弘前医学
Online ISSN : 2434-4656
Print ISSN : 0439-1721
68 巻 , 1 号
選択された号の論文の20件中1~20を表示しています
総説
  • 早狩 誠, 清水 武史, 中川 潤一, 兵藤 塁, 上野 桂代, 下山 律子
    2017 年 68 巻 1 号 p. 1-13
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    本稿では,angiotensin-converting enzyme(ACE)阻害剤の新たな機能, 1) 脂肪組織から血清中へのAGT 分泌抑制, 2) 記憶保持, 3) insulin 分解酵素の阻害について論じた.
     Angiotensinogen(AGT)に関する我々の成果では,脂肪組織に複数の分子サイズAGT の存在を示したが,血液中には高度にグリコシル化されたAGTが分泌していた.Captoprilおよびolmesartanは,ラットの血清中AGT レベルを低下させた.
     次に,angiotensin Ⅳ(Ang Ⅳ)受容体(AT4)であり,記憶保持に深く関与するAT4/insulin regulated aminopeptidase (IRAP)は,記憶保持に関連する脳の海馬で発現し, 記憶保持に関連するペプチド物質の代謝に係っている可能性が想定された.筆者らは、中枢移行性ACE 阻害剤 captopril が記憶保持を改善することを Morris 水迷路法により実証した. ラット脳抽出物のペプチドプロファイリングでは,captopril 投与群に特異的に発現するシグナルを認めた.
     ACE 阻害薬と insulin を併用している患者では,低血糖を生じることが報告されていたが,この機序はキレート作用を有するACE 阻害剤が insulin-degrating enzyme(IDE)活性を阻害することが示唆された.
原著
  • Masayuki Nishimura, Toshihito Tsubo, Kazuyoshi Hirota
    2017 年 68 巻 1 号 p. 14-22
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    Background: B-lines are the important signs of pulmonary edema in acute respiratory distress syndrome (ARDS) detected with ultrasonography. We studied the mechanism of the origin and disappearance of B-lines in ARDS piglets using ultrasonography and microscopy.
    Methods: ARDS was induced by intratracheal administration of 0.1M Hydrochloric Acid (HCl) in 23 anesthetized, ventilated piglets. The occurrence of B-lines was evaluated using transthoracic echography (TTE) and transesophageal echography (TEE). Changes in B-lines were recorded after a saline infusion into the pleural space, and after pulmonary consolidation developed and reached the pleura. Left lower lobe was excised and lung sections were examined by light microscopy.
    Results: Following the saline infusion into the pleural space, we observed B-lines fanning out from the visceral pleura. As pulmonary consolidation developed, B-lines disappeared. The structure that B-lines fanned out from was the complex of thickened pleura and sub-pleural interlobular septa surrounded by gas. In the tissue where B-lines disappeared, the thickened sub-pleural interlobular septa were surrounded by cells and liquid.
    Conclusions: We found that B-lines derive from the complex of thickened pleura and sub-pleural interlobular septa surrounded by gas. B-lines disappeared when the sub-pleural thickened interlobular septa were surrounded by cells and liquid.
  • Mayumi Shimizu, Yoshiko Nishizawa, Toshiko Tomisawa, Keiko Aizu, Ryoko ...
    2017 年 68 巻 1 号 p. 23-32
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
     The aim of this study was to elucidate the differences in the causes of incidents at each stage of drug administration between nurses with different numbers of years of experience and current nursing unit tenure. We evaluated 510 reports involving medications taken after meals where medication charts were utilized. These reports were selected from 1,173 incident reports involving drug administration by hospital ward nurses in advanced treatment hospitals with 640 bed capacities in the northeastern area of Japan between fiscal 2012 and 2014. Approximately 40% of these were related to the drug preparation stage. There was no difference in the frequency of incidents between nurses with less than 2 years and those with 11 or more years of experience. As per the results of our correspondence analysis of the relation between the nursing unit tenure and the causal factors for each stage, “insufficient checking” at all stages was the most common factor. At the drug preparation and distribution stages, 11 or more years of experience were related to physical conditions. At all stages, nursing unit tenure of less than 2 years was related to psychological conditions. The findings indicated that nurse training and organized approach are required to minimize human factors involved in medical incidents.
