弘前医学
Online ISSN : 2434-4656
Print ISSN : 0439-1721
67 巻 , 1 号
選択された号の論文の21件中1~21を表示しています
総説
  • Satomi Yoshida, Nobuya Takayanagi, Masaki Adachi, Sayura Yasuda, Kazuh ...
    2016 年 67 巻 1 号 p. 1-12
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
        Although conduct disorder (CD) is one of the most common mental health problems among children and adolescents, it still has a very heterogeneous diagnosis regarding its severity, course and presumed aetiology. Callous and unemotional (CU) traits has been focused as a specifier to designate a more severe and chronic subtype of CD. Studies regarding CU traits among children and adolescents have been conducted from multiple perspectives such as genetic, cognitive, emotional, biological and clinical. In addition, several reviews have offered comprehensive information about CU traits. However, most of those reviews focused not only on CU traits but also on psychopathic traits, mainly because the concept of CU traits was established relatively recently. There is no review of studies held in Japan. The aim of the current review is to offer comprehensive information about CU traits from relatively new studies which have investigated not psychopathy but exact CU traits. This review will also describe the Japanese studies of CU traits.
原著
  • Satoshi Sato, Ippei Takahashi, Hitomi Komame, Naoki Akimoto, Kaori Saw ...
    2016 年 67 巻 1 号 p. 13-27
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
        There are certain sex differences in the prevalence and severity of immunity-related diseases. Previous studies have shown the influence of sex steroid hormones, such as estrogen and testosterone, on the immune system. The aim of this study was to investigate the association of sex steroid hormones with neutrophil function among normal healthy subjects in the general population. Subjects included 540 residents (358 males and 182 females), who participated in the Iwaki Health Promotion Project in 2014. We examined the association of estradiol and testosterone with neutrophil ROS production and phagocytic activity. As a result, estradiol and testosterone negatively correlated with basal ROS production in males and luteal phase females ( >15th day of menstrual cycle), although such trend was not observed in follicular phase females (<14th day of menstrual cycle) and postmenopausal females. In contrast, the association of testosterone with stimulated ROS production and phagocytic activity was observed only in males. In conclusion, both estradiol and testosterone were found to have an influence on neutrophil function. Furthermore, the association of sex steroid hormones with neutrophil function was found to vary according to the phase of the menstrual cycle in addition to the sex difference.
  • Toshihiro Haga, Tadashi Yoshizawa, Satoko Morohashi, Hideaki Hirai, Ke ...
    2016 年 67 巻 1 号 p. 28-38
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
        Early biliary tract carcinomas (BTCs) are divided into three groups: early gallbladder carcinoma (GBC), early extrahepatic bile duct carcinoma (EBC), and early duodenal ampullary carcinoma (DAC). These early carcinomas frequently show metaplastic changes. However, phenotypic characterization has not yet been examined. We examined 76 lesions of surgically resected early biliary tract carcinomas (pTis/pT1 tumors according to TNM classification). The predominant carcinoma phenotypes were classified with hematoxylin and eosin (HE) stain, and immunohistochemical examinations (MUC1, MUC2, MUC5AC, MUC6, and CD10) were performed. We also analyzed phenotypes of the surrounding non-neoplastic mucosa. Of the 33 early GBCs, 18 (54.5%) were biliary type, and 15 (45.5%) were metaplastic type (gastric foveolar type/intestinal type) carcinoma. Of the 26 early EBCs, 18 (69.2%) were biliary type carcinoma, and eight (30.8%) were metaplastic type carcinoma. Of the 17 early DACs, eight (47.1%) were biliary type carcinoma, nine (52.9%) were metaplastic type carcinoma. Biliary type carcinomas less frequently showed metaplastic changes, while metaplastic type carcinomas were frequently surrounded by the metaplastic mucosa. Early GBC and early DAC more frequently showed metaplastic changes, compared to the early EBC. In conclusion, we speculated that two carcinogenesis pathways of early BTC (GBC, EBC, and DAC): (1) carcinomas arising from the proper epithelium (mainly EBC) and (2) carcinomas from the metaplastic epithelium (mainly GBC and DAC).
