日本化学療法学会雑誌
Online ISSN : 1884-5886
Print ISSN : 1340-7007
ISSN-L : 1340-7007
51 巻 , 9 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 1993年から2002年の分離株について
    千葉 菜穂子, 長谷川 恵子, 小林 玲子, 鈴木 悦子, 岩田 敏, 砂川 慶介, 生方 公子, 化膿性髄膜炎・全国サーベイランス研究班
    2003 年 51 巻 9 号 p. 551-560
    発行日: 2003/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    1993年から2002年の10年間に化膿性髄膜炎例から分離された肺炎球菌286株と, 髄液のPCRを直接実施し起炎菌が肺炎球菌であると診断された18例の合計304例を解析対象とした。その内訳は小児が199例, 成人が105例であった,) 分離株に対する注射用抗菌薬の感受性, ペニシリン結合蛋白 (PBPs) の遺伝子変異の有無, および莢膜血清型について検討した。PCRによって解析された.pbp 1a, pbp 2x, およびpbp 2b遺伝子の変異と, 基準薬のpenicillin Gに対するMIC90との関係から, 被験菌は,(i) 3遺伝子に変異をもたないPSSP (23.1%, MIC90: 0.031μg/mL),(ii) pbp 2x単独変異 (19.9%, 0.063μg/mL),(iii) pbp 2b単独変異 (0.7%, 0.125μg/mL),(iv) pbp 2x+2b交異 (5.9%, 0.25μg/mL),(v) pbp1a+2x変異 (10.5%, 0.25μg/mL),(vi) 3遺伝子に変異を認める株のPRSP (39.9%, 2μg/mL) に識別された。(ii) ~ (v) の株はPISPとした。全国サーベイランス研究とそれ以前に分離された菌株とを比較すると, 過去3年間の分離株ではPRSP, PbP1a+2x, およびpbp 2x変異株の割合が有意に高くなっていた。PRSPによる発症率は, 成人 (27.1%) に比べ, 小児 (45.3%) において高かった, PRSPに対する抗菌力はpanipenemのMIC90が0.125μg/mLともっとも優れ, 次いでbiapenem (0.25μg/mL), meropenemとvancomycin (0.5μg/mL), cefbtaxime (1μg/mL), ceftriaxone (2μg/mL), ampicillin (4μg/mL), cefbtiam (8μg/mL) の順であった。小児由来の肺炎球菌における血清型は, 6B (25.4%), 19F (19.0%), 23F (13.8%), 6A (10.1%), および14型 (7.9%) の順に多く, 成人では23F (16.5%), 22 (12.4%), 3 (11.3%), 6B (10.3%), 19F (9.3%) および10と14型 (6.2%) が多かった。両者間の血清型には明らかな違いが認められた (x2=56.9656, p=0.0000 (**))。PRSPは小児山来株に多く認められる血清型に多かった。過去3年間の小児起炎菌に対する7価と11価の肺炎球菌conjugate vaccineのカバー率は, それぞれ76.7%と81.7%であった。しかし, 成人山来株に対するカバー率は, 43.8%と56.3%と低かった。上述した肺炎球菌による髄膜炎例の成績は, vaccineの導人と全国規模の正確なサーベイランスの必要性を強く示している。
  • 中規模2市中病院を対象として
    木津 純子, 金田 充博, 青木 夫, 宮崎 美子, 太田 隆文, 堀 誠治
    2003 年 51 巻 9 号 p. 561-568
    発行日: 2003/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    キノロン系薬と非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) の併用は, 禁忌ないし注意となっているものが多く認められる。しかし, これらの薬物併用の実態は, 必ずしも明らかではない。そこで, 市中病院である社会福祉法人三井記念病院および東京都教職員互助会三楽病院における両系薬剤の併用実態を処方せんより調査した。平成14年1月から2月の外来処方せん88, 159枚 (三井記念病院51, 195枚, 三楽病院36, 964枚) および人院処方せん13, 692枚 (三井記念病院9, 543枚, こ楽病院4, 149枚) のうち, 三井記念病院では1.6%に, 三楽病院では0.8%にキノロン系薬が処方されていた。キノロン系薬として頻度の高いものは, levofloxacin (全キノロン系薬処方枚数の82.5%) であり, ciprofloxacin (8.9%) が次いでいた, これらのキノロン系薬処方のうち, 三井記念病院では30.6%, 三楽病院では13.5%に, NSAIDs・解熱鎮痛薬が併用処方されていた。併用処方されているNSAIDS・解熱鎮痛薬では, acetaminophenおよびその配合剤が多く (56.8%), loxoprofen sodium, mefenamic acidの順であった。一方, 同時に調査したセフェム系薬では, 全セフェム系薬処方枚数の47.9%, 外来処方では58.3%においてNSAIDs・解熱鎮痛薬と併用処方されていた。これらの結果から, キノロン系薬とNSAIDsとの併用は実際に行われていることが認められた。これらの薬剤を使用する際の安全性の確立, さらには薬物相互作用の個別化が急務であることが示された。
  • 坂田 宏
    2003 年 51 巻 9 号 p. 569-573
