比較文学
Online ISSN : 2189-6844
Print ISSN : 0440-8039
ISSN-L : 0440-8039
32 巻
選択された号の論文の24件中1~24を表示しています
論文
  • ―漱石とコンラッドの共鳴―
    瀬藤 芳房
    1989 年 32 巻 p. 7-19
    発行日: 1989/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー

     Sōseki described Kurtz in Conrad’s Heart of Darkness as ‘a great man’ in one of his fragmentary notes, just as Marlow declared that Kurtz was ‘a remarkable man’. Thus Sōseki showed his sympathy towards Kurtz, the incarnation of the darkness of human degradation. The image of Kurtz as such is strongly reflected in the description of Yassan in Sōseki's Kōfu (The Miner), who is likewise called ‘this respectable Yassan’ by his young follower. Yassan is a sinful man, working in the complete darkness of a copper mine.

     In the same way Professor Hirota, an English teacher, in Sōseki’Sanshirō is nicknamed ‘Great Darkness” by Yojirō, a university student. This epithet, as far as Yojirō is concerned, remains nothing but an ordinary, superficial simile, implying the scholar of ‘great’ knowledge leading a ‘dark’ way of life, unknown to the world. On the other hand Sanshirō, another university student, seems to find a symbolic meaning in the epithet: Professor Hirota is ‘great’ in that he embodies the fundamental, sinful ‘darkness’ of man in the midst of worldly light. Sōseki seems to have adopted the image of the remarkable Kurtz who was darkness itself.

     The combinations of Kurtz and Marlow, Yassan and a youth, Professor Hirota and Sanshirō, form a lineage both of spiritual masters and disciples and of human friends equally sharing darkness. Both writers sharply criticised modern Western civilization which ignores human darkness, and desperately quested for a spiritual lineage connected through the fundamental darkness common to all human beings.

  • ―女性の問題に即しての相互解釈
    小谷野 敦
    1990 年 32 巻 p. 21-34
    発行日: 1990/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー

     Though Natsume Sōseki was a representative scholar of English literature who left many commentaries on Shakespeare’s works, he suggested that the distance of time and space between Shakespeare’s works and us impedes our appreciation. Therefore, although his own work Kōjin and Shakespeare’s Othello share a similar theme, i.e., a husband’s doubts about his wife’s chastity, there is neither evidence of Sōseki’s awareness of this similarity nor any sign of direct influence. Rather, the seemingly Shakespearean theme here should be understood as something Sōseki arrived at independently through his study of human psychology in his writing. Thus Kōjin is a work in which Sōseki challenges the approaches he has hitherto taken in dealing with the problematics of psychological relations by focusing on the theme of distrust of one’s lover. A study of Kōjin and Othello can elucidate their common theme.

     In Othello, Iago succeeds in behaving himself as an honest, sincere man who is sarcastic but not evil-minded. Yet in an official field, he could not help noticing his position in a lower class than that of Cassio. In Kōjin, Jirō’s situation is also that of the man who is not in line to inherit the family estate, while Ichirō is depicted to have been cherished as an heir. Though Jirō’s malice or envy on Ichirō is not overtly described, he is able to entertain the family or relatives and be trusted and consigned to mediate between Ichiro and Nao. His behavior during his conversation with Ichirō, shows a curious similarity to that of Iago before Othello in that both skillfully irritate their interlocutors. Iago and Jirō could be said to represent a lesser power which manipulates a public center from outside.

     But the fact that Iago seems to be steered by the atmosphere Desdemona originates as well as Jirō indicates that, as some critics pointed out, the tragedy between Othello and Desdemona is innate in their relationship. Othello, who not only deplores his own plight but also calls down a curse on marriage itself, resembles Ichirō, who does not ascribe his misery to the personality of his wife. Both of them confess their discontent with their inability to attain their wives’ inner spirits. In his lecture on Othello, Sōseki characterized Desdemona as a Japanese woman who has been educated in a Confucianist way. Just as Ichirō laments his wife’s lack of resistance to his violence against her, we can picture Othello’s complaint of Desdemona’s passivity in the face of his unjust treatment of her. The complaints of the two protagonists originate from the lack of recognition that the relationship between a husband and a wife differs from that of a son and a mother.

