人間生活文化研究
Online ISSN : 2187-1930
検索
OR
閲覧
検索
2015 巻 , 25 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
原著論文
  • 西河 正行, 八城 薫, 向井 敦子, 古田 雅明, 香月 菜々子
    2015 巻 (2015) 25 号 p. 1-14
    公開日: 2015/03/27
    ジャーナル フリー
    心理学教育を通して社会人基礎力を育成するキャリア教育を行うに当たり,社会・臨床心理学専攻に所属する全学生を対象に現行の心理学必修専門科目の教育効果について,学生のスキル習得認知,それに関連する心理学的特質等から,学生評価の学年比較を行った.その結果,本専攻が重視するジェネリック・スキルの認識に学生と教員で違いが見られ,また「前に踏み出す力」の育成に課題が認められた.学年比較からは,3年生に大きな特徴があり,「自尊心」が他学年より有意に低く,キャリア選択の動機づけにおいて「社会的安定希求」が有意に高かった.本結果に加え,他大学の教育実践の視察も踏まえた結果,3年後期に開講する新科目の授業内容は心理学教育を通して「前に踏み出す力」を身につけられるよう,①学生自身のキャリアについて考えさせる,②キャリアモデルを提示する,③内向的で受身的な学生に自信を与えるという3つの柱を導き出した.最後に,具体的な授業運営において,教育方法にPBL型授業を取り入れる可能性ならびにジェネリック・スキルについて学生と教員の間で共通の認識を持つ必要性を示唆した.
    抄録全体を表示
  • Lila Bahadur Vishwakarma
    2015 巻 (2015) 25 号 p. 25-32
    公開日: 2015/07/30
    ジャーナル フリー
    Being a teacher, I have observed the school environment very closely. In school, there is a mason who works in various segments with the responsibility of sweeping the classrooms. She has multidimensional duty which has reduced their attention towards the waste management of the school. As a result, the waste management of the school has become poor and filthy. Most of the students know about it but nobody has paid any due attention. Since long, I have been seeking for how to change the student's behavior to maintain healthy school environment. I have conducted an action research with the purpose of exploring the ways for changing student's behavior toward HSE through performing waste management activities. Fundamentally, observation of the school surroundings, collection of the waste, segregation, disposal scaling/weighting up, audio-video recording etc. has been done as a part of waste management system and process. Strategically, encouraging students to perform the activities and make them self-motivated and motivating them with some kind of prizes was really difficult. However, objectives were accomplished with 4Ps (participation, practice, prolong-engagement and prize). Hence, 4Ps is the best way of changing student's behavior toward HSE which has been claimed through this research. The 4Ps should be operated in a cyclic way while action research is conducted because there is a link among stage of participation, practice, prolong-engagement and prizes. It is, thus, critically important for waste management in school. The more reduction in the quantity of the waste through the waste management activities and the more it brings the changes in their behavior toward HSE progressively. Hesitation in the part of students is taken as a challenge in their motivation towards waste management. There might be ample opportunities of changing their behavior to HSE who participate, practice, prolong-engaging and keeps prizes in mind while performing the activities. Hence, 4Ps is a way of changing their behavior toward HSE. It is equally important to consider that the intersectional initiatives in the course of maintaining healthy school environment, for example- initiative from the closer households, students, teachers, school administration and so on because such intersectional initiatives play vital role to encourage and increase the confidence of the students while they participate in the waste management activities. Their learning in the family also plays a key role to track down their behaviors towards HSE.
    抄録全体を表示
  • 酒本 光子, 池上 幸江
    2015 巻 (2015) 25 号 p. 142-149
    公開日: 2015/11/27
    ジャーナル フリー
    【目的および方法】有機塩素系環境汚染物質は母乳を介して乳児に移行し,ダイオキシンでは現在も1日摂取許容量を超えている事例が報告されている.本研究ではダイオキシンと体内動態が類似するヘキサクロロベンゼン(HCB)をモデル化合物とし,その母体から胎児への移行に対する食餌脂質レベルの影響をラットで検討した.実験には妊娠期のSprague Dawley系ラットを用い,脂質レベルの異なる飼料にHCBを100μg/kgの濃度で混合して妊娠期から授乳期まで与え,母親ラットの体内へのHCBの蓄積量および乳児への移行量を測定した.飼料脂質レベルはコントロール食群(脂質レベル15.3%),低脂肪食群(5%),高脂肪食群(50%)とした.【結果】妊娠期では,飼料脂質レベルの体重や脂肪組織,肝臓重量への影響はなかった.授乳期ではコントロール食群に比べて,高脂肪食群で体重や脂肪組織重量が有意に高かった.母親の脂肪組織へのHCB蓄積総量は,妊娠期から授乳期で低下し,高脂肪食群では有意差はないが蓄積総量に高い傾向がみられた. 他方,乳児の後腹壁脂肪と皮下脂肪中のHCB濃度は,高脂肪食群では有意に低いが,後腹壁脂肪全体での蓄積総量は3群間に差がなかった.乳児の胃内容物中のHCB全量は,コントロール食群に比べて,出生後2日,5日目の高脂肪食群で有意に低く,10日目でも低い傾向であったが,低脂肪食群では差異はなかった.【考察】母親ラットの脂肪組織は高脂肪食群で大きく,とくに授乳期ではコントロール食群や低脂肪食群に比べて有意に大きかった.HCBは脂肪組織に蓄積しやすく,脂肪組織が大きくなると体内からのHCBの移動が抑制され,その結果として,高脂肪食群の母親ラットの乳児の胃内容物中のHCBも低くなったものと考えられる.本実験の高脂肪食群ではエネルギー値が高いために飼料摂取量が低くなり,飼料からのHCB摂取量も低くなったために,高脂肪食の影響は充分に明らかにできなかった.
