分析化学
Print ISSN : 0525-1931
64 巻, 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
年間特集「生」:総合論文
  • 佐々木 直樹
    原稿種別: 年間特集「生」:総合論文
    2015 年 64 巻 1 号 p. 1-8
    発行日: 2015/01/05
    公開日: 2015/01/31
    ジャーナル フリー
    交流動電現象はミクロスケールの交流電場下で生じる流動・泳動現象である.本現象はマクロ系で顕在化せず物理化学的に興味深い.加えて,本現象はマイクロ電極を利用して容易に誘起でき,かつマイクロ流路内での流体・物体操作に十分な能力を有するため有用性が高い.本論文ではこの交流動電現象を,マイクロチップバイオ分析の要素技術として利用する試みについて述べる.例えば,生体分子は一般に分子量が大きいため,物質移動が拡散で支配されるマイクロ流路内では混合・反応に時間がかかる.著者はマイクロ流路内に配した薄膜電極を用いて交流動電流と呼ばれる溶液流れを誘起し,高速溶液混合・反応を実証した.また,分析化学で古くから用いられている曇点抽出法の原理を応用し,膜タンパク質などの生体膜分子をマイクロ流路内の交流電場下でオンライン濃縮する手法を初めて開発した.これらの操作は従来法では実現できず,今後のマイクロチップバイオ分析の高機能化へと貢献することが期待される.
年間特集「生」:ノート
  • 岡本 行広, 日比野 理人, 加地 範匡, 渡慶次 学, 馬場 嘉信
    原稿種別: 年間特集「生」:ノート
    2015 年 64 巻 1 号 p. 9-13
    発行日: 2015/01/05
    公開日: 2015/01/31
    ジャーナル フリー
    The importance of micro RNA analysis has been significantly increasing because the role of micro RNA in the human body has been gradually revealed. Despite its importance, the analysis has suffered from several troublesome pretreatments, which hamper any easy analysis. Therefore, an easy and high-throughput pretreatment method has been demanded. In this paper, we focused on the great advantages of microchip pretreatments over conventional manual pretreatments and developed a microchip for micro RNA extraction. To simplify microchip fabrication, we adopted poly(dimethyl siloxane) (PDMS) microchip and a silica membrane, which has rolls in RNA extraction fields. With silica membranes and the adhesion nature of PDMS, we could easily fabricate RNA extraction fields in the microchip. With this microchip, we successfully extracted micro RNA from cancer tumor cells. Though this is a preliminary experiment, and still has many improvement points, our device is expected to be applied for easy and fast micro RNA extraction from biological samples.
年間特集「金」:総合論文
報文
  • 内藤 宏孝
    原稿種別: 報文
    2015 年 64 巻 1 号 p. 25-34
    発行日: 2015/01/05
    公開日: 2015/01/31
    ジャーナル フリー
    水環境試料中に残留する微量のテトラサイクリン系抗生物質[クロルテトラサイクリン(CTC),テトラサイクリン(TC),オキシテトラサイクリン(OTC),ドキシサイクリン(DC)]及びCTCの代謝物であるイソクロルテトラサイクリン(iso-CTC)を,液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析法(LC-MS/MS)で定量する方法を開発した.試料にエチレンジアミン四酢酸二ナトリウム塩(EDTA-2Na)を添加し,固相カートリッジに通水した後,メタノール/0.1% ギ酸水溶液(1 : 1, v/v)で溶出し,LC-MS/MS法で定量した.本法の検出下限は,CTC 6.2 ng L-1,TC 3.0 ng L-1,OTC 2.9 ng L-1,DC 4.2 ng L-1iso-CTC 2.8 ng L-1で,添加回収実験による回収率は,CTC 89~99%[変動係数(c.v.)3.6~9.0%],TC 95~100%(c.v. 2.5~7.8%),OTC 96~106%(c.v. 1.9~7.0%),DC 80~87%(c.v. 2.3~6.8%),iso-CTC 94~105%(c.v. 2.8~7.5%)であった.本法は,試料へのEDTA-2Naの添加,固相からの溶出溶媒としてメタノール/0.1% ギ酸水溶液(1 : 1, v/v)を用いることにより,TCsの効率的でしかも再現性のある回収が実現され,10 ng L-1レベルのTCsの定量が可能であった.さらに,本研究で開発した分析法を用い,環境水にCTCを添加してその経時変化を確認したところ,一部のCTCがiso-CTCに変換されることが判明し,さらに,実際の環境水中においても,iso-CTCが残存していることが確認された.iso-CTCはCTCと比べ環境水中のきょう雑物の影響を受けず安定であり,環境水中に残留する可能性が示唆された.