  • ―「過客」と「第七夜」をめぐって―
    林 叢
    1990 年 32 巻 p. 35-48
    発行日: 1990/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー

     “Wild Grasses” by Lu Xun is a collection of prose poems, characterized by their highly symbolical style. Lu Xun took an interest in “The Seventh Night” of “Ten Nights of Dreams” by Soseki Natsume. Its influence can be seen in the work, “A Traveler” in Lu Xun’s book. “A Traveler” and “The Seventh Night” share a similarity in their descriptions of such things as the trip to the West and infinite space. Lu Xun translated Hakuson Kuriyagawa’s comments on literature, which led him again to focus his attention on Soseki and his works. However, “The Seventh Night” elaborates on the anxieties human beings have concerning their existence in modern society, while “A Traveler” describes the will of human beings struggling to find a way of life and a future path for society, in the face of suppression by the old establishment. A difference can be seen here in the two authors’ viewpoints, and Lu Xun’s positive approach can also be seen in his acceptance of Soseki and his works.

  • ―「ブランド」を中心にして―
    内田 真木
    1990 年 32 巻 p. 49-61
    発行日: 1990/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー

     Arishima Takeo published his literary criticism “BRAND”(「ブランド」)in “BUNBU-KAIHO”(「文武會報」),a biannual magazine, during the years 1909 to 1912. This work has been looked upon as suitable material to study his early thoughts. In this work he introduced the dramatic poem “Brand,” written by Henrik Ibsen in 1866, and expressed his view of life, view of history and view of the State.

     Properly speaking, this dramatic poem succeeded to the tradition of European religious plays. But he tried to make his comments from a social scientific point of view. He had interested himself in the social science those several years and his effort was clearly influenced by the then current of European literature, especially, Herford’s criticism.

     He was attracted by the subject of this dramatic poem, the necessity of political reforms, the completion of individual character, and the motto of “All or Nothing.”

     To appreciate the slogan of “All or Nothing,” he had to examine a large number of footnotes written by Herford. Finally he came to the conclusion that this motto was most valuable and determined to lead himself by this maxim. But on the other hand Herford had said “A doctrine such as ‘All or Nothing’ obviously lent itself to the most extreme fanaticism.” There were opposite ideas about it.

     Arishima thought the quality of the fanaticism depended altogether on the spirit in which this rigid and absolute formula was applied to the actual world of growing, relative, and imperfect life.

  • 清水 真佐子
    1990 年 32 巻 p. 63-76
    発行日: 1990/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー

     Treize ans déjà nous séparent de la mort de Malraux. Son temps de purgatoire littéraire est passé. On commence à reconnaître André Malraux comme un des plus grands écrivains français du XXème siècle. Son premier éssai sous la forme épistolaire, La Tentation de l'Occident, écrit en 1926, manifeste déjà l’embryon de toutes ses pensées qui s’épanouiront plus tard. En dépit de ses écrits hermétiques, cette oeuvre charme profondément. C’est qu’elle cache, derrière son titre, La Tentation de l’Occident, une autre structure qui nous projette une autre tentation, celle de l’Orient.

     Mais il est vrai que dans cette œuvre, il n’y a qu’un seul mot, “geishas” qui nous fasse directement penser au Japon. Pourtant, ce livre nous persuade que Malraux voudrait pénétrer la culture japonaise en tant qu’une des composantes de la civilisation orientale, parce que ce texte est constitué de double structure—tentations occidentale et orientale. En témoigne aussi sa forme épistolaire—échanges de lettres entre un Chinois et un Français.

     L’objectif de notre recherche consiste à expliciter cette structure de la tentation de l’Orient que le jeune Malraux conçoit au tréfonds de lui-même, tout en focalisant notre intérêt sur la culture japonaise.

     Nous la recherchons sous les trois angles suivants: –de l’écriture de Malraux, qui transgresse quasiment la grammaire française, –des points communs entre Malraux et Watsuji, entre Malraux et Ashihara, –de la présence de la culture japonaise au temps de la création de l’oeuvre.

     La conclusion serait de mettre en évidence la pensée universelle de Malraux déjà présente en 1926 et qui existera toujours chez lui.

  • ドーシィ ジョン
    1990 年 32 巻 p. 77-88
    発行日: 1990/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー

     In this essay I survey the vast field of thematology, a traditional approach to literary studies which has traditionally been criticized. First I consider a number of these criticisms: the problem of scope, the problem of evaluation, the problem of the unity of the work, and the problem of the authority of the critic.

