弘前医学
Online ISSN : 2434-4656
Print ISSN : 0439-1721
68 巻 , 2-4 号
選択された号の論文の20件中1~20を表示しています
総説
  • 加地 隆, 加地 眸
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 91-103
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    母親の松果体が仔の胎生発達に及ぼす影響について,著者ら自身の研究結果との関連を中心に概説した.次の項 目につき記述,解説した:1.研究の糸口をなす基礎的実験データの集積から母親の松果体除去による胚発生異常の発見 に至る経緯,続いて松果体ホルモンのセロトニンとメラトニンについてそれらの体内分布,個体発生や系統発生との関 係など.2.発生異常に関与するBrachyury 遺伝子,および発生・分化,ネズミおよび正常ヒトと腫瘍患者での発現と その遺伝子を治療標的とする研究との関連.3.松果体と血糖調節機序または糖尿病との関連:1)血糖調節機序と妊娠 との関連:血糖調節ホルモンおよびプロラクチンと末梢性セロトニンについて.2)糖尿病による胎生発達異常と母親の 松果体除去誘発性胎生発達異常との関連:(1)母親の糖尿病と胎生発達異常;(2)免疫機能活性化による発達異常の減少.3) 松果体除去によって影響される血糖調節ホルモンと内分泌器官.
原著
  • Masakazu Murakami, Akiyoshi Takami, Ai Shimaya, Misato Makino, Hideki ...
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 104-111
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    The purpose of this interdisciplinary and longitudinal study was to clarify the factors influencing the burden on caregivers of patients at one month after their hospitalization in the convalescent ward. The study participants were 25 pairs of family caregivers and care receivers who were living at home under their family's care. Basic characteristics, cognitive function, and activities of daily living (ADL) were evaluated in the care receivers, Characteristics, ADL, burden, and the difference between the expected and actual amount of care provided at one month after hospitalization were evaluated in caregivers. The results suggested that the factors affecting caregiver burden are sleeping hours per day, which is consistent with findings in previous studies, and the difference between the expected and actual amount of care provided, which to our knowledge, is reported here for the first time. Therefore, to reduce caregiver burden, caregivers should get adequate sleep and be given a concrete framework regarding patient care.
  • Akemi Fujita, Seiko Kudo
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 112-122
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
      We examined the factors influencing subjective quality of life (QOL) at different postoperative stages in 62 patients with rectal cancer who had undergone intersphincteric resection (ISR) or low anterior resection (LAR). I also examined nursing interventions aimed at improving the patients' subjective QOL. Subjective QOL was analyzed by using the Schedule for the Evaluation of the Individual Quality of Life – Direct Weighting (SEIQoL-DW).
      In all patients (ISR and LAR groups combined), the mean SEIQoL-DW index values were 57.7 (patients less than 1 year after surgery), 66.6 (patients 1 to less than 2 years after surgery), and 68.7 (patients 2 or more years after surgery); the SEIQoL-DW index was significantly lower in patients in the first postoperative year than in those 2 or more years after surgery. These results suggest that subjective QOL is lowest during the first postoperative year and improves with time.
      Analysis of components of QOL and their indices, as measured by SEIQoL-DW, revealed that family, hobbies (outdoor), health, friends, and hobbies (indoor) were the primary determinants of subjective QOL. Analysis of cues with low levels of satisfaction despite high importance in the SEIQoL-DW revealed that, to provide nursing interventions to improve subjective QOL, it is important to focus on interventions that 1) manage the dyschezia affecting the postoperative health of patients who have undergone LAR; and 2) provide lifestyle counseling to increase fulfillment in work or hobbies among patients who have undergone LAR.
  • Masataka Narita
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 123-134
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
      The International Commission on Radiological Protection (ICRP) recommends that the exposure dose from radiological examinations should be as small as possible (as low as reasonably achievable, ALARA). However, some patients transported to the emergency center were subject to multiple radiological examinations such as mobile X-ray, computed tomography (CT) examination and digital subtraction angiography (DSA).