技術論文
  • 笠原 岳, 柏倉 俊介, 我妻 和明
    原稿種別: 技術論文
    2015 年 64 巻 1 号 p. 35-41
    発行日: 2015/01/05
    公開日: 2015/01/31
    ジャーナル フリー
    高エネルギー密度を有するレーザー光を材料表面に照射することにより起こる固体試料の直接サンプリング,及び,表面近傍に生起するガスプラズマによる励起・電離現象を利用した発光分析法(laser-induced breakdown plasma-optical emission spectrometry, LIBS)を,鉄鋼のような金属材料中に含まれる非金属介在物の組成分析や3次元分布等の測定に適用するために,その分析条件について基礎的な検討を行った.試料として銅基材中にアルミナ微粒子を分散成形したものを用い,単発レーザー照射を走査する測定条件で,レーザー焦点位置を変えた場合の平面及び深さ方向の空間分解能を測定して,介在物粒子を評価するための最適測定条件について議論を行った.
  • 川瀬 敬三, 門上 希和夫
    原稿種別: 技術論文
    2015 年 64 巻 1 号 p. 43-50
    発行日: 2015/01/05
    公開日: 2015/01/31
    ジャーナル フリー
    社会で使用される化学物質は急速に増加しており,環境や食品の安全性評価,事故の原因究明や災害後の二次被害防止には,多数の化学物質を分析することが望ましい.しかし,化学物質分析に汎用されるガスクロマトグラフィー質量分析(GC/MS)では,同定のための標準物質測定が必要であり,測定物質数を制限している.一方,保持時間の固定や予測を用いた標準物質不要の同定システムも市販されているが,特定機器でしか使用できない.本研究では,市販のガスクロマトグラフ質量分析計(GC―MS)で標準物質を用いずにデータベース登録物質を検出する汎用ターゲットスクリーニングシステムを検討した.本システムは,アメリカ国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology, NIST)のAutomated Mass Spectral Deconvolution and Identification System(AMDIS)に昇温保持指標とマススペクトルを組み込んだものである.データベース作成時と同一条件で試料を測定することで,使用装置に拘わりなく保持時間を精確に予測し,マススペクトルと併せて確実に同定できる.現在の登録物質数は約1000であるが,容易に物質を追加でき,上記だけでなく薬物検出など多方面で活用できる.
ノート
  • 山崎 太一, 宮脇 俊文, 杉原 万理, 沼田 雅彦
    原稿種別: ノート
    2015 年 64 巻 1 号 p. 51-54
    発行日: 2015/01/05
    公開日: 2015/01/31
    ジャーナル フリー
    Since quantitative values on the basis of a nucleus can be obtained by nuclear magnetic resonance (NMR) spectroscopy, the quantitative NMR technique requires no identical standard. For this reason, it is expected to be a universal quantitative method. However, the quantification using an NMR requires a high resolution NMR spectrometer in NMR measurement. In this paper, we discuss the quantitative NMR method using a benchtop NMR spectrometer with a low magnetic field. We studied the conditions of NMR measurement and data process. The precision of the result was evaluated with approximately 1% using a benchtop spectrometer. Especially, the low S/N and large FWHS of the NMR signals caused low repeatability.
アナリティカルレポート
  • 吉田 勤, 内山 茂久, 武口 裕, 宮本 啓二, 宮田 淳, 戸次 加奈江, 稲葉 洋平, 中込 秀樹, 欅田 尚樹
    原稿種別: アナリティカルレポート
    2015 年 64 巻 1 号 p. 55-63
    発行日: 2015/01/05
    公開日: 2015/01/31
    ジャーナル フリー
    Gaseous chemical compounds such as carbonyls, volatile organic compounds (VOC), acid gases, basic gases, and ozone were measured in indoor and outdoor air of 40 houses throughout Sapporo city in the winter (January to March, 2012 and 2013) and summer (July to September, 2012) using four kinds of diffusive samplers. Almost all compounds in indoor air were present at higher levels in the summer than in the winter. The indoor concentrations of acetaldehyde and p-dichlorobenzene exceeded the Health, Labour and Welfare, Japan guideline in three and two houses, respectively. The mean concentrations of formaldehyde were 27 μg m−3 in the summer and 17 μg m−3 in the winter, and showed that the summer concentration was 1.6-fold higher than that in the winter. Nitrogen dioxide was present in extremely high concentrations in the winter, and it was suggested that the sources of nitrogen dioxide in indoor air are kerosene heaters, unvented gas stoves and heaters. Formic acid was generated by combustion because the nitrogen dioxide concentration in indoor air was well correlated with the formic acid concentration (correlation coefficient = 0.947). In outdoor air, the negative correlation between nitrogen dioxide and ozone was observed during the winter. It was suggested that the reaction of nitric oxide and ozone may influence the formation of nitrogen dioxide.
訂正
feedback
Top