コンクリート工学
Online ISSN : 2186-2753
Print ISSN : 0387-1061
検索
OR
閲覧
検索
48 巻 , 12 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
解説
  • 益尾 潔, 窪田 敏行
    48 巻 (2010) 12 号 p. 12_3-12_8
    公開日: 2012/03/27
    ジャーナル フリー
    本設計指針初版は,第三者機関の技術評価を取得した定着金物であれば,いずれの定着金物にも適用できることを基本とし,2006年1月に発刊された。機械式定着工法は,その前後より,超高層建物だけでなく,一般建物にも目覚しく普及するとともに,適用範囲の拡大を目的とし,鉄筋メーカー等の工法開発者によって開発研究が進められてきた。そのような状況の中,実務設計では,最上階柱梁接合部の横補強筋量が多くなるなど,初版の問題点も明らかになっている。以上の背景を踏まえ,機械式鉄筋定着工法設計指針(2010年改定)は,新しい実験的知見を反映して適用範囲を拡大し,技術基準解説書による設計との整合を図るなど,実務設計への対応性を高めている。本稿では,2010年改定版の改定内容の要点について紹介する。
    抄録全体を表示
  • 渡邉 忠朋, 中島 章典, 上田 多門, 中村 俊一, 田中 祐人
    48 巻 (2010) 12 号 p. 12_9-12_14
    公開日: 2012/03/27
    ジャーナル フリー
    土木学会複合構造委員会では,複合構造標準示方書(以下,本示方書という)の制定に取組み,複合構造標準示方書(2009)を制定した。本示方書は,性能照査型設計法を用いたものであり,種々の鋼とコンクリートによる合成部材や異なる合成構造による接合部などを幅広く包含している。また,本示方書は,共通編,合成部材編,異種部材接合部編の3編からなっている。なお,合成部材編では,鋼とコンクリートの合成はり,鋼とコンクリートの合成版,サンドイッチ合成版,鉄骨鉄筋コンクリート部材,コンクリート充填鋼管部材を扱った。
    抄録全体を表示
テクニカルレポート
随筆
工事記録
さろん
講座
海外だより
国際情報
TOPICS
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top