地理学評論
Online ISSN : 2185-1719
Print ISSN : 0016-7444
53 巻 , 11 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 秋山 道雄
    1980 年 53 巻 11 号 p. 679-698
    発行日: 1980/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    第2次大戦後,全国的な工業化・都市化の進展に伴って,都市用水需要の増大は既存の農業用水との競合問題を惹起し,多目的ダムの建設を中心とする水資源開発が盛んになった.その多くは,ダム建設による河川流水の制御=渇水増強を通じて,旧来の農業水利権などを一応保障しながら,これに加えて新たに都市用水の水利権を設定するというものであったが,これにとどまらず,農業用水部門と都市用水部門との直接交渉による農業用水から都市用水への水の移譲(いわゆる水利転用)もみられるようになっている.
    この水利転用を考察する場合,水利権譲渡の過程や取水量,転用の費用等と並んで,新規参入部門の既存の水利秩序への対処の仕方や水利調整機構の変化に目をとめておく必要があると思われる.すなわち,その水系がこれまで抱えてきた水利問題の特性と,それに基礎づけられて形成された水利秩序に対して,水利転用はどのような位置を占めるのかという点が重要な問題となる.本稿では,この問題を農業用水から都市用水への水利転用が行なわれた高梁川水系の事例によって考察した.
  • 磯 望, 山川 克己, 米澤 宏, 松原 敏子
    1980 年 53 巻 11 号 p. 699-720
    発行日: 1980/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    飛騨山脈と飛騨山地を下刻する高原川沿岸の河成段丘は,上位から本郷・宮原・中越・殿・坂巻・見座の6段丘に区分される.これらの段丘の形成年代は,段丘を覆う火山灰層の年代,段丘堆積物の14C年代,跡津:川断層による段丘面の変位量などにより,上位の段丘からそれぞれ約5万年前,約4.7万年前,約1.1万年前,約0.9万年前,約0.5万年前,約0.23万年前と推定される.
    これらの段丘上に分布する沖積錐は,堆積物の層相などから土石流によって形成されたものと判断され,その平均的な形成期間は段丘形成後現在までの間であると推定される.
    形成期間の等しい沖積錐群の平均的な堆積土砂量は,形成期間に比例して増加し,各沖積錐群が最近の約5万年間,等速的に成長していることが確認された.またこれらの沖積錐は,この地域における最近約70年間に発生した土石流と同規模・同頻度の土石流堆積物の累積によって十分形成しうることも確認された.
  • 斉藤 享治
    1980 年 53 巻 11 号 p. 721-729
    発行日: 1980/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    Alluvial fans in Tohoku District are classified into four types by cluster analysis based on 15 variables indicating their features and structures; namely, A-type (undissected largescale fans with thick deposits), B-type (dissected middle to small-scale fans with thick deposits), C-type (dissected fans with thin deposits), and D-type (undissected small-scale fans). In general, alluvial fans in Tohoku District are primarily classified by the thickness of alluvial fan deposits, and secondarily by the areal expansion of alluvial fan and the degree of dissection. Dissected alluvial fans with thick deposits are less distributed in the district. A lot of dissected alluvial fans with thin deposits are developed along the eastern foot of the Ou Range, while there are plenty of alluvial fans with thick deposits and undissected small-scale alluvial fans on the western foot of the range. These phenomena are expected to be explained based on the difference of the thickness of alluvial fan deposits.
  • 1980 年 53 巻 11 号 p. 730-738
    発行日: 1980/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 1980 年 53 巻 11 号 p. 736
    発行日: 1980年
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top