  • Tsukaki Narita, Mihoko Noda, Kenichi Fujiwara, Takao Osanai, Takuhiko ...
    2016 年 67 巻 1 号 p. 39-51
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
        We made a “Manual to support driving resumption of the stroke survivors (Aomori-version)” (the manual), and investigated its use for 7 months with targeted occupational therapists (OTs) in Aomori Prefecture. Seventy-seven OTs participated in the investigation. Six among the 77 OTs used the manual. The number of stroke survivors supported for driving resumption by these 6 OTs increased 11.2 -fold after providing the manual, and these OTs answered that the manual was useful. Thirty-three among 71 OTs who didn't use the manual reported that they were not in the circumstance to use it, and 38 OTs did not deal with the driving support although they treat the stroke survivors. Approximately 90% of them stated, “I would like to use it if I had a chance.” Most of the comments from the OTs are affirmative, although there were some negative ones. From these results, it was suggested that the usefulness of the manual regarding the easiness to start support of driving resumption for the stroke survivors, although the number of OT was small. We think this manual has a generality for use all over Japan in spite of being an Aomori-version.
  • Takao Osanai
    2016 年 67 巻 1 号 p. 52-60
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
        This report describes the attitude toward occupational therapy and life satisfaction in patients with schizophrenia. Seventy-three inpatients with schizophrenia were asked questions about their life satisfaction, their attitude toward occupational therapy, and their desire to be discharged. The scores for life satisfaction were high, particularly regarding satisfaction about their environment. In contrast, the satisfaction scores for interpersonal relationships were relatively low. In answer to the questions regarding their attitude toward occupational therapy, 62 patients felt that occupational therapy was effective. This suggests that the study subjects regarded occupational therapy as a form of treatment for their disease. The number of patients who participated in occupational therapy with an active attitude was 35, with an inactive attitude was 30, and with a rejective attitude was 8. There was a significant relationship between the attitude toward occupational therapy and the desire to be discharged.
        These findings indicate that many inpatients with schizophrenia regard occupational therapy as a form of treatment. Their desire to be discharged affected their attitude toward participation in occupational therapy. Therefore, it is possible to improve life satisfaction through occupational therapy in such patients.
  • 中野渡 優志, 奈良 鉄造, 真里谷 靖
    2016 年 67 巻 1 号 p. 61-68
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
     近年の放射線治療計画における簡便な検証方法の一つとして,ソフトウェアを用いた独立検証装置が開発されて きた.従来の標準的手法として用いられるクラークソン法は複雑な照射野形状に対応しきれているとはいえないため,新たにレイトレーシング法を導入することで高精度の独立検証装置開発を試みた.照射野面積計算にレイトレーシング法を導入した独立検証ソフトウェアを新規に開発した.照射野の大きさおよび形状によってグループ分けした複数の照射野群について,照射野面積および MU値の精度を,電離箱線量計を用いた実測データとの対比を含めて検討した.
     レイトレーシング法による照射野面積の算出精度はクラークソン法による結果と比較して有意に優れていた.MU値は照射野形状によっては一部実測データと一致しなかった.その改善にはコリメータからの透過線量や被照射体の不均質補正を演算するプロセス追加が大きな役割を果たすと思われる.
  • Shizuka Takamagi, Maiko Kitajima, Seiko Kudo
    2016 年 67 巻 1 号 p. 69-76
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
    Objectives: We evaluated the effects of acupressure at two meridian points (KI1 and KI3).
    Methods: Subjects (11 adult women) were tested twice on different days, once after acupressure and once after bed rest alone. Outcomes were measured by evaluating objective indices (blood pressure, pulse rate, and skin surface temperature, deep temperature, and blood flow volume in the feet) and subjective indices (comfort and warmth or cold sensations in the feet), and the temporal changes after intervention were analyzed.
