地理学評論
Online ISSN : 2185-1719
Print ISSN : 0016-7444
52 巻 , 9 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 守屋 以智雄
    1979 年 52 巻 9 号 p. 479-501
    発行日: 1979/09/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    日本の140の第四紀火山の地形発達を空中写真・野外調査・文献によって明らかにし,それらの形成過程の一般的な規則性を求めた.さらにそれらを基準にして火山の発達史的分類を試みた.その結果,上記140の火山は異なった三つの発達系列-A型・B型・C型火山に大別される.A型火山は[第1期]薄い溶岩流・スコリアを主とした円錐火山体形成→[第2期]厚い溶岩流付加による円錐火山体成長→[第3期]火砕流噴出による山頂破壊・裾野拡大→[第4期]小カルデラ・溶岩円頂丘形成という発達過程をもつ.B型火山は大規模火砕流堆積面→大カルデラ(径10km以上)→a型火山(A型火山と同じ発達をする小円錐火山)の発達過程で生じ,C型火山は一輪廻のみの噴火で生ずる.A型・a型火山は発達段階の違いから,さらにA1型・a1型(第1期または第2期まで発達),A2型・a2型(第3期または第4期まで発達),A3型・a3型火山(第1・2期が欠け,第3期または第4期まで発達)に細分される.C型火山はC1型火山(スコリア丘・溶岩流)とC2型火山(溶岩円頂丘)に細分される.
    このような地形発達に対応して噴火様式・噴出物の種類・鉱物組成・化学組成・噴出量・活動期間・活動度も変化する.これらの変化は日本の第四紀火山の大部分が上部マントルから直接上昇したマグマに由来するのでなく,地殻内のマグマ溜り中で一時滞溜した後,噴出したマグマに由来する,という従来の考え(例えば久野, 1954)に調和的である.
    A型火山の寿命は数10万年で,最近100万年間日本各地で継続的に活動したらしいが,B型火山はおもに250万~100万年前に活動した古期B型火山と更新世末に活動した新期B型火山に分けられ,両者の間には,約100万年の空白期間がある.A1型火山は日本列島全般にわたって分布するが,A2型火山は島弧の会合部付近に限られる.新期B型火山は目本列島南北端に限られ,本州中央部には存在しないが,古期B型火山は日本列島全体にほぼ等間隔で分布する.C型火山は西南日本の日本海側に多い.
  • 高橋 伸夫
    1979 年 52 巻 9 号 p. 502-518
    発行日: 1979/09/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    本稿は,金融機能が地域的に最も集積する大都市地域において,金融機関の店舗の新設・廃止地点を経年的に追跡することにより,店舗網の拡大過程を明らかにし,次に各地区の預貸率の比較により資金の地域間流動を推測した.また,金融機関の規模によって地域的に対応形態が異なると予想されるので,大規模と中小規模の金融機関の地域的な役割を考察することも研究目的とした.
    預金を吸収する金融空間が,大都市地域の周辺部に広がり,都心部の中央業務地区と副都心のきわめて限られた空間で,資金の貸付けの主要な部分がなされている.上記の傾向は,中小金融機関に比較して大規模な金融機関ほど顕著である.また,中央業務地区においては,大規模な金融機関の預金・貸出金の占有率が高く,それに対し周辺部に向かうに従って,中小金融機関のそれの割合が高くなる.したがって,それぞれの金融空聞において,金融機関の規模に応じて果たす役割に差異がある.
  • 安積 紀雄
    1979 年 52 巻 9 号 p. 519-526
    発行日: 1979/09/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    During the period of rapid economic growth, there were clear tendencies of warehouse movement into the outer parts of cities. Functional differentiation of warehouses are found in Nagoya, caused by the improvement of port facilities, progress of road traffic, and unavailability of land for warehouses in the crowded built-up areas. Warehouses are concentrated in the Nagoya port area, the inner part of Nagoya, the Ichinomiya area, and the Komaki area, with their warehouse functions being different from one another.
    In the Nagoya port area, warehouses are owned and run by warehouse operators and transporting companies, and the latter own more than half of the warehouses there. Most of the stored goods are imports, and are owned by trading companies. Since the ware-house district in the inner part of Nagoya has a long tradition, warehouses are owned and run by warehouse operators. And various goods are stored, but food is a leading item. Manufacturers, trading companies, and wholesalers use these warehouses.
    In the Ichinomiya area, warehouse companies and trucking companies run this business, and the stored goods are principally textiles, which are deposited by trading companies or by manufactures. The Komaki area is an important point of road traffic, and trucking companies run this business. The stored goods vary, but machinery is a leading item. This area is a new place of warehouse concentration, and the depositors are mostly manufactures.
    On the movement of stored goods, most of them in the Nagoya port area and the inner part of Nagoya are distributed to Aichi prefecture. In the Ichinomiya area they are distributed within the city area and to all over the country. In the Komaki area they are distributed to all over the country.
  • 1979 年 52 巻 9 号 p. 527-530,534
    発行日: 1979/09/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 1979 年 52 巻 9 号 p. 533
    発行日: 1979年
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top