動物臨床医学
Online ISSN : 1881-1574
Print ISSN : 1344-6991
ISSN-L : 1344-6991
24 巻 , 2 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
特別寄稿
原著
  • 湯川 尚一郎, 濵田 恵里, 渡部 智大, 今野 貴之, 田村 勝利, 古川 敏紀
    2015 年 24 巻 2 号 p. 64-67
    発行日: 2015/06/20
    公開日: 2016/06/20
    ジャーナル フリー
    私達は質問用紙を用いて,動物看護師を対象にX線検査と超音波検査の画像検査補助に対する認識を調査した。合計403名の動物看護師が本調査に参加し,395名が正しく回答した(有効回答率98.0%)。「画像検査の重要性」に関する問いに対して,92%(363人)が「(重要性が)高い」と回答した。「画像検査補助としての動物看護師の役割の重要性」に関する問いに対して,57% (227人) が「(重要性が) 高い」 と回答し,2% (8人) は,「(重要性が) 低い」と回答した。X線検査では,「画像検査補助を学ぶ重要性」に関する問いに対し,75%(297人)が「(学ぶ重要性が)高い」と回答した。「意欲的に画像検査業務に取り組みたいか」との問に対して,「取り組みたくない」と回答した者は両検査ともに5%未満と低く,画像検査業務に取り組む意欲があるという結果となった。本調査から動物看護師の多くは画像検査補助に高い関心をもち,検査補助の重要性を認識していることを伺わせる結果となった。日本では,動物看護師の職域は明確に定まっていない。本調査結果は今後動物看護師の職域を決める上で有用になるだろう。
  • 松原 孝子, 室伏 利美, 蒔田 成美, 藤原 亜紀, 左向 敏紀
    2015 年 24 巻 2 号 p. 68-71
    発行日: 2015/06/20
    公開日: 2016/06/20
    ジャーナル フリー
    本大学附属動物医療センターにて,疼痛緩和と症状の軽減を目的として入院にて放射線療法を行った骨軟骨異形成症のスコティッシュホールドの3事例について看護の状況を検討した。各事例の関連図の作成をし,看護上の問題点を抽出した。その結果,共通の問題点5項目を明確にした。また,3種類の記録用紙を分析した結果,「治療・処置」および「栄養」の項目,また,放射線を照射する日における記録が多かった。
症例報告
短報
資料
feedback
Top