  • Chong Han, Wataru Inaba, Manabu Yonekura, Yoshiki Ogata, Takayoshi Ohb ...
    2017 年 68 巻 1 号 p. 33-43
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
     Persistent hyperglycemia is implicated in the pathogenesis of chronic diabetic complications, such as neuropathy. Therefore, we investigated Electrocardiogram (ECG)-related changes, including various ECG parameters and heart rate variability, and neuropathic changes in diabetic Goto-Kakizaki (GK) rats, a spontaneous model for type 2 diabetes. GK rats (50 weeks old) showed increased plasma glucose and decreased R-R interval variability, which was likely due to diabetic polyneuropathy in the autonomic nervous system. Interestingly, GK rats showed a decreased baroreflex compared with control Wistar rats. Furthermore, GK rats showed limited fluctuation changes in beat-to-beat dynamics. In the frequency domain analysis, the low-frequency component was similar but the high-frequency component was significantly decreased in GK rats, suggesting decreased parasympathetic nerve regulation and conserved sympathetic nerve regulation. In addition, GK rats showed a limited response to high-dose atropine, a muscarinic receptor antagonist, indicating modified parasympathetic nerve regulation in GK rats. Our data strongly suggests that GK rat could be a nice animal model for chronic cardiovascular disease related to diabetic neuropathy.
  • Manabu Murakami, Agnieszka M. Murakami, Takayoshi Ohba
    2017 年 68 巻 1 号 p. 44-51
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    We analyzed transient and stable eukaryotic gene expression using internal ribosome entry site (IRES) and green fluorescent protein (GFP)-S65T (IRES-GFP) expression systems. The IRES-containing vector enables simple construction of a plasmid and easy detection of transfected cells, as well as an estimation of the levels of the gene of interest. This system is useful for measuring changes in the intracellular calcium concentration using the fluorescent calcium indicator Fura-2 AM, although subcellular localization of the protein of interest is not detectable. Importantly, the IRES-GFP plasmid showed delayed expression and an approximate 40% reduction in fluorescence intensity, which suggests that usage of IRES-containing expression system might cause under-estimation of desired gene. Although this technique has some disadvantages, the IRES-containing vector is simple and straightforward for gene expression analysis, comparing with co-expression procedure of multiple plasmids.
  • Kazuhiko Seya, Shigeru Motomura, Tadaatsu Imaizumi, Ken-Ichi Furukawa
    2017 年 68 巻 1 号 p. 52-61
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
     Two sensitive enzymatic fluorometric assays have been developed for adenosine 3’,5’-cyclic monophosphate (cAMP) by Sugiyama et al. (Anal. Biochem. 1990) and for guanosine 3’,5’-cyclic monophosphate (cGMP) by Seya et al. (Anal. Biochem. 1998). However, to make a new simultaneous comparison of two cyclic nucleotides, distinct measurement methods cause less reliability and longer measurement time. To overcome these problems, we developed a simultaneous measurement method for them. All adenosine nucleotides and GMP were enzymatically degraded using alkaline phosphatase and apyrase. The remaining GDP was converted to GTP by creatine kinase. Cyclic GMP and cAMP, absorbed into a Sep-Pak amino propyl cartridge, were eluted to separate from GTP, and then were simultaneously quantified using improved enzymatic fluorometric assay. The detection limits for cAMP and cGMP were 1 and 5 fmol, respectively. The total measurement time was about 10 h. Using this method, the basal cAMP and cGMP levels in rat aortic smooth muscle cells were confirmed to 4.1 and 0.042 pmol/mg protein, respectively. An adrenergic agonist, isoproterenol (1 μM) increased cAMP approximately 6 fold, while nitric oxide donor, S-nitroso-N-acetylpenicillamine (100 μM) increased cGMP approximately 230 fold. These results suggest that this simultaneous measurement of cGMP and cAMP can provide a more convenient assessment of them in biological samples.
  • Go Igarashi, Kenichiro Mikami, Naoya Sawada, Masayo Kimura, Tetsu Endo ...
