臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
ISSN-L : 0009-918X
51 巻 , 10 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
原著
  • 松村 剛, 齊藤 利雄, 藤村 晴俊, 神野 進, 佐古田 三郎
    2011 年 51 巻 10 号 p. 743-750
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/10/24
    ジャーナル フリー
    当院を受診し1977~2010年に死亡したDuchenne muscular dystrophy患者の死因を分析した.1984年に開始した呼吸管理や,1990年代以降の心保護治療をふくむ積極的加療の結果,平均死亡年令は1984年以前の18.9歳が2004年以降は31.1歳に延長し,さらなる延命が予測される.呼吸管理の長期化や在宅人工呼吸療法患者の増加から,二次性肺障害予防とリスクマネジメントが重要になっている.約半数を占めていた呼吸不全死は激減し,心不全が主要死因となった.心保護治療の進歩で拡張型心筋症によるうっ血性心不全が減少したが,循環不全による腎不全が出現しており,心腎連関への配慮が重要である.
症例報告
短報
feedback
Top