日本化学療法学会雑誌
Online ISSN : 1884-5886
Print ISSN : 1340-7007
ISSN-L : 1340-7007
47 巻 , 9 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 田中 正利
    1999 年 47 巻 9 号 p. 543-552
    発行日: 1999/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    わが国におけるNeisseria gonorrhoeaeのニューキノロン (new quinolone: NQ) 系薬に対する耐性化状況, およびその耐性機序について検討した。
    1. N.sonorrhoeaeのNQ系薬耐性化状況
    529株 (1981~1984年分離27株, 1993~1994年分離151株, 1995~1996年分離154株, および1997~1998年分離197株) のN.gonorrhoeaeに対するNQ系薬をはじめとする各種薬剤のMIC値を測定した。Norfloxacin, ciprofloxacin (CPFX), levofloxacin, およびsparfloxacinの1997~1998年分離N.gonorrhoeae 197株に対するMIC90値は, 1981~1984年分離27株に対するそれより64~256倍も高い値を示し, N.gonorrhoeaeのNQ系薬に対する耐性化が顕著であった。NQ系薬耐性株 (CPFX MIC≧1μg/ml) の検出率は, 1981~1984年の0%(0/27) から年々上昇し, 1997~1998年では24.4%(48/197) と有意に高い検出率を示した。一方, β-ラクタム系薬をはじめとするNQ系薬以外の薬剤に対する耐性化は明らかではなかった。1995~1996年分離N.gonorrhoeae 116株における栄養要求型とNQ系薬耐性化の関係を検討した。CPFXのproline要求型に対するMIC90値は2μg/mlで, prototrophicやarginine要求型など他の栄養要求型に対するそれより8~512倍も高い値を示した。すなわち, proline要求型がNQ系薬に耐性化を示した。
    2.
    N.gonorrhoeaeのNQ系薬耐性機序
    CPFXのMIC値が0.125~0.5μg/mlに分布するNQ系薬中等度耐性N.gonorrhoeae 36株のうち, 25株はDNA gyrase subunit A (GyrA) のみのキノロン耐性決定領域 (quinolone resistance-determining region: QRDR) にアミノ酸変化を有し, また, 11株はGyrAとtopoisomerase IV parC-encoded subunit (ParC) の両酵素のQRDRにアミノ酸変化を有していた。CPFXのMIC値が1~16μg/mlに分布する耐性29株はすべてGyrAに2か所のアミノ酸変化を有し, それに加えParCに1か所または2か所のアミノ酸変化を有していた。GyrAにおいては91番目のserine (Ser) →phenylalanine (Phe) 変化, またParCにおいては88番目のSer→proline変化の頻度がもっとも高かった。なお, ParCのみにアミノ酸変化を有する株は検討した128株中1株も認められなかった。これらのことより, N.sonorrhoeaeのNQ系薬耐性獲得にはGyrAにおけるアミノ酸変化が重要で, ParCにおけるアミノ酸変化は高度耐性化に関係していると考えられた。
    Pazufloxacin (PZEX) を1回200mg, 1日3回, 3日間経口投与した男子淋菌性尿道炎におけるN.gonorrhoeae消失率は66.7%(28/42) と低く, 臨床的にもN.gonorrhoeaeのNQ系薬耐性化は明らかであった。PZFX投与後, 野生型およびGyrAの75番目, または95番目にアミノ酸変化を有する株はすべて消失したものの, GyrAのSer-91→Phe変化を有する株の消失率は21.4%と低く, また, GyrAに2か所のアミノ酸変化を有する株, およびGyrAとParCの両者にアミノ酸変化を有する株は1株も消失しなかった。
  • 菅澤 正, 高砂 江佐夫
    1999 年 47 巻 9 号 p. 553-557
    発行日: 1999/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    頭頸部腫瘍手術施行患者を対象にarbekacin (ABK) の血清中動態および耳鼻咽喉科領域における組織内移行を検討した。ABK, 100mgまたは200mgを30分かけて静脈内点滴投与したときの最高血清中濃度は, それぞれ8.1μg/mlおよび14.9μg/mlであり, その後それぞれ1.6hおよび2.4hの半減期で消失した。また, 分布容積は, それぞれ11.1Lおよび12.5Lであった。耳鼻咽喉科領域における組織内濃度を測定したところ, 鼻腔粘膜, 口腔粘膜, 咽頭粘膜, 胸鎖乳突筋, 頸部脂肪組織等の各組織内濃度と同時点における血清中濃度との比は0.10~0.56であり, 組織に占める細胞外液量比率に近似し, これらの組織においてABKが主として細胞外液に分布していることが示唆された。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌が存在する細胞外液中濃度を考えると, 100mg投与, 200mg投与いずれの場合もMIC90以上の濃度を維持しており, ABKは十分有効性を発揮しうると考えられる。
  • 天野 博史, 大浜 仁也, 須田 勝久, 堀 光広
    1999 年 47 巻 9 号 p. 558-565
    発行日: 1999/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    最近, 当院ではメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (methicillin resistant Staphylococcus aureus以下, MRSA) によるアウトブレイクを経験した。ほどなくMRSAは, 救急センター病棟を含む院内全域に蔓延し, 数例のMRSA感染症による死亡例を経験するに至った。院内感染対策の再強化が徹底されたにもかかわらず, 保菌症例および感染症例はさらに増加した。1997年7月より, 救急センターに限定して, 患者全員に対しmupirocin (MUP) の1日3回3日間の一斉塗布を実施した。また, 以降9か月, 新規入院患者に対しても, 入室時に同様のレジメンにて予防的塗布を行った。MUPの一斉塗布導入の前後で, 救急センター病棟および呼吸器疾患ユニットを含む一般病棟におけるMRSA保菌者数および感染症例数を比較検討した。MRSA保菌・感染の頻度は, 両病棟において著しく減少し, 救急センター病棟におけるMUPの一斉塗布は, 救急センター病棟のみならず, 一般病棟における保菌・感染の減少にも有効であった。
  • 河田 幸道
    1999 年 47 巻 9 号 p. 566-592
    発行日: 1999/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    前立腺炎および尿道炎に対する薬効評価基準が, UTI研究会により1989年5月にUTI薬効評価基準 (第3版追補) として制定され現在まで広く用いられてきた。
    今回, 米国でのIDSA/FDAガイドラインの剃定に伴い, 国際的にハーモナイズした臨床評価法を制定するべく, 日本化学療法学会に臨床評価法制定委員会が組織され, 泌尿器系委員会では2年間にわたる検討の結果, 尿道炎に対する臨床評価の改定案がまとまったことから, ここに「資料解説」として掲載することになった。
    今回の改定案は暫定案の名のごとく, 数年後に見直しをした上で最終的な基準にしたいと考えている。多くの会員からのご意見, ご助言を切望している。
feedback
Top