昭和歯学会雑誌
Online ISSN : 2186-5396
Print ISSN : 0285-922X
ISSN-L : 0285-922X
25 巻 , 4 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 飯塚 宏明
    2005 年 25 巻 4 号 p. 239-248
    発行日: 2005/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    大理石骨病は石灰化軟骨, 海綿骨, 皮質骨の吸収不全による骨硬化症を惹起する遺伝性の疾患である.マウスで発症するosteosclerosis (oo/oc) では, 破骨細胞分化は阻害されないが, 破骨細胞の微細構造が変化し, 波状縁を失うことによって骨吸収能が抑制される.著者はosteos-clerosisでは歯の萌出が阻害されることに注目し, osteosclerosisが歯胚の発生過程を研究する実験モデルの1つに成りうると考え, oo/ooマウスのエナメル質形成を微細構造学的に解析した.oc/ocマウスの歯胚の光学顕微鏡および走査型電子顕微鏡観察では, エナメル質に広範囲にわたる基質減形成と石灰化不全が認められた.石灰化不全を来したエナメル質の石灰化度の有意な変化は, 反射電子像を基にしたX線分析でも確認された.エナメル質石灰化不全の発現は, 歯槽骨吸収の阻害とは直接関係しなかった.そこで基質減形成あるいは石灰化不全エナメル質の形成に関わるエナメル芽細胞を, 基質形成期から成熟期にかけて透過型電子顕微鏡で観察した.光顕的に正常に観察された基質形成初期のエナメル芽細胞は電顕的にも規則的な細胞層を形成し, 正常な細胞極性も観察されたが, トームス突起の近位端と遠位端の形質膜に膜陥入が全く観察されなかった.基質形成期中期のエナメル芽細胞は, 細胞層の形成, 細胞間の結合状態, トームス突起の形態などが規則的な構造を示し, 粗面小胞体とゴルジ装置の構造発達は良く, 多くの分泌穎粒形成が観察された.トームス突起内には分泌穎粒が多く, トームス突起基部の細胞間隙への放出像も観察されたが, 膜陥入はトームス突起の近位端と遠位端ともに観察されなかった.非脱灰切片の電子顕微鏡観察では, トームス突起付近でのアパタイト結晶の沈着が明らかに減少していた.したがって形成期エナメル芽細胞のトームス突起の膜陥入の消失は, エナメル基質減形成 (すなわち分泌阻害) よりもむしろCa2+の能動輸送に必要な細胞表面積の減少に関係し, 石灰化不全の一因になったものと推測された.また成熟期エナメル芽細胞の遠位端には波状縁が観察され, その細胞間隙にはエナメル基質が観察された.エナメル基質の残存は, エナメル質の石灰化不全に相関するものと考えられた.これに対し, 基質減形成の部位のエナメル芽細胞は細胞体の丈が短く, 細胞内に多くのライソゾーム (自家食胞) と空胞が観察され, トームス突起の形態も著しく不規則であった.以上の観察結果から, oc/ocマウスにおけるエナメル芽細胞の細胞学的特徴は能動輸送に関与する膜陥入の形成阻害とその機能抑制, また分泌細胞としての細胞構造の阻害にあり, それぞれ石灰化不全と基質減形成の原因になると考えられた.したがってoc/ocマウスは, 遺伝性骨疾患の研究のみならず, エナメル質減形成および石灰化不全を含めた歯胚の発生過程の実験的モデルとしても有用なものであることが示唆された.
  • 佐久間 啓文
    2005 年 25 巻 4 号 p. 249-256
    発行日: 2005/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    顎関節を構成する下顎骨・下顎頭における骨形成過程を明らかにするため, 生後3週齢の雄ビーグル犬の下顎頭の成長軟骨板と海綿骨の移行部位を組織学的ならびに微細構造学的に解析した.その結果, 下顎頭における骨形成は2つの型に分けられた.下顎頭辺縁部では, 軟骨膜の血管結合組織が硝子軟骨内に深く侵入して骨形成の場を作り, 軟骨組織中に骨芽細胞による膜性骨が形成されるという特徴的な膜内骨化像が観察された.膜性骨の初期形成においてはTRAP陽性の破骨細胞は全く観察されず, 軟骨組織はマクロファージによって吸収された.その後, 骨芽細胞による膜性骨の形成が軟骨組織中で進行した.これに対し下顎頭中央部では, 軟骨膜下層の硝子軟骨組織が成長軟骨板を形成し, 不規則な軟骨内骨化によって一次・二次海綿骨梁が形成された.成長軟骨板の石灰化は主として下顎頭の長軸方向の中隔軟骨基質に生じ, 横方向の中隔軟骨基質は石灰化しなかった.軟骨小腔は未石灰化軟骨基質の除去によって開放され, この部位には主として毛細血.管とマクロファージが観察された.マクロファージは多くのライソゾームや空胞を含み, 軟骨小片や組織・細胞残津の貧食像が観察された.開放した軟骨小腔内には骨芽細胞が侵入し, 残存した石灰化中隔軟骨基質上に一層の骨質を添加した.解放された軟骨小腔内に分布する前破骨細胞は波状縁と明帯を欠き形態的極性を示さなかったが, 残存軟骨基質上に骨質が添加されると波状縁と明帯を形成し, 骨質と石灰化軟骨基質を吸収した.したがって下顎頭における骨形成には膜内骨化と軟骨内骨化とがあり, 下顎頭辺縁部では軟骨組織中に軟骨膜由来の結合組織が侵入して特異な膜内骨化を生じ, 下顎頭中央部では不規則な軟骨内骨化を生じることが明らかとなった.さらに軟骨内骨化における成長軟骨板から一次海綿骨への置換過程は, (1) マクロファージによる未石灰化軟骨基質の除去と軟骨小片の貧食による軟骨小腔の開放, (2) 骨芽細胞による残存石灰化軟骨基質上への骨質の添加, (3) 破骨細胞による骨質と石灰化軟骨基質の吸収という一連の過程を経ることが示された.
