地理学評論
Online ISSN : 2185-1719
Print ISSN : 0016-7444
53 巻 , 8 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 赤羽 孝之
    1980 年 53 巻 8 号 p. 493-510
    発行日: 1980/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    本研究は内陸型の電気機器工業をとり上げ,この工業の企業組織と労働力構成およびその地域的側面を解明しようとしたものである.
    南佐久地方の電気機器工業の企業組織は専門メーカー,分工場・子会社,下請工場,内職という階層的構成をなしている.その地域的な位置関係は,専門メーカー,分工場・子会社が中心都市と農村部の拠点的地点に,下請工場は地域全体に分散し,内職は各工場の周辺に出されるという形をとっている.この工業の労働市場は,基本的には学卒若年労働力と主婦労働力の二つに分かれ,専門メーカーのような大規模工場ほど学卒若年労働力に依存し,下請の零細工場になるほど主婦労働力に依存するようになる.そして,労働力の質・労働市場の差異に応じて労働力の通勤可能距離が異なり,このことが工場立地パターンを分散的なものにさせている.
  • 岡橋 秀典
    1980 年 53 巻 8 号 p. 511-530
    発行日: 1980/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    戦後高度経済成長期に,非通年型雇用の顕著な展開をみた1山村を事例として,その雇用の性格,そこでの農業および農民層の動向を考察した.その結果,この山村の近年の動向は公的施策と深く関わっていることが明らかとなった.すなわち,1965年頃から非通年型雇用を中心に雇用機会が著しく拡大したが,その多くは公共土木投資と結びついた建設業によるものであった.その不安定な雇用条件は失業保険金によって補完されている.また,農業面では,国の農業政策の影響が顕著で, 1970年以降農産物の商品化による農家経済再編の道は,大部分の農家で消え去った.一部の発展的部門も補助金に依存するところが大きい.農民層の動向をみても,公的施策に依存する傾向が顕著である.上層では農業補助金,中層では公共土木投資と雇用保険,下層の老人世帯では年金である.そのなかで,中層の存立基盤は米の生産調整継続の下で不安定化してきている.
  • 清水 文健, 東郷 正美, 松田 時彦
    1980 年 53 巻 8 号 p. 531-541
    発行日: 1980/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    In the high mountain area of the Japan Alps, there are many scarps invariably facing the ridge, namely uphill-facing scarps on tops and sides of ridges. Similar scarps found in Europe, United States and New Zealand have been ascribed to erosion, slow movement along deep-seated shear plane and tectonic movement. In the present paper the authors studied the formation mechanism of uphill-facing scarps on the slopes of Mt. Noguchigorodake and its vicinity mainly composed of granitic rocks.
    The uphill-facing scarps of this area cut through the debris slopes and post-glacial deposits. The ridge-top is sandwiched in between the uphill-facing scarps on both sides. Each scarp on both sides of the ridge bears similarities in form, size, distribution and degree of dissection. From these facts the uphill-facing scarps on each side of the ridge are inferred to have been formed by the same mechanism in the same time (probably postglacial period).
    Distribution of the uphill-facing scarps in this area is limited only around ridges. Most of these scarps are nearly parallel to the long axis of the ridge and are incompletely arranged en echelon. The total length of the scarps arranged en echelon is 2 km or less. These facts imply that their formation processes are not controlled by regional stress but strongly
  • 1980 年 53 巻 8 号 p. 542-547,553
    発行日: 1980/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top