コンクリート工学
Online ISSN : 2186-2753
Print ISSN : 0387-1061
検索
OR
閲覧
検索
51 巻 , 6 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
TOPICS
解説
テクニカルレポート
  • 冨澤 幸一, 牧 剛史, 渡邉 忠朋, 笹谷 輝勝
    51 巻 (2013) 6 号 p. 499-506
    公開日: 2014/06/01
    ジャーナル フリー
    地震時において,基礎の耐震性能が不十分な場合には上部工の応答変形も過大となり,構造物全体の機能を損なう可能性がある。そのため,上部工および下部工の耐震補強と同様に,液状化対策も含め所要の耐震性能を確保していない既設構造物基礎に対しても補強対策を講じる必要があると考えられる。そこで,軟弱地盤および液状化地盤における合理的な基礎の耐震補強技術として,杭基礎周辺にセメント系固化材による地盤改良体を併設するコンポジットパイルを研究開発した。コンポジットパイルは,増し杭や補強材・地盤改良体を下部工と一体化させる従来の基礎の耐震補強工法とは異なり,あくまでも固化改良体の反力効果に期待し既設杭基礎の耐震性能の確保を図る技術であり,施工性・コスト面でも有用と考えられる。以下に,コンポジットパイルの実用化に向け,一連の大規模模型実験を行い,エネルギー吸収効果を主体に耐震性能について整理した。
    抄録全体を表示
  • 麓 隆行
    51 巻 (2013) 6 号 p. 507-514
    公開日: 2014/06/01
    ジャーナル フリー
    砕石など,破砕により骨材を製造すると,微粉末が必ず発生する。骨材の一部として,また資源の有効利用として混合された微粉末は,コンクリートの性状に影響を及ぼす。微粉末の種類や製造法は多様であるため,コンクリートの性状に影響を及ぼす微粉末の物理的性質を明らかにする必要がある。本稿では,主に砕石粉に着目し,ペースト,モルタルおよびポーラスコンクリートに適用した筆者の研究について概説した。その結果,砕石粉の充填率,粒子形状および表面の微細な凹凸が砕石粉の分散状態やペーストの流動性に影響を及ぼすこと,モルタルの流動性や乾燥収縮において砕石粉はペーストの一部として挙動することなどがわかった。
    抄録全体を表示
工事記録
講座
随筆
海外だより
国際情報
さろん
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top