    2017 年 68 巻 1 号 p. 62-70
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    Background & Aims: Hyaluronan plays a role not only as a structural component but also in the regulation of inflammatory processes. However, the role of hyaluronan in acute pancreatitis is not clear. In this study, we have explored the role of hyaluronan in a rat acute pancreatitis model using a hyaluronan synthesis inhibitor, 4-methylumbelliferone (4-MU).
    Methods: Six-week-old male Sprague-Dawley rats were fed a standard diet or the same diet containing 5% 4-MU beginning two weeks before induction of cerulean- and lipopolysaccharide-induced acute pancreatitis. The severity of acute pancreatitis and pro-inflammatory cytokine levels were evaluated with or without pretreatment with 4-MU.
    Results: Before development of acute pancreatitis, 4-MU pretreatment reduced serum hyaluronan levels. After development of acute pancreatitis, 4-MU pretreatment increased serum amylase level and blood urea nitrogen/creatinine ratio. However, 4-MU pretreatment suppressed tumor necrosis factor-α (TNF-α) production in acute pancreatitis.
    Conclusions: Systemic inhibition of hyaluronan exacerbated acute pancreatitis in spite of suppression of TNF-α production. These data suggest that hyaluronan has two completely different effects, i.e., a barrier function and as a regulator of inflammation in acute pancreatitis. The results emphasize that further analysis that takes into account the molecular size of hyaluronan is needed since it may explain the contradictory findings.
  • Yukiko Abe
    2017 年 68 巻 1 号 p. 71-74
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
     In the present study, the relationship between the consumption of dietary fiber or fermented foods and depressive symptoms was investigated. The degree of depressive symptoms was measured by the Center for Epidemiologic Studies Depression (CES-D) scale, and consumption of foods was measured by a self-administered diet history questionnaire. Participants scoring less than 16 were considered as the low CES-D score group, and those scoring 16 or higher were considered as the high CES-D score group. The total intake of dietary fiber from potatoes, pulses, fungi, vegetables, and fruits was not significantly different between the low and high CES-D score groups, but was