      Increased radiation exposure is a concern for patients. By inserting a thermoluminescent dosimeter (TLD) into a tissue-equivalent phantom, the equivalent dose and effective dose of each radiological examination were determined at each anatomical region. According to the total equivalent doses of radiological imaging (mobile X-ray, head-to-pelvis CT, head DSA), the head equivalent dose was 267.26 mGy. This value is lower than the threshold (3 Gy) for temporary hair loss proposed in ICRP Publication 59. The head dose was 0.05 mSv for head mobile X-ray, 60.43 mSv for head-to-pelvis CT, and 8.42 mSv for head DSA. The total effective dose was 68.9 mSv.
      To optimize ALARA measurements as well as the radiation dose, it is necessary to know the exposure dose of radiological examination. The dose data evaluated in this study will be useful for the estimation of radiation risks for patients of emergency centers who undergo multiple radiation examinations.
  • Yoshihiro Shoji, Shingo Sasaki, Yuichi Toyama, Kimitaka Nishizaki, Tak ...
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 135-141
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
      Wearable cardioverter-defibrillator (WCD) is an external device capable of automatic detection and treatment of ventricular tachycardia (VT)/ventricular fibrillation (VF). We examined whether WCD use for patients at high risk for VT/VF is associated with shortening the length of stay in the intensive care unit (ICU) and safe management in the general ward until implantable cardioverter-defibrillator (ICD) implantation.
      From June 2012 to May 2014, ICD was implanted in 44 patients for secondary prevention of VT/VF (control group). From June 2014 to May 2016, WCD was prescribed in 50 patients for secondary prevention, of which 29 patients had ICD implantation (WCD group). The median length (25th-75th percentiles) of the ICU stay was 3 (1–7) days in the control and 0 (0-1.5) days in the WCD group (p<0.05). The period until ICD implantation in the general ward was 0 (0–3) days in the control and 10 (5–19) days in the WCD group (p<0.05). No sudden cardiac death and no readmission to the ICU were reported in both groups before ICD implantation.
      In patients with indication for ICD implantation for secondary prevention, WCD use can shorten the length of ICU stay and provide a safe management in a general ward.
  • 木村 緑, 倉内 静香, 徳田 糸代, 沢田 かほり, 駒目 瞳, 小笠原 悠, 浜野 学, 福井 真司, 中路 重之
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 142-156
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    社会生活活動は習慣化した行動であり,身体および認知機能を使う活動であるため認知機能に影響を及ぼしてい る可能性がある.そこで本研究は社会生活活動である対人交流と生活時間に着目し,認知機能との関連を検討した. 2015年「岩木健康増進プロジェクト」に参加した563名を対象に,認知機能をMMSE で測定し,重回帰分析とグラフィカルモデリングで因子間の関連と影響構造の分析を行った.男性の50歳~64歳でMMSE と「スポーツ」「テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」「休養・くつろぎ」が正の相関,65歳以上では関連がなかった.女性の50歳~64歳で「育児」が正の相関,「食事」「睡眠」が負の相関,65歳以上では「月に1 回以上会う家族・親戚」が正の相関を示した.男性では中年期からスポーツや余暇活動を積極的に行い,認知予備力を高めていく事が重要であり,女性は対人交流の機会を増やし,それらを介して心理的安寧や身体的活動性を高めていく事が重要と考えられた.
  • Kana Ishihara, Kanji Tanaka, Maika Oishi, Asami Ito, Yoshihito Yokoyam ...
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 157-167
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    Objectives: This study aimed to clarify the health status of women with gestational diabetes mellitus (GDM) in Tsugaru District, Aomori Prefecture, Japan, and provide information for establishing a long-term follow-up system for women with a history of GDM.
