昭和歯学会雑誌
Online ISSN : 2186-5396
Print ISSN : 0285-922X
ISSN-L : 0285-922X
9 巻 , 2 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
  • 金子 芳洋
    1989 年 9 巻 2 号 p. 87-96
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
  • Mitsuyoshi TAKAHASHI, Ayako YAMAMOTO, Nobuichi GOTO
    1989 年 9 巻 2 号 p. 97-102
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    An assay method for bacterial collagenase using sterile collagen-agarose plates was developed to isolate collagenolytic bacteria. In order to avoid heat-denaturation of collagen, the plates were made at 37 °C mixing microwave-sterilized collagen with low melting point-agarose. Sensitivities to various proteases were tested on the plates; it was shown that whereas the collagen in these plates was digested only by the collagenases, the collagen could also be hydrolyzed by other proteolytic enzymes if it had been either sterilized by ethylene oxide or solidified with conventional agar at a higher temperature. Colonies of Clostridium histolyticum cells grown on the plates had clear zones around them and their collagenase activities could be readily detected.
  • 若林 始, 中村 幸生, 都築 延之, 鎌滝 貴世子, 五明 秀行, 松本 光吉
    1989 年 9 巻 2 号 p. 103-107
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    ゴールデンハムスターを用いて, 新開発仮封材TS-60の粘膜刺激性試験をおこなった.ポリエチレンチューブ側面の窓に練和直後の仮封材を填入してチークポウチに縫合し, 48時間後・1週間後・2週間後に仮封材下粘膜の状態を肉眼的および病理組織学的に検索した.TS-60の粘膜刺激性は, 現在臨床で頻用されている酸化亜鉛ユージノールセメントと同程度かあるいはそれ以下と判定され, 仮封材としての臨床応用には問題がないという結論を得た.
  • Takahisa SASAKI
    1989 年 9 巻 2 号 p. 108-121
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    The enamel organ of the growing rat incisor was perfusion-fixed with a mixture of formaldehyde and glutaraldehyde and processed for indirect immunogold labeling of calmodulin on post-embedded ultrathin sections. Throughout the zones of presecretion, secretion, and maturation of enamel, specific protein A-immunogold labeling was localized on polyribosomes and those attached to endoplasmic reticulum, mitochondria, nuclear chromatin, phagolysosomes, and cytoplasm adjacent to the plasma membrane, and tonofilaments associated with desmosomes of ameloblasts and cells of outer layer of enamel organ. Golgi membranes, condensing vacuoles, secretion granules, primary lysosomes, and micropinocytotic coated vesicles were hardly labeled. In the presecretion zone, the basal lamina of the preameloblasts and the matrix vesicles and collagen fibrils of the predentin matrix were not immunoreactive. Tomes' process of secretory ameloblast and adjacent enamel crystals were labeled. In addition to the above immunoreactive structures, some phagolysosomes, ferritin granules, and the cytoplasm of the ruffled border zone of maturation ameloblast contained immunogold particles. In control sections incubated with either protein A-gold complex alone, or antiserum preabsorbed with an excess of calmodulin and protein A-gold complex, only a few gold particles were observed to be randomly associated with the tissues. These results indicate that calmodulin is present in the cells of the enamel organ through all stages of amelogenesis. Its wide distribution is consistent with its involvement in various cytoplasmic functions.
  • Yoshio YAMAKAMI, Yukiko KOJIMA, Masayoshi TSURUOKA
    1989 年 9 巻 2 号 p. 122-129
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    The present study was to identify the physiological properties of the afferent fibers from the masseter muscle to the caudal part of the spinal trigeminal nucleus of rat using a microelectrode technique. When electrical stimulation was applied to the masseter muscle, the evoked potentials were recorded with a shorter latency (the S-response) or a longer latency (the L-response). The threshold current intensity of the S-response was lower than that of the L-response. There were statistical significant differences between the S-response and the L-response in latency and in threshold current intensity. Both the S-and L-responses could follow by stimulation of low frequencies (10 to 30 Hz), indicating that the evoked responses were the component of the secondary neuron activities. On the anatomical and physiological assumption, the conduction velocities of the S-and the L-responses were calculated and they were in the range of that of A-delta fibers. We also observed that both the 5-and the L-responses could not follow high frequency stimulation of the masseter muscle. This effect may reflect the phenomenon of fatigue in the finely myelinated fibers or polymodal nociceptors. Thus, the present study suggested the involvement of the afferents from the masseter muscle to the spinal trigeminal nucleus in the transmission and the relay of the masticatory muscle pain.