significantly different for the frequency of the consumption of yogurt or fermented soybeans. Additionally, no participant who had eaten fermented soybeans daily was in the high CES-D score group. In conclusion, the frequency of the consumption of yogurt or fermented soybeans may be negatively associated with depressive symptoms. Furthermore, the habit of eating fermented soybeans daily may be associated with scoring less than 16 on the CES-D scale in Japanese adults.
概要
平成28年度(第21回)弘前大学医学部学術賞
特別賞受賞研究課題
奨励賞受賞論文
弘前医学会抄録
  • 大徳 和之, 山内 寿子, 金澤 佐知子
    2017 年 68 巻 1 号 p. 86-87
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 ちひろ, 笹原 美穂, 小枝 周平, 澄川 幸志, 三上 美咲, 山田 順子
    2017 年 68 巻 1 号 p. 88-
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    【はじめに】 脳卒中は医療の発展に伴い死亡率が減少したが、多くの後遺症が必発する。リハビリテーションは長期間の継続を要し、患者や介護者の負担が大きいことから、運動機能障害に対してエビデンスに基づいた有効な治療法の開発が急がれる。一方、患者のモチベーションややる気が運動機能回復に影響することは明らかであるが、そのメカニズムはわかっていない。
    そこで、運動麻痺に最も有効な運動介入の手法を検討し、そのメカニズムを解明するため、線条体出血モデルラットを作製し、自動運動と強制運動による介入効果を検討することを目的とした。
    【方法】 雄SD ラット(8-9 週齢)を使用し、右線条体にコラゲナーゼtypeⅣ(SIGMA 社, 200U/ml)を注入し脳出血モデルラット(以下ICH ラット)を作製した。実験群は、強制的にトレッドミル走を行わせた強制運動群(以下F-Ex群)、回転ケージ内で自由に運動を行わせた自発運動群(以下V-Ex 群)、対象群であるnon-Ex 群の3 群を設けた。運動介入は術後4 日目より実施した。運動機能評価は、Beam Walk テスト、後肢引き戻しテスト、自発回転テスト、ワイヤーハングテストから構成されるMotor Deficit Score(以下MDS)を用い、術後15 日間毎日評価を行った。
    【結果】 術後1 日目には3 群とも運動麻痺が認められ、3 群間で有意な差は認められなかった。運動介入開始後、Beam Walk テスト、後肢引き戻しテスト、自発回転テスト、MDS 合計得点のいずれの項目においても、non-Ex 群(n=7) に比べF-Ex 群(n=10)、V-Ex 群(n=8)の得点の改善が認められ、運動を行うことで運動麻痺が早期に改善した。また、V-Ex 群はICH 群に比べて有意にBeam Walkテスト、後肢引き戻しテスト、MDS 合計得点において得点が低く、自発運動の 方が運動麻痺改善に有効である可能性が示された。
    【考察】 運動実施により、対側基底核や小脳系の運動学習による運動パフォーマンスの向上や、残存した皮質脊髄路での経路の再形成が促進し、機能回復を促進する可能性が報告されており、本研究もそれを支持する結果となった。ま た、やる気やモチベーションを司る側坐核が大脳皮質一次運動野を活性化させることにより、運動機能回復を促進させるという報告がある。本研究結果においても運動に対する意思が関与した可能性がある。しかし、本研究で実施した運動介入では2 群間の運動量に差があり、その差が自発運動群の機能回復を促進した可能性も考えられる。今後は運動の量や強度を統一して効果検証を行う必要がある。また、運動の種類による脳回復のメカニズムを明らかにするためシナプスやスパイン解析によるネットワークの変化を運動機能変化と併せて検証していく予定である。
  • 古川 智範, 二階堂 義和, 下山 修司, 三木 康生, 古賀 浩平, 中村 和彦, 若林 孝一, 上野 伸哉
    2017 年 68 巻 1 号 p. 88-
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    【目的】