    Results: There were significant temporal changes in pulse rate, skin surface and deep skin temperatures, blood flow volume, and scores of foot comfort and warmth after acupressure, whereas there were no significant differences after bed rest alone. There were no significant changes in blood pressure after either treatment.
    Conclusion: Acupressure at these two points is a safe and effective method to warm up the feet.
  • Chong Han, Yoshiki Ogata, Hidetoshi Niwa, Tetsuya Kushikata, Hiroyuki ...
    2016 年 67 巻 1 号 p. 77-85
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
        Transgenic mice experiments have become increasingly popular to research human inherited disease. However, a number of Japanese researchers have difficulty with the selection of anesthesia, after the classification of ketamine, probably the most used anesthesia, as a narcotic drug in 2006. Therefore, we compared the effects of inhalation anesthesia (2% of isoflurane, sevoflurane and enflurane) and intraperitoneal pentobarbital anesthesia (50mg/kg) on the electrocardiogram (ECG) and blood oxygen saturation (SPO₂) of mice. With inhalation anesthesia, the heart rate (HR) and SPO₂ were within an acceptable range. In contrast, the HR significantly decreased after initiation of pentobarbital anesthesia, and gradually returned to a low rate. Importantly, pentobarbital anesthesia significantly lowered SPO₂, and heart rate variability analysis showed unstable beat-to-beat intervals during pentobarbital anesthesia, suggesting that inhalation anesthesia is more suitable for evaluation of cardiorespiratory responses than pentobarbital anesthesia. During anesthesia, propranolol, a β-adrenergic blocker, significantly decreased heart rate. Atropine, a parasympathetic blocker, also significantly increased heart rate. Our data suggest that inhalation anesthesia is suitable for cardiorespiratory analysis in mice.
  • Hajime Morohashi, Yoshiyuki Sakamoto, Daichi Ichinohe, Hiroyuki Jin, K ...
    2016 年 67 巻 1 号 p. 86-91
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
    Backgroud: In Japan, the recommended standard surgical procedure for advanced lower rectal cancer includes total mesorectal excision (TME) plus central D3 lymph node dissection and bilateral lateral lymph node dissection (LLND). Laparoscopic LLND is performed in the pelvis, which is an anatomically complex and small operative field and thus, requires an extremely high level of skill. Laparoscopic LLND has been introduced following the recent expansion in the application of laparoscopic surgery for advanced lower rectal cancer.
    Patients and methods: The subject sample comprised 79 patients who underwent lateral dissection, including 61 patients who underwent laparotomic lateral dissection and 18 patients who underwent laparoscopic lateral dissection. Clinical characteristics and the oncological outcome were compared between groups.
    Results: The mean surgical duration in the laparoscopy group was 285 min, which was significantly longer than the 165 min in the laparotomy group (p < 0.001). The mean blood loss amount was 131 g in the laparoscopy group, which was significantly less than the mean amount of 407 g in the laparotomy group (p < 0.001) There was no significant difference in complications.
    Conclusion: The short-term outcomes of laparoscopic LLND were good, indicating that the procedure can be performed safely and is likely to be useful.
  • Satoko Morohashi, Hajime Morohashi, Tadashi Yoshizawa, Masanori Tanaka ...
    2016 年 67 巻 1 号 p. 92-101
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
    Background: There are no reports on the degree of inflammation in the residual rectal mucosa in asymptomatic UC patients after an operation for ileal pouch anal canal anastomosis (IACA).
    Methods: We studied the residual rectal mucosal biopsies and rectal mucosa from the surgical specimens of 12 asymptomatic postoperative UC cases. We analyzed the degree of inflammation, including crypt architecture and mucus content in the rectal mucosa.