  • Yoshio YAMAKAMI
    1989 年 9 巻 2 号 p. 130-135
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    Our previous study reported that the afferents to the spinal trigeminal nucleus from the masseter muscle were predominantly of A-delta range fibers having fast conducting-low threshold and slow conducting-high threshold. In the present study, further experiment was undertaken to obtain more definite information on the central transmission of muscle pain. When the electrical stimulation was delivered to the masseter muscle of rat, the evoked potentials with a shorter latency (the S-response) or longer latency (the L-response) were recorded from the caudal part of the spinal trigeminal nucleus. In both the S-and the L-responses, the relationship between the amplitudes of the responses and the stimulus intensity almost followed the power function with the exponent of about 3.4 and 4.0, respectively. The stimulus intensity range of the S-response, in which the power function was formed, was wider than that of the L-response. The most of the S-response were recorded from the trigeminal subnucleus caudalis and adjacent reticular formation, whereas the recording sites of the L-response were located mainly in the trigeminal subnucleus caudalis. These results suggest that the trigeminal subnucleus caudalis and adjacent reticular formation are an important portion of the afferent projection areas and of the modulator system of pain sensation from the masseter muscle.
  • 阿部 正幸, 山田 正幸, 小高 鐵男, 東 昇平
    1989 年 9 巻 2 号 p. 136-142
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    エナメル小柱の形態と走向の多様性を検索するための予備的な実験として, 三次元画像解析装置を用いて, エナメル小柱の基本的なシミュレーションを作製した.原図はBoyde, Fejerskovら, による小柱の横断的模式図を参考に用いた.画像解析による単純な小柱の立体模型は, Meckelらと同様の所見を示した.一方, 横紋をつけたエナメル小柱の三次元解析像では, 切断する角度により, その小柱断面の形態は多様に変化することを明らかにした.
  • 久野 斉俊
    1989 年 9 巻 2 号 p. 143-151
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    GOF麻酔下雑種成犬24頭を用いsodium nitroprusside (SNP), Trimetaphan (TMP) による対照値の50%の低血圧麻酔を30分間行い循環動態, 総i頸動脈及び口腔内組織血流 (口蓋粘膜, 舌, 下顎粘膜) の変化を測定し, 以下の結果を得た. (1) SNPでは心拍数は有為な変化を示さなかったのに対し心拍出量は軽度減少した.一方TMPでは心拍数, 心拍出量ともに有意に減少した. (2) SNPでは総頸動脈血流は増加傾向を示したのに対し, 口蓋粘膜及び, 下顎粘膜血流は有意な減少を, 舌血流は減少傾向を示した.一方TMPでは総頸動脈, 口蓋粘膜, 舌, 下顎粘膜ともに血流は有意に減少した. (3) SNPではPaO2, PaCO2は有意な変化を示さなかったのに対しTMPではPaO2は有意な低下をPaCO2は上昇傾向を示した. (4) SNP, TMPともにPH, BEは有意に低下した.以上よりSNP, TMPともに口腔領域の血流を減少させるため口腔外科領域への低血圧麻酔に有効であると思われたが, SNPでは投与量の増加に伴う代謝性アシドーシスに, TMPでは心拍出量減少に伴う重要臓器血流の減少及びPaO2の低下に注意して行う必要性が示唆された.