     Then I discuss three approaches to thematology: theme as subject, theme as story or plot, and theme as idea. Theme as subject includes words and concepts which are not limited to literature: love, education, war, kingship, death, utopia, revenge, the absurd, etc. Here we ask the question, “What is this work about?” Theme as story or plot is the concrete expression of an idea in a particular context: these people, in this place, doing this and that happening. Here the question would be, “What happens in this work?” Theme as idea means abstract ideas about fundamental human situations: an artist is blessed by the gift of his genius but at the same time cursed, or the more one struggles against fate, the closer one comes to bringing it about. Here the question would be, “What is the larger meaning or significance of the work?”

     Finally, I discuss those aspects of thematology which apply in particular to comparative literature such as terminology (trying to reconcile the literary terms used in various countries), cultural contexts (orientalism vs. occidentalism), and literary types (Oedipus, Antigone, Faust).

  • 大嶋 仁
    1990 年 32 巻 p. 258-244
    発行日: 1990/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー

     芭蕉は今日、日本に限らず世界の詩人として評価されつつあるが、果たして彼の句は、翻訳によってでも伝達出来るような普遍的メッセージを有しているのだろうか。もし有しているとすれば、それはどんなものであり、どのようにして伝達可能なのだろうか。

     従来、芭蕉の句の普遍性については、およそ三つの立場から言明があった。一つは、ブライスらに代表される「禅の芸術」としての俳句という立場であり、この立場によれば、芭蕉の句は神秘的宗教体験の絶対的表現ということであった。これに対しオクタヴィオ・パスやイヴ・ボンヌフォアらの詩人は、芭蕉の句をあくまでも文学テキス卜として読み、そこに新しい言語表現の可能性を見出そうとしたのである。この後者の立場は、芭蕉の句の文学上の普遍性の解明という点では、前者の立場より一歩進んでいるが、そこには直観に頼った恣意的解釈が見られることがあり、そこにこの立場の難点があった。

     第三の場合は、この難点を克服すべく現われたもので、それは俳句の構造分析という方法上の革新を伴う。近年、構造主義の流行とともに現われたこの俳句の構造分析という方法は、俳句の文学としての普遍性に光を当てるのに有効で、それをうまく実現したのが、李御寧である。李の芭蕉の句の解釈は、個々の俳句の構造とともに複数の俳句の構造的相似性にも着目し、より客観的にその普遍性を示した点で優れているが、それでもまだ哲学的含意というものに拘っていて、徹底してはいない。

     芭蕉の句の構造分析を徹底してみてわかることは、その普遍性が二項対立構造と一種の弁証法的解決とにあるということである。そうした構造そのものが普遍的なのであり、それを何等かの観念に置き換えることは不必要にして不可能である。代弁すベき概念を持たないイメージ記号による言語表現の世界、それが芭蕉の世界であって、彼の句は世界構造の小型模型であると見做してよい。彼の句が何を表現しているかを問うことには、意味が無いのである。

     そもそも、俳句解釈とは何か。句そのものが一つの隠喩であり、他の句と連関しあって一大隠喩体系をつくっている俳句の世界を解釈するとは、それを別次元の言語に還元することではなく、むしろそこに一つの隠喩を付け加えることに過ぎまい。その限り、俳句の世界は、創造と解釈とが連結しつつ一つの詩的世界を構築するという開かれた「座」なのである。俳句は本来連歌から生まれた座の文芸であるが、俳句解釈も(翻訳も)その伝統を継承するべきであろう。

  • On the Edo Tradition of Passion
    村上 孝之
    1990 年 32 巻 p. 242-229
    発行日: 1990/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー

     江戸文学・文化研究の領域では、次のようなことがしばしば言われる。すなわち、江戸時代には婚姻は完全に親権者によって管理されていたから、その代償として遊廓が発達し、人々は恋というものがそこにのみ存在しうるものと考えていた、と。

     ところが明治に入って西洋の恋愛観が紹介されると、その影響を受けた青年たちは、上記のような感覚に反発し、恋愛は対等な男女の間にのみ成立するものだという、精神主義的・理想主義的な考えを抱くに至る。一方、婚姻制度自体は急激には変化していないから、明治文学の作品には、親が決めた婚約者を捨て、理想の女性との愛を目指そうとする青年の姿が多く描かれることになる。

     ところで、こうした感覚に基づいて書かれた作品を見ると、恋人同士の関係がしばしば友情になぞらえられているのが分かる。同じように、恋人を親族関係の語彙(妹、従妹など)で理解することもあった。これらは西洋起源の制度だと思われる。