    Methods: Questionnaires were mailed to women diagnosed with GDM who gave birth between 2006 and 2015 at four general hospitals in Tsugaru District. Subjects were grouped according to progression or non-progression of GDM to type 2 diabetes mellitus (DM), and clinical characteristics between both groups during pregnancy were compared. A health survey was performed in women with GDM.
    Results: There were a total of 10,681 deliveries, and 516 women were diagnosed with GDM. Out of those, 452 women were eligible for the study. The questionnaires were mailed to them, and 227 women returned the questionnaire. The number of women with progression of GDM to DM was 14, but only 5 out of those returned the questionnaires. Although the current age of women who developed DM was under 40 years old, women with a history of GDM who had not had health checkups were significantly younger than those who had had health checkups, with a larger proportion being younger than 40 years.
    Conclusions: Women with a history of GDM of less than 40 years old in Aomori Prefecture had less opportunity of their health checkups. Therefore, it is preferable to provide medical checkup recommendation system for the women with a history of GDM even if the current age is under 40 years old.
  • 糟谷 昌志, 相馬 優樹, 小笠原 悠, 倉内 静香, 駒目 瞳, 徳田 糸代, 沢田 かほり, 平川 裕一, 戸塚 学, 中路 重之
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 168-176
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    本研究は,地域在住の60歳以上の者を対象として,認知機能とメタボリックシンドロームおよびロコモティブシンドロームとの関連を検討することを目的とした.研究参加者は,青森県弘前市岩木地区在住の男性101名,女性167名であった.研究参加者に対して,認知機能検査,メタボリックシンドローム評価指標(腹囲,血圧,血中脂質,血清血糖)およびロコモティブシンドローム評価指標(ロコモ25, 2 ステップテスト,立ち上がりテスト)の測定をおこなった. 分析結果から,男性のロコモティブシンドローム該当者は有意に認知機能が低く,該当項目数が増えるにしたがってその傾向は顕著であった.一方,メタボリックシンドローム評価指標においては,男女ともに認知機能との関連は見られなかった.以上より,ロコモティブシンドローム評価指標は,男性において認知機能低下の予測因子としての有用性が示唆された.
  • 鶴田 覚, 豊木 嘉一, 米内山 真之介, 櫻庭 伸悟, 青木 計績, 川嶋 啓明, 遠藤 正章
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 177-183
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    目的: 腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)は低侵襲,整容性,術後早期離床,早期退院が可能という利点から広く施行され,高齢者においても有用な治療法だと考えられる.当科での高齢者でのLC の現状,安全性,有用性を検討した.方法: 2011年から2015年に当院で施行したLC 症例553例のうち癌合併例や他手術併施例を除く538例を対象に80歳以上30例を 高齢者群,80歳未満508例を非高齢者群とし後方視的に検討した.
    結果: 高齢者群において背景因子では高血圧および呼吸器疾患合併例,ドレナージ併施例が有意に多く,周術期関連因 子では術後外科的,非外科的合併症を有意に多く認めていた.また,術後在院日数は高齢者群で有意に長かった. 結論:80歳以上の高齢LC 症例ではドレナージを要する高度炎症を伴う胆嚢炎が多いことが推測され,術前の全身状態 の把握や術中所見を参考にした周術期管理の徹底が必要であると考えられた.