    ベンゾジアゼピン (BZD) 系薬剤は、抗不安、睡眠誘導、鎮静作用、抗けいれん、緊張緩和などの効用が知られる一方で、長期間の使用により、薬剤耐性・離脱症・依存症などの弊害も報告されている。近年、BZD 系薬剤の長期利用により、認知症発症リスクが増加するという臨床報告が急増しており、新たな弊害として注目されているが、そのメカニズムは不明である。これまでに我々は、BZD 系薬剤であるジアゼパム (DZP) を長期間投与したマウスの脳組織において分泌型糖タンパクである Lcn2 の発現が増加することを発見したが、Lcn2 の機能的役割については未検証であった。Lcn2 はスパイン形成・維持に関わることが報告されている。また、スパインの形態変化は海馬神経伝達の長期増強が生じる過程において認められ、記憶・学習能力などの認知機能に深く関わっていることも知られている。そこで本研究では、長期的な DZP 存在下における Lcn2 の機能的役割を検討するため、DZPを長期間投与したマウスの行動評価による記憶・学習能力、海馬神経細胞のスパイン密度および Lcn2 発現を解析することにより DZP 長期投与による認知機能への影響を検討した。
    【結果】
    BZD 系薬剤の長期使用による認知症発症リスクの増加は高齢者で多いことから、本研究では老齢マウス (52週齢) を用いた。モリス水迷路による行動評価を行った結果、DZP 長期投与により空間記憶・学習能力は有意に低下した。次に、脳組織標本切片を作製し、海馬 CA1・CA3・歯状回領域の神経細胞に Lucifer Yellow を注入してスパインを可視化させ、スパイン密度を解析した。その結果、DZP 長期投与マウスのCA3 および歯状回領域の神経細胞においてスパイン密度の有意な減少が認められた。また、Lcn2 の発現は mRNA レベルおよびタンパク質レベルの両方で増加していた。
    【考察】
    本研究結果から、DZP 長期投与による認知機能の低下は海馬神経細胞におけるスパイン密度の減少が一因であることが示唆された。また、DZP 長期投与は Lcn2 の発現を増加させることから、スパイン形成・維持機能の異常にはLcn2 が関与している可能性が考えられる。しかしながら、本研究結果からは Lcn2 がスパインの形成・維持機能を抑制する分子的メカニズムや DZP 長期投与による Lcn2 転写活性化メカニズムについては明らかになっていない。今後はそれらのメカニズムを解明して、BZD 系薬剤の長期使用による認知機能障害の治療法や予防法の開発に繋げていきたい。
  • 新戸部 陽士郎, 熊谷 玄太郎, 佐々木 綾子, 和田 簡一郎, 田中 利弘, 工藤 整, 古川 賢一, 石橋 恭之
    2017 年 68 巻 1 号 p. 88-
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    【目的】 Multilinage differentiating Stress Enduring (Muse) 細胞はMesenchymal Stem cells (MSCs) 中の多分化能が高い細胞として報告されているが、マウスから採取できるかは明らかではない。脂肪組織には白色脂肪組織 (WAT: White Adipose Tissue) と褐色脂肪組織 (BAT: Brown Adipose Tissue) がある。本研究の目的はマウス WAT および BAT から Muse細胞を分離できるか検討する事、マウス脂肪組織由来 Muse細胞の神経分化能を評価することである。
    【方法】 6週齢雌 C57BL/6J マウスの鼠径部から採取した脂肪組織 (WAT群)、肩甲骨間から採取した脂肪組織 (BAT 群) それぞれにコラゲナーゼ処理を行い、MSC を単離、培養した。2回継代後に FACS を用いて CD90陽性、Sca1陽性、CD34陰性、CD45陰性をMSCs マーカーとして、SSEA3陽性 CD34陰性を Muse細胞マーカーとして解析した。Muse細胞は FACS、MACS を用いて分離し、SSEA3陽性細胞を比較した。細胞ダメージの少ない MACSで分離された細胞を神経誘導培地にて分化誘導し、成熟神経細胞マーカーである NeuN について組織学的評価を行った。NeuN陽性細胞数をカウントし全細胞数に占める割合を解析した。
    【結果】 FACS による MSCsマーカーについては WAT群と BAT群で有意差は認めなかった。Muse細胞マーカーについては WAT群が2.4%、肩甲骨間群が2.2%だった。FACS と MACS で分離された SSEA3陽性細胞数に有意差は認めなかった。WAT-Muse、BAT-Muse、WAT-MSCs、BAT-MSCs 全群で NeuN陽性細胞に分化した。NeuN陽性細胞の割合は WAT群と BAT群で有意差は認めなかったが、Muse細胞で約28%、MSCs で約15%と Muse細胞は MSCsよりも NeuN陽性細胞に多く分化していた。
    【考察】 ヒト脂肪組織由来 Muse細胞は3.0〜7.9%と報告されている。本研究ではマウス脂肪組織由来 Muse細胞はヒト由来よりも割合が低かったが、その理由の一つとして種の違いが考えられる。WAT-MSC が成熟神経細胞へ分化することは報告されている。本研究から BAT-MSC も成熟神経細胞へ分化することを明らかにした。脂肪組織由来 Muse細胞がTuj-1 陽性細胞 (未成熟神経細胞) へ分化することは報告されている。本研究ではさらに成熟神経細胞へと分化することを明らかとした。
    【結語】 マウス白色・褐色脂肪組織から Muse細胞が分離された。脂肪組織由来 Muse細胞は成熟神経細胞へ分化した。
  • 斉藤 まなぶ, 坂本 由唯, 吉田 和貴, 柞木田 なつみ, 松原 侑里, 吉田 恵心, 足立 匡基, 髙橋 芳雄, 安田 小響, 栗林 理 ...