    Results: Two pathological active cases (16.7%), four resolving cases (33.3%), and six remission cases (50%) were observed in the residual rectal mucosa. In terms of the degree of pathological inflammation in the residual rectal mucosa, one case (1/12, 8.3%) was upregulated, seven cases (7/12, 58.3%) were stable, and four cases (4/12, 33.3%) were downregulated compared with the rectal mucosa of the surgical specimens.
    Conclusions: We determined the natural history of the degree of inflammation on the residual rectal mucosa in postoperative UC patients. Eight cases (8/12, 66.6%) of asymptomatic UC patients were associated with prolonged inflammation after an IACA operation in the residual rectal mucosa compared with that in the rectal mucosa of the surgical specimens. Therefore, we could identify patients with prolonged inflammation in asymptomatic UC cases by a residual rectal mucosal biopsy.
概要
平成27年度(第20回)弘前大学医学部学術賞
特別賞受賞研究課題
奨励賞受賞論文
弘前医学会抄録
  • 栗林 理人
    2016 年 67 巻 1 号 p. 110-111
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
  • 千葉 友揮, 松宮 朋穂, 佐藤 次生, 早狩 亮, 邢 飛, 吉田 秀見, 丹治 邦和, 水上 浩哉, 今泉 忠淳, 伊藤 悦朗
    2016 年 67 巻 1 号 p. 112-
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
     自然免疫応答は、病原体が保持する病原体関連分子パターン (pathogen-associated molecular patterns; PAMPs) を宿主のパターン認識受容体 (pattern recognition receptors; PRRs) が認識することで開始される。レチノイン酸誘導遺伝子-Ⅰ (retinoic acid-inducible gene-Ⅰ; RIG-Ⅰ) 様受容体 (RIG-Ⅰ-like receptors; RLRs) はPRRs のひとつであり、このうちRIG-Ⅰ は細胞質内に存在するウイルスセンサーであるが、ウイルスRNA を認識すると構造変化を起こし、下流のアダプター分子や転写因子を活性化するカスケードを形成し、最終的に Ⅰ型インターフェロン (interferon; IFN) を産生して細胞の抗ウイルス状態を作り出す。以上を RLR signaling と呼ぶが、その組織特異性については知られていない。
     そこで我々は、多様なウイルス感染の場となる下気道に着目し、気管支上皮細胞 (bronchial epithelial cells; BECs) 、肺胞上皮細胞 (pulmonary alveolar epithelial cells; AECs) を用いて、RLR signaling への関与が決定的なアダプター分子である tumor necrosis factor receptor-associated factor (TRAF)3、そして TRAF3 と構造的に相同性は高いが RLR signaling への関与についてはデータの蓄積に乏しい TRAF5 の機能と発現を中心に、抗ウイルス応答の組織特異性について検討した。
