弘前医学
Online ISSN : 2434-4656
Print ISSN : 0439-1721
69 巻 , 1-4 号
選択された号の論文の45件中1~45を表示しています
  • Masahiko Aoki, Yoshiomi Hatayama, Hideo Kawaguchi, Mariko Sato, Mitsuk ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 1-9
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    In stereotactic body radiotherapy (SBRT), extracranial primary tumors or metastases are treated with high doses of radiation in a few fractions. The precise and accurate delivery of multiple radiation beams to the target maximizes tumor cell death while keeping the dose to the surrounding normal tissue to a minimum. Much of the technology to overcome the barriers to applying this treatment to moving tumors was developed in Japan. This review defines SBRT and presents the history of its technical development for safe and effective administration, as well as the clinical results of using SBRT to treat early-stage non-small cell lung cancer and lung metastases.
  • 藤井 穂高
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 10-18
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    転写やエピジェネティック制御をはじめとするゲノム機能発現調節の分子機構の解明には,解析対象とするゲノ ム領域に結合している分子を同定することが必須である.筆者らのグループは,これを実現するための新規方法として 「遺伝子座特異的クロマチン免疫沈降法(遺伝子座特異的 chromatin immunoprecipitation( ChIP) 法)」を開発してきた. 遺伝子座特異的ChIP 法は,細胞から分子間相互作用を保持したまま解析対象ゲノム領域を特異的に単離する生化学的技術であり,質量分析法 (mass spectrometry: MS) や次世代シークエンス法 (next-generation sequencing: NGS) などの手法と組み合わせることにより,当該ゲノム領域結合分子の網羅的同定が可能である.遺伝子座特異的ChIP 法は,insertional ChIP( iChIP) 法とengineered DNA-binding molecule-mediated ChIP(enChIP)法から構成される.本稿では,遺伝子座特異的ChIP 法の基本原理や応用例について紹介する.
  • Masakazu Murakami, Akiyoshi Takami, Ai Shimaya, Misato Makino, Hideki ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 19-27
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to clarify the factors influencing caregiver burden 1 month after hospitalized in the convalescent ward by investigating the difference between the expected and actual amount of care provided by family caregivers.
    Thirty-one pairs of care receivers and caregivers were participated in this study. Multiple regression analysis was performed with J-ZBI_8, an examination which the burden of caregiving as dependent variable and information obtained from care recipients and caregivers as independent variables. As a result, the average value of J-ZBI_8 was 6.5 ± 5.3 points. 61% of the family caregivers’ actual care was harder than they predicted before discharge. Results showed that the difference between the expected and actual amount of care provided by family caregivers ( β=0.471, P=0.002), and caregivers’ hours of sleep per day ( β=0.404, P=0.006) were related to caregiver burden. In addition, the Functional Independence Measure items of memory, comprehension, social interaction and bowel management, and the frequency of hospital visits were factors relating with the difference between the expected and actual amount of care provided by family caregivers (adjusted R2=0.460, P=0.040).
    This research highlights the importance of how to handle symptoms and excretion due to dementia before discharge and increasing the frequency of hospital visits by caregivers, which might help to create a more realistic image of caregiving after hospitalization, thereby reducing caregivers’ burden.
  • 片岡 郁美, 川嶋 柳子, 坪田 裕美子, 吹越 由美子, 川嶋 啓明, 福田 春彦, 柏倉 幾郎
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 28-34
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    マンモグラフィ検診において,高濃度乳房の場合は受診者へ通知する体制の整備が検討されているが,高濃度乳 房についての理解度の低さが懸念されている.本研究では,2017年10月に八戸市で実施した乳がん啓発イベントに来場 した187名を対象に,高濃度乳房の理解度と通知希望をアンケート調査した.その結果,高濃度乳房の理解度は「意味を 知っている」が20名(10.7%)と低かったが,このうち高濃度乳房の通知希望は18名(90%)であった.さらに,高濃 度乳房の理解度は,40歳未満と40歳以上との間に有意な差はなかったが,受診歴のある人とない人の比較では,「意味を 知っている」は受診歴のある人が受診歴のない人に比べ有意に多かった.以上の結果から,マンモグラフィ検診におけ る高濃度乳房の理解度の低さが明らかとなると共に,理解度は受診歴の有無に影響されることが示唆された.
