地理学評論
Online ISSN : 2185-1719
Print ISSN : 0016-7444
53 巻 , 1 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 片平 博文
    1980 年 53 巻 1 号 p. 1-17
    発行日: 1980/01/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    いわゆる集村化は,わが国の平安~室町期にかけて,広く展開した集落形成の特異な現象である.本報告のフィールドとした奈良盆地においても,そのことが確認された荘園村落は少なくない.そういったなかで鎌倉中期にあたる文永年間(1264~1275)に,すでに明確な集村形態を呈していた乙木荘は,かなりユニークな存在といえる.乙木荘における荘園の組織化は,少なくとも3次にわたってなされ,その時期は平安末~鎌倉初期を大きくはずれるものでないことを,筆者はすでに報告した.その結果に基づいて,屋敷地の分析を行なったところ,乙木荘は,最初から集村形態を呈していたのではなく,初期には小村ないし疎集村と呼ぼれるべき形態をとっており,それが数次の段階を経て集村を形成するに至ったことが判明した.またその時期については,当荘の組織化が結果的にいわゆる均等名形態をともなっているとみなされることから,平安末~鎌倉初期の可能性が強い.さらに荘園村落の発達過程の背後には,耕地の影響が作用しているものと考えられる.
  • 田坂 郁夫
    1980 年 53 巻 1 号 p. 18-28
    発行日: 1980/01/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    本研究は,冬季日本付近を低気圧が通過する際にみられる降水分布の概観を把握しようとするもので,主として低気圧の位置による降水分布の特性およびその時間変化を調査した.はじめに低気圧の経路を経緯度1度のメッシュごとに集計し,冬季の代表的低気圧として日本海低気圧,南岸低気圧の二つをあげる.次に統計的手法を用い,これら主要低気圧の通過に伴う降水分布を示すとともに,各地の降水量の時間変化および多降水時期に対応する低気圧の位置を明らかにし,これら降水特性の地域性を述べる.さらに降水特性により地域区分を試み,低気圧の降水効果が最大となる時期が,太平洋側;関東以西・本州内陸部・東北・北海道,日本海側;山陰・北陸・東北・北海道の八つの地域で異なることを述べる.
  • 中田 高, 木庭 元晴, 今泉 俊文, 曹 華龍, 松本 秀明, 菅沼 健
    1980 年 53 巻 1 号 p. 29-44
    発行日: 1980/01/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    房総半島南部の完新世海成段丘は,相模トラフに沿って発生する過去の大地震に伴う地殻変動の歴史を記録している.地形的証拠および36個の14C年代測定を含む年代資料をもとに,本地域の地殻変動の量と様式について考察した.
    その結果,本地域は, 6,150年前, 4,350年前, 2,850年前および270年前に急激な海水準の相対的低下があり,これらは,大正・元禄型地震による地震性地殻隆起によるものであると考えられる.地震間の安定期間の長さは,前回の地震時における変位量と比例関係にある.各地震直前の年代と相対的海水準高度をもとに,長期的平均隆起速度を最小二乗法を用いて求めたところ, 3.0mm/年という値が得られた.また,長期的平均隆起速度と各地震間において求められた隆起速度との値の差は,当時の海水準変動の傾向を示すものと考えられる.これによれぽ,約2,700年前ごろには海水準は低下傾向にあり,それ以降,上昇傾向にあるとみることができる.なお,同様の地殻変動様式と海水準変動の傾向は,琉球列島・喜界島の離水サンゴ礁においても認めることができた.