     その結果、下気道において RLR signaling が機能していることを確認した上で、その活性は AECs よりも BECs で著しく強いことが明らかとなった。その理由として、肺胞には肺胞マクロファージ、樹状細胞、T細胞等の多様なエフェクター細胞が存在していることから、非免疫担当細胞である AECs で行われる免疫応答への依存度が低いことが考えられた。また、下気道での Ⅰ型IFN 産生には TRAF3 と TRAF5 の両者が寄与していることが判明し、タンパク質レベルでの発現においても特に BECs で突出していることが分かった。
     すなわち、下気道の抗ウイルス自然免疫応答においては、気管支上皮細胞に存在する TRAF3 および TRAF5 が重要な役割を果たしていることが証明された。
  • 山内 良太, 板橋 泰斗, 和田 簡一郎, 田中 利弘, 塩崎 崇, 石橋 恭之
    2016 年 67 巻 1 号 p. 112-
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
    【目的】歯科領域では純チタン (Ti) への紫外線 (UV) 照射で、抗菌作用や骨誘導能が増加する光機能化技術が臨床応用されている。一方、整形外科領域ではその強度からチタン合金が頻用されているが、Ti合金における UV 照射効果の報告は少ない。本研究では、UV 照射後の Ti および Ti合金の表面特性変化と in vivo における骨伝導能効果を検討した。
    【方法】Ti と Ti合金 (Ti6Al4V) 製インプラントを、それぞれ非照射群と照射群の4 群に分け、照射群には UV を15 分間照射した。まず、UV 照射による表面特性変化として、インプラント表面の親水性を接触角にて評価し、構成元素のを X線電子分校解析にて評価した。続いて、骨伝導能を SDラットにて評価した。ラットの左大腿骨に非照射インプラント、右大腿骨に照射インプラントを埋入し、埋入 2週後、4週後で摘出。検体から切片を作製し、HE染色後に観察。インプラント全長に対して接触している骨長の割合を骨接触率 (BIC:Bone Implant contact) として算出。また、画像評価として、μCT 撮影をおこない、インプラント周囲の骨量を 3Dイメージにて計測し、骨量を算出した。
    【結果】Ti、Ti合金ともに、UV 照射前は接触角が大きく照射後は接触角は低下した。表面構成元素はどちらも UV 照射前は炭素原子比率が高く、酸素原子比率が低かったが、照射後は炭素原子比率は有意に減少し、酸素原子 比率は有意に上昇した。BIC は Ti、Ti合金ともに埋入2週では UV 照射群が未照射群より有意に高値だったが、埋入4週では UV 照射群で高い傾向がみられるものの、有意差は認められなかった。チタンの骨量は、どちらも照射の有無で埋入2週、4週ともに有意な差は認められなかった。
    【考察】UV 照射は金属表面に活性化酸素を発生させることで、疎水性有機物である炭化水素の分解と、表面に多くの水酸基を導入し、その結果、親水性を示すと言われている。本症例でも、炭素原子比率の減少と、酸素原子比率の増加と、それに伴う親水化を認めた。また、Ti合金でも Ti と同様に、UV 照射による高い骨伝導能が得られ、特に早期の骨結合能を増加させる可能性が示唆された。インプラントと骨の間に強固な結合が求められる整形外科インプラントへの応用も期待できると思われる。
  • 伊藤 實喜, 水上 和博, 緒方 晴彦
    2016 年 67 巻 1 号 p. 112-
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
     糖尿病、癌、脳卒中 ワースト1の人口減少地区北日本、なんとかさねばね〜 そこで、1 日約 5000人の来客で、50才以上が 80%を占める、秋田県の大館イトクショッピングモールで、世界糖尿病デー (国連主導で毎年11月14日開催) に2日間にわたり、多くの地域住民の方々に気軽に参加して頂く様に「無料のHbA1c測定」「5 分でわかる糖尿病」「糖尿病の別名はインスリン無駄使い病! または炭水化物依存症!または 糖毒病だ!」「DVD 食事で改善糖尿病」「実践!糖質成分チェック法」「簡単筋トレ体操」「歯周病対策」「糖尿病と発癌因子〜胃 大腸カメラでどこまで見えるか」「栄養相談」などをマジックショーや鼻笛などの笑いのパフォーマンスを交えての楽しい啓発活動を開催した。目玉は、明日実病院の糖尿病友の会(しらふし会)の61才男性(178cm 91kg BMI28.7)の「インスリンから見事に離脱できた体験発表」でした。
