地理学評論 Ser. A
Online ISSN : 2185-1735
Print ISSN : 0016-7444
59 巻 , 5 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 松田 松男
    1986 年 59 巻 5 号 p. 243-260
    発行日: 1986/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,従来から等閑視されてきた建設労働市場の構造を明らかにすることである.研究を行なうにあたっては,とくに次の4つの視点から検討した. (1) 地域内労働市場が狭隆であることの考察を行なう. (2) 山村労働力の恒常的流出過程については出稼組合の成立経緯を通して,出稼ぎが必然化していることを明らかにする.そのために, (3) 出稼者は技能をもたねばならず,その取得方法については,コンクリかたわく一ト打ちこみのために造った箱形の板を製作する型枠大工の労務を例として明らかにし,さらに, (4) 建設労働市場の特殊性である「労務下請」の構造を明らかにする.
    まつだい松代町の労働力は,夏季の建設日雇や付近の農村に立地している工場へ通勤する地域内労働市場と,冬季に建設・染色・酒造などに行く,地域外の出稼労働市場からなっている.また,夏季の建設日雇と,冬季の建設出稼とは連動して営まれている場合が多い.労働に対する賃金の取得形態は,農村立地工場の通勤者が主婦を主体とした時給制と日給月給制であるのに対して,建設出稼者は男子を主体とした日給制になっていちとせる.出稼ぎは縁故関係に頼って出ることが多いが,その主たる理由は千年集落にみられるように,中層農家の家計と農業経営を維持するためである.出稼組合は1963年に創設されたが,その目的は出稼者の援護にあり,ある程度の技能に習熟した型枠大工や,不熟練労働力に対する需要が高まるなかでの行政指導から生まれたものである.
    これを契機に,労務者の募集は組織的に「個別的」募集から「集団的」募集という方式に変わった.上越南公共職業安定所安塚出張所管内での建設出稼にみられる「労務下請」制の労働力配置は,次の3形態である. (1) 総合建設業者の単純下請就労者, (2) 一人親方的元請就労者, (3) 総合建設業者就労者.建設労働市場における重層性の1原因は,「労務下請」制の仕組みを通じて形成され,労務者が組み込まれていく.
  • 田中 眞吾, 野村 亮太郎, 井上 茂
    1986 年 59 巻 5 号 p. 261-275
    発行日: 1986/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    兵庫県東部,多紀連山の北麓に発達する麓屑面について検討した.この部分の麓屑面は筆者らの区分によるIないしIII面が発達していること, II面はII1・II2の上下2面に区分できること,また各面はさらに主として山体側に形成されるc部,山麓側に形成されるf部,およびその中間のd部の小地形単位に細分できることがわかった.形成時期に関しては,第1報同様, I面は最終氷期以前の氷期に, II面は最終氷期中ではあるが,そのうちII1面はその前半期, II2面はその後半期に, III面は晩氷期以降約6,000年前ごろまでに形成された.これちの形成年代については,各面構成層中に挾在している姶良Tn火山灰,弥山軽石,アカホヤなどの諸火山灰ならびに14C年代資料によって明確にされた.形成機構についてはそれぞれの時期に, c部が崖錐ならびに沖積錐, d部が土石流扇状地, f部が扇状地のような状態で形成された.また麓屑面の分布・形成要因として,チャート露岩帯の存在が非常に大きく関係していることが指摘できた.
  • 内田 順文
    1986 年 59 巻 5 号 p. 276-290
    発行日: 1986/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    本研究における「都市のイメージ」とは,広い意味での地理的イメージとしての「場所イメージ」の一部を意味する.本研究では,まず,この都市のイメージを一定の社会集団に共通するイメージとしてとらえ,わが国の70都市について具体的に都市の象徴要素を抽出することによって,都市のイメージを示した.次に,場所イメージによる感覚的な全体像評価の例として,都市の「風格」という概念を提示し,70都市について「風格」を評価することとした.次に,都市の「風格」を都市のイメージとの関連によって分析し,回答者が理解している都市の「風格」とはどのような概念なのか,を考察した.その結果,都市の「風格」の評価は,都市の歴史的側面に関係する都市の審美的評価系列と,都市の機能的・規模的側面に関係する都市の総合的能力の評価系列という, 2つの異なる評価系列によって都市のイメージを評価した結果を総合したもの,として表わし得ることが明らかとなった.
  • 鈴木 隆介, 徳永 英二
    1986 年 59 巻 5 号 p. 291-292
    発行日: 1986/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
  • 須賀 伸一
    1986 年 59 巻 5 号 p. 292-293
    発行日: 1986/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
  • 1986 年 59 巻 5 号 p. 294-298,301
    発行日: 1986/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
feedback
Top