Dental Medicine Research
Online ISSN : 2186-540X
Print ISSN : 1882-0719
ISSN-L : 1882-0719
29 巻 , 3 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
原著
  • 那須 裕弥, 伊藤 和雄, 谷 千尋, 木下 潤一朗, 久光 久
    2009 年 29 巻 3 号 p. 205-210
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    根管充填の目的は微生物および組織液が根管内へ侵入するのを防ぐことであり, 根管を完全に封鎖することは歯内治療の成功にとって重要である. 現在では一般に, ガッタパーチャをシーラーと併用することが最も信頼性が高い処置法とされているものの, この方法で行っても完全な封鎖が期待できるとは言えない. このため近年, 根管歯質に対して接着性をもつ根管充填材の使用が提唱されている. 本研究の目的は, ガッタパーチャと根管壁の接着界面, および熱可塑性ポリマーをベースとした根管充填材と根管壁の接着界面を比較することである. 合計40本の歯根を15 mmの長さでISO規格ファイルを用いて40号まで根管形成を行った. 標本を任意の2群に分け, それぞれ以下の方法で根管充填を行った. すなわちA群 (n=20) はレジン系根管充填用ポイント (Resilon, Pentron社) とレジン系シーラー (Epiphany, Pentron社) を用いた側方加圧充填; B群はガッタパーチャと酸化亜鉛系シーラー (Canals N, 昭和薬品化工) を用いた側方加圧充填である. 充填後, それぞれの標本は歯軸を縦断 (n=10), または垂直に横断 (n=10) し, 根管と根管充填材とのコントラクションギャップ幅を計測した. コントラクションギャップ幅の測定結果は, Mann-Whitney U testを用いて統計学的な分析を行った. 加えてそれぞれのグループの接着界面に対して, 光学顕微鏡を用いて形態学的な観察を行った. 歯軸を縦断した標本において, A群のコントラクションギャップ幅は, B群より小さい値となった. 横断したグループ間では, A群 (平均1.38 μm) はB群 (平均2.19 μm) より小さいギャップ幅を示したが, 統計学的有意差は認められなかった. これらの結果より, レジン系根管充填材による場合のほうがガッタパーチャによる場合に比べて, 封鎖性において優れていることが認められた.
  • 渡辺 みゆき, 山口 徹太郎, 浅間 雄介, 槇 宏太郎
    2009 年 29 巻 3 号 p. 211-217
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    成長発育途中の患者における矯正治療では, 成長段階の評価は重要である. 本研究ではcone beam computed tomography (コーンビームCT) から計測した頸椎の形態と骨年齢との関連を検討した. 昭和大学歯科病院矯正歯科に来院した日本人男子23名 (平均年齢11.2歳) 女子36名 (平均年齢13.2歳) について初診時の手根骨レントゲン写真およびコーンビームCT画像を評価した. コーンビームCT画像から頸椎の形態に関する14の項目について計測し, 年齢ならびに手根骨レントゲン写真から評価した骨年齢との相関について統計学的に検討した. その結果 (1) 計測項目である頸椎年齢は年齢, 手根骨からの骨年齢と最も強い有意な相関を示した. (2) 側面頭部X線規格写真からは計測できない第一頸椎幅径, 横突起長においても年齢, 手根骨からの骨年齢と強い相関が認められた. (3) 頸椎の形態と年齢, あるいは手根骨からの骨年齢との相関には, わずかではあるが性差が認められた. 以上のことから骨年齢評価は側面頭部X線規格写真による側面観からも推定が可能であるが, コーンビームCTによる三次元画像情報によって, より正確な骨年齢評価が可能となることが明らかとなった.
  • Kohei IIDA, Gou YAMAMOTO, Haruka OMORI, Taku MATSUNAGA, Akihiko SHIBA, ...
    2009 年 29 巻 3 号 p. 218-227
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    Endocrine-disrupting chemicals have been defined as exogenous agents that interfere with the synthesis, secretion, transport, binding, action or elimination of natural hormones in the body. The following parameters were studied using Bisphenol A (BPA): cell adhesion, cell proliferation, the expression of the related proteins, the level of estrogen receptors (ESR) and aromatase (CYP19). ESR correlates with the estrogen-like action, and Aromatase is the steroid metabolic enzyme that physiologically converts androgen to estrogen. It was shown in this study that the 10-3 M BPA treatment of epithelial cells was lethal from the results of cell adhesion and cell proliferation tests. In the 10-4 M BPA-treated 24-hour culture group, cell adhesion was about 80% that of the control group. There was no difference in adherent cell population and cell morphology in 10-5 M BPA adherent cells. However, afterwards the cell proliferation rate was significantly suppressed in comparison with the control group, and in the seventh culture, the proliferation rate decreased 60% in comparison with that of the control group. Concerning the expression of adhesion-related proteins, no difference in the expression level was recognized. The CYP19 gene expression increased by activation of ESR-1 and ESR-2 in 10-6 M and 10-7 M BPA treatment at 48 h, respectively it is supposed that the estrogen synthesis from androgens was promoted. In addition, gene expressions of ESR-1 and ESR-2 were induced after 72 h. These data suggest that BSA of low concentration may have an influence on epithelial cells.
