コンクリート工学
Online ISSN : 2186-2753
Print ISSN : 0387-1061
ISSN-L : 0387-1061
58 巻 , 3 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
巻頭言
TOPICS
解説
テクニカルレポート
  • 山田 宏, 片平 博, 渡辺 博志
    2020 年 58 巻 3 号 p. 223-228
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/03/01
    ジャーナル 認証あり

    コンクリートの乾燥収縮は,使用材料,配合,施工条件,環境条件,形状などの様々な要因の影響を受ける。近年では,JIS規格に適合する粗骨材を用いたコンクリートでも過大な乾燥収縮ひずみを生じたことで大きな注目を集めた。コンクリートの乾燥収縮に対して,従来から指摘されている単位水量の影響よりも,使用する粗骨材種類の影響の方が卓越することが報告されている。そこで筆者らは,粗骨材の乾燥収縮特性に着目した検討を通じて,ひずみゲージによる粗骨材の乾燥収縮率の測定法の確立や,コンクリートの乾燥収縮率と粗骨材の各種品質指標との関係性を明らかにしてきた。本稿ではこれまでに得たデータを再整理した結果について報告する。

工事・プロジェクト記録
講座
情報発信
随筆
海外だより
さろん
feedback
Top