武道学研究
Online ISSN : 2185-8519
Print ISSN : 0287-9700
ISSN-L : 0287-9700
33 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 下川 哲徳, 下川 学, 高橋 宗良, 小山 泰文, 松本 高明, 山本 外憲, 中治 洋一, 井之上 正信, 野田 亘, 窪田 辰政, 徳 ...
    2000 年 33 巻 1 号 p. 1-10
    発行日: 2000/09/30
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    本研究は,大学柔道部員,その指導者,および警察柔道選手を合わせた220名を対象に,肩鎖関節損傷についてアンケート調査を行った。その目的は,柔道選手における肩鎖関節損傷の発生率と受傷後の影響,そして,その回復を目指した処置としてのリハビリテーションの効果について明らかにするためである。その結果,以下の点が明らかとなった。
    1)今回調査対象とした220名に起きた全外傷数は,487例であった。全外傷数487例のうち,肩鎖関節損傷は99例あり,それは全体の20.3%であった。
    2)肩鎖関節損傷を負った99人中の9人の柔道の技は,その後変わった。彼らの得意技は,主に背負い投げから一本背負いへと変わった。また,他のスポーツへの影響については,6人が野球の投球動作に支障をきたした。
    3)肩鎖関節損傷の損傷程度は,Weaver式診断法を活用し,以下の方法に基づいて3タイプに分類した。それらは,99人に対する整形外科医による肩鎖関節損傷についての過去の外傷ないしは症状の直接質問,およびX線による肩鎖関節損傷部分の正面画像の撮影,さらに肩鎖関節損傷部分に変形がみられる場合は,X線による5kg負荷のストレス撮影である。その結果,type Iが45人,type IIが35人,type IIIが19人であった。
    4)本研究では,リハビリテーション・プログラムを受けた者はtype IIないしはtype IIIから合計11人であったが,彼らは全員,機能的評価判定について「優」を示した。そして,彼らの回復期間は,リハビリテーション・プログラムを受けなかった者と比べて,短縮した。これらの結果は,肩鎖関節損傷が起きた場合は,可動域や筋力は,適切な診断,ICES処置の徹底,身体面と精神面の両方を考慮して作られたリハビリテーション・プログラムを実行することにより,効果的に回復することを示唆している。リハビリテーション治療の効果は,損傷の程度により差はあるものの,本研究で試みたリハビリテーション・プログラムは,柔道選手が径我をした際,肩鎖関節損傷部分の機能を回復させるための有効な手段の一つになると思われる。
  • 松本 デービット, 武内 政幸
    2000 年 33 巻 1 号 p. 11-19
    発行日: 2000/09/30
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    我々は,これまで数年間アメリカ人柔道選手を対象に,柔道競技(試合)に勝利するために必要な心理的要因について研究を行ってきた。そして,これまでの研究からは自己調整力や心理的な制御力のみならず個人の性格という側面が,競技上のストレスや不安を緩和し,よい成績に繋がるという知見を得ている。しかしながら,これらの結果以外に競技に先行するハードなトレーニング期間に柔道選手を支える重要な鍵となる別の心理的要因があるのではないかとも考えられた。
    本研究は,シニア・ジュニア柔道強化選手を対象に,競技力のみならずトレーニングを予測するための心理的な変数を抽出することを目的としている。
    対象となったのはアメリカ人のシニア・ジュニア柔道強化選手(90名)で,被検者には7種の心理テストが課せられた。これらのテストはアメリカ合衆国オリンピックトレーニングセンターでの二回に亘る合宿中に配布された。さらに二回の合宿中,それぞれの選手についての能力評価はコーチ全員によって評定され,最終的に合宿一ヶ月後のU.S.Senior National Championshipsにおいて指数化された。
    その結果,次の知見が得られた。
    1.楽観的,活動的,内省的な統制力,そして自信といった変数がすべてトレーニング結果を予測するものであった。すなわち合宿中,より楽観的で,より活動的で体力があり,結果に対してより内省的な統御があり,より自信を持っている選手は一様にトレーニングカが優れていた。
    2.また,人当たりの良さ,希望,どの様なとろでも自己調整が可能といった項目に高い得点をつけた選手は競技力に優れていた。さらに,一方で合宿中,怒り,迷い,不安といった項目に低い得点をつけた選手は,その後の競技(試合)で良い成績を修めた。
    3.これらの研究結果は,これまでの研究結果と関連させて,今後の研究の指針になると思われる。
  • 飯田 頴男, 松浦 義行, 武内 政幸, 中島 〓, 田中 秀幸, 若山 英央, 松本 デービット
    2000 年 33 巻 1 号 p. 20-30
    発行日: 2000/09/30
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    In this study, we created a five-point evaluation measurement technique of basic physical fitness on the basis of data collected from 729 university judo athletes. The data included an eight-factor,10-item measurement of basic physical fitness variables considered important in competitive judo. Using these data, we obtained norm values, and created the evaluation meaurement scales separately for each weight division and variable.