    発行日: 2003/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    2002年8月から2003年3月までに旭川厚生病院小児科で診療した生後1か) 1から14歳までの呼吸器感染症患者150名の上咽頭から検出されたHaemophilus influenzaeについて, ampicillin (ABPC), piperacillin (PIPC), cefotaxime (CTX), ceftriaxone (CTRX), meropenem (MEPM), amoxicillin/clavulanic acid (AMPC/CVA) に対する感受性についてEtestを川いて測定した。β-lactamasenegative ABPC susceptible (BLNAS) 株が60株 (40.0%), β-lactamase negative ABPC resistant (BLNAR) 株のうち, ABPCのMICが2μg/mL以上4μg/mL未満の菌が48株 (32.0%), 4μg/mL以上の菌が36株 (24.0%) であった。β-lactamase positive ABPCresistant株が5株 (3.3%), β-lactamase positive AMPC/CVA resistant株が1株 (0.7%) であった。MIC90はPIPCとCTRXは0.25μg/mL, MEPMは0.5μg/mL, CTXは2μg/mL, ABPCは8μg/mLであった。BLNASとBLNARのMICg0を比較すると, ABPCは1.5μg/mLと8μg/mL, PIPCは0.125μg/mLと0.25μg/mLCTXは1.5μg/mLと8μg/mL, CTRXは0.125μg/mLと0.38μg/mL, MEPMは0.1gμg/mLと0.5μg/mLで, いずれもBLNARの方が高かった。
  • 草場 耕二, 高柳 恵, 永沢 善三, 青木 洋介, 永山 在明
    2003 年 51 巻 9 号 p. 574-578
    発行日: 2003/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    Methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) をはじめとする多剤耐性グラム陽性球菌は, 院内感染の原因菌として注目され, これに対する特効薬としてvancomycin (VCM) などが挙げられるが, グリコペプタイド系の抗菌薬にも耐性を示すvancomycin resistant enterococci (VRE) やvancomycin resistant Staphylococcus aureus (VRSA) の出現が社会的にも問題となっている。そこでグラム陽性球菌を対象とした新しい抗菌薬である1inezolid (LZD) を中心にMRSA, Staphylococcusepidemidis, S. epidemidis以外のcoaglase negative staphylococci (CNS), Streptococcus pneumoniaeおよびVREを用いて抗菌力を検討した。測定した抗菌薬はLZDの他にimipenem (IPM), biapenem (BIPM), arbekacin (ABK), levofloxacin (LVFX), VCMおよびteicoplanin (TEIC) の7薬剤である。MRSAなどのStaphylococcus属に対する各抗菌薬のMIC値はLZDが0.5~4μg/mL, VCMが0.25~2μg/mL, TEICが≦0.06~8μg/mL, ABKが≦0.06~2μg/mLであり耐性傾向を示すことはなかったが, IPM, BIPM, LVFXにおいは耐性傾向が認められた,) またS.pneumoniaについてはABKを除き耐性傾向は認められなかった, さらに, VREにおいてはLZDを除いたその他の抗菌薬には耐性傾向を示したが, LZDに対して耐性傾向は認められなかった。
  • 坂本 晋, 本間 栄, 中谷 龍王, 川畑 雅照, 岸 一馬, 坪井 永保, 成井 浩司, 五十嵐 正博, 林 昌洋, 中田 絋一郎, 吉村 ...
    2003 年 51 巻 9 号 p. 579-582
    発行日: 2003/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    症例は81歳男性。脳硬塞のため人院加療中に39℃台の発熱が出現, 静脈血培養でMRSAが検出され, カテーテル感染にもとつく敗血症と診断された。カテーテルを抜去後vancomycin (VCM) の投与を開始したが, VCMが有効血中濃度に達していたにもかかわらず臨床症状, 検査成績とも改善せず, 血液培養でもMRSAは消失しなかった。このためlinezolid (LZD) 1, 200mg/dayの投与を開始したところ, 解熱し炎症反応の改善が得られた.しかしながら上血小板減少が出現したためLZDの投与を中止し, VCMの投与を再開したものの, その後誤嚥性肺炎を併発し死亡した。LZDはオキサゾリジノン系に属する新規抗菌薬で日本では2001年vancomycin-resistant enterococciの治療薬として承認された。MRSA感染症に関しては臨床試験中であるが, 本症例のようなVCMに抵抗性のMRSA感染症に対する有効性が期待されしる。
  • 田口 文広, 陸 青, 清水 正樹
    2003 年 51 巻 9 号 p. 583-585
    発行日: 2003/09/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    マウスコロナウイルス (マウス肝炎ウイルス, MHV) A-59株に対するポビドンヨード (PVP-1) を主成分とする各製剤のin vitro殺ウイルス効果を検討した。PVP-I消毒液, PVP-I含嗽夜, PVP-1手指消毒液, 速乾性PVP-I手指消毒液およびPVP-I喉用液 (0.1~5%PVP-1) の5秒間処理により, ウイルス感染値が1/104以下に減少した。このことは, PVP-1各製剤はマウスコロナウイルスに対して強い殺ウイルス効果をもつことを示している.
  • 2003 年 51 巻 9 号 p. 598
    発行日: 2003年
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
feedback
Top