  • Mohammad Hafiz UDDIN, Masanori NAKAMURA, Tomohiro OKANO, Sk. Farid Udd ...
    2005 年 25 巻 4 号 p. 257-266
    発行日: 2005/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    The study was carried out to identify the common oro-dental problems in a developing country. To determine the level of knowledge among the common population regarding oral hygiene practices. To find out the relation of socio-economic, educational level and other factors with oro-dental diseases. The study involved 125 patients of a dental college hospital who visited the out patient department of the hospital for their treatment purpose. Information about their disease pattern were obtained by examining the patients mouth directly and information about dental care, oral hygiene, food habit, educational and economical status were obtained through a questionnaire and check list. Identified dental problems include dental caries 70.4%, gingivits 34.4%, periodontitis 11.2%, alveolar abscess 5.6%, attrition and mobility 3.2%. The highest number of dental caries occurred among the age group of 21-30 years and the lowest in the age group of 50 years. Only 53% people have knowledge how dental diseases are occuring. Only 27.2% dental caries occurred who brushed their teeth regularly before going to bed and 43.2% dental caries occurred who did not brushed before going to bed. So a significant relationship (p < 0.05) among brushing teeth before going to bed and dental caries is found. Comparatively highly educated and high-income group people suffered more than medium educated and low-income group people. The majority people who suffered from dental diseases used to take chocolate, sweets and biscuits as their snacks. Male suffered more (70%) than female. Dental caries, gingivitis, periodontitis, alveolar abscess, attrition, mobility are common oro-dental problems in the developing countries like Bangladesh. Various awareness programme for the common population in developing countries regarding regular practice of oral hygiene offered by the government, NGOs, dental professionals, WHO through mass-media, audio-visual equipments etc. can combat the current crisis to large extent.
  • Shahin HOSSAIN, Koukichi MATSUMOTO, Jun-Ichiro KINOSHITA, Yuichi KIMUR ...
    2005 年 25 巻 4 号 p. 267-274
    発行日: 2005/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    The aims of this study were to compare the effectiveness of FlexMaster® nickel-titanium rotary and K-Flexofile® hand instruments with regard to straightening of curved root canals and preparation time, and to evaluate the morphological aspects of instrumented root canal walls in extracted human teeth. A total of 60 root canals in molar teeth, with curvatures ranging between 0 and 35°, were divided into three groups of 20 root canals each, based on the degree of curvature. Half of each group was prepared using FlexMaster® instruments by a crown-down preparation technique and the other half using K-Flexofile® by a conventional technique. After each instrumentation, the root canals were flushed with 3 ml of 5.25% sodium hypochlorite and 3% hydrogen peroxide, alternatively, and 1 ml of 14% EDTA. Using radio-graphs taken before and after root canal preparation, the angles of root canal curvature of all specimens were determined. The preparation time was also recorded. All roots were bisected longitudinally and the canal walls were examined by scanning electron microscopy for morphological aspects. The use of FlexMaster® instruments resulted in significantly less straightening of root canal curvatures and a shorter preparation time compared to K-Flexofiles® (p <0.01). They resulted in less debris, but left a thicker smear layer at the apical third of root canal than the K-Flexofile®. These results showed that rapid preparation of curved root canals with minimal canal straightening was possible using FlexMaster® instruments, and the use of FlexMaster® resulted in less debris, but a thicker smear layer than that of K-Flexofile®.
  • 古屋 良一
    2005 年 25 巻 4 号 p. 275-279
    発行日: 2005/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 菅沼 岳史, 川和 忠治
    2005 年 25 巻 4 号 p. 281-284
    発行日: 2005/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 木村 裕一
    2005 年 25 巻 4 号 p. 285
    発行日: 2005/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 2005 年 25 巻 4 号 p. 286-298
    発行日: 2005/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • 2005 年 25 巻 4 号 p. 299-301
    発行日: 2005/12/31
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
feedback
Top