  • 工藤 幸清, 小山内 暢, 對馬 惠, 廣田 淳一, 村上 翔, 楢木 聡, 須崎 勝正, 青木 昌彦, 細川 洋一郎
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 35-43
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    医用画像のIntelligent-Grid (IG)は,コントラスト改善処理および粒状性改善処理により,実グリッド(Real grid: RG)撮影を仮想的に再現する技術である.IG の適用は,RG 時に問題となるX線斜入に伴う濃度ムラが発生しな い等の利点があり,病室や手術室等の回診撮影に期待されているが,IG の各グリッド比の効果は明確になっていない. そこで,ファントム実験により,散乱線含有率(SRC),コントラスト,コントラストノイズ比(CNR)を測定した. その結果IG のSRC 低下を確認し,コントラストは腹部を想定した70 kV ではグリッド未使用(Without grid: WG)に 対し全グリッド比(IG3:1, IG6:1, IG8:1)で,胸部を想定した90 kV ではIG3:1 でコントラスト向上を確認した.しかし, 90 kV のIG6:1, IG8:1 のコントラストはWG よりも低値であった.CNR はファントム厚30 cm ではWG に対し全グリッ ド比で向上,20 cm では同程度,10 cm では同程度か逆に低下することが判明した.このことから,管電圧ならびに体 厚に応じたIG 適用の必要性が示唆された.
  • Mika Sato, Yoshiko Nishizawa
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 44-56
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    The aim of this study was to clarify the knowledge and practical abilities required by professional nurses, nursing students, and nursing teachers, to provide appropriate radiological nursing care in a radiationdisaster. To examine this, a semi-structured interview survey was conducted with 14 experts involved in radiationdisaster nursing or radiation-related-medical care. The survey contained three questions concerning radiationdisaster nursing: (1) What knowledge and practical abilities are required by nursing professionals? (2) What basic knowledge is required by nursing students? (3) What knowledge and experience are required by nursing teachers? After transcribing comments using KH Coder (3.0.0.0) software, we performed quantitative-text mining analysis. Hierarchical cluster analysis showed that, for question one, the experts prioritized knowledge of “health effects of radiation and addressing patients’ anxiety,” “the role of nurses,” and “radiological nursing.” For question two, “radiological nursing,” “radiation protection basics,” “radiation emergency medicine,” “role of nursing,” etc., were prioritized. Finally, for question three “knowledge of nuclear power plant accidents,” “disaster prevention drills, dose measurements, etc., performed at hospitals,” “radiation nursing and correspondence with inhabitants,” “radiation fundamentals,” etc., were prioritized. The findings show that future disaster-nursing education should incorporate radiation-nursing education.
  • 中川 孝子, 藤田 あけみ, 西沢 義子
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 57-65
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,「認知症高齢者のその人らしさを尊重したケア」に関する認識と実践の実態とその影響要因を明 らかにすることである.全国329か所のグループホームのうち研究同意の得られた32施設のケア提供者250名を対象に先 行研究で得られたその人らしさを尊重したケアを示す14項目についての認識と実施に関する質問紙調査を行った.その 結果,「その人らしさを尊重したケア」14項目とも十分認識されていたが,実施は有意に低かった.「その人らしさを尊 重したケア」14項目に影響する要因は,僅かではあるが,認知症ケア経験年数が14項目中4 項目に影響し,研修回数が 1 項目に影響していた.
  • Sonoko Takase, Ryoko Tsuchiya, Yoshiko Nishizawa
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 66-77
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    We examined the effects of personal characteristics and learning motivation on nursing students’ professional identity. In total, 1,892 students were targeted from the first to the fourth year of nursing at six nursing universities in Japan; we employed a self-administered questionnaire. The questionnaire measured professional identity and personal characteristics such as occupational motivation, having a professional role model, and self-esteem. To evaluate learning motivation, we used items assessing intrinsic, identified, introjected, and external regulation based on the self-determination theory. The data from 625 participants were analyzed using structural equation modeling. Occupational motivation from “nursing interest,” having a professional role model, self-esteem, identified regulation, and intrinsic regulation had direct positive effects on the professional identity of students of all school years. “Nursing interest,” having a professional role model, and self-esteem had indirect effects on professional identity through intrinsic regulation and identified regulation. However, occupational motivation from “a stable job,” external regulation, and introjected regulation had no significant effect on professional identity. The personal characteristics that affected participants’ professional identity differed according to school years. The results indicate that autonomous learning motivation, such as identified regulation and intrinsic regulation, are critical in the establishment of nursing students’ professional identity.
