比較生理生化学
Online ISSN : 1881-9346
Print ISSN : 0916-3786
ISSN-L : 0916-3786
25 巻 , 4 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
総説
  • 松本 博行, 羽二生 久夫, 武森 信暁, 小森 直香
    2008 年 25 巻 4 号 p. 139-146
    発行日: 2008年
    公開日: 2009/07/09
    ジャーナル フリー
    In the previous article we introduced two concepts in sémiotique to be used in the area of comparative physiology and biochemistry; synchronie and diachronie. The former describes a snapshot of a complex biological system taken at a certain time point, whereas the latter describes the dynamic aspect of a complex biological system through time. In order to achieve the latter it is necessary to study the time-dependent change of system parameters such as kinetics of protein expression. We have established a methodology to trace the dynamic aspect of protein expression for as many as several hundred proteins and called it “proteomic trajectory mapping.” In this follow-up review we will explain proteomic trajectory mapping in detail which is essential for studying the diachronic aspect of living things.
  • ―遊泳・飛翔・歩行―
    松浦 哲也, 加納 正道, 山口 恒夫
    2008 年 25 巻 4 号 p. 147-155
    発行日: 2008年
    公開日: 2009/07/09
    ジャーナル フリー
      水に浮かべられたコオロギは遊泳を開始する。遊泳中は左右の対をなす肢が同位相で前後するが, 多くの場合, しばらくすると遊泳が停止する。そのようなコオロギに空気流刺激や接触刺激を与えると, 再び遊泳が解発される。遊泳は孵化後間も無い1齢幼虫で観察されることから, 生得的な行動であることがわかる。水にメチルセルロースを添加して粘性を増加させると, 空気流刺激に対する遊泳の発現率が減少し, 逆に歩行の発現率が増加する。また, 肢を切除された個体では, 遊泳の発現率が減少し, 水上でも飛翔の発現率が増加するようになる。このような空気流刺激に対する行動の切替えは, その感覚情報が, 他の感覚入力によって修飾を受け, 異なる運動プログラム(パターンジェネレター)の活動を引き起こすためと考えられる。本稿では, われわれが行動学的および神経生理学的研究によって明らかにしてきたコオロギの行動切替えのメカニズムについて概説する。特に, コオロギの遊泳の発現と肢に存在する水受容器との関係, あるいはこの行動発現における巨大介在ニューロンの役割について述べる。また, 遊泳の発現に必要な食道下神経節内に存在する遊泳解発ニューロンについても紹介する。
  • 長谷川 英一
    2008 年 25 巻 4 号 p. 156-164
    発行日: 2008年
    公開日: 2009/07/09
    ジャーナル フリー
      一生のうちに,川と海の間を往き来する魚を通し回遊魚(Diadromous fish)という。そのような魚種としてウナギ,アユ,サケ(シロサケ),ヨシノボリなどが挙げられる11)。淡水と海水という塩分濃度が著しく異なる水域を彼らは何故回遊するのであろうか。それを支える生体内でのメカニズムについては,内分泌系(ホルモン)や感覚神経系(嗅覚)の関与が解明されている30)。このようなメカニズムがこれらの魚に備わったのは,環境適応による種遺伝子の保存という進化論がその答えを与えてくれるであろう。
      ダーウィンが「種の起源」を著し,生物の進化論が世に広まったのは1859年のことである。それからほぼ1世紀が経過した1958年に Wald43)は視覚の機序を司る化学物質である視物質(Visual pigment)からみた脊椎動物の進化を発表した。
      生物はその進化とともに光を効率よく利用するために視覚器を発達させてきた。視覚は明暗と色彩に関わる感覚であり,また,これに基づく空間知覚にあずかる機能を持ち,生存のために重要な役割を担っている。視覚は網膜内にある光受容細胞である視細胞中の視物質が先ず光化学変化を起こすことに始まる。本稿ではこの重要な化学物質である視物質とその光化学変化量を制御する役割の網膜運動反応(retinomotor movement)7),そして視運動反応(optomotor reaction)26)を利用した行動生理学的実験などを紹介し,通し回遊魚の視覚のメカニズムとその資源生物学的意味について考える。
技術ノート
  • ~カイコ卵の電子顕微鏡観察のための試料作製方法~
    山濱 由美
    2008 年 25 巻 4 号 p. 165-170
    発行日: 2008年
    公開日: 2009/07/09
    ジャーナル フリー
      In general, it is known that the insect egg is very difficult to prepare for transmission electron microscope (TEM). Especially, the one of the most difficult specimen is the mature eggs of silkworm, Bombyx mori. It is important that the chorion was removed gently by the needles before fixation, and the processes of dehydration and substitution were spent thoroughly by the conventional method. These samples could be easy to obtain the ultrathin sections, but there were no structures in the yolk cell cytoplasm which are thought to be an artifact by preparation process. The high-pressure freezing in combination with the freeze substitution methods were examined to observe the ultrastructure of B.mori egg without losing yolk components. Many lipid droplets and glycogen granules were well preserved in the yolk cell cytoplasm. However the ultrastructure of yolk cell cytoplasm in the prefixed egg with chemical fixative before freezing tended to be damaged, compared with that of the non-fixed egg. The ultrastructure of yolk cell cytoplasm may be influenced by chemical fixation. It is demonstrated that the high-pressure freezing in combination with the freeze substitution methods are suitable for the difficult specimens to prepare by the conventional preparation methods for TEM.
feedback
Top