昭和歯学会雑誌
Online ISSN : 2186-5396
Print ISSN : 0285-922X
ISSN-L : 0285-922X
15 巻 , 4 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
  • Tetsuo KODAKA, Shohei HIGASHI
    1995 年 15 巻 4 号 p. 297-299
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    Usually, Tomes' process pits on the intact enamel surfaces show a circular or a cross-sectioned prism-shaped outline. In this scanning electron microscopic study, we found that smaller Tomes' process pits showed various irregular outlines including incompletely closed pits on the supracervical enamel surface in a premolar tooth. The crystal density in these pit margins was lower than that of the surrounding enamel. These results suggest that the final matrix deposition by ameloblasts occasionally continues for a short time after the formation of Tomes' process pits which have shown a usual outline. Such a formation differs from the formation of a small dome-shaped projection within the pit.
  • Tetsuo KODAKA, Shohei HIGASHI
    1995 年 15 巻 4 号 p. 300-302
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    Previously, we found the fine incremental laminate lines with a prismless structure running transversely on the enamel surfaces in human teeth after phosphoric acid etching. In this scanning electron microscopic study, similar laminate structures ranging from about 0.5 to 1.5 μm in intervals were found on the enamel surface of a human permanent tooth after EDTA etching, although the structures were only formed on the small surface-overlapping projections which were present with Tomes' process pits. The laminate lines on the projections formed by the final stage of matrix deposition are probably the result of the sequential completion of ameloblast activity at the final stage, as the fine incremental lines on the enamel surfaces.
  • Masako NAKAMURA
    1995 年 15 巻 4 号 p. 303-310
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to examine the differences in immunohistochemical staining for transforming growth factor-α (TGF-α) and Lewisy antigen (Le y) in pathologic specimens of squamous cell carcinoma (SCC), leukoplakia, and epithelial dysplasia. For this purpose, ten cases of SCC developing from oral leukoplakia and thirty-five cases of leukoplakia with epithelial dysplasia, yet to develop into SCC, were investigated immunohistochemically. Proliferating cell nuclear antigen (PCNA) staining was used as a marker of cell proliferating activity. The results showed that the expression of TGF-α and PCNA increased, whereas that of Le y decreased with the malignant transformation into SCC. In case of leukoplakia with epithelial dysplasia, the expression of PCNA, TGF-α and Ley did not show an obvious correlation with the grade of epithelial dysplasia. These results suggest that TGF-α and Le y may be concerned with tumor growth, but not with the progression of epithelial dysplasia.
  • Akiyuki SHINYA, Junko OHSAWA, Naoki KOBAYASHI, Kenji WARITA, Ryoichi F ...
    1995 年 15 巻 4 号 p. 311-314
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    Adaptation of crowns and bridges is a significant factor in secondary caries or periodontal disease. In this study, in vivo and in vitro adaptations of full cast crowns were investigated with three different impression methods. Seven premolars that would be extracted for orthodontic treatment were used for in vivo study. and 15 epoxy dies were used for in vitro study. The cement thickness was measured with a profile projector. The results were as follows : 1. The marginal cement thickness showed no significant difference between the in vivo and in vitro studies. 2. Crowns fabricated by the individual tooth tray method exhibited the thinnest marginal cement of all impression methods. 3. There were no significant differences among the marginal cement thicknesses of the various tooth surfaces. The results suggest that all impression methods investigated in this study are clinically acceptable and that the individual tooth tray method is the most accurate and stable of the three methods.
  • 坂田 純一, 大峡 淳, 桜井 千里, 田辺 健次, 松田 幸子, 小杉 禎久, 大竹 徹, 鈴木 基之, 長谷川 紘司
    1995 年 15 巻 4 号 p. 315-322
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    初期治療を終了した11名の成人型歯周炎患者の11歯に, expanded polytetrafluoroethylene (ePTFE) メンブレンの一つであるGore-Tex® periodontal membrane (W.L. Gore and Associates, AZ, USA) を用いた組織再生誘導法 (GTR法) を行った.11歯のうち歯周炎による垂直性骨欠損を有するものが7歯, 根分岐部病変を有するものが4歯であった.術前の診査を行った後, 粘膜骨膜弁を剥離し, 不良肉芽の掻爬, スケーリング・ルートプレーニングを行い, メンブレンを試適した後, 縫合固定し, 歯肉弁でメンブレンを完全に覆うように縫合した.メンブレンの除去は術後4週目から6週目の間に行った.また, 術後3か月目ならびに6か月目に術後診査を行った.垂直性骨欠損では術後6か月目の診査で, 3.42±1.51mmのプロービングポケットデプスの減少および1.28±1.60mmのアタッチメントの獲得が認められた.また, 根分岐部病変では, 術後3か月目の診査において2.00±2.94mmの垂直的なプロービングポケットデプスの減少と2.33±1.52mmのアタッチメントの獲得が認められた.いずれも術前に比べ術後3か月目または6か月目において, 臨床的に改善傾向を示し, 歯周外科治療におけるePTFEメンブレンを用いたGTR法が有効であることが示された.
