地理学評論
Online ISSN : 2185-1719
Print ISSN : 0016-7444
54 巻 , 8 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 松田 松男
    1981 年 54 巻 8 号 p. 405-422
    発行日: 1981/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    本研究は丹波・篠山盆地に進出した大手酒造メーカーをとりあげて,その諸条件および他の製造業との労働力競合の有無について考察を試みた.その際,在宅通勤兼業を行なう農家世帯員を主たる包摂対象とする地域労働市場に分析の重点をおいた.
    篠山盆地に進出した大手酒造メーカーには,市場における桶買い取引,自醸酒販売,原酒の輸送費,労働費を勘案した「桶買い系列下」型と「自醸酒分工場・疎開」型がある・酒造業労働力は,従来より季節出稼ぎ者に依存してきたが,就労者不足と高賃金化のなかで,農家主婦労働に徐々に置き換えられつつあり,篠山盆地では季節的な通勤賃労働さえみられる.酒造業労働力の賃金は主として,女子の日給制賃金水準に基づく.
    一方,その他の製造業労働力は年間雇用労働であり,主として主婦層に依存する.このうち,一流メーカーの中企業にみられる新規学卒労働力の雇用を除き,多くは中高年労働力である,それは賃金水準の高いものから順に,男子の月給制ならびに日給月給制に基づくもの,女子の日給月給制に基づくもの,女子の日給制によるもの,農家主婦の時間給による内職など四つの賃金支払い形態からなる.地域労働市場の構造は新規学卒労働力と既就業労働力からなり,酒造業とその他の製造業との間の労働力流動の関係は認められない.
  • 柳田 誠
    1981 年 54 巻 8 号 p. 423-436
    発行日: 1981/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    北海道の沙流川において,最終氷期以降の河岸段丘を調査した.まず,河岸段丘面をそれをおおう火山灰によって年代区分を行なうと,下位よりF面, Mw-II面, Mw-I面, Ms面の4面の形成期に区分される(第1図,第2図).次いで,段丘面を段丘面の縦断投影図における連続性に基づいて形態区分を行なうとI~IV面に区分される.火山灰に基づく段丘面の形成期区分と縦断投影図による段丘面区分とを比較すると(第4図,第5図),地形的に一連な河岸段丘面であっても,その形成期には時間幅が存在することが明らかとなった. III面とIV面は上流側へ向かってその形成年代が若くなってゆき, I面群とII面は中流において最も古く,上流側と下流側へ若くなってゆくようである(第7図).
    このことは,段丘化を引き起こす下刻作用の盛んな区間と氾濫原の広がっている区間とが上流側や下流側へ移動する結果,出現する現象と考えられる.段丘面形成と段丘化という一見不連続な作用の産物にみえる河岸段丘という地形は,氾濫原の広がっている区間と下刻の卓越している区間の平面的移動によって形成されるのではないだろうか.
  • 北畠 潤一
    1981 年 54 巻 8 号 p. 437-447
    発行日: 1981/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    以上述べた所を要約すると,次の事実が明らかになった.
    1. 最初,住宅地化は丘陵の中部以南で著しく,近鉄奈良線沿線とそれに交差する十字型を核として面的開発が急進した.同時に,南東・南西部でも緩慢な点的開発がおきた.中期は中・北東部で急速に,そして後期には中部の南端と西寄りの地域にも開発前線が延びていった.その間,住宅地はまず量的に増大し,住宅は高級化し,近代的で美しいものとなった.山麓線も北西部を除く全域が住宅地化した.
    2. 奈良盆地の北西部丘陵の人口は4倍に膨張し,3万余世帯,10数万を擁する大住宅地域が形成された.新住宅地は初め鉄道に強く依存した.そして,次第に最寄駅との間の時間距離を増大し,地域的に拡散した.しかし,新住宅地が完成に近づき,人口が増すと道路は改修され,バス路線の延長・増発も実現し,約半数近くの新住宅地は最寄駅と9分以内で結ぼれたが,奈良市内の一部には14分程度,その他ごく少数だけ20分以内の地域が残っている.
