人間生活文化研究
Online ISSN : 2187-1930
検索
OR
閲覧
検索
2012 巻 , 22 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
原著論文
  • 大澤 崇人
    2012 巻 (2012) 22 号 p. 133-146
    公開日: 2012/10/12
    ジャーナル フリー
    Ultra-microanalysis of isotopes is required to clarify the origin, structure, and history of extremely small samples, for example micrometeorites and aerosols. However, a decrease in the number of measured atoms reveals a serious problem in the concept of isotopic ratio. The first fundamental defect of the isotopic ratio concept is imperfect reversibility of numerator and denominator, leading to two isotopic compositions inconsistent with each other. Secondly, the probability distribution of isotopic ratio is not the same as the binominal distribution, indicating that the mean isotopic ratio is systematically higher than the true isotopic ratio. Since these demerits should be avoided in ultra-microanalysis as much as possible, isotopic abundance or relative isotopic abundance should be used rather than isotopic ratio. The concept of isotopic ratio is, however, widely used in geochemical and cosmochemical fields, making it very difficult to abandon. Therefore, the potential uncertainty of isotopic ratio and the gap between the obtained isotopic ratio and the true one deriving from the number of sampling atoms and the isotopic ratio are vigorously evaluated here. In addition, a confirmation requirement for confirming an anomalous isotopic ratio is provided. The statistical model shown in the present work clearly indicates that the major isotope must be set as the denominator of isotopic ratio, i.e. isotopic ratio must be below 1, to reduce the effects of distorted probability distribution of isotopic ratio. In the precise measurement of isotopes, the potential error and disagreement with the true value must be tested when the number of sampled atoms is extremely few. Serious problems have not been occurred in research up to the present even in the case of NanoSIMS measurements, but this is because a sufficient number of atoms was analyzed and only extremely large isotopic anomalies were investigated. The correction and evaluation methods established in this paper will be required for accurate ultra-microanalysis.
    抄録全体を表示
資料
  • 銘苅 純一
    2012 巻 (2012) 22 号 p. 109-132
    公開日: 2012/10/12
    ジャーナル フリー
      本稿では、目取真俊「虹の鳥」の初出本文と初版本文の異同を調査した。その結果、2004年に『小説トリッパー』(冬号、朝日新聞社)に掲載された初出と、2007年に単行本化された『虹の鳥』(影書房)には、多くの異同が見られた。異同の総数は469箇所で、そのほとんどは初出と初版の読者層の違いによるルビの削除や、若干の加筆修正であった。しかし、特筆しべき点として、姉・仁美が米兵にレイプされるという設定が加筆されていること、仁美・マユ・1995年の少女暴行事件の被害者が重なりをもって描かれることの二点が挙げられる。これは初出の書評などで述べられた、「人間らしく」描かれる仁美が目取真の思想の変化を示唆するといった指摘への反駁によるものと推察される。すなわち、「人間らしさ」を維持した仁美に希望を託すといった安易な評価は、仁美へのレイプという加筆によって拒絶される。
    抄録全体を表示
  • 大喜多 紀明
    2012 巻 (2012) 22 号 p. 147-158
    公開日: 2012/11/14
    ジャーナル フリー
    本稿では,知里幸惠が編集・翻訳した『アイヌ神謡集』[1]に掲載されている13編のカムイユカㇻの内の5編をテキストとし,それらに見出される交差対句を紹介している.本稿における前提は,交差対句が,アイヌ民族における特徴的な修辞表現様式一つであるということである.本稿で紹介した交差対句の資料は,アイヌの生活文化を理解する際に有用な知見であると筆者は判断している.
    抄録全体を表示
  • 大喜多 紀明
    2012 巻 (2012) 22 号 p. 159-170
    公開日: 2012/11/23
    ジャーナル フリー
    本稿では,田村が採録した,平賀サダモ氏によるウウェペケレ「母と父がその息子を和人にやって置いて来た」[1]をテキストとして,交差対句を調査する視点からの修辞論的な分析を行った.テキストには,18対の対応を持つ交差対句が見出された.本稿の目的は,口承を記憶するためのメカニズムの解明を視野として,テキストに表出される交差対句についての資料を提示することにある.それに加え,ウウェペケレに見出される交差対句における対応の数や対応の出現頻度を比較する視点から分析は現在までなされていないので,本稿は,この件についての調査における手始めの報告でもある.
    抄録全体を表示
大妻女子大学人間生活文化研究所 事業概要・資料
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top