昭和歯学会雑誌
Online ISSN : 2186-5396
Print ISSN : 0285-922X
ISSN-L : 0285-922X
11 巻 , 4 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • Yasushi INOUE, Mitsuko INOUE, Ryuji SASA
    1991 年 11 巻 4 号 p. 445-448
    発行日: 1991/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    In this study, we investigate the influence of the anterior crossbite on the normal pattern of growth and development of the dental arch, when presented in the primary dentition. The results showed that the width of dental arch of anterior crossbite group had tendency to be larger, except in distances Cc-Cc (A-maxilla) and D-D (E-mandible); the length of dental arch in the maxilla had tendency to be narrower; the dental height had tendency to be shorted.
  • 佐々木 崇寿, 岩崎 進
    1991 年 11 巻 4 号 p. 449-458
    発行日: 1991/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    インスリン欠乏型糖尿病における骨量減少症osteopeniaの発症機序を解明するために, ラットにストレプトゾトシン (STZ) を静注して糖尿病を誘導した. STZ投与3週後に, 3H-プロリンを静脈内に投与し, 20分あるいは4時間後にラットをホルムアルデヒド混合液で灌流固定した・固定後, 頭頂骨を切り出し, EDTA脱灰後に超薄切片の電顕オートラジオグラムを作製した・さらに実験データを定量化するために, 3H-プロリン投与後20分ならびに4時間で各々骨芽細胞の細胞質100μm2あるいは類骨100μm2あたりの銀粒子数を計測した. STZの投与によって骨芽細胞は細胞体が極度に扁平化し, タンパク合成系の細胞内小器官に乏しい休止期のbone-lining cellの像を呈した.3H-プロリン投与後20分におけるbone-lining cellによる3H-プロリンの取り込み量は, 対照群の骨芽細胞の約14.7%にすぎず, 同様に投与後4時間における類骨への.3H-プロリンの分泌量は対照群の約3.4%にすぎなかった.また骨芽細胞の類骨側細胞表面10μmあたりの類骨面積は, STZ投与群では対照群の約9.2%に減少していた・以上の実験結果から, インスリン欠乏型糖尿病における骨量減少症は骨芽細胞の形態変化とこれに伴うプロコラーゲン合成能の低下に起因することが明らかにされた.
  • 菊山 智美
    1991 年 11 巻 4 号 p. 459-474
    発行日: 1991/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    癌細胞が結合織中へ浸潤する過程を解明する目的で, ヒト硬膜を酵素処理し, 無細胞性硬膜を作製後, この硬膜上に癌細胞を植え付け, 硬膜中への癌細胞浸潤過程を主として電子顕微鏡的に観察した.また, 正常歯肉由来線維芽細胞との混合培養を行い, 癌細胞の浸潤に及ぼす影響を検索し, 同時に癌細胞単独培養および混合培養での培養液中のコラゲナーゼ活性を経時的に比較検討した.癌細胞の浸潤過程は次の4つのステージに分類された.第1ステージは癌細胞が硬膜と付着し, 増殖する時期である.第2ステージは癌細胞辺縁より細胞突起が出現し, 漸次, この細胞突起が癌細胞基底側全体に形成されるようになる時期である.この時期の細胞突起周縁の硬膜はコラーゲン線維が破壊され, 細線維状となった.さらに進行した第3ステージでは癌細胞質の硬膜内浸潤と共に, 細胞核も硬膜側へ移動するが, なお隣接する癌細胞と部分的結合を保っている時期である・第4ステージは, 浸潤癌細胞は隣接細胞から遊離して単独で硬膜中で増殖する場合と, 2-3個の癌細胞が連続して, 硬膜中へ浸潤し, 癌胞巣を形成する時期である.癌細胞と線維芽細胞との混合培養における癌細胞の浸潤過程は, 単独培養と同様な様相を呈するが, その浸潤は単独培養と比較して, 早期に認められた.一方コラゲナーゼ活性は単独培養では培養10日でピークを示したが・混合培養では単独培養と比較し, その値も高く, またピークを示す時期も培養5日と早い時期に認められた.以上の結果より, 癌細胞の浸潤は基底側の細胞辺縁よりの細胞突起の出現から始まり, 漸次, 細胞突起はその数や太さを増し, 細胞質の一部による基質内浸潤から細胞全体の浸潤像を呈することが明らかになった.この細胞突起の形成は, 癌化細胞が増殖, 浸潤する過程に認められるfocal contactの形成とともにin vivoに認められる癌細胞の浸潤形態と類似した所見であった・また, 癌細胞の浸潤は正常線維芽細胞との混合培養で促進されることが判明し,同時にコラゲナーゼ活性が単独培養と比較し, 有意に高い値を示したことから, 間葉系細胞による癌細胞の浸潤促進作用が示唆された.
  • Mie KUROIWA, Tetsuo KODAKA, Shohei HIGASHI
    1991 年 11 巻 4 号 p. 475-480
    発行日: 1991/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    Using the cell-maceration/scanning electron microscope (SEM) method with sodium hydrate (NaOH), the periodontal ligament fibers surrounding rat molars 1-9 weeks after birth were investigated. The specimens, demineralized with 10 % EDTA and cut into small pieces, were variably treated with NaOH concentrations. The hypo-concentration and the short maceration time retained the cellular and fiber elements, whereas the hyper-concentration and the longer maceration time or the higher room temperature damaged the collagen fibrils in the bone, cementum, and dentin; in addition, they caused the periodontal ligament fibers to swell. The suitable conditions of the NaOH concentration and the maceration time on the periodontal ligament surrounded by the mineralized tissues were 5-10 % and 5 days at room temperature of 20-25°C. Under such treatment, the three-dimensional structure of the periodontal ligament fibers was revealed with the SEM, and the arrangement of the fibers was similar to that under the light microscopic observation.
  • Kaoru EGAWA, Taizo SHIINA, Reiji TAKIGUCHI
    1991 年 11 巻 4 号 p. 481-485
    発行日: 1991/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    The diaphyses of femurs obtained from crab-eating monkeys (6 months old, 3 years old and about 20 years old) were examined with a high-resolution scanning electron microscope in order to observe three dimensional ultrastructure of the surface matrix of cortical bone. Specimens were treated by trypsin solution to digest both osteoblasts and amorphous organic matrix on the bone surface. The superficial matrix of the immature bone was composed of collagen fibrils with dense reticular structure. Under the sparse reticular collagen fibrils, the collagen fibrils running in a uniform direction were observed. At the surface of mature bone, the collagen fibrils running in a roughly uniform direction to the long axis of the bone were observed and these collagen fibrils formed bundles. Microgranules attaching on the very compact collagen fibrils were found at the surface of mature and senile bone. At the surface of senile bone, the collagen fibrils were almost buried by homogeneous granular bone matrix. It is considered that the microgranules were the calcified granules constructed by crystals of hydroxyapatite.
  • 五十嵐 順正
    1991 年 11 巻 4 号 p. 486
    発行日: 1991/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 1991 年 11 巻 4 号 p. 487-500
    発行日: 1991/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
feedback
Top