    指導のポイントは
    1.身長から 100 を引いた体重を目指す(今回は178-100≒80kg を目指す)
    2.デンプン(炭水化物・糖質)食材を1/4残す
    3.食後 60分以内に筋肉を動かす
    以上の3点でした。約7ヶ月で、BMI が 28.7→25.5、体重が 91→81、HbA1c が 9→6.5、食後60分の血糖値が 280→118、と著明に減少し、インスリン量も 40単位→20→10→0 と離脱に成功しました。まさかインスリンから離脱できるなんて夢にも思わなかったとのコメント頂きました。
    まとめ
    1. 食の宝庫 ショッピングモールでの地域医療活動はとても有意義であった
    2.世界糖尿病デーなどのイベントを活用して 肩の凝らない「気軽に参加」「楽しく参加」「体験して参加」「マジックや笑いネタの活用」などは 絶大の効果をもたらした
    3.医者でなく患者さんの生の体験発表がとても説得力があった
    4.今後は大学や医療施設はモールなど活用してもっと外に向けての地域医療活動が重要だと思われた
  • 坂本 由唯, 斉藤 まなぶ, 中村 和彦
    2016 年 67 巻 1 号 p. 112-
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
    【背景・目的】近年、発達障害の早期診断、早期介入が推奨されているが、乳幼児を自閉スペクトラム障害 (ASD) と診断するのは容易ではない。そこで、早期診断を可能とするバイオマーカーが求められている。今回、我々は5歳児発達健診を行い、コミュニティーベースドな5歳児の発達障害の有病率、合併率などの疫学を明らかにするとともに、早期診断バイオマーカーの有用性およびそれぞれの血中濃度と ASD、注意欠如・多動性障害 (ADHD) の症状との関係性を明らかにし、効果的な診断の方策を開発することを目的に研究を行った。
    【方法】健診対象児 2571名に対し、標準化された発達スクリーニング尺度を用いて一次スクリーニングを行い、カットオフ以上の児に対し、注視点、知能、運動検査及び自閉特性、多動・不注意特性に関する保護者の構造化面接、自己記入式検査を行い、小児科医と児童精神科医による診察を経て、DSM-5 基準で発達障害の診断を行った。後日採血を行い、バイオマーカーについて解析した。
    【結果】一次スクリーニング未返却及び二次健診未受診者を除く 1783名を母集団とした。この結果、ASD が 3.31%、ADHD が 4.94%、発達性協調運動障害 (DCD) が 4.77%、知的障害/境界知能 (ID/BID) が 3.48%であった。また、ASDでは単独障害が 18.6%、ADHD 合併が 55.9%であった。ADHD とDCD は男児に有意に多かった。バイオマーカーの診断別比較では群間比較に有意差はないものの、ASD 群で血清 IGF-1、VLDL-Cho、VLDL-TG 値に有意な性差を認めた。血清 IGF-1, VLDL-Cho, VLDL-TG 値は ASD および ADHD症状と有意に関していた。また血漿Oxytocin値はコントロール群で有意な性差を認めた。睡眠の問題は診断別比較で ASD、ADHD に有意差あるが、血清Ferritin値には診断の有意差はなかった。血清Ferritin値と睡眠習慣との関係性は健常児においてのみ朝の症状、ASD において睡眠習慣の問題と負の相関があった。
    【考察】本研究は5歳児における、コミュニティーベースドな ASD、ADHDの有病率、合併率を推定するとともに、有病率における性差、バイオマーカーの性差を明らかにし、今後性差に注目して研究を展開する必要性を示した。また5歳児でのIGF-1,VLDL-Cho, VLDL-TG とASD,ADHD 症状との関連性を示し、State marker としての可能性、および睡眠の問題における Ferritin検査の有用性を明らかにした。