     逆に、捨てられる側の許嫁が男を「兄」と呼ぶこともよく見られる現象であった。しかし、これは西洋起源の発想ではない。女性が、親が決めた婚約者を「兄」と呼ぶことは、江戸時代においては普通であった。さらに、こうした女性の形象を文学作品の中に見ると、彼女たちが与えられた男性に対し、むしろ能動的に愛する姿勢を示していることが分かる。

     男性は江戸時代には、結婚の相手を選ぶ自由がなかった代わりに、遊廊における代償恋愛を許されていた。さらに明治になって新しい恋愛の考えが導入されると、それに依拠しつつ、元来自分に決定権のなかった婚姻関係においても「愛」を得ようとし、限りない自由の貫徹を志向していくのだが、その際に、恋愛の対象を「友人」や「妹」として理解しようとしたのである。

     一方、恋愛関係を親族関係に読み替えるという擬似制度は、女性の側では江戸時代から既に存在していた。そこで彼女たちが示していたのは、所与の関係の中で積極的に愛していこうという姿勢であった。彼女たちにとって「愛」は遊廓の外のものであった。だとすれば、遊廓で代償恋愛を楽しむ可能性を持たなかった女性は、与えられた男性を愛するしかなかったし、多くの女性がその道を選んだのである。愛が遊廓にのみ存在すると思われていた、というような歴史観は、半面の事実を示すに過ぎず、男性中心の立論でしかないのである。

  • The Meaning of His Encounter with the West
    中山 惠津子
    1990 年 32 巻 p. 228-211
    発行日: 1990/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー

     日本の近代化を推進していた明治政府は、その一つの政策として有能な人材を西洋に派遣したが、漱石も政府派遣による洋行経験者の一人であった。現在においてさえ海外における日本人のカルチャーショックが大きな問題として論議されていることを考えれば、漱石のイギリス留学(1900年10月より1902年12月)当時における日本と西洋の文明の落差と文化の異質性からみて、明治のインテリゲンチアにとってカルチャーショックがどれ程衝撃的なものであったか、ということは容易に想像できよう。本稿は、漱石がその2年余りの留学においてどのようなカルチャーショックを受け、それにどのように対応しようとしたかを分析し、漱石にとっての留学の意味、ひいては彼の西洋との出会いの意義を探ろうとするものである。

     ロンドン滞在の最初の1、2ケ月間、漱石は当時の日本と比較して遙かに優れた西洋の物質文明に圧倒され、新しいものすべてに魅せられ気分が高揚するという状態であった。しかし、現実の生活の問題に直面するに至って、イギリスに対する印象は否定的のものに変わってゆく。ロンドンの天候の悪さ、金銭的問題、家族との別離、イギリス人の友人を持てなかったこと、イギリス人の日本人に対する偏見、漱石のイギリス人に対する劣等感等が、漱石のイギリスへの適応を妨げたのである。漱石が英文学者であったということは、学者としての劣等感にさいなまれるという意味で苦しいことであった。ある作品に対する自分とイギリス人の解釈が異なった場合、漱石には自分の方が正しいと主張する根拠が無かったからである。イギリス人と日本人の文学観、美的感覚の大きな相違に気付いていた漱石は、どの文学にも当てはまる普遍的に有効な公式を打ち立てようと『文学論』(1907)を書くことになる。しかし、西洋至上主義的な当時のヨーロッパ人にとって東洋の文学をも含めた比較文学というものは想像もつかないものであり、イギリス人の英文学者が日本人による英文学論に関心を示したとは考えられない。誇り高かった漱石は、他の多くの日本人の様に西洋至上主義を信奉することは出来ず、最後までイギリスに適応し得なかったのである。

     漱石がイギリスで不適応に悩み、真剣に西洋文明と対決したことは、漱石にとって苦しくはあっても意義深いことであった。英文学者としての劣等感、不安感をつきつめたことは、後の作家への転身に深く関わってくるからである。又、西洋至上主義の信奉者には到達することの出来ない程深い理解を、西洋と日本の両方について持つことも出来たのである。この様な西洋との出会いを通じて漱石は、西洋的なものと日本的なものの相克というテーマを、その作品においても、その人生においても、真摯に探求したのである。

研究ノート・資料
<比較文学の古典発掘>Ⅱ
書評
 
feedback
Top