日本化学療法学会雑誌
Online ISSN : 1884-5886
Print ISSN : 1340-7007
ISSN-L : 1340-7007
56 巻 , 5 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 山中 昇, 保富 宗城, 藤原 啓次
    2008 年 56 巻 5 号 p. 525-537
    発行日: 2008/09/10
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    マクロライド系抗菌薬であるazithromycin (AZM) の新剤型, 経口懸濁液用の徐放性製剤 (単回投与製剤) の急性咽喉頭炎, 急性扁桃炎および急性鼻副鼻腔炎患者を対象とした第3相, 多施設共同, 非盲検非対照試験を実施し, AZM単回投与製剤29単回経口投与時の有効性および安全性を検討した。
    主要評価項目である臨床効果解析対象集団の第8日目の臨床効果 (有効率) は, 全体で88.5%(77/87例) であり, 疾患別では急性咽喉頭炎97.1%(34/35例), 急性扁桃炎94.4%(17/18例) および急性鼻副鼻腔炎76.5%(26/34例) であった。急性鼻劇鼻腔炎では, 投与後の日数経過に伴い有効率が第15日目91.2%, 第29日目100%と上昇した。
    細菌学的効果解析対象集団の第8日目の細菌学的効果 (菌消失率) は, 全体で78.1%(25/32例), 疾患別では急性咽喉頭炎92.3%(12/13例), 急性扁桃炎66.7%(4/6例), 急性鼻副鼻腔炎69.2%(9/13例) であった。急性鼻副鼻腔炎では, 投与後の日数経過に伴い菌消失率が上昇し, 第15日目に100%(13/13例) となった。
    安全性について, 因果関係を否定できない有害事象の発現率は54.5%(54/99例) であり, 主な有害事象は下痢, 腹痛であったが, いずれの有害事象も回復が確認された。重度および重篤な有害事象, 死亡例および治験中止にいたった有害事象は認められなかった。
    以上の成績から, AZM単回投与製剤は, 耳鼻咽喉科領域感染症 (急性咽喉頭炎, 急性扁桃炎および急性鼻副鼻腔炎) に対して2g単回経口投与により, 優れた臨床効果および良好な忍容性を示し, 実際の臨床現場では, 服薬コンプライアンスを含め, 有用性の高い抗菌薬と考えられた。
  • 浅井 大輔, 中島 秀喜
    2008 年 56 巻 5 号 p. 538-542
    発行日: 2008/09/10
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    ヘルペスウイルス由来チミジンキナーゼ遺伝子 (HSVtk) とガンシクロビル (GCV) を用いる自殺遺伝子治療法は, 一部の癌細胞にのみ遺伝子を発現させるだけで多くの癌細胞を治療できるという観点で注目された。しかし正常細胞にもHSVtkが発現し, 3リン酸化型GCVにより種々の細胞障害が起こり問題となった。本稿では, 癌細胞内のシグナル異常に着目した疾患細胞のみへの遺伝子発現手法の概念, すなわち標的細胞特異的に遺伝子を発現させる手法であるD-RECS (drug or gene delivery system responding to cellular signals) について報告する。遺伝子を内包するキャリアーとして, 種々の癌細胞内で活性が亢進しているIκBキナーゼ, プロテインキナーゼCα, Srcキナーゼに対する特異的な基質ペプチドを導入した高分子を調製した。遺伝子キャリアーの機能解析の結果, 各種細胞内で亢進しているキナーゼ活性に応じて遺伝子発現を制御することが可能であった。細胞内シグナルの異常は疾患の本質であり, 本法により自殺遺伝子治療法の改良が期待される。
  • 藤村 享滋他
    2008 年 56 巻 5 号 p. 543-561
    発行日: 2008/09/10
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    日本国内の16医療施設において, 2004年に種々の臨床材料から分離された好気性グラム陽性球菌 (28菌種, 1,020株) および嫌気性菌 (21菌種, 170株) について, 微量液体希釈法または寒天平板希釈法で注射用抗菌薬の抗菌力を調べた。Staphylococcus aureusの63.1%が, methicillin耐性S.aureus (MRSA), Staphylococcus epidermidisの84.2%が, methicillin耐性S.epidermidis (MRSE) であり, いずれも高い頻度を維持していた。MRSAおよびMRSEに対して良好な抗菌力を示したのは, vancomycin (VCM), linezolid (LZD) およびquinupristin/dalfopristin (QPR/DPR) で, MIC90は2μg/mL以下であった。Streptococcus pneumoniaeをpenicillin結合蛋白の変異に基づいて分類したpenicillin低感受性S.pneumoniae (gPISP) とpenicillin耐性S.pneumoniae (gPRSP) を合わせた割合は86.5%であった。gPISP, gPRSPに対してセフェム系抗菌薬のcefpiromeとceftriaxone, すべてのカルバペネム系抗菌薬, VCM, teicoplanin (TEIC), LZDとQPR/DPRが1μg/mL以下のMIC90を示した。Enterococcus faecalisEnterococcus faeciumに対して優れた抗菌力 (MIC90: ≦2μg/mL) を有していたのはVCMとTEICで, 低感受性や耐性株はみられなかった。一方, LZDとQPR/DPRで, E.faeciumにおいて低感受性または耐性を示す株がおのおの7.8%, 23.4%存在した。嫌気性菌のPeptococcus科, Bacteroides属やPrevotella属に対して, カルバペネム系抗菌薬は良好な抗菌力を有していたが, B.fragilis以外のBacferoides属でカルバペネム系抗菌薬に対する低感受性化が進んでいる傾向がみられ, 今後さらに注意する必要があると考えられた。
  • 吉田 勇他
    2008 年 56 巻 5 号 p. 562-579
    発行日: 2008/09/10
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    2004年に全国16施設において種々の臨床材料から分離された好気性グラム陰性菌19菌属種, 1,248株に対する各種抗菌薬のMICを主に微量液体希釈法で測定し, 抗菌力の比較検討を行った。腸内細菌科の抗菌薬感受性は, ほとんどのβ-ラクタム系抗菌薬に対して, 2002年分離株の感受性測定結果に比べ耐性化傾向は認められなかった。Escherichia coli, Klensiella spp., Profeus spp.におけるextended spectrum β-lactamase (ESBL) 産生株と考えられる株の分離頻度は, それぞれ2.5%, 0%, 9.2%であったがProfeus mirabilisのESBL産生株の分離頻度が16.7%と大きく上昇していた。Moraxella catarrhalisに対し, 多くの抗菌薬は良好な抗菌力を有していた。Haemophilus influenzaeにおけるβ-lactamase産生株は9.3%であり, PCR法によるペニシリン結合蛋白質3の変異から判定したβ-lactamase-negative ampicillinresistant株の分離頻度は57.7%であった。Pseudomonas aeruginosaに対する各抗菌薬の抗菌力は2002年に比較してほとんど変わっていなかったが, tobramycin, doripenem, amikacinの3抗菌薬のみが, MIC90で8μg/mL以下を示した。抗P.aeruginosa薬10剤に対する感受性解析の結果, 7剤以上に耐性の株の分離率は8.9%であり, 2002年に比較して減少していた。P.aeruginosa以外のブドウ糖非醗酵グラム陰性菌においても, ほとんどの抗菌薬の抗菌力は2002年分離株の感受性測定結果に比較して大きな変化は起こっていなかった。
  • 2008 年 56 巻 5 号 p. 623
    発行日: 2008年
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
feedback
Top