弘前医学会抄録
  • 今村 憲市
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 184
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
  • 富田 泰史
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 185-187
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
  • 于 在強, 千代谷 真理, 大徳 和之, 瀬谷 和彦, 古川 賢一, 福田 幾夫
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 188-
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    大動脈弁狭窄症(AS)では、石灰化で大動脈弁の開閉が制限される病態である。重症の場合は心不全や失神発作を引き起こし、大動脈弁置換術(AVR)の適応になる。日本胸部外科学会学術調査により、AVR 手術件数が年々増加されている。また、弁膜症を合併する弁膜症や深部静脈血栓症などでWFN 長期内服する患者が増えているが、ワルファリン(WFN)長期内服が弁石灰化の増悪因子として報告され、その石灰化誘発機構が不明である。これを明らかにするため、AS 患者から単離したHAVICs を用いて検討した。まず、WFN(1μM)単独では石灰化が亢進しなかったが、高リン酸(3.2mM)の共存により、石灰化の著しい亢進を認めた。ナトリウム-リン酸共輸送体(PiT-1)阻害薬SPF は高リン酸条件でのWFN 誘発石灰化を有意に抑制した。骨形成関連遺伝子の発現調節に関わるpregnane X receptor (PXR)がWFN 誘発石灰化への関与について、PXR アンタゴニストであるケトコナゾール(KE)とPXR 活性の阻害薬であるクメストロール(CO)を用いて調べた結果、いずれもWFN 誘発石灰化を強く抑制した。さらに、骨形成因子BMP2 と骨形成マーカーALP活性について調べた。WFN と高リン酸との共存により、BMP2 の遺伝子発現が著しく亢進すると共にALP 活性も上昇したが、いずれもPXR 阻害剤KE とCO に有意に抑制された。以上の結果は、WFN はPXR-BMP2-ALP 経路を介して大動脈弁石灰化を亢進することを強く示唆していた。
  • 成田 大一, 横山 淳也, 宮川 繁, 渡邉 誠二, 澤 芳樹, 明石 満, 下田 浩
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 188-
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    【背景と目的】虚血性心疾患などにより引き起こされる心臓機能の不可逆的な障害に対して,近年iPS 細胞を用いた再生医療が注目されている。しかし,これまで報告されている単層の心筋シートでは,心機能を代替するには至らず,さらに酸素や栄養の供給を可能にする血管網を有していないため生着・生存率の低下が指摘されている。このことを解決するためには組織中に血管網を有する立体心筋組織の構築が求められており,我々の研究グループは独自に開発したfiltration layer-by-layer (FLBL) 法を用いてヒトiPS 細胞由来心筋細胞(iPSC-CM)を立体組織に組み上げるとともにその中に血管網を構築することに成功した。本研究では,この人工心筋立体組織の再生医療材料としての有用性 について分子形態学的解析を行った。
    【方法】FLBL 法を用いて,研究グループ内で樹立したiPSC-CM とヒト心筋線維芽細胞に細胞外マトリクスをナノコートした後,ヒト血管内皮細胞とともに積層化を行い,血管網を有するiPSC-CM 立体組織を構築した。また,その構築の一部には同グループで開発した3Dバイオプリンタを用いた。これらの立体組織を心筋梗塞モデルラットの心臓へ移植し,28 日後の心臓の機能形態について移植前の心筋組織と比較検討した。