    3. 新住宅地の小地形的環境をみれば,丘陵北部は中・南部より起伏量・谷密度が大であり,海抜高度は低く,日陰斜面が卓越する.そのことが鉄道沿線にもかかわらず北部の開発を遅らせた一因であろう.中部の海抜高度は大であり,起伏量は小で,谷密度は中位,そして日向斜面に恵まれている.加えて大阪との近接性が強く,戦前から点的開発がみられた.南部は起伏量・谷密度が小で日向斜面も多い.しかし,大阪,京都,旧奈良市街地へは乗り換えを要し,また付近は近郊園芸農業地域であり,地価も高く,中部ほどの住宅地化をみなかった.
    4. 総じて,初期の開発前線は海抜高度が高く,起伏量・谷密度の小さい日向斜面に延びた.しかし,中期以後は海抜高度が低く,起伏量・谷密度の大きい日陰斜面にも波及した.奈良盆地の北西部丘陵における住宅地化は大資本と進歩した工法でなされたが,小地形的環境は造成の比較的容易な地域で始まり,次第に困難性の多い地域へと進んでいった.
  • 朝倉 啓爾
    1981 年 54 巻 8 号 p. 448-458
    発行日: 1981/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    Solar radiation was recognized again as one of the representatives of new energy resources in 1973, when warnings were given to the limitation of fossil resources, and the utilization of solar energy is being investigated very actively in many countries. A large number of studies have been done on the geographical distribution of global solar radiation in Japan. Most of these studies, however, have a tendency to treat the global solar radiation not as energy resources but as one of the climatological or meteorological factors.
    In this paper, the author newly proposed the Solar radiation-duration curve as the means for arranging the data of solar radiation from the standpoint of effective utilization of solar energy. This is the application to the data of global solar radiation of the Flow-duration curve, which has been used as the means for arranging the data of discharge in the field of hydrology and others. Fig. 2, is an example of the Solar Radiation-duration curve in 1977 at six stations (Choshi, Tokyo, Kofu, Matsumoto, Fukui and Maizuru) situated in the almost same latitude. Here, daily totals of global solar radiation observed at each station during a year were rearranged from large to small.
    In order to find the indexes to clarify the regional characteristics of global solar radiation in Japan, the author applied the classification of discharge in the Flow-duration curve to the global solar radiation. The classification of global solar radiation is shown on the Table 3. On the basis of this classification, the value of global solar radiation at each station was plotted on the map, and the isopleths at 50 ly intervals were drawn.
    As a result, the regional characteristics of classified four kinds of global solar radiation in 1976 and 1977 are summarized as follows:
    1. The average 95-day solar radiations of all stations in 1976 and 1977 are 412 ly (200J/m2) and 418 ly (202J/m2), respectively. Main isopleths are 350 ly, 400 ly and 450 ly. On the whole, the regions indicating the value over 400 ly distribute from western Japan centering Shikoku, to Tokai and Chubu districts.
    Conversely, the regions marking the value under 400 ly distribute Kanto district exept for the eastern coastal areas, Hokuriku district, and Tohoku district on the Pacific side. Especially, the extreme low value under 350 ly appears in the inland area of Kanto district (Figs. 3 and 4).
    2. The average 185-day solar radiations of all stations in 1976 and 1977 are 269 ly (130J/m2) and 281 ly (136J/m2), respectively. Main isopleths are 250 ly and 300 ly, and the regional difference in the map of 185-day solar radiation is smaller than that of 95-day. It has the same tendency as the distributional pattern of 95-day solar radiation that the regions with the largest value distribute from western Japan centering Shikoku, Tokai and districts. Smaller value appears on the Sea of Japan side of Hokkaido and Tohoku dis tricts, and stretching to Hokuriku and Kanto districts with the value under 250 ly (Figs. 5 and 6).
    3. The average 275-day solar radiations of all stations in 1976 and 1977 are 163 ly (79J/m2) and 174 ly (84J/m2), respectively. Main isopleths are 150 ly and 200 ly, and the regional difference in the map of 275-day solar radiation is the same level as that of 185-day. The region with the value under 150 ly appears in the southern part of Kanto district. On the whole, however, the map shows a distinctive distributional pattern that the region of larger value stretchs on the Pacific side and the region of smaller value on the Sea of Japan side. Furthermore, on the Pacific side, the value over 200 ly exists in Shikoku, Chubu and Tokai districts, and the eastern part of Kanto district. On the Sea of Japan side, there is a tendency that smaller value appears in higher latitude (Figs. 7 and 8).
  • 1981 年 54 巻 8 号 p. 459-468
    発行日: 1981/08/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top