    2017 年 68 巻 1 号 p. 89-
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    【背景・目的】 自閉症スペクトラム障害 (ASD) は対人交流などの社会性の障害を有することが特徴であり、近年、視覚情報処理能力を反映する注視点の測定が社会性障害の指標として注目されている。ASD は若年であればあるほど診断は難しく、早期診断を可能にするバイオマーカーの発見が求められている。本研究は弘前市 5歳児発達健診において、盲検下で Gazefinder による注視点測定を行い、ASD診断に有用な指標を発見し、測定結果を他の尺度とともに統計学的に解析し、ASD診断補助装置としての有用性を検討することを目的とした。
    【方法】 2013~2015年度までの 3年間で 438名に注視点測定を施行した。最終的にスクリーニングおよび発達健診で異常のない児を健常児 (68 名)、DSM-5 の診断基準を満たした児を ASD児 (64名)とした。二群において各画像の注視率を比較し、社会性指標との相関を確認した。また出てきた指標に対し ROS分析を行い、カットオフ値を定めた。さらにロジスティック回帰分析を用いて、既存のスクリーニング検査と注視率測定を行った場合の ASD診断の Odds Raito を比較した。
    【結果】 二群において人と幾何学模様の映像に有意差があり、特に同じサイズでの人のエリアへの注視率は健常児に比べて ASD児では有意に低下した (p<0.01)。それぞれの映像において社会性指標と相関があった。男女別比較では、女児においてのみ ASD児と健常児に有意差があった (p<0.05)。女児の ROC分析では、AUC:0.762、p<0.001 であり、中等度の予測能・診断能が得られた。カットオフ値を注視率 50%に設定し、2016年度参加者も含めた 466名で解析しなおしたところ、やはり女児において有効な診断予測が可能である結果を得た。
    【考察】 5歳の ASD児は興味のある映像への注視は長く、興味のない映像への注視は短いことが確認された。「人」への注視は女児ASD において、健常児との差が顕著であったことから、社会性の発達に男女差がある可能性が示唆される。女児の「人」へ注視率を測定することで ASD の早期発見に貢献できる可能性が高い。ASD児は 5歳ですでに人への関心が薄いため、より早期に介入が必要である。
  • 西 隆, 井川 明子, 西村 顕正, 袴田 健一
    2017 年 68 巻 1 号 p. 89-
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    東日本大震災を契機に発生した原発事故と甲状腺癌との関連が取り沙汰され、世間の注目を集めている。そこで、当科における甲状腺乳頭癌治療の現状と課題について検討した。
     平成12年4月から平成28年6月までに当科で行った甲状腺癌初回手術症例数は 525例であり、その内訳は乳頭癌が 460例(87.6%)、濾胞癌 20例(3.8%)、低分化癌 25例 (4.8%)、未分化癌 4例 (0.8%)、髄様癌 8例 (1.5%)、その他 8例 (1.5%)であった。乳頭癌の全生存率は 10年 95.5%、無再発生存率は 10年 82.5%、病期別では病期I 90.0%、病期II 0.0%, 病期III 83.8%, 病期IV 67.1%であった。これは他施設と比較しても遜色のない成績であり、甲状腺乳頭癌の「再発しやすいが死なない」といわれる性格を改めて示した結果であった。
     甲状腺関連手術件数は増加傾向にあり、この 10年間で約 2倍に増加した。しかし、当科関連施設全体では年間120例前後で推移しており、当科での伸びが突出していた。紹介患者数の増加も目立ち、平成24年4月を境に前後4年間 を前後期に分けて比較すると、院外で 2.34倍 (前期 159例 / 後期 372例))、院内で 2.96倍 (79/234)の増加が見られた。地域別にみると秋田県からの紹介数が 2.63倍 (8/21)と増加しているのが目立った。青森県内では弘前市で 2.15倍 (96/206)、青森市 4.00倍 (10/40)、五所川原市 2.57倍 (14/86)、黒石市 5.20倍 (5/26) であり、都市部からの紹介患者が増加していた。
     当科での甲状腺関連手術症例数増加の理由としては、甲状腺手術を行う施設が減少した結果と考えられた。東日本では甲状腺手術を消化器外科が担当することが多い (西日本では耳鼻科) が、消化器疾患に比べて症例数が少ない割に、反回神経麻痺など面倒な合併症が起こることがあり、手術が敬遠されているものと推測される。大学病院一極集中の改善のためには、局所進行例や再発例などの難治症例を当科で担当する一方、早期症例を他施設に紹介するなどの、他医療機関との役割分担の構築が重要である。
