地理学評論 Ser. A
Online ISSN : 2185-1735
Print ISSN : 0016-7444
64 巻 , 5 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 杉浦 芳夫
    1991 年 64 巻 5 号 p. 303-326
    発行日: 1991/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    ナチスドイツからの亡命者で社会主義者のF. K. Schaefer は,アイオワ州立大学地理学科の正式教員に採用される過程で研究業績をあげる必要があった.その際演習でとりあげた R. Hartshorne (1939) のドイツ語文献の解釈に疑問をもった Schaefer (1953) は,その点を突いた「例外主義」論文を書くことを決意した.他方,マッカーシズムが吹き荒れる当時,当局による尾行が,かってOSSに関係し,自分との学問観の相違に恨みを抱く Hartshorne の密告によるものとの思い込みが, Schaefer を一層強く論文執筆へ駆り立てた.しかし,「例外車義」論文は,発表後一定期間にわたって引用されることがなかった.これには,学科長のH. H. McCarty が,性格学識学問観において Schaefer を評価しなかったことが関係している.加えて,マッカーシズムの時代的背景が,彼と彼の仕事の評価に不利に作用したといえる.
  • 中田 裕一
    1991 年 64 巻 5 号 p. 327-346
    発行日: 1991/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    気象衛星「ひまわり」の画像をみると,冬の季節風下に中国の大陸上を中心に層状の雲が張りついていることが多い.本稿ではこの雲を層状雲とよび,拡大型・縮小型の2つのタイプに分類した.拡大型の雲域は中国南部を中心に大きく広がり,縮小型の雲域はチベット高原の東方または東南東方に存在する.本稿の目的は, 2つのタイプの形状を明らかにするとともに,形状がまわりの総観場および総観場の季節変化とどのような対応関係をもっているかを明らかにすることである.その結果次のことがわかった. (1)層状雲が拡大型のときは,地上の前線が中国南岸に停滞し,シベリア気団はこの前線まで達する.層状雲域の南部では南西風が,北部では偏西風が地上の北東風に乗り上げる. (2)層状雲が縮小型のときは,地上の前線が太平洋上にのみ存在し,シベリア気団は変質しながらもフィリピン付近まで南下する.地上の北東風に乗り上げる南西風や偏西風かないので,雲域が残るのはスーチョワン盆地上など暖気と接する一部の地域である. (3)また層状雲の拡大型・縮小型の出現頻度は,シベリア気団の季節的な南下・北上の影響を受けている.
  • 松岡 憲知
    1991 年 64 巻 5 号 p. 347-357
    発行日: 1991/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    A method is described for the prediction of maximum freeze/thaw penetration depth in snow-and vegetation-free ground as a function of the mean annual air temperature. Annual variation in ground surface temperature was fitted by a sinusoidal curve with the amplitude, Tos. The meteorological data show that the value of Tos ranges from 11° to 16°C in Japan. Three sinusoidal curves with the Tos values of 11°, 13° and 15°C were used for the calculation of the freeze/thaw depth. The Aldrich equation allowed the calculation to be made. The freezing and thawing indices involved in this equation were determined for every degree of the mean annual ground surface temperature. The maximum freeze/thaw depth was calculated for four kinds of ground materials, i.e., volcanic ash, sand/silt, gravel and rock, and then plotted against the mean annual surface temperature. The diagram indicates that the freeze/thaw depth increases as mean annual surface temperature approaches 0°C and with rising both thermal conductivity and volumetric water content of the ground material.
    The relationship between the mean annual air temperature and the maximum freeze/thaw depth was obtained using the empirical relation between the mean ground surface and air temperatures. The predicted depths agreed fairly well with the measured depths in various cold environments where the mean annual air temperature is known.
  • 1991 年 64 巻 5 号 p. 358-361,364
    発行日: 1991/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
feedback
Top