日本土壌肥料学雑誌
Online ISSN : 2424-0583
Print ISSN : 0029-0610
87 巻 , 3 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
報文
  • 鈴木 千夏, 藤原 俊六郎, 杤本 信彦, 玉置 雅彦
    2016 年 87 巻 3 号 p. 177-183
    発行日: 2016/06/05
    公開日: 2017/06/24
    ジャーナル フリー

    In this study, we used hydrothermal reactions to produce liquid manure from crop residues, thereby effectively utilizing biomass, and investigated the influence of raw material properties on the liquid manure. Three types of residues were used: dried sugarcane leaves, broad bean stems and leaves, and discarded pak-choi (Chinese cabbage). Each sample was adjusted to a 1:20 dry-weight-to-water weight ratio (kg) and heated at 170 ℃ at 0.7 MPa for 30 min in a hydrothermal reactor. The reaction products were filtered through 2-mm mesh to obtain a filtrate that could be used as liquid manure. The quantity and composition of nutrients and organic acids in the filtrate differed among the materials. Differences in the carbon migration rate might be a result of different quantities of neutral detergent fiber (NDF) in the materials. Differences in inorganic nitrogen and organic acid composition in the filtrate might be due to differences in nutrient contents of the starting materials. Germination experiments were also performed. Mesh filtrates from broad bean stems and leaves and pak-choi inhibited root growth of Japanese mustard spinach, but filtrate from dried sugarcane leaves did not. These findings suggest that the influence of liquid manures on plant growth differs according to the materials used to produce the filtrate. For mesh filtrate to be used as liquid manure, the mechanisms by which different residues inhibit root growth must be determined.

  • 神田 隆志, 高田 裕介, 神山 和則, 小原 洋
    2016 年 87 巻 3 号 p. 184-192
    発行日: 2016/06/05
    公開日: 2017/06/24
    ジャーナル フリー

    土壌図は持続的な土地利用計画の策定に欠くことができない知的基盤である.わが国の土壌図は土地利用ごとに作図されたため,単一の土壌分類法に基づいた実用的な土壌図は無かった.そこで本研究では,20万分の 1土地分類基本調査土壌図(国土調査土壌図)を基図として,国土調査土壌図の代表断面に加え,現地調査および文献資料を用いて,北海道の包括土壌図を作成した.新たに作成した包括土壌図から,北海道において最も面積割合が大きかった土壌大群は黒ボク土大群(43%)であり,次いで褐色森林土大群(30%),低地土大群(11%)の順であった.また,黒ボク土分布域において,北海道北部では非アロフェン質黒ボク土が,北海道南部ではアロフェン質黒ボク土がそれぞれ主に分布していた.さらに黒ボク土分布域周辺では,褐色森林土亜群であるばん土質褐色森林土が分布していた.国土調査土壌図と包括土壌図を比較すると,最も顕著に変化が認められた土壌大群は黒ボク土大群と褐色森林土大群で,それぞれの割合の変化は,黒ボク土が 18%から43%に増加したのに対し,褐色森林土が 57%から 30%と減少した.この結果,国際的な分類体系と整合性のとれた単一の土壌分類に基づく土壌図が北海道を事例に作成できた.さらに,本土壌図は土壌中の炭素蓄積量を算出する際に非常に有効であると考えられる.

ノート
技術レポート
資料
抄録
ニュース
feedback
Top