Chemical and Pharmaceutical Bulletin
日本薬学会は,1880年に創立された,我が国では歴史ある学会の一つです.現在,約18000人の会員を擁しており,毎月3誌の学術誌を刊行しております.英文による学術誌の一つとして「Chemical and Pharmaceutical Bulletin」(Chem. Pharm. Bull.)は, 1953年にPharmaceutical Bulletinとして創刊され,その後Chem. Pharm. Bull. と名称を変え,薬学と健康科学に関する化学分野をカバーしています.二つ目として,「Biological and Pharmaceutical Bulletin」(Biol. Pharm. Bull.) があり,これは1978年に創刊されたJournal Pharmacobio-Dynamicsを起源としており,更に1953年に創刊され,2012年に内容を引き継いだJournal of Health Scienceの後継誌として,薬学と健康科学に関する生物学分野を領域としています.英文と和文両方にて構成される学術誌として,「YAKUGAKU ZASSHI」(薬学雑誌)があり,本学術誌は学会創立の翌年(1881年)に創刊され,最も長い歴史を有しています.薬学雑誌では,和文による原著論文・総説等のほか,臨床薬学領域研究については英文による投稿も受け付けています. 日本薬学会におけるこれら学術誌のスコープは,基礎研究から臨床研究に至る幅広い分野に渡りますが,いずれも薬学・健康科学をベースとしています。3誌に投稿された論文の平均審査期間は,現在,投稿された方へ最初の判定を通知するまでに約1か月ですが,更なる時間短縮を目指しています.3誌ともにJ-STAGEにて無料公開しており,研究成果を世に広める一助となることを期待しております.皆様の研究成果をChem. Pharm. Bull.やBiol. Pharm. Bull.,薬学雑誌へ積極的にご投稿下さいますよう,よろしくお願い申し上げます.

学術誌編集委員長
細谷 健一
富山大学大学院




もっと読む
収録数 27,328本
(更新日 2019/03/25)
Online ISSN : 1347-5223
Print ISSN : 0009-2363
ISSN-L : 0009-2363
1.258
2017 インパクトファクター
ジャーナル 査読 フリー HTML 早期公開
おすすめ記事
67 巻 (2019) 3 号 p. 271-276
A Time-Domain NMR Study of the State of Water in Wet Granules with Different Fillers and Its Contribution to the Wet Granulation Process and to the Characteristics of Granules もっと読む
編集者のコメント

Wet granulation is one of the fundamental unit operations for manufacturing pharmaceutical solid dosage forms including tablets. This study investigated in detail the states of water incorporated in wet granules composed of different fillers. The key instrument to evaluate the state of water was a low-field benchtop 1H-NMR time-domain NMR (TD-NMR). This study successfully concluded that the state of water significantly affected the wet granulation process and the characteristics of the resultant granules. The findings can offer valuable knowledge on wet granulation process from the viewpoint of molecular mobility of water.




67 巻 (2019) 3 号 p. 258-264
A Retrospective Analysis of the Effect of Tigecycline on Coagulation Function もっと読む
編集者のコメント

A number of clinical trials demonstrated that tigecycline was effective and well tolerated in the treatment of patients with various bacterial infections, but few literatures had shown the coagulopathy induced by tigecycline. The retrospective analysis in this paper to assess the impact of tigecycline on coagulation parameters in 50 patients showed that the plasma fibrinogen (FIB) level decreased during treatment, which was statistically significant (P < 0.001). The mean values of activated partial thromboplastin time (aPTT) and prothrombin time (PT) were significantly increased, respectively. It is necessary for practitioners routinely monitor coagulation level in at-rick patient populations treated with tigecycline.




過去のおすすめ記事を見る
最新号のすべての記事を見る
月間アクセス数ランキング 2019年02月
このページを共有する
過去の巻号を選ぶ
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • Chem. Pharm. Bull. Vol. 67 No. 3
    Current Topics: Drug Discovery: Recent Progress and the Future
feedback
Top