    抄録全体を表示
  • Takahito Osawa, Yuichi Hatsukawa
    2015 巻 (2015) 25 号 p. 221-230
    公開日: 2015/11/27
    ジャーナル フリー
    This study investigates artisanal and small-scale gold mining in Myanmar and presents analytical data on mercury pollution for the first time. The way of gold mining in Myanmar is detailed. The sampling and investigation areas were Kyaikhto in Mon State, Shwekyin in Bago Region, the middle reaches of the Ayeyarwaddy River in Mandalay and Sagaing regions, and north of Kalewa in Sagaing Region. The total mercury concentrations of river sediments and human hair samples were determined by cold vapor atomic absorption spectrometry. Some river sediments were contaminated and the highest mercury concentration of 81 μg/g was found in a sample from Ayeyarwaddy River. The total mercury concentrations in the hair of mineworkers ranged from 0.6 to 6.9 μg/g and the average value was 2.9 μg/g, which is 2.4 times higher than the value of non-mineworkers. Although the data obtained in this study was not sufficient, the results indicated that the environment of Myanmar may be contaminated with mercury that originated from artisanal and small-scale gold mining. Large-scale environmental investigation is required in the near future to determine the detailed situation for water quality and human health.
    抄録全体を表示
  • 下田 敦子, Than Naing, 大澤 清二
    2015 巻 (2015) 25 号 p. 272-286
    公開日: 2015/11/27
    ジャーナル フリー
    カヤン社会(カヤン人ラフィグループ)の女性は,児童期から長大な真鍮製の首輪(成人女性用の首輪の重さは約3kg)を装着する,という習慣(身体変工)を今なお保持している.こうした身体変工は身体形質(形態),体構(プロポーション)に,どのような影響を及ぼすのであろうか―これを解明するために筆者らは,カヤン人ラフィグループの人々が多く居住するとされるミャンマー連邦共和国カヤー州ディモソー地区のS村,R村,P村を調査地として,人類学的計測を主とした現地調査を2012年より継続して行っている.そこで本論文では,児童期から首輪を装着しているカヤン女性(76人)と,装着していない(装着した経験がない)カヤン女性(52人)を対象として行った人類学的計測のデータから,首輪の装着が身体に及ぼす影響について検討した.その結果,形態の主要な11個の高径項目,および同項目により定義したプロポーションを表現する10個のプロポーション項目を取り上げて,装着群と非装着群との2群間の較差をt値により評価したところ,11個の高径項目のうち,装着群が有意に大きいt値を示したのは,頸長(t0=9.507)と頭頸長(t0=8.161)であった.10個のプロポーション項目による比較でも,装着群が有意に大きなt値を示したのは頸長(t0=9.508),頭頸長(t0=9.003)であった.この結果を基にさらに考察したところ,首輪を装着している女性は,首輪を装着していない女性に比べて,形態,プロポーションに大きな変容をきたすことが明らかであり,特に,頸部を中心として胸骨上縁より上部における影響は著しく,肩の位置,上肢(中指端高)へも影響が大きいことが明らかになった.
    抄録全体を表示
短報
  • 渡邊 万里子
    2015 巻 (2015) 25 号 p. 361-374
    公開日: 2016/03/12
    ジャーナル フリー
    本研究は,児童英語教育において児童が課題を自律的に達成できるようになるまでの過程を調査したものである.教師学習者間のインタラクションの効果を明らかにする訂正フィードバック研究と,ヴィゴツキーの発達の最近接領域(ZPD)の概念を核としたスキャフォールディング研究を応用し,児童英語教育の文脈に合わせた新たな分析の枠組みを設定した.その利点は,児童の学習活動を言語面に限定せずより包括的に捉えられること,スキャフォールディングを学習者の自律性をもたらす特別な支援として扱い,児童が自律的に課題達成するまでの過程を捉えられることにある.この枠組みに基づき,実際の児童の英語学習活動の記録をデータ化したものを分析し,児童が指導者とのインタラクションを媒介して自律的に課題を達成するまでの過程を記述した.分析の結果,その過程に4つの特徴があること,そして特定の種類の支援が機能しスキャフォールディングになるには,前提条件として児童に活動目的の理解が必要であることが明らかになった.
    抄録全体を表示
訂正
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top