肺癌
Online ISSN : 1348-9992
Print ISSN : 0386-9628
ISSN-L : 0386-9628
49 巻 , 7 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
委員会報告
  • 澤端 章好, 淺村 尚生, 呉屋 朝幸, 森 雅樹, 中西 洋一, 江口 研二, 輿石 義彦, 土屋 了介, 奥村 明之進, 宮岡 悦良, ...
    2009 年 49 巻 7 号 p. 975-987
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    目的.本邦における2002年の肺癌治療成績を明らかにする.方法.肺癌登録合同委員会は,初診が2002年であった原発性肺癌を対象として登録を行い,2004年,2009年に追跡した.358施設から18,552例の登録がなされたが,生存期間の判明した14,695例を検討した.結果.男女比は2:1,平均年齢は67.1歳,分布は,組織型は腺癌が56.7%,扁平上皮癌が25.7%,小細胞癌が9.2%,臨床病期はIA期29.3%,IB期15.3%,IIA期1.4%,IIB期6.2%,IIIA期11.6%,IIIB期14.4%,IV期20.7%,手術あり症例は57.5%,手術なし症例は39.0%であった.5年生存率は,全組織型で44.3%,小細胞癌で14.7%,非小細胞癌で46.8%,手術あり症例,手術なし症例で,それぞれ66.0%,8.5%,男性,女性でそれぞれ37.7%,59.0%であった.臨床病期別では小細胞癌,非小細胞癌それぞれ,IA期(52.7%,79.4%),IB期(39.3%,56.9%),IIA期(31.7%,49.0%),IIB期(29.9%,42.3%),IIIA期(17.2%,30.9%),IIIB期(12.4%,16.7%),IV期(3.8%,5.8%)であった.結論.2002年の本邦における肺癌治療例は,腺癌が最も多く扁平上皮癌,小細胞癌が続いた.予後は5年の経過で,女性が男性より良く,非小細胞癌が小細胞癌より良く,手術あり症例が手術なし症例より良好であった.これらの差が生じている要因についてはさらなる検討を要する.
原著
  • 福岡 和也, 本村 文宏, 國頭 英夫, 樋田 豊明, 中川 和彦, 玄馬 顕一, 新海 哲, 一瀬 幸人, 南部 静洋, 中野 孝司
    2009 年 49 巻 7 号 p. 988-993
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    目的.悪性胸膜中皮腫に対するLY231514(ペメトレキセド)とシスプラチン併用療法の安全性について確認する.方法.対象は手術適応のない,組織診にて確認された悪性胸膜中皮腫で,全身化学療法による前治療歴がなく,年齢20∼75歳,PS 0∼1,主要臓器機能が保持された症例.ビタミン剤投与下に21日を1サイクルとして,1日目にペメトレキセド500 mg/m2,シスプラチン75 mg/m2を点滴静脈内投与した.結果.解析対象12例の内訳は,男性/女性: 10/2,平均年齢63歳(50∼73歳),上皮型/肉腫型/二相型: 8/2/2,III/IV期: 10例,アスベスト曝露歴ありが7例であった.グレード3以上の血液毒性は,白血球数減少と好中球数減少が各1例(8.3%),リンパ球数減少と赤血球数減少が各2例(16.7%),ヘモグロビン減少4例(33.3%),血小板数減少2例(16.7%)であった.また肺炎を1例(8.3%)に認めた.非血液毒性では,悪心,嘔吐,食欲不振などの消化器毒性の発現頻度が高かった.奏効率は25.0%であった.結論.悪性胸膜中皮腫に対する本併用療法の安全性が確認された.