  • 大石 舞香, 飯野 香理, 田中 幹二, 樋口 毅, 水沼 英樹
    2016 年 67 巻 1 号 p. 113-
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
    【目的】過去に妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、早産などの周産期合併症を発症した女性がその後に cardiovascular disease (CVD) を高率に発症することが複数の疫学研究で報告されてきた。女性にとって循環及び代謝が劇的に変化する妊娠は CVD に対するストレステストとなり得る可能性がある。そこで、我々は母子手帳に記載された過去の妊娠時データを利用して妊娠中の血圧値と将来の CVD の発症との関連性について後方視的に検討した。
    【方法】2011年6月から2015年9月に実施された青森県弘前市の一般検診及び岩木健康増進プロジェクトにて、事前に母子手帳の持参を依頼し協力の得られた 735名のうち、次の条件を満たす 534名を解析対象とした。 1) 単胎、2) 対象となる分娩から 5年以上経過、3) 妊娠中の血圧値の測定が5回以上、4) 妊娠前に高血圧症及び脂質異常症を発症していない。また、複数の母子手帳を持参した対象者においては初産の妊娠データを採用した。次に母子手帳のデータより妊娠中の全周期における血圧値の平均値を算出し調査時の高血圧症、脂質異常症、糖尿病、Pulse Wave Velosity (PWV) 値、Ankle Brachial Pressure Index (ABI値)、生化学検査値との関連性について解析を行った。
    【結果】対象者 534名の調査時の年齢は 53.1±9.8歳、観察期間は 26.7±11.1年であった。母子手帳の記載記録より 20名 (3.4%) が少なくとも 2回以上妊娠高血圧症候群 (PIH) の診断を満たしておりこれらを「PIH群」、20名を除いた 564名を「非PIH群」とした。多変量解析の結果、「非PIH群」の妊娠時拡張期血圧平均値は有意に将来の高血圧症(OR:1.52, 95%CI:1.15-2.01)* 及び脂質異常症(OR:1.36, 95%CI:1.03-1.80)* の発症と関連していた。また、「非PIH群」の妊娠時収縮期及び拡張期血圧の平均値は PWV と弱いながらも有意な相関関係を示した (P<0.05)。次に、「非PIH群」を妊娠時の血圧値で4 群に分け、同様に多変量解析を行った結果、妊娠時の収縮期血圧平均値 108mmHg 未満の群はその他の群に比べて将来高血圧症となるリスクを有意に減少させていた (OR:0.44, 95%CI:0.22-0.89)。さらに妊娠時の拡張期血圧70mmHg 以上の群は将来の高血圧症 (OR:1.99, 95%CI:1.18-3.35) 及び高脂血症 (OR:1.82, 95%CI:1.08-3.06) の発症リスクを有意に上昇させていた。
    【考察】母子手帳のデータによる後方視的解析により、「非PIH群」に限定してもなお妊娠中の血圧値が将来の CVD発症リスクと関連する可能性が示唆された。分娩後という比較的若い年齢で自身の心血管イベント発症のリスクについての情報を得ることは多くの女性の健康寿命延長に寄与すると期待できる。
    *標準偏差 1増加に伴うOR を示す。
  • 金子 なつき, 久米田 麻衣, 小山内 崇将, 田中 一人, 玉井 佳子, 伊藤 悦朗
    2016 年 67 巻 1 号 p. 113-
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
     【はじめに】大量出血時は細胞外液や赤血球液の大量投与により希釈性凝固障害を生じ、特にフィブリノゲン濃度が 150㎎/dl 未満に低下すると止血は極めて困難となる。フィブリノゲンを増加させるために FFP を輸血しているが容量負荷の問題や十分な濃度上昇が得られないことがあり、クリオプレシピテート(以下クリオ) の有用性が注目されている。クリオは本邦未販売であり、FFP から院内調製される。FFP 中の凝固因子を効果的に濃縮しており、FFP-LR480 から作製されるクリオの容量は約50ml で容量負荷を抑えることが出来る。平成27年5月から10月までのクリオ使用症例について、使用状況と効果を検証した。