  • Haruka OMORI, Gou YAMAMOTO, Kohei IIDA, Taku MATSUNAGA, Satoru TAKEUCH ...
    2009 年 29 巻 3 号 p. 228-237
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    The occurrence of resorption of the dental root is used to determine the success or failure of tooth transplantation. Tooth strage is most important factor which influences are considered success or failure. The genetic changes of periodontal ligament cells, which play an important role in the success of replantation and transplantation of preserved teeth, were investigated using real time RTPCR and cCDNA microarray. It was predicted that there might be a difference between the degree of damage to the cells in the cryopreservation group and the controlled freezing point storage (CFPS) group, and independently functioning gene clusters such as the stress reaction relation gene, apoptosis relation gene, cell death relation gene, and cell cycle relation gene were noticed. The number of genes in which the expression level was up-regulated in the CFPS group in comparison with the cryopreservation group in either gene cluster, and the number of genes down-regulated also decreased.
    In the low-temperature preservation, though it was considered to be one of the environmental factors which cause gene alteration, the gene expression of the gene related to the life-and-death of the cell and that related to the cell cycle decreased in comparison with cryopreservation in which CFPS. Based on the above findings, we can conclude that the CFPS method is very effective as a storage method of the cell, and it was indicated that this method has the possibility of being applied clinically.
  • Toshiko INOUE, Kazuhiro DEBARI, Keitatsu KOU, Masato YAMAMOTO, Makoto ...
    2009 年 29 巻 3 号 p. 238-240
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to compare the area number density of dentinal tubules in human and bovine coronal dentin. Six human teeth and six bovine teeth were used in this study. The number of dentinal tubules per mm2 was measured in human and bovine coronal dentin using scanning electron microscopy. The mean density of dentinal tubules in human dentin was 27,838±6,700 dentinal tubules per mm2 and in bovine dentin was 31,011±1,679 dentinal tubules per mm2. These values were compared statistically by one-way ANOVA and Fisher's PLSD tests. There was no significant difference between dentinal tubule densities in human and bovine coronal dentin. Human and bovine dentins were structurally similar as observed by scanning electron microscopy.
  • 田口 正博, 山本 剛, 松永 拓, 磯邊 友秀, 入江 太朗, 立川 哲彦
    2009 年 29 巻 3 号 p. 241-246
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    IL-1はαとβの2種類の分子が存在しており, 転移関連遺伝子や転写因子を介して腫瘍との密接な関連が報告されている. またIL-1は, IL-1受容体と結合するドメインを持つがシグナル活性化部位を持たないIL-1RAが存在することが知られている. 近年, このIL-1RAは転移や予後などの腫瘍との関連が報告されている. また, IL-1RAには細胞内型と分泌型の2つのアイソフォームが存在することが明らかになっている. このうち細胞内型は主に上皮細胞に発現していることが知られているが, 癌との関連は未だ未解明な部分が多い. 我々は, 口腔扁平上皮癌の凍結組織切片を用いて免疫染色を行い, IL-1RAの細胞内での局在が口腔粘膜上皮の癌化と関連がある可能性を見出した. また, レーザーマイクロダイセクション法とリアルタイムPCR法により組織内のIL-1RA遺伝子発現量解析を解析した結果, 低分化型扁平上皮癌でその発現量が減少している結果を得た. これらの結果から, IL-1RAの細胞内局在と遺伝子発現量は, 口腔扁平上皮癌の細胞分化度と密接に関連している可能性が示唆された.
  • Yukiyo KATO, Kazuo ITOH, Chihiro TANI, Mizuho KUSUNOKI, Hisashi HISAMI ...
    2009 年 29 巻 3 号 p. 247-252
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    To simplify the clinical handling of the dentin bonding procedures, one-step dentin adhesives have been developed though the efficacy of these systems has not been consistently clarified. The aim of this study was to investigate the effect of nine commercial one-step bonding system by measuring the contraction gap width of the resin composite in a dentin cavity. Nine commercial onestep bonding systems, (Absolute, Absolute 2, Bond Force, Fluoro Bond Shake One, G-Bond, i-bond, One-up Bond F plus, Prompt L-pop and S3 bond) were used. A cylindrical cavity, 3 mm in diameter and 1.5 mm deep, was prepared in the dentin of extracted human tooth. The one-step adhesives were applied in the cavity according to the manufacturers' instructions and a commercial resin composite (Palfique Estelite, Tokuyama, Japan) was filled. The marginal adaptation of resin composite was inspected under a light microscope and possible contraction gap width was measured. The gap values were statistically analyzed by Fisher's PLSD(p<0.05). For the positive control, the dentin cavity was conditioned with E-Lize Conditioner and primed with E-Lize Primer.Then a commercial dentin bonding agent (Clearfil Photo Bond, Kuraray, Japan) was applied prior to the resin composite filling.Complete marginal adaptation of composite was observed only in the control group. The gap values of tested dentin bonding systems were statically classified into two groups. Three one-step bonding systems (Prompt L-pop, Absolute and Fluoro Bond Shake One) exhibited significantly inferior marginal adaptation compared to that of other seven groups.