  • 大野 茂
    1989 年 9 巻 2 号 p. 152-164
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    各機能段階の軟骨細胞が明瞭に配列されている未成熟ラットの脛骨骨端部の成長軟骨を材料として, 成長軟骨での軟骨細胞の立体超微形態的な変化を高分解能の走査電子顕微鏡で観察した.軟骨細胞の形態はHC1と酵素処理によって, 細胞内小器官は低濃度オスミウム処理によって明らかにした.脛骨骨端部の成長軟骨の細胞区分は, 最表層から順次, 静止軟骨細胞層, 増殖軟骨細胞層, 成熟軟骨細胞層および肥大軟骨細胞層によって構成されていた.静止軟骨細胞は扁平な形態を呈しており, 未発達な細胞内小器官を有していた.増殖軟骨細胞は静止軟骨細胞よりも大型で, 多くは中央の膨隆した円盤状か半球状を呈していた.細胞質にはゴルジ装置, 粗面小胞体やミトコソドリアなどの基質合成に関与する細胞内小器官が良く発達していた.ゴルジ装置は層板, 小胞および空胞によって構成されていた.ゴルジ層板には多数の小さな窓孔を有するcis側の層板, 少数の小さな窓孔を有する中間層の層板や大きな窓孔を有する層板が認められた.また, 層板外縁のゴルジ膜表面には, 小胞様に突出したbuddingが多数認められ, 小胞の多くはゴルジ装置周囲の細胞質を往来することが示唆された.ゴルジ層板の大きな窓孔は, しばしば数層の層板を貫いて, 小胞移動の場と考えられる細胞質通路を形成していた.ゴルジ装置のcis側にはcis側層板の形成過程を示唆する多くの小胞相互の融合像や, 小胞と小型の層板の融合像が認められた.増殖軟骨細胞の粗面小胞体は規則的な層板状を呈していた.数層の層板を構成する粗面小胞体の板状嚢には, =豊富なリボゾームや少数の窓孔が認められた.成熟軟骨細胞は増殖軟骨細胞よりも豊満な形態を呈しており, 細胞内には増殖軟骨細胞と同様な基質合成に関与する細胞内小器官を有していた.軟骨細胞は, その成熟過程において, 細胞内小器官の発達とともに形態が豊満になり, 細胞機能とくに基質形成能が充進することが示唆された.肥大軟骨細胞は他の軟骨細胞に比べ著しく大型で, 多面体形, 直方体形あるいは楕円体形を呈していた.肥大軟骨細胞における特徴的な細胞内構造物としては, 多くの陥入を伴う核, 空胞様の膜性小器官が減少したゴルジ装置, 不規則板状, 球状, 細管状や網状の粗面小胞体, 小型のミトコンドリア, あるいは多胞体などが認められた.ゴルジ装置の空胞様の膜性小器官が減少していることから, 肥大軟骨細胞では基質形成能が著しく低下あるいは欠如していると考えられる.肥大軟骨細胞では, 粗面小胞体の多くは不規則で多孔性の板状構造を呈しているが, これらは細胞の機能消失や細胞周囲の基質の変化に伴って, さらに変性傾向の著しい球状, 細管状や網状の粗面小胞体に変化すると考えられる.肥大軟骨細胞は基本的には, 変性傾向を示す細胞内小器官を有する機能の低下した細胞であるが, 軟骨小腔が開放される前に死滅, 崩壊しているものはほとんど認められなかった.すなわち, 肥大軟骨細胞は石灰化軟骨基質の吸収による軟骨小腔の開放後, 露出され, 死滅するか他の細胞に化生すると考えられる.