  • Shinya Yaguchi, Katsuhiro Itoh, Hitoshi Yamamura
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 78-85
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Objectives: We have created a new triage tag using the Anoto Live Digital Pen(Anoto K.K., Tokyo, Japan). We introduced this new triage tag and assessed whether this new triage system using digitized information entered via a digital pen can be used as an information-gathering tool during disasters.
    Methods: We assessed our new triage tag by sending a PC digital data, which was useful and accurately transmitted in tabletop and field studies. In the field study, we assessed the accuracy of three categories of digitized data: check boxes, numeric characters, and letter characters.
    Results: We could collect data from 39 simulated patients in the field study. The simulated patients’ information entered on the handwritten triage tag was quickly digitized and transmitted, and a chronologic list could be made. Assessment of the accuracy of the digitized data for each category was check box, 100.0%; numeric characters, 68.2%; and letter characters, 44.0%.
    Conclusions: This new triage system using digitized information entered via a digital pen has some problems with the recognition of letter and numeric characters. However, it almost exactly digitized the data, and it may be a useful device during disasters in the future.
  • Toshiro Kimura, Tadaatsu Imaizumi, Tatsuya Yoshida, Taku Shimada, Ryo ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 86-94
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Purpose: Retinoic acid-inducible gene-I(RIG-I)is a member of cytoplasmic viral sensors which plays an important role in inflammation of biliary epithelial cells(BECs). The aim of this study is to examine if RIG-I and C-X-C motif chemokine 10(CXCL10)are involved in the etiology of human biliary atresia(BA).
    Methods: Immunohistochemical study was performed on surgically resected tissues obtained(June 1994 to March 2016) from 30 infants with BA and non-inflamed hepatic tissues from 7 infants with hepatoblastoma. A semiquantitative scoring system was designed to evaluate the staining with an antibodies to the RIG-I and CXCL10. The expression of RIG-I and CXCL10 in HuCCT1 cholangiocarcinoma cell line were studied by western blotting, ELISA and RT-PCR analyses.
    Results: Intense immunoreactivity for RIG-I and CXCL10 was detected in BECs in tissues resected from BA patients. The expression of RIG-I and CXCL10 in the hilar tissue was significantly stronger than in the hepatic tissue. Transfection of HuCCT1 cells with poly(I:C), a synthetic analog of viral dsRNA, induced the expression of RIG-I, and knockdown of RIG-I inhibited the induction of CXCL10 in HuCCT1 cells transfected with poly(I:C).
    Conclusion: These results suggest that RIG-I-CXCL10 cascade may be involved in the etiology of human BA.
  • Mayumi Sato
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 95-107
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Aim: The purpose of this study was to develop a “questionnaire on involvement” for new graduate nurses, to measure the impact of support systems that the nurses recognized as helping them achieve socialization. The study also aimed to verify the questionnaire’s reliability and validity.
    Methods: Social learning theory was used as the conceptual framework to construct a draft questionnaire containing 42 items. After examining its content validity, the questionnaire was used as the basis of a paper-based survey for 999 new graduate nurses. The reliability and validity of the questionnaire were examined using Cronbach’s α coefficient, a factor analysis, and calculated correlations with the workplace social support scale and the burnout scale.
    Results: The data provided by 216 participants were analyzed (valid response rate: 76.1%). Based on the factor analysis results, the questionnaire was reconstructed; the final version consisted of 21 items associated with 3 factors. The Cronbach’s α coefficient for the 21 items as a whole was 0.93. The data showed a positive correlation with the workplace social support scale and a negative correlation with the burnout scale.
    Conclusion: The present study confirmed the reliability, construct validity, and criterion-related validity of the questionnaire on involvement described above. New graduate nurses recognize that involvement provides a support system that promotes socialization; the questionnaire has proven useful in measuring involvement.
