地理学評論 Ser. A
Online ISSN : 2185-1735
Print ISSN : 0016-7444
62 巻 , 6 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
  • 上田 元
    1989 年 62 巻 6 号 p. 417-437
    発行日: 1989/06/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    習志野市における行政過程への住民参加の実態を検討する.行政は,市民本位の生活空間管理をめざしてコミュニティ単位に領域組織を編成し,これに参加する有志市民の組織化を試みた.しかし,行政領域に基づくこの試みは,住民側の既存の領域的な近隣組織と葛藤を生じ,結局後者が参加の主体となった.これは市政に参加する市民代表の性格を曖昧にし,市民の行政への要望や参加のあり方を局地化することになった.そこで,このように制度化した参加がいかなる実効性をもつのかを,近隣組織への加入率と提出された要望の実績によって評価したところ,街区ごとにかなりの差が認められた.そしてこの差には,入居時期と住宅事情,旧住民・就業産業状況等,世帯の類型・流動性の違いが一義的に対応ずることがわかった.また,市民の要望は,市民の生活環境評価の善し悪しや,宅地開発の形態を反映しているが,在来区域は制度の実効性に問題がある街区を多く抱えている.
  • 伊藤 真人, 正木 智幸
    1989 年 62 巻 6 号 p. 438-447
    発行日: 1989/06/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    The Yokoo, Ninomata, and Ichinomata moraines, which are located in the Yari-Hotaka Range, Northern Japanese Alps, constitute the lowest moraine systems of the Yokoo glacial age (the Ichinomata stage) which has been considered the greatest glacial advance in the Yari-Hotaka Range (Iozawa, 1962, 1972, 1979; Ito, 1982a, b; Ito and Vorndran, 1983). The recent trenching of the surface deposits of these moraines revealed the occurrence of the marker tephra, the Omachi-E pumice (Tateyama volcano), in the volcanic ash layer directly covering the uppermost till of the Ichinomata moraine. The total thickness of the volcanic ash layer overlying the till is 120cm, and the horizon of the Omachi-E pumice is about 115cm below the ground surface. The marker tephra was identified by the examination of petrographic properties, such as heavy mineral composition and refractive indices of glass, orthopyroxene, and hornblende. According to the inferred age of the Omachi-E pumice (Machida and Arai, 1979; Machida, 1980), the age of the greatest glacial advance in the Yokoo glacial (the Ichinomata stage) is estimated to be a little older than 60, 000 y. B. P.
  • 1989 年 62 巻 6 号 p. 448-450,463
    発行日: 1989/06/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
feedback
Top