  • 小山 弘治
    1989 年 9 巻 2 号 p. 165-210
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    昭和大学歯学部口腔解剖学教室所蔵の比較的咬耗の少ない部位の明瞭なインド人の下顎中切歯右側50本, 左側50本, 下顎側切歯右側50本, 左側50本, 計200本を使用して, モアレ縞 (0.2mm) を応用し, 隣接面の根面形態を観察した.さらに, 隣接面の歯頸線轡曲の高さは, 10倍大に拡大しトレースして, 1/20mmの副尺の付いたノギスで計測して, 根面形態と歯頸線轡曲の高さについて, 統計学的に検討した.その他, 判別関数を用いて, 左右側の鑑別をして, 次の結果を得た.1.下顎中切歯1) 歯根の形態は近心面では, 右側は縦隆線が約90%で大部分をしめていたが, 左側は約45%, 平坦が約30%, 縦溝が約25%で左側は変異が多かった.遠心面は右側では縦溝が約70%で多く, 左側では縦溝, 縦隆線がともに約40%で多かった.そして, 縦隆線一縦溝の組合せは右側で約70%で多く, 左側では約30%で, その他, 縦隆線一縦隆線, 縦溝一平坦, 縦隆線一平坦の組合せ等が約20%をしめていた.歯根の形態で差異の認められるものは約80%であった.2) 歯頸線轡曲の高さの平均は, 高い側が20。2mm, 低い側が19.2mmで, 日本人とほぼ同じ成績であった.隣接面の歯根形態と歯頸線轡曲の高さの関係は, 平均は縦隆線系の歯頸線轡曲の高さは20.2mm, 縦溝系の歯頸線轡曲の高さは19.1mmであり, 歯冠長に対し, 近心面で縦隆線系の歯頸線轡曲の高さは1/4で, 遠心面の縦溝系の歯頸線轡曲の高さは1/5であった.さらに, 歯根形態を縦隆線系一縦溝系に大きく分けて, その歯頸線轡曲の高さの差をみると, 平均は1.0mmで, 日本人では約3.Ommであり日本人の方がその差が大であった.また, 同様に歯根形態を大きく2つに分けて, その歯頸線轡曲の高さとの関係をみると縦隆線系で歯頸線轡曲の高さが高く, この反対側の歯根形態が縦溝系で歯頸線轡曲の高さが低い組合せは, 約60%であり多くみられるが日本人の方がさらに多かった.3) 根面形態と歯頸線轡曲の高さを数量化することによって, 判別関数を求めた.近心面または遠心面と判別できる確率は約70%であった.2.下顎側切歯1) モアレ縞による隣接面の根面形態は4種類あり, そのうちで近心面は縦隆線形が多く, 遠心面は大部分が縦溝形である.そして, 隣接面で形態的差がみられるものは約90%近くみられ, 特に縦隆線一縦溝の組合せが多い.2) 隣接面の歯頸線轡曲の高さの平均は, 近心面が約2.Omm (歯冠長に対し1/4), 遠心面が約1.7mm (歯冠長に対し1/5) で, 差は約0.3mmであるが, 両面の差が正のものは約80%で, 残りは差が負のもので, 一例のみ両面が等しいものがあった.また, 近心面と遠心面の歯頸線轡曲の高さに相関関係が認められた.さらに近心面が縦隆線系で歯頸線轡曲が高く, 遠心面が縦溝系で歯頸線轡曲が低いものは約80%の大部分をしめていて, 下顎中切歯より多く, 残りは逆のものであった.したがって左右側の鑑別時にこのことを考慮する必要がある.3) 根面形態と歯頸線轡曲の高さを下顎中切歯のように数量化して, 判別関数を求めた.近心面または遠心面と判別できる確率はほとんど100%に近かった.したがって, 下顎中切歯よりも判別確率は良く, 下顎側切歯ではこの判別関数を用いるとほとんどが左右側の判別ができる.