  • Rina Tanaka, Masashi Matsuzaka, Ippei Takahashi, Kaori Sawada, Shigeyu ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 108-118
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    It has been reported that an association between gut microbiota and obesity, and changes in the composition of gut microbiota have been reported with aging. The aim of this study is clarify the relationship between obesity and gut microbiota as a function of age. Furthermore, the impact of lifestyle factors(alcoholic drink and smoking) on gut microbiota were discussed. Fecal samples from 1082 healthy Japanese adults aged 19‒90 years who participated in the Iwaki Health Promotion Project in 2014 were analyzed by using 16S rDNA gene-targeted sequencing. The participants were stratified into six age groups: ≤39, 40‒49, 50‒59, 60‒69, 70‒79 and ≥ 80. The participants with a body mass index(BMI) of < 25 kg/m² were classified as non-obese, and those with a BMI of ≥ 25 kg/m² were classified as obese. Changes in the composition of gut microbiota with age were different between the obese and non-obese groups. Bacterial diversity decreased with age at the phylum level, however, this diversity was not observed at the class level. The abundances of certain gut microbiota, such as Bacteroidetes and Firmicutes, were different between the obese and non-obese groups. There were no significant differences in alcoholic and smoking habits. Bacterial diversity was different with age between the obese and non-obese group. The composition of Bacteroidetes and Firmicutes changed with increasing age in the obese group.
  • Shuit Cavan, Akiyoshi Takami, Misato Makino, Manabu Iwata
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 119-123
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Background: In hemiplegia cases having upper and lower extremity disorders, arm swing is seldom the priority of consideration. One of the reasons is that the purpose of arm swinging has not yet been clarified.
    Objective: To investigate the effect of arm swing on walking abilities of hemiplegia case.
    Method: 17 hemiplegia stroke patients participated in this study. The subjects performed a 10m walking test randomly with 4 different conditions of arm swing while the time, steps taken and pelvic fluctuation were measured. The 4 conditions were: 1) normal gait, 2) single arm restricted gait, 3) both arm restricted gait, and 4) maximum arm swing gait. The outcomes were analyzed by multiple comparison with a significance level of less than 5%.
    Results: There were no significant differences in gait parameters between the conditions of arm swing. Thus, the subjects were sorted based on their severity of hemiplegia (Brunnstrom recovery stage). In medium severity of hemiplegia cases (Brunnstrom stageⅢ-Ⅳ), the patients tended to, when swinging only the non-paralyzed arm have a greater velocity and step length. On the other hand, in low severity of hemiplegia cases (Brunnstrom stageⅤ), the patients showed the same tendencies as the healthy adults showed in a previous study.
    Conclusions: It may have an impact on walking abilities if stroke patients swing their non-hemiplegia side arm while wearing an arm sling but this needs further investigation.
  • 森 隆志, 相馬 優樹, 沢田 かほり, 駒目 瞳, 徳田 糸代, 三澤 美菜, 永田 和史, 熊谷 美香, 中路 重之
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 124-135
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    糖尿病患者の運動機能低下について国内外で数多く報告されているが,臨床的非糖尿病者における糖代謝と運動 機能の関係については報告されていない.そこで本研究では,一般住民を対象に糖尿病領域の者を除き,運動機能と糖 代謝関連項目との関連を,男女別に3 つの年齢区分(若年群:20-49歳,中年群50-64歳,高年群:65歳以上)で検討した. 高年群では,男性にバランス能,女性にバランス能,歩行能力,ロコモ度と糖代謝との関連がみられた.中年群では, 男性にバランス能,女性にバランス能,歩行能力と糖代謝との関連がみられた.若年群では,男性にのみバランス能と 糖代謝との関連がみられた.一方,筋力,柔軟性と糖代謝の関連はいずれの年齢群においても有意な関係がみられなかっ た.以上より,臨床的糖尿病でなくとも,生活習慣の見直しや血糖値コントロールなど適切な介入を行うことで運動機 能低下を抑え,転倒予防につながることが示唆された.
  • Maiko Senoo, Hiroaki Yokoyama, Tomo Kato, Natsumi Kudo, Yoshikazu Yoko ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 136-145
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Background: It remains uncertain whether snow shoveling has effects on long-term prognosis in patients with acute myocardial infarction(AMI).
    Patients/Methods: Consecutive 355 patients who underwent emergency percutaneous coronary intervention within 24 hours of the AMI onset during the winter months(November to March)between 2008 and 2014 years were retrospectively studied.
    Results: Of the 355 patients, 36(11%)had snow shoveling-related AMI, defined as the AMI onset during or within 6 hours after snow shoveling. These patients suffered fewer adverse cardiovascular events than the non-snow shoveling AMI patients during a median follow-up period of 3.8 years. Notably, snow shoveling did not affect the events for patients with left ventricular ejection fraction(LVEF) > 40% at the acute phase, but it was a significant better predictor of events for those with LVEF ≥ 40%.
