日本プライマリ・ケア連合学会誌
Online ISSN : 2187-2791
Print ISSN : 2185-2928
ISSN-L : 2185-2928
38 巻 , 3 号
選択された号の論文の22件中1~22を表示しています
Editorial
原著(研究)
  • 吉澤 瑛子, 岡田 唯男, 小原 まみ子
    2015 年 38 巻 3 号 p. 209-213
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/28
    ジャーナル フリー
    目的 : 日本の透析患者は増加傾向だが, CKD診療からみた必要専門医は概算1万2千人にも関わらず実際は4~7千人しかいない. 透析の質の維持向上に工夫をしながら, 透析非専門医が行う当施設の透析医療の現状と, 透析の質について検証した.
    方法 : 当施設で2011年に血液透析を行った全患者を対象とし, 後方視的診療録レビューを行い, カルテ上の記載から情報収集. 日本透析医学会ガイドラインの管理目標の達成率を算出した
    結果 : 目標達成率は, Kt/Vdpは80.0%, ヘモグロビン69.9%, 血清アルブミン63.6%, 血清補正カルシウム85.4%, 血清リン78.3%, インタクトPTH 56.8%だった.
    結論 : 今回の検証において, 当施設が行う透析でも質は確保されていた. 他の分野同様, 安定した患者を家庭医などジェネラリストが受け入れることで, 専門医は, より専門性の高い患者の治療に専念できる可能性がある.
  • 小糸 秀, 川本 龍一, 鈴木 萌子, 上本 明日香, 熊木 天児, 二宮 大輔, 阿部 雅則
    2015 年 38 巻 3 号 p. 214-220
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/28
    ジャーナル フリー
    目的 : 近年, 高齢化が進む我が国で, 単に疾患の治療だけではなく生活の質を高めることが重要視されている. 今回, 地域在住者を対象として主観的健康感と平均3.8年後の死亡との関係を検討した.
    方法 : 2008年度に地域在住の2657名を対象に自記式アンケート調査を郵便法にて実施し, 住民基本台帳を基に平均3.8年後の死亡との関係について検討した. 調査項目は, 死亡に関わる背景因子として, 性別, 年齢, 健康状況 (心脳血管疾患既往歴, うつ状態, 主観的幸福感, 主観的健康感) , 基本的日常生活動作 (BADL : 歩行, 食事, 排泄, 入浴, 整容, 移動を全介助から完全自立まで4段階で評価) , ライフスタイルとして老研式活動能力指標 (TMIG : 手段的自立, 知的能動性, 社会的役割) を用いた.
    結果 : 1825名, 男性767名 (平均年齢 : 67±13歳) , 女性1058名 (平均年齢 : 68歳±11歳) が分析可能であり, 2008年から2012年までに91名 (5.0%) の死亡が確認された. 主観的健康感に影響する背景因子について検討したところ, 年齢, 心脳血管疾患既往歴, うつ状態, 知的能動性, 主観的幸福感が有意な関係を示した. さらに主観的健康感はロジスティック回帰分析より死亡の有意な独立説明変数であることが示された.
    結論 : 自分の健康状態に対してどのように感じているのか, どう認識しているのかは大切であり, 物理的に目に見えないものではあるが, 予後を予測する指標の1つとして考えられる.
原著(症例報告)
  • 志水 隼人, 西岡 弘晶
    2015 年 38 巻 3 号 p. 221-223
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/28
    ジャーナル フリー
    上行結腸憩室炎に合併した上腸間膜静脈血栓症に保存的治療が奏功した1例を報告する. 患者は79歳の男性. 持続する発熱と右側腹部違和感のため入院した. 腹部造影CTで上行結腸の憩室と周囲の脂肪織濃度上昇, および上腸間膜静脈内の陰影欠損を認め, 上行結腸憩室炎と上腸間膜静脈血栓症と診断した. 憩室炎に対して抗菌薬治療を行った. 腹膜刺激症状や腸管壊死の所見を認めなかったため, 上腸間膜静脈血栓症については保存的治療とし抗凝固療法を行った. 発熱や腹部違和感は消失し退院した. 上腸間膜静脈血栓症は大腸憩室炎に稀に合併することがある. 手術を行っても死亡率が高い疾患であるが, 腹部造影CTで早期に診断し抗凝固療法を開始することで, 手術を行わず救命できる可能性がある.