  • 鏑木 教平, 磯部 和順, 阪口 真之, 佐野 剛, 高井 雄二郎, 本間 栄
    2009 年 49 巻 7 号 p. 994-998
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    目的.原発性肺癌に合併した癌性心膜炎における心膜癒着療法の有用性を明らかにする.対象と方法.1998年4月∼2008年10月までに,当センターで加療した原発性肺癌908例中,癌性心膜炎を合併した28例のうち,心膜開窓術を行った1例を除外した27例を対象とし,その臨床像,予後をretrospectiveに検討した.結果.男性20例,女性7例,平均年齢は61.3歳(38∼80歳).組織型は小細胞癌6例,腺癌16例,扁平上皮癌4例,その他1例であった.臨床病期はIII期が13例,IV期が14例であった.癌性心膜炎の治療は,心嚢穿刺のみが19例,心膜癒着療法が8例であった.心嚢穿刺の合併症は5/27例(19%)に認められ,左室穿刺の1例は死亡した.再貯留は癒着群ではなく,非癒着群の4/19例(21%)に認められた.また,癒着群(8例)は非癒着群(19例)に比較して癌性心膜炎診断後の生存期間が有意に良好であった(3ヵ月vs 1.2ヵ月: P=0.04).さらに,心タンポナーデ合併11症例においては,癒着群(4例)は非癒着群(7例)に比較して癌性心膜炎診断後の生存期間が有意に良好であった(4.6ヵ月vs 1.0ヵ月: P=0.015).結論.本検討では原発性肺癌による癌性心膜炎に対する心膜癒着療法の有用性が示唆されたが,最適な治療法の確立のためには,prospectiveな臨床試験の蓄積が必要であると考えられた.
  • 西 英行, 鷲尾 一浩, 藤本 伸一, 玄馬 顕一, 岸本 卓巳, 清水 信義
    2009 年 49 巻 7 号 p. 999-1005
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    目的.胸膜中皮腫の臨床像および予後について検討した.対象.1993∼2008年に診断·治療した胸膜中皮腫81例を対象とした.結果.男性74例,女性7例で,平均年齢は66.0歳であった.アスベストばく露歴を71例(87.7%)に認め,症状発見が71例(87.7%)であった.確定診断は,55例(67.9%)が胸膜生検で得られた.初診から診断までに平均4.5ヶ月を要した.治療は,化学療法もしくは放射線療法が40例,手術療法が24例,対症療法が17例に行われた.予後に関しては,全症例の生存期間中央値は10.8ヶ月で5年生存率が5.0%であった.手術療法の1年および3年生存率は65.1%と23.2%で,生存期間中央値は13.2ヶ月であった.また,化学療法の1年および3年生存率は39.2%と0%で,生存期間中央値は10.8ヶ月であり,手術療法と化学療法の生存率の間に統計学的有意差を認めた(p=0.04).Cox比例ハザードモデルを用いた多変量解析では,手術の有無による相対危険率は1.622であった.結論.胸膜肺全摘術の有効性が認められたが,依然予後不良の疾患であり,早期発見と有効な治療法の確立が急務であると考えられた.
  • 船越 康信, 竹内 幸康, 野尻 崇, 木村 亨, 前田 元
    2009 年 49 巻 7 号 p. 1006-1010
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    背景.原発性肺癌手術症例の中には開胸時に明らかな胸水貯留や播種病巣を認めないにもかかわらず,胸腔内洗浄細胞診が陽性を示すことがある.方法.1999年からの9年間に開胸時胸腔内洗浄細胞診を302例に施行した.うち陽性は20例(6.6%)で,陰性は282例(93.4%)であった.この2群間で再発形式,予後などの比較検討を行った.結果.臨床病期では両群間に差を認めなかったが,病理病期では陽性症例でIII期以上の割合が高かった(45% vs 13%;p=0.014).病理学的N因子では陽性症例でN2の割合が有意に高く(40% vs 9%;p=0.001),病理学的P因子においても陽性症例でP2,3の割合が有意に高かった(55% vs 11%;p<0.0001).また陽性症例では70%に再発を認め,術後再発率が有意に高かった(p<0.0001).初再発部位に関しては陽性症例で21%に局所再発を認め,局所再発の割合が有意に高かった(p=0.02).生存率では両群間に有意差は認めなかったが,陽性症例の方が予後不良であった(5年生存率46% vs 71%).無再発生存期間では陽性症例の方が陰性症例よりも有意に短かった(p<0.0001).結論.開胸時胸腔内洗浄細胞診陽性症例の術後再発率は高く,局所再発のみならず遠隔転移にて再発することが多い.洗浄細胞診陽性症例の再発を予防する集学的治療の確立が必要であろうと思われた.
