日本化学療法学会雑誌
Online ISSN : 1884-5886
Print ISSN : 1340-7007
ISSN-L : 1340-7007
47 巻 , 10 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 李 秀華, 五島 瑳智子, 村井 貞子, 小林 明子, 辻 明良, 高 細水, 胡 尭蒙, 汎 玉秀
    1999 年 47 巻 10 号 p. 611-618
    発行日: 1999/10/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    中国の病院関係者におけるStaphyloococcus auresusの保菌状況を調べることを目的とし, 1996年, 1997年に中国4省4都市7病院で, 健康者25人と入院患者25人を対象に咽頭と鼻前庭粘膜からS. aureusを分離した。分離株の血清型別および薬剤感受性を調べ, 1996年に行った東京の1病院の成績と比較した。
    1) 中国7病院でのS. aureusの分離率は4%~25%であり, 東京の1病院での41.2%に比べ有意に低率であった。
    2) 健康者からのS. aureusの分離率は入院患者よりも高く, 健康者では医療従事者の方が一般人に比較し高い分離率を示した。また, 咽頭からの分離率が鼻前庭に比較して高かった。
    3) 中国7病院で分離されたS. aureusの血清型はコアグラーゼVII型がもっとも多く, エンテロトキシン型は一定ではなかった。これに対して日本の1病院から分離されたS. aureus42株のうち12株がコアグラーII型, エンテロトキシンC型であり, これらはすべてMRSAであった。
    4) 抗菌薬感受性について, 中国7病院での分離株はimipenem, panipenemに対する感受性が高く, tetracycline, erythromycin, roxithromycin, azithromycin には低い成績を示したが, MRSAは分離されなかった。一方, 東京の1病院では42株中17株 (40.8%) がMRSAであったが, すぺての菌株がarbekacinに4.0μg/mL以下, vanoomycinに2.0μg/mL以下のMICを示した。
    中国7病院と東京の1病院で分離されたS. aureusの各種抗菌薬に対する感受性パターンの相違は, これまでの両国における感染症と治療法の差および医療体制の違いによるものと考えられるが, 西洋医学が急速に導入されている中国において, 今後の薬剤耐性菌の推移を検討する基礎資料となるであろう。
  • 石井 良和, 馬 霊, 山口 惠三
    1999 年 47 巻 10 号 p. 619-622
    発行日: 1999/10/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    喀痰から直接β-ラクタマーゼを検出することを目的に, Pseudomonas aeruginosaが分離された喀痰を対象としたβ-ラクタマーゼ活性の測定方法を確立した。喀痰からの抽出操作は30分以内に終了した。P. aeruginosaが106cfu/ml存在する喀痰からの抽出液を100μMのニトロセフィン溶液に添加して5分間37℃ で経時的に吸光度を測定したところ, きわめて良好な直線関係を得ることができた。一方, 106cfu/mlのEnterococcus faecalisが存在する検体からはβ-ラクタマーゼ活性は認められなかった。次に検出された菌量が異なる複数の検体を用いて検出限界に関する検討を行った。その結果, P. aeruginosaが105cfh/ml以上の菌量が存在する検体からはβ-ラクタマーゼ活性が検出された。また, ペニシリナーゼを産生するEscherichia coliが107cfu/ml存在する喀痰のKm値は127μMと大きな値を示し, セファロスロリナーゼを産生するP. aeruginosaの値とは大きく異なった。以上の結果から, 今回検討した方法は迅速, 簡便かつ高感度で検体からβ-ラクタマーゼを検出することが可能な方法であった。
  • その喀痰中移行と細菌学的効果
    渡辺 浩, 真崎 宏則, 渡辺 貴和雄, 大石 和徳, 永武 毅, 朝野 和典, 前崎 繁文, 平潟 洋一, 河野 茂
    1999 年 47 巻 10 号 p. 623-631
