日本ハンセン病学会雑誌
Online ISSN : 1884-314X
Print ISSN : 1342-3681
ISSN-L : 1342-3681
73 巻 , 3 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 石井 則久, 森 修一, 中嶋 弘
    2004 年 73 巻 3 号 p. 207-215
    発行日: 2004年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    今回、ハンセン病の外来診療に対する医療機関の意識を知るために、一般医療機関(横浜市医師会員)および大学病院診療科でのハンセン病診療の実態をアンケートで検討した。
    横浜市医師会のアンケートでは、回復者がクリニックを受診する場合、医師は「ハンセン病」を診療するための知識に乏しく、他院へ紹介することが多く、地域に根ざしたハンセン病医療はなかなか根付かないのが実情で、クリニックの医師にはハンセン病に対する医療面、社会面についての教育、啓発が必要と考えられた。
    一方、大学病院では、クリニックに比べると診療経験が多く、特に皮膚科で多かった。また、外来診療、入院診療に対しても積極的であった。また、ハンセン病の診断については、知識が不十分である場合でも、種々の方法で情報を入手し、治療をする意欲も窺えた。従って、ハンセン病に関する啓発や、知識・情報の入手法などを広報し、さらに診療の援助・相談のサポートも必要と考えられた。
  • 樂 嘉豫
    2004 年 73 巻 3 号 p. 217-219
    発行日: 2004年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
  • 甲斐 雅規
    2004 年 73 巻 3 号 p. 221-226
    発行日: 2004年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    サルファ剤に耐性を示す種々の細菌が葉酸合成系酵素であるDihydropteroate synthase(DHPS)をコードする遺伝子folPに変異を持つことから、ハンセン病の原因菌であるらい菌のダプソン耐性が疑われる臨床分離株を用いてそれぞれのfolPの塩基配列を決定し解析を行った。その結果、耐性らい菌のDHPSのアミノ酸位置53位と55位に特徴的な変異を発見した。同変異位置の少なくとも一方の55位は他のサルファー剤耐性細菌でも変異が見られることからも、ダプソン耐性とfolPのこの両部位における点突然変異には強い相関があるものと考えられた。
  • 前田 伸司
    2004 年 73 巻 3 号 p. 227-233
    発行日: 2004年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    ハイチ、インドネシア、パキスタン、フィリピン及び日本国内のハンセン病患者から分離した88株のらい菌を用いて、代表的なハンセン病治療薬であるリファンピシン、オフロキサシン及びダプソンの薬剤耐性に関与している遺伝子、すなわち、rpoBgyrAfolP遺伝子の塩基配列を決定し、それらの変異を解析した。これらの3種類の遺伝子中には、結核菌や大腸菌で耐性に関与することが報告されているコドン変異が観察された。11例で2つの遺伝子に変異が、さらに、2例では、3遺伝子のすべてに変異が存在し、ハンセン病治療薬の2剤あるいは3剤に対して耐性であることが示唆された。このように、多剤耐性らい菌が既に出現していることが明らかになった。世界保健機関(WHO)は多剤耐性らい菌の出現に対して、積極的な対策や啓発活動をしていない。ハンセン病制圧に薬剤耐性らい菌の出現は、大きな課題となることが想定される。そのため、本研究のような迅速な遺伝子変異検出方法の開発や実用化は、薬剤耐性らい菌の発生動向や新規治療薬開発等に寄与するものと考えられる。
  • 村上 博和
    2004 年 73 巻 3 号 p. 235-244
    発行日: 2004年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    Thalidomide was developed in the 1950s as a sedative having only a low toxicity. However, McBride and Lenz reported in 1961 a close correlation between oral administration of thalidomide by pregnant women and a particular deformity (phocomelia) of their babies. In the 1990s, the biological activities of thalidomide were determined to include the control of tumor necrosis factor-alpha production and inhibition of angiogenesis. In 1994, Folkman et al. reported that thalidomide exhibited a strong inhibition of angiogenesis in their experiments with rabbits and that this effect had a significant relationship to phocomelia. They suggested a utility of thalidomide as a therapeutic agent for diseases that involve angiogenesis, particularly tumorous diseases. Furthermore, in 1994, Vacca et al. reported that the bone marrow of multiple myeloma (MM) patients was rich in blood vessels and that there is a causal relationship between the activity of MM and marrow angiogenesis. According to these data, thalidomide was tested in many countries as a new therapeutic agent for MM. In this review, new pharmacological availability of thalidomide is described on the basis of our experiences.