  • Mari FUJIOKA, Ryuji SASA, Mitsuko INOUE, Masanori NAKAMURA
    2009 年 29 巻 3 号 p. 253-258
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    The junctional epithelium (JE) is at the front site of defense against microorganisms. However, the immunological characteristics of the JE and migrating cells within the JE are unclear. We examined the immunohistochemical expression of cell adhesion molecules(CAMs) on the JE and the cell surface markers on the migrating cells. In gingival epithelium, only the JE expressed intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1). Three distinct layers in the JE could be identified by the intensities of ICAM-1 expression; both side layers (ICAM-1high) facing the tooth surface or oral epithelium (OE), and the middle layer (ICAM-1low). Lymphocyte-function associated antigen-1 (LFA-1+) cells were uniformly distributed in the JE. Gr-1+ cells were located at both side layers, while CD3+ cells were detected in the middle layer. Most of the CD3+ cells expressed a T cell receptor γδ (TCRγδ). These results indicated that JE expressed ICAM-1 constitutively, that the interaction of LFA-1 and ICAM-1 might be a key role for the migration of cells into the JE, and that most of migrating cells were neutrophils and TCRγδ+ T cells.
クリニカル・テクノロジー
  • 中納 治久, 槇 宏太郎
    2009 年 29 巻 3 号 p. 259-265
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    近年, 矯正患者の装置に対する審美的要求が高まり, 目立たない矯正治療に対する需要が増している. そこで,「 目立たない矯正装置」として, 歯の裏側の装置 (iBraces/Incognito; 以下Incognito) が注目されている.
    この方法は, 従来のリンガルブラケット矯正装置とはデザイン・製造法が全く異なっている. セットアップ模型を3Dスキャナーでデジタル化し, リンガルブラケットをCAD/CAMを用いてコンピュータ上で設計する. さらに, ワイヤーも個別にロボットが作製した. つまり, 舌側ブラケット, アーチワイヤーは, 患者個別にカスタマイズされている.
    本稿では, CAD/CAM技術を応用したリンガルブラケット矯正法であるIncognitoを紹介する.
臨床講座
公開講座
  • 山本 松男, 須田 玲子, 小出 容子
    2009 年 29 巻 3 号 p. 274-277
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    歯周病は歯を失う二大疾患のうちの一つである. 歯周病がやっかいな理由は, 余り痛みを伴うことなく進行してしまうことで, 知らず知らずのうちに歯を支える顎の骨が溶けてしまう病気です. 歯肉は血管が豊富な組織であるため全身のメタボ疾患とも無縁ではなく, 最近の研究によれば, 糖尿病をはじめ動脈硬化症や心筋梗塞, 骨粗鬆症等全身の病気とも何らかの関係があると報告されるようになった. 今回は毎日の生活の中に潜む健康リスク (危険因子) として, 歯周病と全身の関係について最近の話題の中から, (1) 歯周病と高齢者における誤嚥性肺炎, (2) 妊婦さんの歯周病と早産・低体重児出産の関係, (3) 身近な防衛策「歯磨きではなくてブラッシング」について説明する.
  • 井上 美津子
    2009 年 29 巻 3 号 p. 278-281
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    平成17年に食育基本法が制定され,「 心身ともに健康な生活が送れるよう, 食に関する知識と食を選択する力を育む」という ‘食育’ が推進されている.「 食の安全」や「地産地消」が話題の中心だった時には, 歯科と食育は関わりが少ないと思われていたが, 食育が推進され「どう食べるか」が注目されてきたなかで, 咀嚼・嚥下などの口の機能が獲得, 維持されていないと, 食事をおいしく味わったり, 安全に食べることができないということで, 歯や口の健康を守る歯科の役割が再認識されてきた. 歯科からの食育支援は, ライフステージを通じて行われる必要がある. 小児期は歯・口腔領域の成長とともに食べる機能が発達する時期である. 歯の生え方に合わせた咀嚼の獲得や, 食環境を整えて食べる意欲やよく噛む習慣を育てることが大切である. また, よりよい咀嚼習慣を身に付け, 早食いや過食を防ぐことは, 成人期の肥満予防や生活習慣病の予防にもつながる. さらに, 噛める歯や口の機能を維持することは, 食の楽しみを保つためにも重要であり, これは高齢者のQOLの向上にもつながる. このように咀嚼機能の発達と口腔の健康維持を支援しながら, 五感で味わえる食べ方を育てていくことが歯科の課題であろう.
平成20年度上條奨学賞研究業績受賞講演要旨
抄録集
feedback
Top