiro TOYODA(豊田隆寛), Sohiko KAMEYAMA(亀山宗彦), Changqing WANG, Hajime OBATA(小畑元), Atsushi OOKI(大木淳之), Hiromichi UENO(上野洋路), Akihide KASAI(笠井亮秀)
最新号のすべての記事を見る
月間アクセス数ランキング (2022年05月)
このページを共有する
過去の巻号を選ぶ
feedback
Top