地理学評論 Ser. A
Online ISSN : 2185-1735
Print ISSN : 0016-7444
57 巻 , 8 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 浅野 久枝
    1984 年 57 巻 8 号 p. 519-536
    発行日: 1984/08/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    本研究は,三宅島に従来から住む住民自身の民族科学に従って,主として地形に関する民俗分類を検出し,伝統的環境観の復元をめざしたものである.その結果,以下のことが明らかになった.
    住民の民俗分類は,決して単一のものではなく,いくつかの体系が重なり合っている.例えば,地形に対しての分類では,少なくとも2種類の体系が見い出せる.地形的には同一の対象に対し,一方では地形的形態からの,他方では生業形態に由来した名称が与えられている.同様に,同じ海岸地形に対し,視点の位置の違いにより,陸上からみた名称と,海底からみた名称との2種の名称が与えられている.さらに坪田においては,地形の民俗分類が主にテングサ採取の知識とともに語られることから明らかなように,生業形態の違いも異なる体系を生み出しているとみることができる.近似した環境においても,その環境の利用および認織は旧村ごとに異なる場合が少なくない.住民の価値観が環境を選択するためであり,ここに環境と文化との相互関係も見い出すことができよう.
  • 野村 亮太郎
    1984 年 57 巻 8 号 p. 537-548
    発行日: 1984/08/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    篠山川は,兵庫県東部に位置し,篠山盆地を貫流して,西方に流れ,加古川と合流する.その途次,盆地内で3段,盆地西方で1段の河岸段丘を形成する.盆地内の段丘を上位から,川代面,大山面,宮田面とし,盆地西方の段丘を阿草面とした.このうち,川代面と大山面の一部区間は,盆地中央に向かって高度を下げ,現在の篠山川の流下方向に対して逆傾斜している.また,盆地北部に広く分布するチャートが盆地西端の川代礫層に含まれず,さらに,川代礫層のインプリケーションは現在の篠山川と異なった方向を示し,大山礫層の礫径も東部に向かって小さくなる傾向がある.これらのことから,川代礫層,大山礫層を堆積したころ,篠山盆地の排水は現在の篠山川を通じては行なわれず,武庫川によって行なわれていたと考えられる.この排水路が河川争奪によって変更され,篠山川は加古川へ流出することとなった.
    河川争奪の原因は,盆地南部の流紋岩よりなる山地の山麓部に広がる麓屑面堆積物の一部が盆地出口の河床に押し出した結果,河床が上昇したことによると推定される.このため,盆地内は湛水し,西方にあった分水界の低位置から浴流し,新しい排水路ができ,それが恒常化して,現在の篠山川が生れたと考えられる.河川争奪がおきたのは,大山礫層中にみられる姶良Tn火山灰および14C年代からみて,約2万年前以降と考えられる.
  • 鈴木 厚志
    1984 年 57 巻 8 号 p. 549-570
    発行日: 1984/08/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    空間的分布の測定は,「平均位置」や「散らばり」だけでなく,これらに加えて「方向と形状」を論じる研究が行なわれるべきである.そこで本稿は,標準偏差楕円により,水戸市の都市機能の空間構造を検討することにした.時系列的な変化を把握するために,1972年と1978年の事業所統計より23業種を選定し,重心の移動と散らばりの変化をとらえ,さらに因子分析を行ない,その因子得点を標準偏差楕円により分析した.その結果,各因子の中心はおもに西方に移動し,「業務・大型店因子」のみ東方へ移動した.散らばりは,「業務・大型店因子」と「サービス業・買回り品小売業因子」が集中傾向を示した.形状は,「業務・大型店因子」が最も楕円的形状で,「最寄り品小売業因子」は円形的形状を示した.両者は各自の形状を強めつつある.このような形状を規定するものは,西方に広がる台地状の地形と城下町プランに求められると推察されるが,これらの影響力は後退しつつあることが明らかになった.
  • 長谷川 均
    1984 年 57 巻 8 号 p. 571-582
    発行日: 1984/08/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    The Ryukyu Islands consist of many islands which have coral reefs. Such coral reefs are classified into fringing reefs, patch reefs, and table reefs. Barrier reefs are scarecely developed (Mezaki et al. 1977; Mezaki 1980).
    In the Kume Island, its west coast forms emerged fringing coral reefs with a shallow moat (max. -2m) and barriers with a interposing lagoon (max. -20m) develop along the east coast (Fig. 1, 2, and 3). On the west coast, the present living coral reefs are found on the outer reef flats, while on the east coast, they are found on the inner and outer reef flats. The purpose of this investigation is to examine the differences of these two types of carbonate sand beach sediments. In order to know the depositional features of these beach materials, the two types of coral reef sediments with bioclastic carbonate grains were analyzed using the grain-size parameters and the component propotions of sediments.
    There is a distinct difference in the grain-size parameters of sediments between the west coast and the east coast. Sands from the west coast are finer and more poorly sorted than those of the east coast (Fig. 4, Table 1). In general, grain-size parameters of the east coast sediments have variable values in comparison with the west coast sediments (Fig. 5). Concerning the components, foraminifera (Baculogypsina sphaerulate and Calcarina spengleri) are abundant on the west coast, while coral fragments and shell fragments occupy about 85% on the east coast (Fig. 6).
    An increase in foraminifera suggests a decrease in mean grain size and poor sorting, and an increase in coral and shell fragments suggests an increase in mean grain size and well sorting. This relationship implies that the depositional enviroment at a given locality in the Kume Island is greatly influenced by the differences (1) in biota between the two types of coral reefs and (2) in the coral reef landforms themselves.
  • 吉野 正敏, 千葉 長
    1984 年 57 巻 8 号 p. 583-590
    発行日: 1984/08/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    An attempt was made to study the subdivision of China by the annual amount and the annual variation type of precipitation using the mean values for the years 1951_??_1980 at the 1000 stations. Roughly speaking, the annual precipitation decreases from the lower lati-tudes to the higher latitudes and from the coasts to the inlands. The amplitudes of annual variation were normalized and, using these values, the principal component analysis was applied to determine the annual variation types. The results show that they are expressed by combinations of the two variation types in almost whole regions of China: (i) a type which has smaller amounts in the months of first half year and larger amounts in the months of second half year, in particular, in July, August and September, and (ii) another type which has larger amounts in the months of first half year, especially in April, May and June, and quite small amounts in the second half year. The former type of annual variation appears broadly in China and the latter type characterizes the South China region. There found no statistically significant type of annual variation in the northwestern desert region, because the monthly amounts are very scarce. In conclusion, China is sub-divided into 13 regions by the 11 types.
  • 1984 年 57 巻 8 号 p. 591-593,597
    発行日: 1984/08/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
  • 1984 年 57 巻 8 号 p. 596a
    発行日: 1984年
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
  • 1984 年 57 巻 8 号 p. 596b
    発行日: 1984年
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
feedback
Top