    【結果】移植前の心筋組織は同調的に拍動し,サルコメアを有する心筋細胞が血管網とともに3次元的なメッシュワークを形成していた。しかし,心筋細胞の細胞内小器官はやや貧弱で,筋原線維の配列も不規則であった。これに対して,移植組織では血流を伴う血管新生が生じ,宿主組織に適合・生着することで,豊富な筋原線維と発達した小器官が並列する心筋細胞が構築されていた。心筋細胞はgap junction やdesmosome により連結し,より分化の進んだ心筋形態を呈した。また移植組織内新生血管は明瞭な基底板をもつ閉鎖性毛細血管の形態を示した。
    【考察】我々の血管網を有する3次元iPSC-CM 組織は,in vitro ではやや未成熟な心筋形態を呈するが,移植による生体環境下に置かれることにより早期に成熟した心筋組織へと分化する。以上より,FLBL-iPSC 立体心筋組織は重症心不全に対する第3世代移植医療材料として有用性が期待される。
  • 町田 光司, 長谷川 範幸
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 189-
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    平成25年(2013年)に死因・身元調査法が施行されて以来、CT やMRI 等による死後画像診断(Autopsy Imaging:以下 Ai と略)数は飛躍的に増加しているが、気道や消化管の診断は困難である。
     今回我々はグレープフルーツの誤嚥性窒息死の診断に経鼻内視鏡を施行して以来、本邦で初めて多数例に死後内視鏡(Postmortem Endoscopy:以下PME と略)を施行し、死因究明の補助診断として極めて有用であったので報告する。
     方法: 全身のCT撮影の後に、オリンパス社製経鼻内視鏡をPME 専用機として用い、①鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支と②食道、胃、十二指腸等の観察をした。心臓血、静脈血の採取、採尿はこの後に行ったが、解剖予定例や腐敗の激しい例、結核等の感染症の疑われる例では施行を控えた。
     家族への説明は画像診断後、内視鏡検査も併用した事を了解してもらうと共に、水腫や痰、血液等を吸引した事を伝えた。また、費用はあくまで補助診断のため無償とした。
     結果: 平成28年8月から平成29年6月11日までの11か月間にAi 161例中、85例にPME を施行したが、特に平成28年11月から積極的に行なって平成29年6月11日現在、Ai 136例中、81例(59.5%)にPME を施行した。死因別では、心疾患47例、肺疾患7 例、脳疾患5 例、消化管疾患4 例、糖尿病1例、多臓器不全2例、低体温症5例、溺水死12例、窒息死2例であった。PME によって①窒息の確認の他、気道内の液体(水腫や血液、喀痰)、泡沫の有無、腫瘍や異物等が確認できる点が非常に有用であり、また②消化管における死戦期の出血、潰瘍や腫瘍、食物の残存状態による死亡推定時刻も可能で、低体温症例での胃のWischnivsky斑も確認し得た。
     尚、PME にて死後に胃内の血液や食物等が気管内へ逆流した例も経験しており、肺のAi はこうした所見の混在について特に注意が必要と考えられる。
     今後共、PME をAi のルーチン検査化すると共に症例を重ねて検討していきたい。
    (最後に、解剖所見についてご教示頂いた弘前大学医学研究科法医学講座教授髙橋識志先生に深謝いたします。)
  • 髙橋 芳雄, 足立 匡基, 安田 小響, 栗林 理人, 中村 和彦
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 189-
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    【目的】 本邦における中高生を対象にした大規模調査では、8.1%の生徒にインターネット依存傾向があることが明らかになっている(Morioka et al, 2016)。また、中学生においてインターネット依存傾向が身体的・精神的健康に対してネガティブな影響をもつこともわかっている。しかしながら、小学生を対象にインターネット依存傾向についての研究はこれまでにない。本研究では市内の小中学性を対象に調査を行い、児童思春期におけるインターネット依存傾向の実態把握及び、インターネット依存傾向と精神的健康の関連を検討する。