  • 三野 篤子, 瀬川 和之
    1995 年 15 巻 4 号 p. 323-334
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    人体における下顎頭軟骨の荷重緩衝様式を検討するために, 荷重緩衝構造として重要なコラーゲン細線維の構築を詳細に観察した.観察には走査電子顕微鏡を用い, 細線維の立体構築を重点的に観察した.成人下顎頭軟骨の細線維構築による荷重緩衝機構の基本像を観察するために, 顎関節に影響を及ぼす外来要素の可及的少ない上下顎の第2大臼歯までの全ての, あるいは可及的全ての歯が残存し, 未処置齲歯の無い成人解剖用遺体の下顎頭を材料とした.線維層の細線維束は層深部を除いて, 関節面に平行に, かつ関節面に平行な面上では交錯して配列されていた.線維層深部の細線維束は関節面にほぼ垂直あるいは斜め方向に配列されていた.層深部の細線維束は縦走, 斜走したのち, 次層の増殖層あるいは軟骨層浅部に達し, それらの多くは細線維束が単独で, あるいは個々の細線維に分枝したのち, 次層の細線維構築中に進入していた.線維層の細線維構築は, 関節面への物理的刺激に対する耐摩耗, 物理的刺激の軟骨深部への拡散あるいは線維層の剥離防止などのための緩衝構造を示すと考えられる.線維層の細線維束による進入を受ける増殖層あるいは軟骨層浅部の細線維は, 疎で網状に構築されていた.この部位の細線維の直径は, 線維層が約0.14μm, 軟骨層が約0.12μmであるのに対し, 約0.09μmであった.軟骨層深部の細線維の多くは大小の束状をなし, 細線維束の多くは様々な方向に走向して, 三次元的に交錯していた.また, 関節面にほぼ平行に, あるいは斜め方向に単純走向する細線維束のみによって占められている部分も存在した.軟骨層と軟骨下骨との境界部では, 両層の相接する細線維束が各々他方の細線維構築中に進入していた.この構造も物理的刺激の軟骨下骨への拡散や軟骨部の剥離防止として機能する可能性がある.下顎頭関節面では, 細線維束相互が不規則に交錯する細線維構築を示した.細線維束は細線維網によって被覆されていた.また, 関節面のかなり多くの部分で, 細線維東上に集積した細線維塊が認められた.細線維塊は関節リモデリングの過程に出現した構造物であると考えられる.
  • 松本 光吉, 中村 幸生, 真関 和
    1995 年 15 巻 4 号 p. 335-340
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    1960年Maimanによってルビーレーザーの開発が行われ, その後, Nd : YAG, CO2, 半導体, He-Ne, Excimer, Argon, そして, 遂に, 硬組織が容易に切削可能なEr : YAGレーザーの開発が成功し, 臨床に応用されるようになった.今回, 米国Luxar社の開発した波長2.94μmのEr : YAGレーザーを8Hz, 最大出力約500mJ/pulseの出力, 条件下で照射し, 臨床的に5級窩洞を形成し, その安全性と臨床成績を検討したところ, 次のような結果を得た.尚, 本治験に使用した被験歯は40人の患者の60歯であった. 1.今回使用したEr : YAGレーザーは臨床に十分使用できる装置であった.2.全症例において, 副作用は認められなかった.3.60症例中48例 (80%) は全く痛みなく5級窩洞を形成することができた.4.軽度から強度の痛みを訴えた12症例は, いずれも, 術前の診査で歯頸部象牙質知覚過敏を訴えていた症例であった.5.本装置によって完了した症例は60症例中58症例 (91.7%) であった.6.窩洞形成後にレジンを充填して約30日間経過を観察したところ特記すべき臨床所見は観察されなかった.7.窩洞形成に要した時間は, 窩洞の大きさや深さに多少左右されたが, 約10秒から約3分以内であった.8.有用性に関する判定では, 安全性に関しては問題はなかったが, 極めて有効が49例で81.7%であった.
  • 伊藤 和雄, 岩城 邦昭, 金 菜香子, 久光 久
    1995 年 15 巻 4 号 p. 341-343
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 井上 美津子
    1995 年 15 巻 4 号 p. 345-346
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 1995 年 15 巻 4 号 p. 347-357
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 1995 年 15 巻 4 号 p. 359-363
    発行日: 1995/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 1995 年 15 巻 4 号 p. 370
    発行日: 1995年
    公開日: 2012/12/14
    ジャーナル フリー
feedback
Top