  • 大塚 貴博, 横谷 省治, 前野 貴美, 前野 哲博
    2015 年 38 巻 3 号 p. 224-227
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/28
    ジャーナル フリー
    0歳時に神経芽細胞腫の治療歴のある29歳女性. 妊娠経過中に慢性的な食後心窩部痛を呈し, 腹部造影CT検査で慢性腸間膜動脈閉塞症との診断に至った.
    腹部造影CT検査では腹腔動脈の狭窄と, 上腸間膜動脈が閉塞し側副血行路として下腸間膜動脈の拡張が見られ, それらは放射線照射野と一致していたことから放射線晩期合併症としての血管成長障害と考えられた. そこに妊娠による腸管血流の相対的な減少が症状誘発に関与したと考えられた.
    神経芽細胞腫を含め小児がんの長期生存率が高まり, 小児がん経験者の長期フォローアップと晩期合併症への対応が重要性を増している. 小児から成人まで継続的に包括的なケアを提供する家庭医にとっては重要な課題であり, 小児がん経験者のフォローアップを行うための知識や能力を持つべきと考えられた.
    小児がん経験者を診る時は晩期合併症を想起することが重要である.
総説
  • 星野 智祥
    2015 年 38 巻 3 号 p. 228-242
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/28
    ジャーナル フリー
    高齢になるにつれ不眠症の有病率は高くなることが知られている. しかし, 不眠症治療の主要な対象となりうる高齢者は薬理学的にその副作用を被りやすいと考えられるが, 忙しい現在の診療システムの中では, その有益性とリスクについて十分な説明がないまま薬物治療が安易に導入されやすい傾向にある. そこで, 我々はベンゾジアゼピンを中心とする睡眠薬が高齢者の健康にどのような影響を与えるのかPubMed検索で調査を行い, リスクや有益性という観点から現在のエビデンスを示し, 睡眠薬の適正使用に貢献したいと考えた. その結果, 高齢者に対する睡眠薬の使用は認知症の発症や, 転倒による骨折や外傷のリスクを増加させる可能性があることが示された. さらに, 短期的な使用では睡眠の質改善効果は期待できるものの効用は小さく, 長期的な使用ではその有益性に十分なエビデンスがないことが示された. 今後, 睡眠薬の使用は短期的な効用を期待するだけでなく, そのリスクを勘案して適正使用していく必要がある.
活動報告
報告
  • 小池 宙, 山田 邦子, 藤井 幸太郎, 壁谷 悠介, 渡辺 賢治, 塚田 信廣, 三村 將
    2015 年 38 巻 3 号 p. 263-267
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/28
    ジャーナル フリー
    目的 : 東京都心部におけるインフルエンザ菌の薬剤耐性率の経年的変化を明らかにする.
    方法 : 東京都済生会中央病院において2004年から2013年の10年間に提出された検体から分離されたインフルエンザ菌の薬剤耐性率について調査した.
    結果 : ampicillinとampicillin/sulbactam, cefditoren pivoxilへの薬剤耐性率が初年度と比較し有意に増加している年度が存在した. levofloxacinとclarithromycinの耐性率は初年度と比較して有意差がある年度は存在しなかった. ampicillinとcefditoren pivoxilへの耐性率は本調査期間内で有意に増加していた. 小児でのampicillin/sulbactamへの耐性率は全ての年度で成人の耐性率より高値を示した. levofloxacin耐性株は成人からのみ分離され, 小児からは分離されなかった. clarithromycinへの耐性率は全国調査では1%程度だったが本調査では全ての年度で9%を超えていた.
    結論 : 東京都心部において, インフルエンザ菌のampicillinとcefditoren pivoxilへの耐性率は増加傾向にあった. 全国調査よりもclarithromycinへの耐性化が進行していた.
編集者への手紙
男女共同参画委員会
年間優秀賞受賞のことば
特別企画 インタビュー
書評
ご案内
feedback
Top