  • 岡本 祐之, 水野 可魚, 堀尾 武
    2004 年 73 巻 3 号 p. 245-251
    発行日: 2004年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    Multinucleated giant cells (MGC) are characteristic cells in granulomatous disorders such as sarcoidosis and leprosy. There are two types of MGC; foreign body-type and Langhans-type cells. The exact mechanisms of the formation and the functional significance of MGC are not determined, although their morphological features are well understood. MGC are also formed in vitro from peripheral blood mononuclear cells by stimulation with cytokines and lectins. Particularly IFN-γ is considered to play a pivotal role in monocyte fusion. IL-3, IL-4, IL-13, and GM-CSF are other reported cytokines involved in MGC formation. In addition to such inflammatory mediators, a factor derived from the pathogens of granulomatous disorders may be necessary for MGC formation. Muramyl dipeptide, a peptidoglycan portion of bacterial cell walls, is one of the candidates and can preferentially induce Langhans-type cells in in vitro MGC formation system. Although the exact mechanisms of in vitro MGC formation remains unknown, cell surface molecules such as P2X7 receptor, integrins, CD98, and macrophage fusion protein are considered to be involved in fusion process. Monocytes of sarcoidosis patients expressed higher levels of P2X7 and had a higher ability to induce MGC than those of healthy controls. Effective agents for sarcoidosis such as tranilast, alloprinol, and captopril inhibited in vitro MGC formation, suggesting their therapeutic effects through the direct effects on monocytes . Thus, an in vitro MGC formation model would be a useful tool to understand the relevance of MGC in granulomatous disorders.
  • 福富 康夫
    2004 年 73 巻 3 号 p. 253-261
    発行日: 2004年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    As an obligate intracellular pathogen, the principal host cells for Mycobacterium leprae are mononuclear phagocytes or macrophages. The macrophage is a primitive cell type being found in both early and advanced life forms, and possesses a variety of functions, such as phagocytosis of invaded bacteria, production of cytokines, antigen presentation and tumor killing. Hansen's disease is a chronic infectious disease characterized by specific host immune responses against M. leprae. In this article the macrophage is focused to dissect its functions in the disease.
  • 小林 和夫
    2004 年 73 巻 3 号 p. 263-270
    発行日: 2004年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    病変形成抗酸菌感染症には結核、非結核性抗酸菌感染症やハンセン病などがあり、現在でも、多くの抗酸菌感染症患者が存在し、人類に甚大な健康被害を提供している。全世界では約20億人(全人口の1/3)が結核菌に既感染、毎年800万人が結核を発病、200万人が死亡している。今後10年間、少なくとも、8,000万人が発病、2,000万人が死亡することが推定されている。結核菌の病原性として、1)宿主防御機構からの逸脱や2)遅延型過敏反応(細胞性免疫応答の負の側面)の誘導があり、その結果、結核菌感染から発病に至る長期の潜伏期間、組織破壊を伴う肉芽腫炎症が特徴的である。結核菌病原因子として、細胞壁表層構成成分が関与していると考えられている。病原因子として、1)細胞壁表層糖脂質、2)lipoarabinomannan、3)補体活性化因子、4)熱ショック蛋白質や5)抗酸菌DNA結合蛋白質などがあり、これらの因子は抗酸菌や宿主に対する多機能分子である。抗酸菌感染症の制圧には抗酸菌病原因子や宿主応答の分子機序の解明、さらに、この機序の解明は新規治療戦略やワクチン開発に寄与するであろう。
feedback
Top