日本ハンセン病学会雑誌
Online ISSN : 1884-314X
Print ISSN : 1342-3681
ISSN-L : 1342-3681
74 巻 , 3 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 石井 則久, 森 修一
    2005 年 74 巻 3 号 p. 177-180
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    We introduced history of leprosy in Myanmar based on the book of Myanmar Academy of Medical Science published entitled "CONQUEST OF SCOURGES IN MYANMAR (Complied and Edited by Ko Ko, Kyaw and U Thaung) at 2002. "Leprosy Elimination Programme in Myanmar (Kyaw Lwin and Kyaw Nyunt Stein)" was appeared at chapter III in it. After dapsone treatment appeared, leprosy control program has started. Health system and service were developed and leprosy control program was also included in them. The integration of the elimination activities into basic health workers, such as midwives and health volunteers, has enabled the participation of a wide range of people in the community. After 1990s, multidrug therapy (MDT) was covered whole area of Myanmar, and task force for leprosy elimination was formed at Sate/Division, District and Township level. Finally Myanmar achieved the elimination of leprosy in January in 2003.
  • 小林 光樹
    2005 年 74 巻 3 号 p. 181-184
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    Hepatitis C virus, which is non-cytopathic, establishes persistent infection in majority of patients after acute infection, causing various degrees of clinical liver disease. To escape and survive, hepatitis C virus may take ingenious strategies. Hepatitis C virus gene products interact host proteins to evade host immune responses in addition to the appearance of quasispecies. Against hepatitis C virus infection, host may avoid extensive tissue damage by inducing the activity of regulatory T cells. Insights into this mechanism of immune regulation may help to future development of novel therapies against hepatitis C virus.
  • 石田 裕, 疋田 和生
    2005 年 74 巻 3 号 p. 185-190
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    Japan International Cooperation Agency (JICA) implemented a 5-year long bilateral technical cooperation project, “Leprosy Control and Basic Health Services Project” in Myanmar. The project was implemented by National Leprosy Control Program, Department of Health with close technical collaboration of JICA experts mainly from International Medical Center of Japan (IMCJ) and National Sanatoriums of leprosy in Japan. It accelerated to achieve the elimination of leprosy at national level, which was declared in January 2003, and at sub-national level onward. It also developed the appropriate technologies for prevention of disability and prevention of worsening of disability (POD/POWD), which were introduced in 9 townships as a pilot service program. The Government stratified the POD/POWD services as a national program since 2005 by taking up the former pilot area to start with. The project also strengthened the function of referral system of leprosy control (Diagnosis and treatment), POD/POWD and physical rehabilitation. Beside leprosy, the project conducted a series of refresher trainings for primary health care givers, Basic Health Service Staff (BHS), of project areas (48 townships) to improve the services on tuberculosis, Malaria, Leprosy, Trachoma and HIV/AIDS for 3 years (2001-2003), which was evaluated in 2004. It contributed to improve the services at township level hospitals in procurement of audio-visual equipments and in conducting microscope training on leprosy, Malaria and tuberculosis at project areas.
  • 後藤 正道, Thida Aung, 北島 信一
    2005 年 74 巻 3 号 p. 191-198
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    ハンセン病が多発している発展途上国では、ハンセン病の診断は臨床症状だけで行われることが多い。しかし、ハンセン病対策が進んで診断困難症例や治療困難症例が増えると、生検組織の病理診断が確定診断のために必要となる。本論文では、JICAミャンマー国ハンセン病対策基礎保健サービス改善プロジェクトの一環として、ミャンマーのハンセン病参照施設における病理診断システム再開と免疫組織化学導入の指導を2004年と2005年に実施した経験を述べ、途上国における技術援助のありかたを考察する。
  • 山口 猛
    2005 年 74 巻 3 号 p. 199-203
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    “Leprosy control and Basic health service Project” was terminated at March 2005 within the scope of the period. I was assigned to develop the Plantar protect footwear for neuropathic feet, which called “Myanmar Sandals” in common. These sandals are not made by new technologies but made by basic knowledge. I would like to report about this activity as which is a part of distinguished strategy of ODA (Official Development Assistance) for developing country, but not as the technical report of these sandals.
    There is only one National Leprosy Hospital in Myanmar. At the time this project started, there were only two footwear technicians for the people who had disabilities by after effect of Hansen's disease in this country. And, it would appear that the number of the people is over 50, 000. Furthermore, the budget of national hospital is not enough to refill necessary consumable supplies and materials. Although, I should instruct new technique which like making in Japan in ordinary circumstances, I could not think that such technical transfer by using costly imported materials woud bring beneficial effect and be continued. We were bound to be anxious about such situations when we made the plan. As a result of examining a plan based on these situations, we reached the conclusion that development of the simplified ready-made footwear was pressing need.
  • 長門 五城
    2005 年 74 巻 3 号 p. 205-209
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    2000年度から始まった、国際協力機構の『ミャンマー連邦ハンセン病対策・基礎保健サービス改善プロジェクト』に、理学療法短期専門家として2002年度より関わった。「国立イエナダハンセン病病院機能強化・リハビリテーションスタッフの育成」という目標に対して、日常生活動作の視点から患者を評価することを指導した。現地理学療法スタッフに評価技術が身に付いた後は、評価を生かした自助具の作製に取り組んだ。作製にあたっては他部門(義肢装具・看護)のスタッフの協力も得られ、改良スプーンや杖等を作製することができた。これに自信を得た現地スタッフは、自らの思考で“病院環境の整備”という問題に取り組み、日常生活動作の評価を基に、ベッドの改良やトイレチェアの製作・導入等の活動を行うことができた。以上のことから、“評価の実践”と“評価に基づく行動”で、スタッフの患者に対する意識を高められたと考えられる。また、他職種との協調も根付くことが期待される。
  • 長尾 榮冶
    2005 年 74 巻 3 号 p. 211-219
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    国立療養所大島青松園における、入所者の高齢化・後遺症・合併症の実態を調査し、その内容を分析した。ハンセン病の基本治療は全員が終了しているが、ほとんどの者が後遺症を持っていた。また入所者は高齢化による疾患を抱えているため、今後も内外の緊密な連携医療が必要である。今後の療養所運営の最重要課題は、入所者の高齢化と減少である。
  • 佐藤 紘二
    2005 年 74 巻 3 号 p. 221-225
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    近年、日本のハンセン病患者は、急激に減少し続けており、毎年200~250名の患者減となっている。この減少は、入園患者の高齢化と新規発生患者が殆どないことによる。患者が減ることは、ある面では悦ばしいことである。しかしながら、現在療養所では、さまざまな問題に直面している。最も大きな問題のひとつは療養所の医師不足である。不足の原因は、入所者の高齢化に伴う医療の需要が増えていることと単なる職場での医師不足である。一例として奄美和光園の現状をお示しする。当園は、国立療養所であり、園内外の患者を診る責務がある。現在、当園には、さまざまな程度に障害のある70名の長期入園ハンセン病後遺症患者と外来で診ている11名の社会復帰者がいる。更に、当園は、一般市民の診療も行っている。その数は年平均6,500~7,000件である。それらの患者は、種々の皮膚科的症状で受診している。当園の職員定員は100名であるが、現在、医師は2名である。実際には、医師が不足しているので、近隣の病院との数々の委託診療によって、患者の医療の需要に対応している。
  • 品川 信良
    2005 年 74 巻 3 号 p. 227-234
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top