  • 島田 拓, 木村 俊郎, 早狩 亮, 松宮 朋穂, 吉田 秀見, 今泉 忠淳, 袴田 健一
    2017 年 68 巻 1 号 p. 89-
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
    背景:胆道閉鎖症 (以下 BA) は新生児期における肝外胆管の硬化性胆管炎と線維性閉塞が基本病態であるが、その病因は未だ不明である。BA の病態形成には RNAウィルス感染とそれによって引き起こされる自然免疫反応の関与が推測されている。近年動物を用いた胆道閉鎖症モデルにおいてある種のケモカインが過剰発現していることが報告されているが、ヒトの細胞においてこれらのケモカインの発現動態を調べた研究は存在しない。
     本研究ではこうした BA への関与が強く示唆されるケモカインのうち特に CCL5 に注目し、ウィルス感染との関連および CCL5 の発現に関与する細胞内シグナル伝達の機序を調べた。
     方法:ヒト胆管上皮細胞癌由来細胞株である HuCCT1 を培養し、人工的な二本鎖RNA である poly IC で刺激を行い、CCL5 の発現動態を調べた。またウィルスに対する自然免疫応答に深くかかわる TLR3 と INF-β、転写因子であるNF-κβ (p65) および IRF3 に関して siRNA を用いたノックダウンを行い、これら各種タンパク質が CCL5 の発現にどのように関与するのかを調べた。
     結果: HuCCT1 に対する poly IC 刺激では CCL5 の発現が亢進した。またTLR3、NF-κβ、IRF3 のノックダウンでは CCL5 の発現が減弱したが、INF-β のノックダウンは CCL5 の発現に影響を与えなかった。
     結論:二本鎖RNA で HuCCT1 を刺激すると、TLR3 シグナルによって CCL5 の発現が誘導された。この経路はNF-κβ と IRF3 を介しており、INF-β は関与していなかった。これはヒトにおいて二本鎖RNAウィルスが自然免疫応答を活性化し、それにより過剰発現した CCL5 などのケモカインが BA の病態形成に関与する可能性を示唆する。またこうしたケモカインの細胞内シグナル伝達経路の解明は BA の治療法開発につながる可能性がある。
  • 苅田 祐希子, 木村 由佳, 佐々木 静, 奈良岡 琢哉, 山本 祐司, 津田 英一, 石橋 恭之
    2017 年 68 巻 1 号 p. 89-
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/05/10
    ジャーナル フリー
     【目的】膝前十字靭帯 (ACL) 損傷はスポーツ活動中での受傷が多く、競技毎に特徴的な受傷機転が報告されている。近年ではスポーツ復帰や術後再損傷などの問題点から損傷予防が注目されている。より効果的な予防プログラムを確立するうえで競技特異的な受傷機転を明らかにすることは重要である。本研究の目的はバレーボールによるACL 損傷の特徴を調査することである。
     【対象・方法】2010-2016年に当科で ACL再建術を施行した 613例中バレーボールにより受傷した 63例を対象とした。調査が可能であったのは女性 43例、男性 3例の 46例で平均年齢 26.3±11.8歳、平均競技経験年数 10.7±8.9年であった。自己記入式質問紙調査を用いて、ポジション、利き手側と受傷側、受傷状況 (接触の有無、受傷時の動作、受傷時のプレー、受傷時のコート上の位置) について検討した。
     【結果】ポジションはレフト 23例、センター 9例、ライト 8例であった。非接触型が 41例 (89.1%)、非利き手側の受傷が 32例 (69.6%)であった。動作は着地での受傷が 36例 (78.3%) と最多であり、そのうち 32例が片脚着地での受傷であった。スパイク時の受傷が 33例 (72%)、ブロック時の受傷が 6例 (13%) であった。ポジション別の受傷機転ではレフト選手がスパイク時の片脚着地での受傷が多く、センターの選手はブロック時の片脚着地での受傷がみられた。コート上の位置はアタックラインよりも前方のネット際が多かった。
     【考察】バレーボールでの ACL損傷は、エースポジションであるレフトの選手が、ネット際でスパイクの着地時に利き手と反対側の片脚着地で多く受傷していた。本調査結果から、アタッカー選手のスパイク着地動作に介入することで損傷予防につながることが期待できる。現在行っているスパイク着地動作の 3次元動作解析についても紹介する。
feedback
Top