地理学評論
Online ISSN : 2185-1719
Print ISSN : 0016-7444
56 巻 , 11 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 田和 正孝
    1983 年 56 巻 11 号 p. 735-753
    発行日: 1983/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    水産地理学における生態学的研究の試みとして,越智諸島椋名漁村の一本釣漁をとりあげ,その漁場利用形態を時間的・空間的側面から分析した.現地調査にあたっては,漁携活動を観察する方法を重視した.
    椋名地先の一本釣漁場は,潮流との関係によって, (1) ヒキシオ時に利用可能, (2) ミチシオ時に利用可能, (3) 両方のシオの時に利用可能,の3つに分類できる.漁携活動は,早朝から夕方まで行なわれる.そこで,漁師は出漁時刻の潮流の状態に応じた漁場を選択し利用する.このような漁場利用は,時間的には漁撈活動の周期性に注目して,空間的には利用水域を3次元的にとらえることによって,分析する必要がある.今後,このような生態学的データを蓄積し,さらにこれらを用いることによって,漁場と漁村とを総体として把握する漁村の生態学的理解の方法を究明しなければならない.
  • 藤目 節夫
    1983 年 56 巻 11 号 p. 754-768
    発行日: 1983/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    交通条件とは,本来相対的に評価されるべきものであることを考えると,特定地域の交通変革による交通条件の変化は,他地域も含めた全体地域の中で評価される必要がある.なぜなら,交通変革は一般に複数の地域で同時に実施されるので,特定地域の交通変革によりその地域の交通条件が改善されたか否かは,全体地域における平均的な交通条件の改善と比較して,相対的に評価される必要があるからである.このような交通条件の相対的評価は,産業の立地条件の一つとしての交通条件を評価する場合には,特に重要な視点である.本稿では,このような認識のもとに,中四国地域を対象として,アクセシビリティーの成長・衰退比率と都市の時空間表示とによる,交通条件の相対的評価の二つの方法を提案した.その結果,これらの方法は交通変革による交通条件の変化を空間的に表現し,視覚的に把握できるという点で有効な地理学的方法であることがわかった.
  • 田口 雄作, 吉川 清志
    1983 年 56 巻 11 号 p. 769-779
    発行日: 1983/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    1981年8月24日午前2時12分頃,利根川支流小貝川の左岸堤防が,台風8115号のもたらした降水による増水のため,茨城県竜ヶ崎市内で決壊した.冠水域は竜ヶ崎市を中心に,約3,300haに及んだ.
    筆者らは,冠水域内の165地点の標高点において,洪水痕跡から浸水流の最高水面標高の測定を行なった.また,氾濫時に撮影された空中写真の判読等によって検討を加えた結果,浸水流の挙動に関し,次のような知見を得た. (1) 浸水流は北上流,直進流,南下流の3つの主要な流下方向を有していた.このうち,最も水勢が強く,浸水流の主流となったのは南下流であった. (2) 浸水流は水勢の強い時には,地表面の起伏にあまり支配されずに直進するが,流心から離れるに従って,あるいは水勢が弱まるに従って,地表の低まりに追従する. (3) 論所排水は,洪水排水総量は多かったかもしれないが,浸水流の主要な流路ではなかった. (4) 江戸時代に築かれた内堤防の存在の有無が,今回の冠水域の拡大に,大きな影響を及ぼした. (5) 古文書など諸資料から,経験的な土地利用,防災対策を読み取り,活用することは,現代社会にとっても大いに重要である.
  • 武田 一郎, 松本 栄次
    1983 年 56 巻 11 号 p. 780-791
    発行日: 1983/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    Various patterns of sand ripples found on sandy shallow sea bottom are classified into planar parallel, lunate, diagonal, nearshore irregular parallel and regular parallel ripples. They generally appear in this order with increasing water depth. Relations between ripple types and intensities of wave-induced oscillatory water flow have been studied by severall researchers. In these studies, however, flow intensities are computed from wave data on the basis of wave theories.
    In order to consider the relation between ripple types and sand movement, more detailed characteristics of oscillatory water flow over each ripple type is necessary. Tatado Beach, Izu Peninsula, Japan (Fig. 1) was selected as a study site. The flow measurement was conducted using an ultrasonic current meter installed at heights of 26 to 80cm above the sea bottom. The characteristics of oscillatory water flow, such as the flow intensity, the directional variation and the velocity asymmetry, were examined for the flows over regular parallel, nearshore irregular parallel, diagonal and lunate ripples, and also over a flat bed.
    As shown in Fig. 2, the horizontal flow velocity is lowest for the flows over regular parallel ripples and is highest for those over a flat bed. The relation between ripple types and flow intensity represented by Manohar's (1955) non-dimensional function Ψ1' is examined (Fig. 3): Ψ1' is calculated using actually measured velocity. Fig. 4 shows the similar relation, in which the maximum horizontal velocity, Um, is calculated from wave data using wave theories. As compared with Fig. 4, Fig. 3 shows: a smaller variation in the value of Ψ1' for each ripple type and gives more clear boundaries for the ripple-type demarcation. This suggests that the calculated value of Um in the nearshore zone involves considerable error.
    The directional variation of flow oscillation is examined in relation to the flows over each ripple type using a rose diagram with 16 directions (Fig. 6). This figure indicates that little difference in the directional variation exists among different ripple types. Especially, the range of directional variation in the oscillatory flows is too narrow to explain the directional angle between main and sub-crests of diagonal ripples, which intersect nearly at right angles to each other (Photo. 1). This result does not support the opinion that diagonal ripples are generated by waves advancing from two different directions. The relation between ripple types and velocity asymmetry of the oscillatory flows is shown in Fig. 7, which indicates no general tendency.
  • 1983 年 56 巻 11 号 p. 792-792,796
    発行日: 1983/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top