    Based on the findings from this study, we were able to conclude the following:
    1. The data were normally distributed in the five point evaluation scale. We thus concluded that this scale could be used in a meaningful way to measure basic physical fitness among club members.
    2. According to our comparison of the data among the various weight categories, it is possible to compare the interrelationships among the various different variables because of their standardization, as well as the special characteristics of each of the weight categories.
    3. It is necessary to further examine the evaluation and measurement methodology of the Bass Dynamic Balance test, and the selection of other measurement items in the future.
  • 岡田 弘隆, 青柳 領, 中村 勇, 南條 充寿, 林 弘典
    2000 年 33 巻 1 号 p. 31-39
    発行日: 2000/09/30
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to investigate the difference of actual situations and consciousness between Japanese and Frence Judo participants in order to clarify the cause of decining Japanese Judo participants A questionnaire containing ten items about popularezing Judo was conducted on two hundred and fourteen Japanese and one haundred and fifty-seven Frence Judo participants. Analyzing the data statistically, the following results were obtained:
    1. French Judo participants began Judo with more positive motivation, at an earlier age and had a better image about Judo than Japanese.
    2. French Judo participants were taught with various better ideas and enjoyed Judo practice more than Japanese.
    3. French Judo participants practiced Judo fiwer time and played more kinds of sports than japanese.
    4. French Judo participants knew their Judo Federation and its activity better than Japanese.
    5. French Judo participants wanted to be involved with Judo for longer and make theie own children play Judo more than Japanese. In addition, the relationship among obtained factors that contribute to popularize Judo, were investigated with an arrow diagram.
  • 鍋山 隆弘, 武藤 健一郎, 有田 祐二, 久保 哲也, 香田 郡秀, 佐藤 成明
    2000 年 33 巻 1 号 p. 40-48
    発行日: 2000/09/30
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    In order to clarity the sports vision capability of kendo player, we used sports vision test on soccer, baseball and volleyball players, whose sports vision capabilities are reported to be fine, to measure eight parameters which includes SVA (Static Visual Acuity), KVA (Kinetic Visual Acuity), DVA (Dynamic Visual Acuity), CS (Contrast Sensitivity), OMS (Ocular Motor Skill), DP (Depth Perception), VRT (Visual Reaction Time) and E/H (Eye/Hand Coordination).
    For each parameter, we ranked every player of kendo, soccer, baseball and volleyball into 4 groups. By means of statistical analysis and comparison of each experimental result, we conclude that there are no defferences in SVA, KVA, CS, OMS, DP, VRT, E/H of each sport player while DVA of soccer and baseball players are higher than of kendo player.
    It is suggested that sports vision capability of a kendo player is almost as good as those of soccer, baseball and volleyball players whose sports vision capacty is said to be fine except DVA.
feedback
Top