    発行日: 1999/10/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    新フルオロキノロン系抗菌薬gatifloxacin (GFLX, AM-1155) の慢性気道感染症に対する有効性ならびに血清中濃度および喀痰中濃度について検討し, あわせて細菌学的効果, 安全性についても確認した。4例 (気管支拡張症3例, 陳旧性肺結核二次感染1例) の慢性気道感染症患者に本剤1回200mg, 1日2回食後経口投与し, 血清中および喀痰中の薬剤濃度を測定した。それぞれの症例における最高血清中濃度は0.72~3, 65μg/ml, また最高喀痰中濃度は3.81~7.11μg/mlに分布し, 喀痰中移行率は171~625%であった。4例における臨床効果は著効1例, 有効1例, やや有効1例, 無効1例であった。起炎菌は4例とも判明し, 3例がPseudomonas aeruginosa, 1例がHaemophilus influenzaeMoraxella catarrhalisの混合感染であったが, 細菌学的効果ではP. aeruginosaのうち1例は減少, 1例は不変, 1例は判定不能であり, H. influenzaeM. catarrhalisはいずれも陰性化した。なお, 副作用, 臨床検査値の異常変動は認められなかった。以上より本剤は慢性気道感染症において良好な喀痰中移行を示すことから, 優れた臨床効果を期待しうる薬剤と結論される。
  • 馬場 駿吉他
    1999 年 47 巻 10 号 p. 632-648
    発行日: 1999/10/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    新規の経口用フルオロキノロン系抗菌薬であるgatifloxacin (GFLX, AM-1155) の耳鼻咽喉科領域感染症に対する基礎的, 臨床的検討を行った。
    1. 中耳粘膜中GFLX濃度は100mg投与120~165分後においてND (定量限界以下) ~0.66μg/g, 200mg投与では140~510分後においてND~1.11μg/gであり, 対血清比は023~6.00 (組織・体液あるいは血清中濃度がNDであったものを除く, 以下同様) であった。副鼻腔粘膜中GFLX濃度は100mg投与120~170分後において, 1.06~1.91μg/g, 200mg投与では110~160分後において1.79~4.29μg/gであり, 対血清比は1.41~2.20であった。耳下腺組織中GFLX濃度は100mg投与150~350分後で0.34~2.52μg/gであり, 対血清比は1.82~7.00であった。
    2. 耳鼻咽喉科領域感染症111例に対する臨床効果の有効率は, 中耳炎75.7%(28/37), 副鼻腔炎88.2%(15/17), 扁桃炎85.2%(23/27), 咽喉頭炎81.8%(9/11), 外耳炎86.7%(13/15) および化膿性唾液腺炎100%(4/4) であった。全体の臨床効果は, 著効39例, 有効53例, やや有効14例, 無効5例であり, その有効率は82.9%(92/111) であった。
    3. 分離菌の消失率はグラム陽性菌87.0%(67/77), グラム陰性菌90.9%(30/33), 嫌気性菌100%(8/8), 分離菌全体では89.0%(105/118) であった。
    4. 副作用は115例中5例 (4.3%), 臨床検査値異常は92例中4例 (4.3%) に認められたが, いずれも重篤なものではなかった。
    以上の成績より, 本薬は良好な組織移行性を示し, 耳鼻咽喉科領域感染症に対して安全で, かつ高い臨床効果を期待しうる有用性の高い薬剤であることが示唆された。
  • 大石 正夫他
    1999 年 47 巻 10 号 p. 649-661
    発行日: 1999/10/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    新しく開発されたフルオロキノロン系抗菌薬gatinoxacin (GFLX) の眼科領域感染症に対する臨床効果, 安全性および有用性を多施設一般臨床試験により検討した。
    1) 臨床効果: 臨床効果の解析対象例79例に対する臨床効果は「著効」38例, 「有効」36例, 「やや有効」5例で有効率は93.7%(74/79) であった。
    2) 細菌学的効果: 起炎菌の検出された52例における細菌学的効果 (菌陰性化率) は, 98.1%(51/52) であった。
    3) 安全性: 副作用の解析対象例94例における副作用は, 「下痢・嘔気」1例, 「下痢」2例, 「便秘」1例, 「腹部膨満感」1例で, 副作用発現率は5, 3%(5/94) であった。また, 臨床検査値の解析対象例64例における臨床検査値異常は, 「アルカリフォスファターゼ上昇」1例および「ビリルビン上昇」1例で, 臨床検査値異常発現率は3.1%(2/64) であった。
    4) 有用性: 有用性の解析対象例81例での有用率は91.4%(74/81) であった。
    以上, GFLXについて臨床的検討を行った成績から, 本薬剤は各種細菌性外眼部感染症に対して, 1回100mg1日2回の投与で高い有用性が期待できる経口抗菌薬と考えられた。
  • 河田 幸道他
    1999 年 47 巻 10 号 p. 662-679
