地理学評論
Online ISSN : 2185-1719
Print ISSN : 0016-7444
51 巻 , 9 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 小林 浩二
    1978 年 51 巻 9 号 p. 687-703
    発行日: 1978/09/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    都市化の著しいハンブルク北西郊の農業的土地利用を地域的差異に着目しながら把握することにより,西ドイツ,都市近郊地域の特質を明らかにしようと試みた.農業的土地利用の面から見ると,ハンブルク北西郊は2つの地帯に類型化できる.1つはハンブルクの中心から10~15・20kmの区域で,都市化の影響を強く受けた地帯であり,もう1つは都市化の影響の少ない15・20km以上の区域である.
  • 新井 正
    1978 年 51 巻 9 号 p. 704-720
    発行日: 1978/09/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    三宅島の大路池では,水道揚水量の増加に伴う池水位の低下が問題となり,その対応策が水収支解析によって検討された.大路池は,約2,000年前に形成された爆裂火口内の閉塞湖で,流入・流出は地下水によっている.年平均水収支,および湧水の流出関数をもちいた水収支計算にもとついて.地下水による流入・流出量を推定した・流出量は池水位に比例し,流入量は先行1ヵ年間の合計降水量に関係している.この結果をもちいて,年降水量・水道揚水量が変化した場合の大路池の水位変化が推定された。結果として,水位低下の限度は-30cm程度であり,揚水量の限界は3,000~3,500m3/dであろうと推定された.
  • 竹村 利夫
    1978 年 51 巻 9 号 p. 721-729
    発行日: 1978/09/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    The Takashozu fault system, running NE-SW direction, is located at the northwestern foot of the Takashozu Mountains, Toyama Prefecture, and separates the Tonami Plain from the high mountains. Along the fault line, several kinds of fault topographies have developed, such as terminal facets, kern cols, kern buts and valleys flowing parallel to the strike of the fault.
    At Inami and Akasobu, the Miocene andesitic rock has thrusted up from south to north onto the terrace gravels of the middle and upper Pleistocene ages. The Takashozu fault has dislocated vertically the several levels of terrace surfaces here and there along the fault line. The higher the terraces are, the larger the amount of displacement is. In the drainage basin of the Sho River, it is inferred that not only Pleistocene terraces but also Holocene terrace gravel beds have been cut by the fault activities.
    In the southwestern part of the Tonami Plain, the gradient of the terrace surface is steeper in the older terraces. The valley dissecting the higher terrace surfaces shows an asymmetric form, i.e., the valley walls of the northern side are generally steeper than those of the southern side. It would be considered that the principal factor forming this asymmetric valley topography is the continuous upheaval of the mountains located to the south of the plain.
  • 1978 年 51 巻 9 号 p. 730-731,734
    発行日: 1978/09/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top