  • 北村 徹
    1989 年 9 巻 2 号 p. 211-230
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    有歯顎者20名 (男10名, 女10名) について, 無声破裂音 [P, t, k], 有声破裂音 [b, d, g], 弾音 [r], 鼻音 [m, n] の周波数分析および時間波形の拡大描記をDigitalSonagraph (7800型KAY社製) によって行い, 先行子音継続時間および後続母音移行部の第2ホルマント周波数を計測した.1.時間要素の観察および計測は, 時間波形の時間軸を最大96倍まで延長して行った.子音発音区間をDI, DII, DT, BZに区分し, それぞれの時間およびDI/DT (%) 求めた.すなわち, 子音の開始から後続母音成分の出現までをDT, さらに, この中で, spike創e減衰までを (DI), それ以降を (DH) とした.その結果, (1) 調音方法の違いによって時間波形に差異が認められた. (2) [k]では後続母音の違いによる差異が認められた. (3) 無声破裂音間および有声破裂音間では調音部位が後方のものほどDTは長い. (4) 対応する無声破裂音より有声破裂音はDI, DTとも有意に短い.2.第2ホルマント始端周波数については各被験者の [a] の定常的な部分の第2ホルマントの周波数 (FHa) を基準値として, これに対する各被験音の第2ホルマント始端周波i数 (FHT) の差 (ΔTa) を求めた.また, 各後続母音の定常的な部分の周波数(FIIT)との差 (Δa) を求めた.その結果, (1) FIITの平均値は, [P, b, m] は低く, [t, d, r] は中間, [n, k, g] は高い. (2) 第2ホルマント始端から後続母音への遷移の軌跡を延長した仮想線は, [t, d] では, 子音発音時点で一点に集束し, [r, n] も同様の傾向がみられる.また, [p, m]では下方に, [k, 9] では, 上方に向かっている.以上のように, それぞれの音について時間要素および第FH遷移での特性が認められた.
  • 光本 和世, 八上 公利, 吉屋 誠, 角田 左武郎, 木村 義孝, 南雲 正男, 今村 正史
    1989 年 9 巻 2 号 p. 231-236
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    顎骨変形症に対する外科的矯正手術は, 下顎骨に対する手術が主に行われてきたが, 複雑かつ高度な変形症では, 上下顎とも移動させる必要がある場合も少なくない.今回, 18歳女性で開咬を伴った小下顎症の症例に対して, LeFortI型に準'じた歯槽部骨切り術と下顎枝矢状分割法による上下顎同時移動術による症例を経験した.咬合状態は, Angle II級, ove rbite-2mm, overjet5mmで, 上下第1, 第2大臼歯のみで咬合しその前方は, 開咬を呈していた.セファロ分析の結果, 前顔面高, 下顔面高ともに+3SDで, さらに上顎臼歯部高径が+3SDと著しい上顎骨の下方向への発育異常が認められた.下顎骨は, Gn-CdおよびPo9'-Goが, ともに-3SDと著しい小下顎症を呈していた.以上の分析結果に基づき, 上顎骨は全上顎歯槽部骨切り術 (horse-shoetype ostectomy) により前歯, 臼歯とも約5mm上方へ平行に移動させ, 下顎骨に対しては下顎枝矢状分割法により約7mm前方へ伸長させるとともに, 約5度の回転を加えた.上顎の固定にはミニプレートを, 下顎はミニプレート用のネジを用い, レジンシーネを介して頬骨下縁にワイヤーで挙上した.術後2週目に顎間固定を解除したが咬合の改善とともに, 閉口時の口唇と上顎前歯との関係も改善され, 審美的にもほぼ満足が得られた.
  • 五島 衣子, 久野 斉俊, 岡 秀一郎, 井汲 周治, 西村 紳二郎, 野島 洋
    1989 年 9 巻 2 号 p. 237-238
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    I-Cell病は, ガルゴイル様顔貌, 多発性骨異型性症など解剖学的異常および繰り返す呼吸器感染などを示す予後不良な遺伝性疾患である.本症例では麻酔導入時の喉顔痙攣や挿管困難など麻酔管理上の問題点を有している.今回, 著者らは本疾患患者に対し, 麻酔管理を行う機会を得たので報告する.患者は5歳2か月女児.前投薬としてハイドロキシジン10mg, スコポラミン0.2mgを筋注した.麻酔導入は笑気, 酸素, ハロセンのマスクによる緩除導入とし, Scc10mg投与後, 気管内挿管を試みたが困難で, かろうじて挿管に成功した.喉頭痙攣などの合併症はみられなかったが, 挿管後気管内分泌物が認められ, 数回にわたり気管内吸引を行った.術中, 術後は経過良好であった.
  • 南崎 信樹, 大竹 徹, 宮下 元, 長谷川 紘司
    1989 年 9 巻 2 号 p. 239-243
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
feedback
Top