  • 渡邊 創, 斉藤 春洋, 近藤 哲郎, 尾下 文浩, 伊藤 宏之, 坪井 正博, 中山 治彦, 亀田 陽一, 野田 和正, 山田 耕三
    2009 年 49 巻 7 号 p. 1011-1018
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    目的.初回CT画像所見が瘢痕様陰影(scar-like lesion)を呈する肺癌を検討した.対象と方法.1997年から2008年に外科切除された肺癌で,初回CT画像所見でscarと判断され,その後のCT画像が追跡可能な39症例を対象とした.これらの初回CT画像所見,病理組織所見および臨床像を検討した.結果.男女比は男性29例,女性10例,平均年齢68.4歳,平均Brinkmann index 696,平均腫瘍倍加時間322.2日であった.26例にCT画像で陳旧性炎症や気腫化,肺線維症などの既存肺の変化を認めた.Scar-like lesionは,線状や不整形の比較的小型の形状,あるいは,既存肺の変化や病変部位などからscarと判断されていた.病理組織の内訳は腺癌29例,非腺癌10例であり,非浸潤癌である細気管支肺胞上皮癌は3例のみであった.術後の5年生存率は57.4%であった.結論.Scar-like lesionを呈する肺癌は,男性,喫煙者,既存肺に変化のある症例が多い.初回CT画像での診断は難しいが,腫瘍倍加時間が短く予後不良な症例が含まれるため,安易にscarと判断せず,経過観察が必要である.
  • 松井 薫, 江夏 総太郎, 南部 静洋
    2009 年 49 巻 7 号 p. 1019-1026
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    目的.非小細胞肺癌既治療例を対象とした国内第II相無作為化試験(NS01試験)において,ペメトレキセドの長期投与が可能であった症例を検討した.方法.NS01試験で安全性解析対象となった225例のうち,10コース以上のペメトレキセド投与が可能であった22例を長期投与例とし,Grade 3/4無毒性生存期間,主なGrade 3/4の副作用の発現例数,無増悪生存期間,奏効期間を用いて検討した.結果.Grade 3/4無毒性生存期間中央値は5.6ヵ月であった.10コース以降にGrade 3/4に悪化した副作用は,血液毒性では白血球数減少が1例及び好中球数減少が2例であり,非血液毒性ではアラニン·アミノトランスフェラーゼ上昇が1例及び倦怠感が1例であった.10コース以降に新規に発現したGrade 3/4の副作用はめまい及びふらつきが各1例で,いずれもGrade 3であった.無増悪生存期間中央値は10.0ヵ月,奏効期間中央値は9.0ヵ月であった.結論.ペメトレキセド長期投与22例において,予期せぬ副作用や不可逆的な副作用は認められなかった.
  • 荒木 邦夫, 高木 雄三, 徳島 武
    2009 年 49 巻 7 号 p. 1027-1031
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    目的.I 期肺腺癌治癒切除症例における術中胸腔内洗浄細胞診(PLC)陽性例の細胞像の特徴,及びPLCの予後因子としての意義を解明する.研究計画.手術時(肺葉切除+肺門縦隔リンパ節郭清)にPLCを行った病理病期 I 期肺腺癌132症例を対象とした.PLC陽性症例の細胞病理学的特徴を検索するとともに,全症例について再発の有無と予後を調査し,PLCが予後因子となりうるか否か解析した.結果.PLC陽性は6例であり,これらは主として乳頭型の細胞及び組織形態が特徴的であった.4例に再発がみられ,同側の肺あるいは胸膜に限局した転移が1例,他臓器への遠隔転移を有するものが3例であった.PLC陰性例と陽性例の予後を比較すると,陰性例の術後5年生存率90.0%に対し,陽性例では60.0%であり,後者が有意に予後不良であった(P<0.01).Cox比例ハザードモデルを用いた多変量解析でも,PLCは予後因子として独立した指標となった.結論.I 期肺腺癌におけるPLCは予後因子となることが明らかとなった.陽性例の主体は乳頭状腺癌であること,及びその多くは遠隔転移で再発する結果が示された.
症例
  • 尾立 西市, 中西 良一, 岡 壮一, 前田 基, 久保井 礼, 松原 不二男
    2009 年 49 巻 7 号 p. 1032-1037
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    背景.肺原発mucosa-associated lymphoid tissue(MALT)リンパ腫は比較的稀な疾患であり,未だに確立された治療法はない.今回我々は肺に多発した肺原発MALTリンパ腫の1例を経験したので報告する.症例.60歳,男性.右背部痛を主訴に来院.胸部CT上,右S3,S8,左S10に多発する浸潤影を認めた.気管支鏡検査では確定診断が得られず,胸腔鏡下右肺下葉切除術による切除標本の免疫組織学的検索および遺伝子解析の結果より,肺MALTリンパ腫と診断した.R-COP(rituximab,cyclophosphamide,vincristine,prednisolone)療法を6コース施行した結果,画像上CRを認めた.6ヶ月経過した現在も再燃の徴候はない.結論.肺に多発した肺原発MALTリンパ腫に対し,rituximabを含む全身化学療法にてCRを認めた1例を報告した.