    Conclusion: Snow shoveling may have important clinical implications for the AMI onset and the prognostic outcome in snowy areas.
  • Noritomo Narita, Kenji Hanada, Maiko Senoo, Tomo Kato, Natsumi Kudo, Y ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 146-154
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Background: Endothelin(ET)is a strong vasoconstrictor that plays important roles in the pathogenesis and progression of cardiovascular remodeling. ET receptor(ET-R)antagonists have recently become established as a drug essential for treating pulmonary arterial hypertension(PAH). β-arrestin was originally identified as a regulator of G-protein coupled receptor recycling, but it recently became apparent that β-arrestins act as scaffolds in their own signaling pathway. In this study, we examined the role of β-arrestin in ET-R signaling and explored its possible role in the pathogenesis of PAH.
    Methods and Results: The knockdown of β-arrestin1 or β-arrestin2 in human kidney embryonic 293 cells resulted in enhanced extracellular signal-regulated kinase(ERK)1/2 phosphorylation in response to ET. Confocal microscopy showed that, in the absence of stimulation, transiently transfected green fluorescent protein-tagged epidermal growth factor receptors(EGFRs)were located on the plasma membrane, whereas they were internalized in response to ET, as shown by their redistribution into cellular aggregates. Pretreatment with Ro318425(a protein kinase C inhibitor)or AG1478(an EGFR antagonist)suppressed ERK1/2 phosphorylation in response to ET.
    Conclusions: β-arrestins and EGFR transactivation are involved in ET-R signaling. These new insights may contribute to elucidating further layers in the pathogenesis of PAH.
  • Daichi Ota, Tomoyuki Kudo, Jun Kawaguchi, Hidetomo Niwa, Kazuyoshi Hir ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 155-162
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Background: We conducted a single-center retrospective study with propensity score matching to clarify which anesthetic agent, i.e., thiopental or propofol, provides better outcomes for newborns and women undergoing elective and/or urgent cesarean section with general anesthesia.
    Methods: We collected maternal and fetal data (n=935) using obstetric and anesthetic charts of cesarean sections with general anesthesia between 1994 and 2013. After 1:1 propensity score matching with maternal age, body mass index, gestational period, fetal weight, type of surgery, pre-eclampsia, and fetal/maternal indication, we compared thiopental to propofol (n=392) regarding the following outcomes. The fetal primary outcome was their well-being evaluated by Apgar score (APS). The maternal primary outcome was the patient's hemodynamic changes due to tracheal intubation or delivery.
    Results: The only APS at 1 min was significantly higher in the thiopental group. The other fetal outcomes such as APS at 5 minutes, the umbilical cord blood pH, and proportion of neonatal asphyxia after birth were similar between two groups. Regarding maternal outcomes, propofol significantly suppressed the increase in the patients' blood pressure from anesthetic induction to the delivery.
    Conclusions: Our results indicate that propofol induction may be a first choice for cesarean section with general anesthesia.
  • Nahoko Tanaka, Hiroto Hiraga, Hirotake Sakuraba, Yasuhisa Murai, Takat ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 163-171
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Vitamin A is essential for maintenance of homeostasis, and it also regulates various immune mechanisms.Listeria monocytogenes is a gram-positive bacillus that invades the cytoplasm of phagocytes and performs intracellular multiplication, and is often used as a tool for functional analysis of macrophages. In this study, we investigated the changes of macrophages under vitamin A deficiency(VAD)using L. monocytogenes. During L. monocytogenes infection, apoptosis was increased in CD11b-positive splenocytes of VAD mice compared with vitamin A sufficient(VAS) mice. A similar result was obtained with peritoneal exudate cells(PECs). Significant increase of apoptosis due to the administration of Ro41-5253, an inhibitor of retinoic acid receptor, was also observed in the macrophage cell line RAW264.7. Furthermore, in VAD mice, the number of bacteria in the spleens and livers was significantly increased. These results suggest that excessive apoptosis of macrophages occurs under VAD condition, leading to impaired host resistance to L. monocytogenes. Taken together, vitamin A contributes to the maintenance of homeostasis by regulating macrophage functions, indicating the importance of vitamin A supplementation.
