地理学評論 Ser. A
Online ISSN : 2185-1735
Print ISSN : 0016-7444
58 巻 , 3 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 篠田 雅人
    1985 年 58 巻 3 号 p. 135-154
    発行日: 1985/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    アフリカ南東岸域において降水帯の季節移動と,それを規定する主要因を解明した.まず,1963年の日々の降水を,地上天気図に基づいて,北東貿易風系内の降水・ITCZ内の降水・南東貿易風系内の降水・南半球寒帯前線帯内の降水の4種類へと成因別に分類した.さらに,同じ南東貿易風系内の降水でも,気圧傾度によって,弱い南東貿易風系下の降水と都強い南東貿易風系下の降水に分類した.そして,日降水量アイソプレスを用いて,各成因別降水帯の特徴と季節移動とを明らかにした.
    さらに, 1963年の最多雨月をもたらした要因を,日降水量アイソプレスによって抽出し,降水の主要因を考察した.また,その結果を平年と比較することによって,次のように一般化した.マダガスカル東岸・東アフリカ東岸の最多雨月(3~5月)は,ITCZ北上直後の弱い南東貿易風系下の時に一致し,マダガスカル西岸の最多雨期(1~2月)は,最南下しているITCZがマダガスカル西岸を横切る時に一致する.
  • 杉谷 隆
    1985 年 58 巻 3 号 p. 155-167
    発行日: 1985/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    内営力の影響下で河川がどのような釣合いの状態をとり,また段丘を形成するかという問題意識から,傾動運動をする水路を用いて模型実験を行なった.
    まず,水路を静止させたままで一定の流量・給砂量を与えつづけ,定常状態を出現させた.流量・給砂量はそのままで水路を傾動させていくと,上流側から「段丘」化していった.「段丘」面は,水面勾配と水路下流端流出砂量とがともに時間的に増加していくような,「氾濫原」として形成された.野上ほか(1975)が静止した水路で求めた水面勾配と流送砂量との平衡関係式は,その期間を通じて成立した.
    流路は最終的に,傾動運動と浸食力とがほぼ釣合って,近似的な定常状態となった.この状態下でも,上述の平衡関係式は成立した.また,流路のゆらぎに同調して「段丘」面が離水・消滅した.
    以上のように,野上ほか(1975)の結果が広汎に成立すること,および実験的な「段丘」形成機構が明らかになった.
  • 近藤 昭彦
    1985 年 58 巻 3 号 p. 168-179
    発行日: 1985/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    地下水中のトリチウム濃度分布パターンから,地下水流動系を明らかにすることを目的として,干葉県市原市,養老川下流域の下総層群中の地下水のトリチウム濃度分布を調査した.
    1953年以降に酒養されたと考えられる比較的高トリチウム濃度の地下水は台地部に分布しており,また核実験の影響が認められない低トリチウム濃度の地下水は養老川近傍の低地に分布していた.このような分布パターンから,地下水は全体として台地部で,'され,養老川沿いの低地あるいは沿岸低地の方向に流動していることが明らかとなった。また,地下水の流れは台地部においては下向き成分,養老川近傍においては上向き成分の存在を考える必要があり,三次元的な把握の必要性が明らかとなった.
  • 辻本 英和
    1985 年 58 巻 3 号 p. 180-192
    発行日: 1985/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    岩石海岸には一般に3つのタイプの波食地形がみられる. Type Aは海側に緩傾斜した波食棚で,海側に明瞭な傾斜の変換点をもたず,浅海底に連続している. Type Bはほぼ平坦な波食棚で,海側の末端に急崖が存在する. Type Cは波食棚が形成されていない急崖の地形である.
    襲来する波のエネルギーに場所的変化が小さいと考えられる地域で,このようなタイプの異なる地形がどのような地質条件(構成岩石の抵抗力)の所に発達しているのかという問題を解くために,千葉県東部海岸を調査地域に選び,構成岩石の抵抗力と波食地形のタイプとの関係を調べた.その結果,3つのタイプの波食地形は,岩石の抵抗力(圧縮強度に不連続示数をかけたもの)によって明瞭に区分され,抵抗力が大きくなるにつれて, Type A, Type B, Type Cの地形がこの順序で現われることがわかった.
  • 1985 年 58 巻 3 号 p. 193-194,198
    発行日: 1985/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
feedback
Top