武道学研究
Online ISSN : 2185-8519
Print ISSN : 0287-9700
ISSN-L : 0287-9700
28 巻 , 1 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 中島 〓, 飯田 穎男, 松浦 義行, 武内 政幸, 田中 秀幸, 稲垣 敦, 上口 孝文
    1995 年 28 巻 1 号 p. 1-12
    発行日: 1995/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    9大学の大学柔道選手351名を対象として形態計測,パフォーマンステスト10要素,29項目に関するI群(65kg以下級),II群(78kg以下級),III群(95kg以下級)・IV群(95kg超級)の下位標本に分類された資料のIV群について因子分析手法を用い,その構造を比較検討した結果次のような結論が得られた。
    1)IV群とも体格(長育,幅量育),静的筋力で代表される要素がここでとりあげた測定項目で測定された基礎運動能力の全体に対する貢献度が高かった。
    2)静的筋力,平衡性要素は代表される項目が階級によって同一因子で抽出されず構造に差異が見られた。とくにI群についてその傾向が見られた。
    3)基礎体力の因子構造としては,I群とIV群間においてその差異が認められる傾向があった。
    4)長育,幅量育については,全群に共通して同一因子で抽出され、能力領域としてのそれぞれの能力は,各階級とも対応し高い類似性を示していて,これらは大学柔道選手の基礎体力を説明する最も重要な要素である。
    5)静的筋力及び,静的・動的平衡性は,全ての階級に同一因子で抽出されたが,I群は,他の群とは能力領域としての差異が見られた。
    6)敏捷性と後屈柔軟性は,I群,II群,III群において同一因子で抽出され,それらの類似性は静的筋力と静的・動的平衡性でみられたものに類似していた。
    7)前屈,後屈柔軟性は,II群,III群,IV群において同一因子が抽出され,それらは敏捷性及び,後屈柔軟性でみられたものと類似していた。
    8)瞬発力の連続発揮の能力は,II群及び,IV群のみに高い類似性をしめしていた。しかし,柔道選手の基礎体力を推定するのに最も重要な要素であるので,何故この2つの階級のみに抽出されたかについては,今後の研究課題としたい。
    9)I群においては,スピード,下肢の瞬発力及び,幅量育が抽出されたが他の階級においては抽出されなかった。I群とその他の階級との間に差異がみられた。なお,この研究の一部は,1992年スペインのマラガにて行われたオリンピック科学会議に発表した。
  • 小俣 幸嗣, 青柳 領, 山下 泰裕, 野瀬 清喜, 射手矢 岬, 吉鷹 幸春
    1995 年 28 巻 1 号 p. 13-22
    発行日: 1995/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    平成6年度S国際柔道大会への参加選手14名を対象に,主観的疲労度をコンディションの一側面と捉え,疲労度と25項目の主観的評価に基づいた諸条件(状態)をアンケート調査し,疲労度との関連を分散分析を用いて検討した。さらにそれらの相関係数をもとに相関図を描き,総括的な関連を検討した。得られた結果は次の通りである。
    1)実質睡眠時間とは別に「眠気」と疲労度に有意な関連がみられた。この原因としては「時差ボケ」が考えられる。
    2)2週間以上でも長期遠征による蓄積疲労度は遠征日数に応じて増加する傾向がみられた。
    3)遠征中の移動は選手にとって,試合日と同程度の負担であることがわかった。
    4)相互に関連はみられるものの,大きく「時差ボケ」による疲労度の因子,「トレーニング強度」と「生活パターン」による疲労度の因子,「遠征日数の増加」による蓄積的疲労度の因子の3系統に分けられた。
    5)「時差ボケ」と「トレーニング強度」の両者に有意な関連を示す因子として「呼吸器系の不調因子」がみられた。
  • 石塚 正一, 田邉 信太郎
    1995 年 28 巻 1 号 p. 23-32
    発行日: 1995/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    In the field of Budo, mokusou (meditation) is a means of controlling mind and body as a part of the training regimen, and approximates meditative practices in Zen. During meditation, the budo practitioner maintains a prescribed posture, regulates his (or her) respiration, and controls activities of his consciousness. There can be no doubt that this psychosomatic control produces a special form of mental activity.
    In order to investigate brain wave activity during meditation, the brain waves of three kendo and three judo practitioners were monitored and recorded at 13 locations on the cranium (i. e., FZ, CZ, PZ, F3, F4, T3, T4, C3, C4, P3, P4, T5, and T6), in accordance with the 10-20 electrode system. The brain waves were processed by fast Fourier transformation for calculation of the power spectral values. In order to consolidate the immense amount of data, factor analysis (identification of factors, based on maximum likelihood, and EQUAMAX rotation) was performed to extract five factors (i. e., delta, theta, alpha-I, alpha-II, and beta). In addition, an analysis of variance (ANOVA) was performed for scoring of the five factors for the purpose of comparing brain wave activity during meditation with that during rest. By this comparison we found a significant disparity in the cases of the theta and alpha-II factors. The brain wave activity represented by these factors was lower during meditation than during rest.
    Since meditation as practiced in budo is a training method akin to that employed in Zen, it was initially anticipated that the frequency of alpha waves monitored during it would be lower. However, investigation of the spectral distribution during meditation determined that the wave frequency tended to be higher rather than lower. This relative increase of the frequency of alpha-wave is a phenomenon that has been found in the brain wave patterns of masters of Qi-gong during Qi-gong practice. It is conceivable that this increase in frequency is caused by the high-order activity of the consciousness accompanying the process of conjuring up images during meditation.
  • 木原 資裕, 浅見 裕, 大塚 忠義, 松村 司朗, 横山 直也, 草間 益良夫, 山神 眞一, 境 英俊, 太田 順康
    1995 年 28 巻 1 号 p. 33-46
    発行日: 1995/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    This study is going to grasp the reality of drop out of KENDO in younger generation with having experienced KENDO, and obstruction factor of KENDO practice by connection with the experience.
    The result is settled like next.
    1) As the reality of person drop out of KENDO, it is the most of experinece “ 1-3 years”, and, subsequently, “3---6 years”, “more than 6 years”, “less than 1 year”.
    2) As contents of high rank of reason that drop out of KENDO, it is gathered up like next, switchover of interest, unpleasantness of kendo, disliking compulsion.
    3) The items of reason dropped out of KENDO was examined by factor analysis, and extracted five factors, and interpreted it as the first factor “lesson criticism”, the second factor “compulsion criticism”, the third factor “environment not fit”, the fourth factor “limit recognition”, the fifth factor “feeling of weariness/discomfort”.
    4) In the second factor “compulsion criticism”, factor score of experience “more than 6 years”, is recognized with the meaningful difference during other group.There in the tendency that the experienced person group of long term for more than 6 years refuses to be forced and drop out of KENDO.
    5) As the characteristic of obstruction factor by the difference of experience the number of years, the obstruction factor in “less than 1 year” was conspicuous as “feeling of weariness/discomfort”. Also, the obstruction factor in “1---3 years” was conspicuous as “limit recognition”, and the obstruction factor in “more than 6 years” was conspicuous as “environment not fit”As the KENDO leader, it is needed to grasp the development stage of young mind and body, skill stage, younger sensitivity and the development of recognition. It will be possible to overcome the obstruction factor by the concrete lesson, that the KENDO leader's originality and device in anticipated.
feedback
Top