地理学評論 Ser. A
Online ISSN : 2185-1735
Print ISSN : 0016-7444
63 巻 , 12 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 須貝 俊彦
    1990 年 63 巻 12 号 p. 793-813
    発行日: 1990/12/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    赤石山地・三河高原南部の小起伏面の性格と分布を示し,従来の“山頂小起伏面=隆起準平原遺物”説の再検討を試みた.
    まず空中写真判読により小起伏面を認定した.次に面の形態や構成物質の特徴などをもとに小起伏面を5タイプに分類した.さらに調査地域全域の小起伏面の分布を示し,面の起源を検討した.その結果,赤石山地・三河高原南部の小起伏面は,大半が侵食面であり,(1)山頂や高い尾根上に位置する面は,化石周氷河成平滑斜面の一部に含まれること,(2)厚い風化殻に覆われた丘陵状を呈する面は,山地の縁辺部ほど良く分布し,標高1,500~2,000mで消失することが明らかにされた.(1)は高位削剥面,(2)は隆起準平原遺物,とみなしうることが指摘され,従来の“隆起準平原遺物”説を再考する必要性が示された.
  • 小林 浩二
    1990 年 63 巻 12 号 p. 814-835
    発行日: 1990/12/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    本研究では,西ドイツの代表的な集約的農業(ガルテンバウ)地域であるハンブルク周辺部,アルテス・ランドの果樹栽培を取り上げ,その経営の特質と存立基盤を明らかにした.この地域では,1960年以降経営規模の拡大,リンゴ栽培への専門化,わい化栽培の導入,農用機械化,農用施設(とくに貯蔵庫)の建設・整備,近代的な排水システムの建設等を通じて土地生産性,労働生産性の向上がはかられてきた.こうした生産性の高い果樹栽培を存立させた条件,すなわち,存立基盤は,1.自然的条件,とりわけ土壌と気候が果樹栽培に適していたこと,2.大都市市場に近接しており,出荷が容易であること,さらに,さまざまなかたちの出荷が可能であること,3.農業労働力の雇用が比較的容易であること,4.農業に関する情報やサービスが得やすいこと,5.経営規模が大きく,経営の基盤が強固であること,6.都市化に伴う農業環境の悪化が少ないこと,であった.5と6の要因としては,西ドイツの農業政策とハンブルクとその周辺地域を含む地域計画が高い整合性をもっていることがあげられる.
  • 田中 幸哉
    1990 年 63 巻 12 号 p. 836-847
    発行日: 1990/12/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    This paper discusses the relationships between the evolution of valley side slopes of hilly lands such as Soya Hill and Shiranuka Hill in Hokkaido and rock properties such as cone penetration hardness, point-load tensile strength, Schmidt rebound and infiltration capacity.
    The bed rocks of the areas studied are classified into five groups in terms of combinations of mechanical strength (S) and infiltration capacity (Ic). The classifications are as follows; (1)WH group (weak S, high Ic), (2)WL group (weak S, low Ic), (3)ML group (medium S, low Ic), (4)SH
    group (strong S, high Ic), ESL group (strong S, low Ic).
    The V-shaped valleys examined are assumed to extend their length by headward erosion. Hence, the distance from each valley head to the sites where morphometry was performed; X (m), implies the time elapsed since the beginning of erosion at the site.
    Thus, the relationship between the mean angle of a valley side slope (θ) and X is inferred to indicate the temporal evolution of the valley side slope. The evolution of the slopes occurs as follows; θ increases in SH group and SL group, is constant in ML group, and decreases in WH group and WL group. However, after the lapse of a certain amount of time, θ is constant in all of the groups. This value of θ is in accordance with the magnitude of mechanical strength. Thus, the rate of the evolution of a valley side slope is deduced to be mainly affected by mechanical strength and not by infiltration capacity.
    In a hilly region in an early stage of erosion, the evolution of valley side slopes shows the same changes as the case of coastal terraces.
  • 1990 年 63 巻 12 号 p. 848-858,1
    発行日: 1990/12/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
feedback
Top