サイトメトリーリサーチ
Online ISSN : 2424-0664
Print ISSN : 0916-6920
ISSN-L : 2424-0664
22 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
特集1
特集2
  • 安藤 幸滋, 趙 岩, 沖 英次, 北尾 洋之, 佐伯 浩司, 掛地 吉弘, 木村 和恵, 井田 智, 森田 勝, 楠本 哲也, 前原 喜彦
    2012 年 22 巻 2 号 p. 15-20
    発行日: 2012/09/25
    公開日: 2017/06/12
    ジャーナル フリー

    Genomic instability, frequently observed in cancers, has two types: chromosomal instability, CIN and microsatellite instability, MIN. It is reported that aberration of spindle assembly check-point (SAC) and mutation of TP53 gene is frequently observed in CIN, while precise mechanism of how CIN occur is not known. To discover the significance of DNA aneuploidy and its mechanism, we analyzed DNA ploidy status in gastric cancer and colorectal cancer clinical samples. We also analyzed MSI status, a marker for MIN, in the same samples and found that DNA aneuploidy and MSI (+) have reverse correlation. The expression of BUBR1, one of the important factors in SAC, was analyzed in gastric cancer sample. High expression of BUBR1 had significant relationship with DNA aneuploidy. To introduce the significance of DNA aneuploidy in gastro-intestinal cancers, we will discuss about DNA ploidy status, MSI status and the expression of BUBR1 in this study.

  • 香川 俊輔, 矢野 修也, 藤原 俊義
    2012 年 22 巻 2 号 p. 21-25
    発行日: 2012/09/25
    公開日: 2017/06/12
    ジャーナル フリー

    癌幹細胞は化学療法などに対し抵抗性を示し,癌の難治性と再発,進展に関与しているとされる。癌幹細胞に対する治療戦略としての腫瘍融解ウイルス療法の効果を検討した。胃癌細胞株から癌幹細胞様形質を呈するCD133 陽性細胞を分離し,これを胃癌幹細胞モデルとした。従来治療に抵抗性を示すCD133 陽性胃癌細胞にも我々の開発したテロメラーゼ特異的腫瘍融解ウイルス(Telomelysin)は効率的に細胞死を誘導した。細胞周期をリアルタイムに可視化する蛍光プローブFucci を導入した胃癌幹細胞では,ウイルス療法は細胞周期のG0/G1 期からS 期への起動作用を有し,Telomelysin の殺細胞効果の作用機序として細胞周期の関与が示唆された。

原著
  • 政氏 伸夫, 田中 淳司, 笠井 正晴, 小笠原 正浩, 小林 直樹, 木山 善雄, 土井 みなみ, 福井 彩佳, 藤本 奈緒, 山田 実早 ...
    2012 年 22 巻 2 号 p. 27-31
    発行日: 2012/09/25
    公開日: 2017/06/12
    ジャーナル フリー

    There are various quantitative notations for molecule expression on cells, such as the percentage of positive expressing cells (PPC) and the mean fluorescence intensity (MFI). As to MFI, some evaluate only MFI-PF among cells in positive fraction (PF), which express blighter fluorescence than that of iso-type control anti-bodies, the others do MFI PF&NF among cells in PF and negative fraction (NF). We had published that the MFI-PF&NF of CD11a and CD11b on CD34 positive cells (CD34+) in peripheral blood (PB) were inversely correlated to the yields of total collected CD34+ before administration of granulocyte-colony stimulating factor (G-CSF). Although some authors have reported similar analysis, they represented the expressions of these adhesion molecules by PPC or MFI-PF. Thus, the direct comparison of these results was impossible. We have analyzed the significance of the change of PPC, MFI-PF and MFI-NF of CD11a and CD11b, and the correlations of the yield of PB graft (YPBG). No significant changes ware indicated with 2-way ANOVA in PPC neither by the number of days administrating G-CSF (Days), nor the YPBG, while there were significant changes in MFI-PF&NF. The same test indicated not only significant change of MFI-PF of CD11a by Days, but also that of MFI-NF of CD11a by YPBG. The significant correlation between the PPC and the YPBG was not shown. MFI-PFs of CD11a and CD11b on day 1 indicated significant inverse correlations with the YPBG. MFI-NFs of CD11a and CD11b indicated no significant correlations with the YPBG. PPC does not represent the quantity of expression on each cell, thus isn’t suitable for the evaluation of changes of each cell. The value of the lower fluorescence, which derived from non-specific binding of anti-bodies, was commonly recognized as meaningless. The presenting results suggested that the value of the lower fluorescence area had some important mean in a certain situation.

  • 林田 雅彦, 大野 仁嗣, 北田 佳代, 竹岡 加陽, 奥村 敦子, 津田 勝代, 岸森 千幸, 山本 智恵美, 本庄 原, 岩谷 良則, ...
    2012 年 22 巻 2 号 p. 33-39
    発行日: 2012/09/25
    公開日: 2017/06/12
    ジャーナル フリー

    濾胞性リンパ腫(FL)はリンパ節原発の節性リンパ腫であるが,しばしば骨髄(BM)および末梢血(PB)への浸潤を認める。リンパ節生検組織(LN)およびBM のflow cytometer(FCM)による細胞表面抗原検査を同時期に実施できた67 症例では,骨髄浸潤は24 症例で認めた。そのうち,同時期にPB を分析した12 症例中10 例で末梢血浸潤を認め,その腫瘍細胞の割合はリンパ球分画の3.7-87.3%であった。腫瘍細胞の割合が多い8 例の白血化症例について,BM およびPB の細胞表面抗原形質をLN と比較した結果,CD10 の発現は3 例で減弱傾向を示し5 例が陰性化した。同様にCD38 は4 例で減弱し3 例が陰性となった。CD23 については3 例が発現の増加を認めた。また,BM におけるそれら3 つの抗原発現の変化は,PB と類似もしくはLN とPB の中間的な変化であった。 なお,LN とPB の腫瘍クローンの異同については,染色体分析における共通異常およびBCL-2/IgH 遺伝子再構成から,同一クローンであることが確認できた。以上より,末梢血B 細胞におけるCD10-/CD23+ は,慢性B リンパ性白血病以外にもFL においても認める共通形質であることから,両者の鑑別は慎重に行う必要があると考えられた。また,BM およびPB におけるCD10 とCD38 の発現の減少は,FL 細胞がリンパ組織のリンパ濾胞から逸脱するのに有利に働く可能性が示唆された。

feedback
Top