日本化学療法学会雑誌
Online ISSN : 1884-5886
Print ISSN : 1340-7007
ISSN-L : 1340-7007
52 巻 , 4 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 武藤 祐子, 高田 利彦, 川畑 敏枝, 疋田 宗生, 渡部 宏臣
    2004 年 52 巻 4 号 p. 209-213
    発行日: 2004/04/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    Pseudomonas aeruginosa感染によるラット敗血症モデルでのカルバペネム系薬のbiapenem (BIPM), meropenem (MEPM) およびセフェム系薬のceftazidime (CAZ) の治療効果および種々臓器障害への影響を比較した。
    敗血症モデルは, cyclophosphamide処置ラットに108CFUのP. aeruginosaを静脈内投与で感染させて構築した。抗菌薬は感染2時間および8時間後皮下投与した。血液中生菌数は感染12時間後に測定した。生体反応の相対評価として, 臓器障害パラメータの乳酸脱水素酵素 (LDH), BUN, GPTも感染12時間後に測定した。
    BIPM, MEPMおよびCAZはいずれも有意な治療効果を示し, その効果はほぼ同等であった。BIPMはLDHに対しても有意な抑制効果を示したが, MEPMおよびCAZは抑制効果を示さなかった。さらにBIPMのLDH抑制効果はCAZの効果より有意に強かった。BUNまたはGPTに対して, BIPMおよびMEPMは有意な抑制効果を示した。白血球数および血小板数に対し, いずれの抗菌薬も影響を示さなかった。
    本研究では, P. aeruginosa感染による敗血症モデルに対し, 治療効果はカルバペネム系薬とセフェム系薬でほぼ同等であるが, 臓器障害抑制効果の面ではカルバペネム系薬BIPMおよびMEPMはセフェム系薬CAZより優ることが示された。さらに, 臓器障害抑制効果の面ではBIPMはMEPMより優る可能性も示唆された。以上より, P. aeruginosa感染によるsepsis治療においてカルバペネム系薬を選択することは予後改善の面でよいと考えられる。
  • 藤上 良寛, 桑原 正雄, 児玉 有里, 清水 里美, 渡部 八重子, 山根 博行, 土井 正男
    2004 年 52 巻 4 号 p. 214-218
    発行日: 2004/04/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    1998年2月から2002年10月までに当院で分離された喀痰由来緑膿菌160株を対象とし, 抗緑膿菌薬8剤のMICを測定した。また, カルバペネム系薬耐性株についてmetallo-β-lactamaseの検出を試み, 以下の成績を得た。
    (1) 抗菌力は, CPFX>MEPM>PZFX>IPM>CAZ>AMK>SBT/CPZ>PIPCの順で優れていた。
    (2) カルバペネム系薬の耐性率 (I: intermediate+R: resistant) は, IPM21.3%, MEPM13.8%であった。
    (3) IPM耐性 (I+R) 34株に対するMEPMの感受性は,(1) 44.1%, ®20.6%と多くの株が交差耐性を示した。
    (4) metallo-β-lactamase産生株は認めなかった。
    (5) IPM≧16μg/mL, CPFIX≧4μg/mL, AMK≧32μg/mLの3系統薬剤に同時に耐性を示すいわゆる薬剤耐性緑膿菌は認めなかった。
    (6) 喀痰由来緑膿菌においてもカルバペネム系薬を中心に耐性化が進んでおり, 継続した抗菌薬適正使用の啓発と耐性菌の監視が必要である。
  • 正岡 徹, 林 邦雄, 長谷川 稔, 陰山 克, 椿尾 忠博, 富永 信彦, 森田 隆子, 冨山 佳昭, 中川 雅史, 田嶌 政郎, 高橋 ...
    2004 年 52 巻 4 号 p. 219-222
    発行日: 2004/04/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    Febrile Neutropnia (FN) が抗菌薬の適応疾患として承認されると考え, Cefozopran (CZOP) を試験薬として臨床研究の予備的検討を行った。FNを対象疾患とした場合の除外脱落率は敗血症の場合に比べて著明に低かった。血液内科11施設よりの日本のガイドラインの基準によって選ばれた44例について検討した。日米ガイドラインの差異についての検討では腋下37.5℃ 以上, 好中球1, 000以下の日本の基準はほぼ妥当と考えられた。3日目有効率23.2%, 5日目有効率39.5%であり, 初回治療変更日は5日目 (米国基準) が妥当と考えられた。好中球100以下の症例での7日目有効率61.8%, 好中球100以下の期間0のものでは85.7%, 5日以上のものでは33.3%であった。
    FNの日本のガイドラインによる診断基準は妥当で米国基準と大差なく, その臨床研究は除外脱落が少ないと考えられる。またCZOPは囲治療薬として有望と考えられた。
  • 大隈 雅紀, 村谷 哲郎, 松本 哲朗, 東 修一, 後藤 令子, 小林 とも子
    2004 年 52 巻 4 号 p. 223-227
    発行日: 2004/04/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    症例は89歳女性で40.7℃ の高熱がみられ, 同日の血液培養よりEscherichia coli (E. coli) が分離された。その後, 2月7日のカテーテル尿および2月8日の便からも同様の薬剤感受性を示すE. coliが分離された。治療抗菌薬はcefpirome+isepamicinの点滴静注を開始したが, 薬剤感受性試験の結果より, 基質特異性拡張型β-lactamase産生菌であると推定されたため, imipenem (IPM) +fosfomycin (FOM) の点滴静注に変更した。IPMは薬疹のため中止し, FOM点滴静注単独としたが体温, 炎症反応は速やかに改善した。β-lactamase遺伝子の塩基配列を決定したところ, UOE-1 typeと同定された。血液培養, 尿, 便から検出された株の染色体DNAのNot I切断パターンをパルスフィールドゲル電気泳動により比較したところ, 同一株であることが判明した。便由来の上行性尿路感染症からのurosepsisと考えられた。
  • 山田 尚, 雨山 智, 福田 淑子, 満山 順一, 南 新三郎
    2004 年 52 巻 4 号 p. 228-230
    発行日: 2004/04/25
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    1997年に大韓民国で分離された, ペニシリンに高度耐性を示す肺炎球菌について, 表現型および遺伝型の両面から改めて同定を行った。本菌株は, α 溶血性およびオプトヒン感受性から肺炎球菌としていたが, 自己融解酵素 (lytA) を有しておらず, アピ®20ストレップにおいて口腔内連鎖球菌と物定されたことから, 肺炎球菌と異なる菌種であることが示唆された。肺炎球菌を正確に同定するためには, 特徴的な表現型だけでなく, 遺伝子型の解析等も組み合わせて行うことが重要であると考えられた。
feedback
Top