    【方法】 市内全国公立小中学校に通う小学四年生以上の全児童生徒を対象に質問紙調査を実施し、8206人(96.3%)から有効回答を得た。インターネット依存についてはYoung's Diagnostic Questionnaire(YDQ)を用いて評価した他、児童生徒の抑うつ症状と生活の質(QOL)を同時に評価した。
    【結果】 学年および性別を独立変数、YDQ 得点を従属変数として設定し、二要因の分散分析を行なった結果、学年の主効果および学年×性別の交互作用が有意であった。このことから学年が進むにつれて児童生徒のインターネット依存傾向が強くなること、学年によって性別がインターネット依存傾向に与える影響が異なることが示唆された。また、特に中学一年生から中学二年生にかけてインターネット依存傾向が特に強まることも明らかになった。続いて、YDQグループにおける抑うつおよびQOL の差を検討するために分散分析を行なった結果、“病的インターネット使用” 群では、他の群と比較して有意に強い抑うつ症状を示すともに、QOL が有意に低いという結果が示された。また、小中学性を分けて解析した際にも一貫して同様の傾向が認められた。
    【考察・結論】 本研究の結果から学年が上がるにつれて、インターネット依存傾向をもつ児童生徒が増えること、特に中学二年生でインターネット依存傾向をもつ割合が大幅に増加することがわかった。今後は中学2年時に生じるインターネット病的使用の大幅な増加に寄与する因子を特定することが必要である。また、中学生だけでなく、小学生においてもインターネット依存傾向が児童の精神的健康やQOL にネガティブな影響を与えていることがわかり、インターネット依存傾向に対する早期介入の必要性が示唆された。
  • 太田 聖也, 千葉 大輔, 佐々木 英嗣, 武田 温, 津田 英一, 石橋 恭之
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 189-
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    【目的】 膝関節の症状と変形性膝関節症(膝OA)発症との関連を報告した研究は少ない。本研究の目的は、一般地域住民を対象に膝関節の症状と膝OA 発症の関連を縦断的に検討することである。
     【方法】 2008年または2010年の岩木健康増進プロジェクト参加者のうち、立位膝正面単純X 線でKellgren-Lawrence 分類(KL)grade 0-1 であり、かつ5年後のフォローアップが可能であった454名(男性196名、女性258名、平均年齢 53.6±11.6歳)を対象とした。膝症状はKnee injury and Osteoarthritis Outcome Score(KOOS)で評価した。体組成計を用いてBMI を測定し、インピーダンス法により両下肢筋量 (kg) を算出し、身長で補正したSkeletal muscle mass index(SMI)として評価した(kg/m2)。初回調査時をBaseline とし、5 年後のフォローアップ時にKL grade 2 以上となった者を膝OA 発症ありと定義した。KOOS の下位尺度は85%以下を陽性と定義した。膝OA 発症の有無による2群間の比較には Mann-Whitney U 検定を用いた。従属変数を膝OA 発症の有無、独立変数をBaseline の年齢、BMI、下肢筋量、運動習慣の有無、KL grade、KOOS としてロジスティック回帰分析を行った。
    【結果】 5年後のフォローアップ時に膝OA を発症していたのは85 名(18.7%)であった。膝OA 発症の有無による2 群間の比較では女性において膝OA 発症あり群のKOOS が有意に低値であった。ロジスティック回帰分析の結果、女性ではKOOS 2 項目以上陽性が膝OA 発症と有意に関連した(オッズ比: 4.303 倍)。また、KOOS の質問項目の中では階段昇降時の痛みが有意に関連した(オッズ比: 2.631 倍)。一方で、男性では有意な関連を認めなかった。
    【考察】 一般地域住民を対象とした縦断調査の結果、女性においてKOOS が5年後の膝OA発症予測に有用であり、特に階段昇降時の膝痛が重要な症状であることが示唆された。
  • 佐藤 健太郎, 山村 仁, 木村 憲央, 石戸 圭之輔, 工藤 大輔, 脇屋 太一, 三橋 佑人, 袴田 健一
