昭和歯学会雑誌
Online ISSN : 2186-5396
Print ISSN : 0285-922X
ISSN-L : 0285-922X
13 巻 , 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 五十嵐 順正, 河田 守弘, 八川 昌人, 芝 〓彦
    1993 年 13 巻 1 号 p. 1-9
    発行日: 1993/03/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    咬頭嵌合位における下顎位は, 下顎「支持域」と呼ぼれる小, 大臼歯の咬合接触によって構成されている。これらの咬合接触が失われた遊離端欠損症例では歯の喪失後どの程度の期間に, どの程度の下顎位の変化が生じるか不明なところがあった.本研究では実験条件下にて経時的に咬合支持を変化させ不顎位の変化を測定した。その結果, (1) 抜歯時に適用した即時義歯により下顎位の支持はほぼ術前同様に保持された. (2) 即時i義歯の適用を中止すると下顎位は顎間距離の減少を来すように変化した. (3) 遊離端義歯装着患者において咬合支持を担う部位の咬合接触点を実験的, 経時的に欠如させたところ, 下顎位は大きく変化しやすくなり, その可変性 (Lability) は特に第2小臼歯の欠如前後, 及び, 第1大臼歯の欠如前後で大きく変化する少なくとも二つのタイプのあることなどが示された.
  • 笠原 茂樹
    1993 年 13 巻 1 号 p. 10-21
    発行日: 1993/03/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は, 昭和大学歯科病院において外科的矯正治療を必要と診断された症例の頭蓋顔面パタンを定量的識別法により分類し, 併せて, その定量的識別に基づいて, 日常臨床に応用できる顎変形症の診断モデルを作成することである.研究は当病院にて外科的矯正治療が必要と診断された女子74名を対象とし, それらの側貌頭部X線規格写真を資料として, 主成分分析, クラスター分析, 判別分析を行った.主成分分析により対象患者74名の頭蓋顔面パタンを解析したところ, 第1主成分は下顔面の高さに関与する成分, 第2主成分は上下顎骨の歯槽基底部前縁の位置, 下顎骨の大きさ, 下顎の回転に関与する成分であった。次に, これらについてクラスター分析による定量的分類を行ったところ, 大きく3グループに分類された.これら3グループはlongface群, short face群およびlong face・short faceの混合群に分i類された.これら3グループをもとに線形判別分析を行ったところ, 側貌頭部X線規格写真分析項目5変数 (SNA, Occlusal plane angle, Mo-Mi', N-ANS, Pog'-Go) が有効変数として選択され, 正診率は90.5%であった.このクラスター分析による分類は外科矯正手術を施行するにあたり, 総合的, 客観的資料による類似症例検出に利用できるものと思われる。
  • Shintaro KONDO, Hajime HANAMURA, Eizo WAKATSUKI
    1993 年 13 巻 1 号 p. 22-26
    発行日: 1993/03/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    The crown dimensions were compared between dp4 and M1 on the maxilla in Tupaia glis. Although the dp4 resembled the MI in pattern, the structure of the dp4 was more primitive than that of the Ml. The dp4 was 86.707% of the Ml in the module. The mean values of the crown dimensions were larger in the MI than in the dp4 and these differences were significant statistically except for the distal buccolingual diameter (DBL). The DBL was slightly larger in the dp4 than in the Ml, but the difference was not significant. More pronounced differences between these two teeth were found in the lingual mesiodistal diameter (LMD) and the mesial buccolingual diameter (MBL). This result could be explained by the differences in the development of the hypocone and the mesiobuccal stylar shelf.
  • Shintaro KONDO, Hajime HANAMURA, Eizo WAKATSUKI
    1993 年 13 巻 1 号 p. 27-30
    発行日: 1993/03/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    The crown dimensions of the dp4 and the M1 on the mandible in Tupaia glis were measured. The dp4 resembled the M1 in pattern, although they were by no means identical. The dp4 was approximately 60 to 85 % of Ml in size, and it was more compressed in the buccolingual than in the mesiodistal direction. The relative size of the talonid was larger for the dp4 than for the Ml. This result may be correlated with an occlusal function.
  • Masayoshi TSURUOKA, Yong-Ning WANG, Yoichiro MATSUI
    1993 年 13 巻 1 号 p. 31-36
    発行日: 1993/03/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    The inhibitory effects of electrical stimulation of large myelinated afferents on spinal dorsal horn neurons were investigated. In rats anesthetized with thiamylal sodium, responses of 153 dorsal horn neurons to noxious heating or innocuous mechanical stimulation (light brushing) of the tail were recorded from the sacral and coccygeal levels of the spinal cord by extracellular microelectrodes. Of these neurons, 45 were low-threshold mechanoreceptive (LTM), 47 were nociceptive-specific (NS), and 61 were wide-dynamic-range (WDR) neurons. In 22.2% of the LTM neurons, responses to innocuous mechanical stimulation were inhibited by electrical stimulation of large myelinated afferents applied to the ipsilateral hindlimb for 5 min. This conditioning stimulation (large myelinated afferent stimulation, LMAS) also inhibited noxious heat responses in 19.2% of the NS neurons. The inhibitory effect of LMAS on WDR neurons was nonselective in that both responses to light brushing and noxious heating were inhibited. Of the WDR neurons, 27.3 % were inhibited by LMAS. These results indicate that inhibition produced by LMAS is exerted on all 3 classes of spinal dorsal horn neurons.
  • 山嵜 博義, 五島 衣子, 陳 光輝, 岡 秀一郎, 久野 斉俊
    1993 年 13 巻 1 号 p. 37-39
    発行日: 1993/03/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    Sotos 症候群は, 乳幼児期の著明な発育促進, 特異な顔貌, 精神運動発達遅延などを主症状とする稀な奇形症候群である.本症候群では, 麻酔導入時の挿管困難, 腎機能障害の合併など麻酔管理上の問題点を有している.今回, 著者らは本症候群患者の麻酔管理を経験したので報告する.患者は2歳7か月の男児, 体重11.3kg.前投薬として硫酸アトロピン0.2mg, ハイドロキシジン10mgを筋注した.麻酔導入は笑気, 酸素, ハロセンのマスクによる緩徐導入とし, 筋弛緩薬を用いず経鼻気管内挿管をおこなった.麻酔維持はハロセン濃度0.5~0.75%でおこない, 浅麻酔によると思われる血圧, 脈拍の変動が見られたが, 体動はなく, その他異常なく経過した.覚醒は速やかで, 術後の経過は良好であった.
  • 大竹 徹, 長谷川 紘司
    1993 年 13 巻 1 号 p. 41-44
    発行日: 1993/03/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 1993 年 13 巻 1 号 p. 45-60
    発行日: 1993/03/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 1993 年 13 巻 1 号 p. 61-63
    発行日: 1993/03/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
feedback
Top