     【対象】期間中にクリオを使用した 26症例を対象とし、使用理由、クリオ使用状況、フィブリノゲン濃度、RBC使用量等について調査・検討した。
     【結果】対象のクリオの使用理由は肝不全に対する低フィブリノゲン血症と凝固因子の欠乏が 4例、救命センターにおける制御困難な大量出血例 (交通外傷 4例、産褥出血 2例、その他 2例)、人工心肺離脱時の出血対策が 14例であった。手術等処置開始前のフィブリノゲン濃度と RBC輸血量の比較ではフィブリノゲン 200㎎/dl 未満では RBC の輸血量が多く、200㎎/dl 以上の症例では RBC輸血量が少ない傾向が見られた。また、フィブリノゲンが 200㎎/dl 未満の症例に対して術前にクリオを投与してフィブリノゲン濃度を上げてから手術した症例は 4例であり周術期の RBC使用量が少ない傾向があった。原疾患により消費性凝固障害が強度で術前フィブリノゲンが低値であり、クリオを術前投与し術直前のフィブリノゲンを 200㎎/dl 以上に上昇させ、大量輸血を回避できた 1症例を提示する。
     【課題】クリオ使用経験者は手術時間の短縮や RBC使用量の減少を実感しているが、大量出血の止血コントロールに最適なクリオ使用基準はない。今後は術前・術中・術後の凝固系検査を励行するとともに、症例を蓄積して院内での適切なクリオ使用基準を策定することが課題である。
     【まとめ】大量出血が予想される大手術では、クリオを使用して手術直前のフィブリノゲン濃度を 200㎎/dl 以上に上昇させることが、同種赤血球輸血削減のために重要であると考えられた。今後は院内のクリオの運用条件を検討し、最適に使用できるよう使用基準を策定したい。
  • 若狭 悠介, 室谷 隆裕, 和嶋 直紀, 赤坂 治枝, 吉田 枝里, 袴田 健一
    2016 年 67 巻 1 号 p. 113-
    発行日: 2016年
    公開日: 2021/05/22
    ジャーナル フリー
     【はじめに】骨格筋量の減少は周術期合併症の危険因子や予後不良因子となり得ることが膵切除や肝切除をはじめとして報告されている。今回我々は、CT画像より腸腰筋面積を計測し、胃癌手術症例における腸腰筋面積と術後合併症との関連ついての検討を行った。
     【対象と方法】2012年1月より2013年12月までの間に当科において胃癌に対して胃切除を施行され、術前CT において画像解析可能であった 106例を対象とした。術前の CT画像より第3腰椎レベルでの腸腰筋面積を計測し、身長で補正した値である PMI (Psoas muscle mass index: 腸腰筋面積/身長² (cm²/m²) ) を算出し、患者背景因子や臨床腫瘍学的因子とともに術後合併症との関連について検討した。合併症は Clavien-Dindo 分類に従い、Grade 2 以上を合併症あり群として Grade 2 未満の合併症なし群との比較検討を行った。
     【結果】対象症例の平均年齢は 68.9歳、男性 73例に対して女性が 33例であった。平均BMI は22.5(kg/m²)、平均PMI は 4.73(cm²/m²) であった。術式としては幽門側胃切除術 53例、胃全摘術 45例、幽門保存胃切除術 5例、噴門側胃切除術 3例であった。Grade 2 以上の合併症は全体で 25例 (23.5%) に認められ、呼吸器合併症は 7例 (6.6%)、膵液瘻 7例 (6.6%)、縫合不全 4例 (3.8%) に認められた。合併症に関する検討では、合併症あり群において PMI は有意に低く (4.21 vs 4.89; p=0.028)、その他 PS>1 (p=0.032)、手術時間 (p=0.010)、出血量 (p=0.006) が有意差を認め、合併症あり群では有意に在院日数が延長していた。多変量解析では PS>1 (OR:8.121, 95%C.I.: 1.845-35.753, p=0.014)、PMI (OR:5.862, 95%C.I.: 1.428-24.062, p=0.035) が有意差を認め、危険因子となることが示唆された。
     【まとめ】腸腰筋面積は CT画像から簡便に計測することが可能であり、評価方法として有用である。腸腰筋面積計測による術前評価において PMI低値である症例については術後合併症のリスクがあることを念頭に置き周術期管理を行う必要がある。
feedback
Top