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 189-
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    非常に稀な外傷性副脾損傷により腹腔内出血をきたし、経カテーテル的動脈塞栓術で止血を得た1例を経験したので報告する。症例は15歳男性、サッカーの試合中に相手選手と交錯した直後より腹痛を自覚し,試合後に近医を受診した。造影CTで脾損傷による腹腔内出血が疑われ当院搬送となった。CTでは脾臓の尾側の副脾周囲に造影剤のextravasationを認め、外傷性副脾損傷による腹腔内出血を疑い緊急で血管造影を行った。脾動脈撮影にて副脾へ分岐する動脈枝からのextravasationを認め、20%NBCAを用い同血管を選択的に塞栓し止血した。止血後の経過は良好で、塞栓術後2日目のCTで再出血の所見を認めず、同日より食事を開始した。塞栓術後6日目に療養目的に紹介医へ転院となった。
     外傷性副脾損傷の報告は非常に少なく、治療に関するコンセンサスも得られていない。過去の報告のほとんどは開腹術を行っているが、自験例では止血の手段として動脈塞栓術を選択した。副脾へ分枝する動脈を選択的に塞栓し、低侵襲かつ迅速に止血が得られ、有用な治療法と考えられた。
  • 金澤 卓也, 市川 博章, 成田 真人, 島田 美智子, 富田 泰史
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 190-
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    【目的】 レニン・アンジオテンシン系亢進による高血圧性臓器障害の進展には、局所の炎症反応ならびに凝固系亢進が関与している。特に凝固因子である第Xa因子は血栓形成だけでなく、種々の細胞に発現しているプロテアーゼ活性化受容体(PAR)のリガンドとしても機能する。本研究ではヒトポドサイト細胞を用いて第Xa 因子阻害薬リバーロキサバン(Riv)のPAR シグナル伝達抑制を介した腎保護作用について検討した。
    【方法】 ヒトポドサイト細胞を用い、Riv 投与下におけるアンジオテンシン(Ang)II 刺激による炎症性サイトカインの遺伝子発現やシグナル伝達経路を評価し、Riv の効果を検討した。
    【結果】 ポドサイト細胞のPhalloidin 染色では、Ang II 刺激によりアクチンフィラメント配列が細胞辺縁へと蓄積し、Ang II によるポドサイト障害と考えられた。Riv 前処理Ang II 群ではアクチンフィラメントの細胞辺縁への蓄積が阻害され、ポドサイト障害が軽減した。またNF-κB p65 染色では、Ang II 群においてp65 の核内移行が誘導されたが、Riv 前処理によりp65 の核内移行が阻害され、Riv がNF-κB 活性化を抑制することが示唆された。またAng II 刺激によるTNFα の遺伝子発現はコントロールと比較し1.7±0.7 倍増加し、Riv 前処理により0.9±0.2 倍まで発現が低下した(n=6、p<0.01)。また、siRNA でPAR-2をknockdown すると、Ang II 刺激によるTNFα の遺伝子発現は0.4±0.04 倍まで低下した (n=5、p<0.01)。
    【結論】 リバーロキサバンはPAR-2 を介した炎症シグナルを抑制し、アンジオテンシンII 誘発性ポドサイト障害を改善し、腎保護的に作用する可能性が示唆された。
  • 間山 恒, 山形 和史, 高畑 武功, 鎌田 耕輔, 陳 豫, 斎藤 絢介, 玉井 佳子, 佐藤 温, 福田 眞作, 髙見 秀樹
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 190-
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    【はじめに】悪性腫瘍に対する抗がん治療の進歩に伴い、長期生存例が増加した現在、二次がんの発生に十分な注意が必要である。小児悪性腫瘍治療後の長期経過観察報告は多いものの、日本人における成人の長期経過観察報告は少なく、不明な点が多い。
