臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
ISSN-L : 0009-918X
最新号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
委員会報告
  • 久保 真人, 饗場 郁子, 下畑 享良, 服部 信孝, 吉田 一人, 海野 佳子, 横山 和正, 小川 崇, 加世田 ゆみ子, 小池 亮子, ...
    2021 年 61 巻 4 号 p. 219-227
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/04/21
    [早期公開] 公開日: 2021/03/25
    ジャーナル フリー HTML

    医師のバーンアウトの現状と対策を検討するため日本神経学会の全学会員8,402名に対しアンケート調査を行い,15.0%にあたる1,261名から回答を得た.本論文では男性医師と女性医師の比較結果について報告する.勤務・生活状況では既婚者のみに有意な差が認められた.労働時間など勤務状況では男性のほうが厳しい条件で勤務していること,家事分担では女性の負担が重いことが確かめられた.日本版バーンアウト尺度による分析では,全体の得点では性差は認められなかったが,バーンアウトと関連する要因については,男女に共通した要因にくわえて,男性あるいは女性特有の要因が明らかとなった.

症例報告
短報
地方会抄録
会告
編集後記
feedback
Top