  • 村上 修司, 斉藤 春洋, 坪井 正博, 中山 治彦, 亀田 陽一, 山田 耕三
    2009 年 49 巻 7 号 p. 1038-1042
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    背景.肺癌術後の切離断端に発生する抗酸菌性肉芽腫の報告は少なく,その詳細に関しては不明な点が多い.症例.72歳,女性.2000年に右中葉の肺腺癌に対し,中葉切除術を施行した.術後病理所見はbronchioloalveolar carcinoma,野口type B,pT1N0M0(IA期)であり切除断端は陰性であった.葉間の処理はステープルを使用した.術後約7年の2007年,胸部CTで上中葉間のステープル処理部分に径23 mmの結節影が出現した.FDG-PETでSUVmax値が4.59と高値であったことから,悪性病変を疑い,右上葉切除術を施行した.病理診断は乾酪壊死性類上皮細胞肉芽腫であり,Ziehl-Neelsen染色において抗酸菌が確認された.結論.肺癌術後のステープル近傍に発生する腫瘤の鑑別疾患としては,局所再発や第2癌の他に抗酸菌性肉芽腫も念頭におく必要がある.CTやFDG-PETの画像所見からは,その質的鑑別が困難な場合がある.
  • 一瀬 淳二, 河野 匡, 藤森 賢, 吉屋 智晴, 川畑 雅照
    2009 年 49 巻 7 号 p. 1043-1048
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    背景.縦隔リンパ節結核の成人発症は比較的まれであり,肺癌リンパ節転移との鑑別が問題となる.症例.67歳男性,喫煙指数2100.後腹膜脂肪肉腫の既往があり,慢性腎不全にて血液透析を行っていた.胸部CTにて両肺の結節,右肺門·気管前リンパ節の腫大を認めた.抗酸菌検査は全て陰性であり,positron emission tomography(PET),気管支鏡検査などの結果よりリンパ節転移を伴う肺小細胞癌を疑ったが,胸腔鏡下生検にて縦隔リンパ節結核と診断された.抗結核療法を開始したところ,右肺門·縦隔リンパ節および右上葉の結節は著明に縮小したが,左上葉の結節は急速に増大し,胸腔鏡下左上葉切除·リンパ節郭清を行い原発性肺癌(扁平上皮癌,pT1N0M0,IA期)の診断を得た.結論.縦隔リンパ節結核は細菌学的検査で診断が得られにくく,PETにおいても肺癌リンパ節転移との鑑別が困難となる場合がある.結核患者に対しては,肺癌を合併するリスクの高さを踏まえ,注意深い観察と積極的な診断へのアプローチを行い,診断が遅れることのないよう注意しなければならない.
  • 高尾 匡, 塙平 孝夫, 善家 義貴, 四竃 純, 伊藝 博士, 井上 恵理
    2009 年 49 巻 7 号 p. 1049-1054
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/02/04
    ジャーナル フリー
    背景.原発性肺癌の手指骨への転移は稀である.症例.79歳,男性.労作時の呼吸困難を主訴に受診.胸部X線で右下肺野に腫瘤影を認めた.経気管支肺生検で扁平上皮癌が証明され,原発性肺扁平上皮癌(cT4N2M0,stage IIIB)と診断した.カルボプラチンとゲムシタビンによる化学療法を4コース施行したが,右手背部の疼痛,腫脹が出現した.単純X線像で第3中手骨に溶骨性の骨破壊像を,骨シンチグラムでは異常集積像を認め,MRIではT1強調画像で低輝度,T2強調画像で高輝度の腫瘍を認めた.骨生検では扁平上皮癌の所見であった.その後,肺原発巣,右中手骨転移巣の増大,肝,脳転移の出現を認め,ビノレルビンとパクリタキセルによる化学療法を,脳転移に対してはガンマナイフ治療を施行したが,全身状態が悪化し永眠された.剖検では肺原発巣は高∼中分化扁平上皮癌で,中手骨および脳転移巣も同様の病理所見であった.結論.原発性肺癌の治療経過中に右第3中手骨への単独転移を診断した稀な1例を経験したので報告する.
feedback
Top