  • 田村 百代
    1980 年 53 巻 1 号 p. 45-53
    発行日: 1980/01/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    Von der letzten Hälite des 19. bis zum Anfang des 20. Jh. war Geomorphologie das entwickelteste Gebiet der Geographie. O. Schlüter hat in Analogie zur Geomorphologie die Geographie des Menschen aufgefasst. Es hat sich noch fortgesetzt, die. Parallele zwischen Geomorphologie und Geographie des Menschen zu machen. G. Hard schreibt in seinem Werk (1973) folgendermassen: “ (S. 163) Die Landschaftsgeographie ist infolgedessen-ähnlich der genetischen Geomorphologie-durch ihren Grundsatz geneigt, die Landschaft als eine Art Palimpsest zu lesen, …… d. h.…… die landschaftlichen Zeugen (“Relikte”, “Survivals”) der verschiedenen Epochen aufzusuchen, … …” Leider führt er keine Beispiele an.
    In Deutschland unterschied H. Lautensach (1886_??_1971) bereits in 1933 die geographischen. Formen der heutigen Kulturlandschaft zwischen lebende und tote (fossile) Formen nach S. Passarge, der die Oberflächenformen des festen Landes in Vorzeit- und Jetztzeitformen unterschieden hatte. Daher kommt Lautensach's Unterscheidung aus der klimatischen Geomorphologie von Passarge, der im Gegensatz zum geographischen Zyklus von W. M. Davis seine Unterscheidungstheorie in seinem Aufsatz “Physiologische Morphologie” (1912) begrtindet hat.
    In Japan hat K. Tanaka (1885 _??_1975) in seinem Vortrag “Die Geographie als selbständige Wissenschaft” (1923) behauptet, die geographischen Formen der heutigen Kulturlandschaft nach Davisscher Lehre zu unterscheiden, und er hat wirklich in seinem Werk “Das Wesen und das Prinzip der Geographie” (1949) folgende drei Formen der Kulturlandschaft vorges-
  • 松倉 公憲
    1980 年 53 巻 1 号 p. 54-61
    発行日: 1980/01/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    The landforms originated from slip of slopes (JISUBERI) and rupture of slopes (YAMAKUZURE), termes classified by Yatsu in 1966, can be recognized in many places around Mt. Tsukuba. The present paper is concerned with these mass movements from the point of view of soil mechanics. Sampling point No. 1 is an outcrop composed of weathered granite (Photo. 1) . Sampling point No. 2 is the location where a YAMAKUZURE occurred first in 1976 (Fig. 2 and Photo. 2), and again in 1978 (Photo. 3). Soil sample No. 2 is colluvial detritus composed of mixed debris of weathered granite and gabbro. Sampling point No. 3 is the location where a JISUBERI occurred in 1976 (Fig. 2, identical with “s” in Fig. 2 in previous paper; Matsukura et al., 1979). Soil sample No. 3 consists of weathered gabbro debris, containing swelling chlorite.
    The results of soil tests for physical properties are summarized in Table 1 and Fig. 3. Sample 1 and 2 are sandy soils and sample 3 is clayey soil (Fig. 3). These grain size distributions have a close connection to the Atterberg's limit, and so plasticity index (PI) is low in case of samples 1 and 2, and is high in sample 3.
    Shearing strength of soil (τf) is expressed by the cohesion (c) and the angle of shearing resistance (φ) as follows;
    τf=c+σtanφ
    where σ is the normal stress
    The c and φ are determined by box shear apparatus with a single shear surface of each soil sample under dry, wet (in natural water contents) and saturated (in submergence) conditions (Fig. 4) . Under dry condition, samples 1 and 2 have a low value of c and largevalue of φ, but sample 3 has values of high c and small φ. In particular, as the water content increases, the shearing strength (τf) of sample 2 and 3 reduces notably. This phenomenon seems to be a main cause of JISUBERI and YAMAKUZURE.
    YAMAKUZURE is caused by the soil having low plasticity (PI) and cohesion (c) and large angle of shearing resistance (φ), such as sample 2, and JISUBERI is caused by the soil having high PI and c and small φ, such as sample 3.
  • 1980 年 53 巻 1 号 p. 62-63,67
    発行日: 1980/01/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 1980 年 53 巻 1 号 p. 66a
    発行日: 1980年
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 1980 年 53 巻 1 号 p. 66b
    発行日: 1980年
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top