     【対象と方法】当院血液内科・腫瘍内科で2007年~2016年の10 年間に経験した悪性腫瘍後の二次性造血器悪性腫瘍合併症例と造血器悪性腫瘍後の二次性固形がん合併症例について、原疾患とその治療内容、二次性悪性腫瘍発症時の年齢、原疾患治療開始から発症までの期間、治療内容、予後、発見経緯について検討した。
     【結果】 1. 悪性腫瘍後の二次性造血器悪性腫瘍合併症例: 10年間に12例 (乳がん7例、非ホジキンリンパ腫(NHL)2例、肺がん、子宮体がん、卵巣がん+子宮体がんが1例ずつ) が二次性造血器悪性腫瘍を発症した。内訳は急性骨髄性白血病(AML) 7例、急性リンパ性白血病3 例、多発性骨髄腫(MM) 2例であった。二次性造血器悪性腫瘍発症時の年齢中央値は55.5歳で、発症までの平均は80.3ヶ月、中央値は67ヶ月であった。発見の経緯は12例中8例が原疾患の経過観察中の採血異常であった。9 例に化学療法が行われ、4例が生存している。 2. 造血器悪性腫瘍後の二次性固形がん合併症例: 10年間に5例 (AML 2例、NHL 1例、原発性マクログロブリン血症 1例、MM 1例) が二次性固形がんを発症した。内訳は大腸がん 3例、肺がん 1例、肺がん+食道がんが1例であった。固形がん発症時の年齢中央値は71歳で、発症までの平均は33ヶ月、中央値は26 ヶ月であった。発見時に進行症例が多く、手術的治療が可能であった2例のみ生存している。発見の経緯は、がん検診や自覚症状の出現であり、通常の原疾患再発監視のスクリーニング採血では異常を指摘できなかった。
     【まとめ】原発性乳がん症例の抗がん剤治療・放射線療法後には、二次性造血器悪性腫瘍合併の可能性について十分なインフォームドコンセントを行い、長期間にわたる定期的な末梢血検査が必要と考えられた。二次性固形がんは通 常の採血検査では発見できず、一般検診の積極的な受診を勧奨して早期発見に努めることの重要性が示唆された。
  • 田中 一人, 金子 なつき, 小山内 崇将, 久米田 麻衣, 阿島 光, 玉井 佳子, 伊東 悦朗
    2018 年 68 巻 2-4 号 p. 190-
    発行日: 2018年
    公開日: 2021/04/26
    ジャーナル フリー
    【背景・目的】 RhD(以下D)陰性患者は日本人の0.5%以下である。輸血の際に供給調整がつかない場合は、混入赤血球が微量であることから血小板(PC)および血漿(FFP)の場合にはD陽性製剤が代用されることがある。今回、D陽性PC 輸血後に抗D抗体を産生したD陰性症例を経験したため、輸血後の問題点と対応方法を検討した。
    【症例提示】 50代男性、O型 D陰性、不規則抗体陰性。周術期にD陰性赤血球(RCC) 4単位、D陽性PC 20単位、D陽性FFP 10単位が輸血された。輸血後は遅発性溶血性副作用を認めず術後15日で軽快退院した。輸血から3年7か月後、再手術予定時の不規則抗体検査で抗D抗体が検出(抗体価8倍)された。抗D抗体保有のため、すべての輸血製剤はD陰性血を準備し輸血後抗体価の変動を認めなかった。
    【抗D抗体産生の原因】 RCC 4単位のうち2単位は遺伝子検査でD陰性(d/d)が確認された。また、2単位はRhフェノタイプが ccEE でありD抗原をわずかに発現するDel型(ほとんどがC抗原を保有)の可能性は極めて低いと考えられた。一方、PC 10単位には6×106個の赤血球が含まれる。今回D陽性PC 20単位が輸血されていることから、抗D抗体産生の原因はPCに混入するD陽性赤血球と考えられた。
    【D 不適合輸血の現状】 当院におけるD陰性患者に対するD陽性PC輸血の割合は、2012年の血液センター製剤部門集約前の5年間では90%であった。集約後の5年間では8%に激減したが、8 名の患者にのべ200単位の不適合PCが輸血されていた。
    【考察】 青森県の地域事情を勘案すると、D陰性患者は今後もD陽性PCが輸血されることが想定される。また、D陰性で供給される赤血球製剤の10%はDel 型(D陰性血として供給される)であることから、輸血後に抗D抗体を産生する可能性がある。同種輸血後の不規則抗体は時間の経過とともに抗体価が低下し検出レベルを下回ることが多い。赤血球輸血時の交差試験は適合となり、輸血後2次免応答により抗体価が急上昇し遅発性溶血性副作用が発生する危険性がある。D陰性患者の同種輸血後は、不規則抗体検出感度が最良の輸血1~4か月後に不規則抗体検査を実施することを推奨する。
feedback
Top