    発行日: 1999/10/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    8-メトキシキノロン系抗菌薬gatifloxacin (GFLX) の複雑性尿路感染症に対する有効性, 安全性および有用性を客観的に評価する目的でlevofloxacin (LVFX) を対照薬剤とした二重盲検比較試験を実施した。対象は尿路に基礎疾患を有する複雑性尿路感染症で, 患者条件はカテーテル非留置の20歳以上, 原則80歳未満で, 5コ/hpf以上の膿尿と104CFU/mL以上の細菌尿を有する症例とした。GFLXは200mgを1日2回, LVFXは100mgを1日3回, 7日間経口投与した後, UTI薬効評価基準 (第3版) に従い臨床効果を判定し, 以下の成績を得た。
    1. 総投与症例248例のうち有効性の評価対象症例は, GFLX群97例, LVFX群98例で, 両群間の症例の背景因子に有意差を認めなかった。総合臨床効果における有効率はGFILX群93.8%, LVFX群86.7%で有意差を認めず, これをUTI疾患病態群ごとに比較した場合にも, 有意差を認めなかった。総合臨床効果について△=10%とした同等性の検定では, GFLXはLVFXとの同等性が検証された。
    2. 細菌学的効果における菌消失率はGFLX群93.2%(148株中138株消失), LVFX群912%(147株中134株消失) で有意差を認めなかった。投薬後出現細菌はGFLX群8例 (8.2%) から8株, LVFX群14例 (14.3%) から16株分離されたが, 出現頻度, 出現菌種の内訳について両群間に有意差を認めなかった。
    3. 副作用はGFLX群123例中の9例 (7.3%), LVFX群123例中の9例 (7.3%) に認められ, また臨床検査値異常はGFLX群の5.4%(111例中6例), LVFX群の3.6%(110例中4例) に認められたが, いずれも両群間に有意差を認めなかった。副作用および臨床検査値異常に重篤なものはなかった。概括安全度におけるほぼ安全以上の安全率はGFLX群93.0%, LVEX群94.7%で有意差を認めなかった。
    4. 治験担当医師が判定した有用性において, 平均スコアはGFLX群で83.7, LVFX群で77.6であり, 両群問に有意差を認めなかった。
    以上の成績から, GFLXの200mg 1日2回投薬は, 複雑性尿路感染症の治療においてLVFXの100mg 1日3回投薬と臨床効果で同等性が検証され, LVFXと同様に有用であると考えられた。
  • 河田 幸道, 高橋 義人, 斎藤 功, 仁藤 博, 押 正也, 土井 違朗
    1999 年 47 巻 10 号 p. 680-691
    発行日: 1999/10/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    カテーテル留置症例に合併した複雑性尿路感染症に対する8-メトキシキノロン系抗菌薬gatifloxain (GFLX) の有用性を検討した。対象は尿路に基礎疾患を有する複雑性尿路感染症患者のうち, 20歳以上, 80歳以下のカテーテル留置症例である。GFLXは200mgあるいは300mgを1日2回, 7日聞経口投与した後, UTI薬効評価基準 (第3版) に従って臨床効果を判定し, 以下の成績を得た。
    1. 総投与症例47例 (200mg群26例, 300mg群21例) のうち, 有効性の評価対象は200mg群20例, 300mg群16例の計36例であった。
    2. 総合臨床効果における有効率は200mg群で70.0%(14/20例), 300mg群で68.8%(11/16例) であった。
    3. 細菌学的効果における菌消失率は200mg群で88.3%(53/60株), 300mg群で88.9%(32/36株) であり, 投薬後出現細菌は200mg群で4例 (20.0%) から4株, 300mg群で6例 (37.5%) から6株が分離された。
    4. 副作用は200mg群では26例中2例 (7.7%) に2件, 300mg群では21例中2例 (05%) に2件認められた。また臨床検査値異常は200mg群の26例では1例も認められず, 300mg群では16例中2例 (12.5%) に認められた。副作用および臨床検査値異常はいずれも重篤なものでなかった。概括安全度におけるほぼ安全以上の安全率は200mg群で96.2%(25/26例), 300mg群で88.9%(16/18例) であった。
    5. 治験担当医師の判定による有用性スコアの平均値は200mg群で77.0, 300mg群で694であった。
    以上の成績から, GFILXはカテーテル留置に伴う複雑性尿路感染症に対して高い臨床効果と安全性が得られる有用な薬剤であり, GFLXの用量としては1回200mg, 1日2回の投薬で十分であると考えられた。
feedback
Top