  • Yuki Mikuniya, Shinichi Goto, Akira Sasaki, Reiko Kudo, Kaori Sawada, ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 172-178
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Background: The number of aging patients with dementia has been increasing in several countries, and a screening method for the early detection of dementia is needed. Objectives: The aim of this study was to evaluate a simple smell identification test for its ability to detect cognitive decline. Subjects and Methods: A total of 659 participants from the 2016 Iwaki Health Promotion Project aged ≧ 40 years were included. Participants underwent a smell identification test using three odorants, namely, India ink, Japanese cypress wood, and curry, out of the Odor Stick Identification Test for the Japanese (OSIT-J) and mini-mental state examination (MMSE) to examine their cognitive function. Results: In analysis of covariance, a statistically significant trend between the age and scores of the three odorants and between the scores of the three odorants and MMSE scores was observed. In multiple regression analysis, the MMSE scores significantly correlated with the scores of the simple smell identification test. From the viewpoint of sensitivity and positive likelihood, the values were not sufficient for screening. Conclusions: A simple smell identification test using three odorants might be useful for the early detection of dementia.
  • Satomi Nakashima, Haruka Shimoyama, Hiroko Miyachi, Hiromi Moriyama, Y ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 179-186
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    This study clarifies the age at which children can recognize for themselves the amount of food they have eaten. The participants were Japanese children aged three to five years and Japanese adults, and the food eaten was rice, a staple in Japanese diets. Participants used a food model to select the portion size closest to the amount that they felt they had eaten. The food model had nine portion options for adults and six for children. The difference between the portion amount selected from the food model and the amount actually consumed was measured to show the difference in perception. The visual validity of the food model and lack of significant visual differences from the actual food were confirmed, and no significant differences were found in perception of food amounts among adults or three groups of children. Therefore, it was suggested that children are able to recognize the amount they have eaten from around the age of three years old.
  • 木村 正臣
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 187-189
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
  • 安 欣
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 190-192
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
  • 奈良岡 征都
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 193-197
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
  • 平林 健
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 198-200
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
  • 木村 俊郎, 今泉 忠淳, 吉田 秀見, 松宮 朋穂, 瀬谷 和彦, 川口 章吾, 早狩 亮, 島田 拓, 吉田 達哉, 小林 完, 平林 ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 201-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【背景】胆道閉鎖症 (BA)の病理所見は,肝外胆管の閉塞と硬化が特徴で,病変が肝門部胆管や肝内胆管へ波及していくとされている.近年では出生前後でのウイルス感染と,引き続く自己免疫応答が BA の発生と進展に関連する可能性が報告されている.胆道系自然免疫において,胆管細胞自身は免疫監視機構も担っており,RNA ウイルスの PAMPs を認識する受容体の 1 つとして,RIG-I を恒常的に発現している.今回我々は BA とウイルス感染の関連性に関する検討を行うために,RIG-I およびその下流因子とされる CXCL10 に注目した. 【対象と方法】1994 年から 2015 年までに当科で治療した BA30 例と,コントロール群として肝芽腫手術標本の正常肝部分を採取した 7 例を対象とし,RIG-I と CXCL10 の発現を検討した.また合成 RNA ウイルスの poly (I:C)で処理した培養胆管細胞 HuCCT1 を用い,RIG-I および CXCL10 の発現を免疫組織学的に検討した.免疫染色に関しては,陰性ー0,弱陽性ー1,陽性ー2,強陽性ー3 として半定量的に評価した. 【結果】組織標本の免疫染色では,正常肝組織は RIG-I と CXCL10 の発現はほぼ認められず,BA 症例では生検肝で RIG-I の発現増強は認められたものの,肝門部結合織での発現の方が有意に強かった (p <0.001) .poly (I:C) 処理したHuCCT1 では,RIG-I は濃度依存的かつ時間依存的に発現が増強した.RIG-I の RNA 干渉施行後に poly (I:C)処理をすると,CXCL10 の発現が有意に抑制され (p <0.05),CXCL10 がRIG-I 反応経路の下流因子の1 つであることが確認された. 【結論】RIG-I の発現度は胆道系の中でも中枢側の方が強い傾向にあることが分かった.またウイルス感染を契機に胆管傷害が起こることで BA が発生する可能性が示唆された.
  • 三木 康生, 下山 修司, 早狩 亮, 今 智矢, 上野達哉 達哉, 丹治 邦和, 松宮 朋穂, 対馬 栄輝, 森 文秋, 冨山 誠彦, 若 ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 201-
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    パーキンソン病(PD)では神経細胞内におけるリン酸化 αシヌクレインの蓄積が病態に関わる。オートファジー・リソソーム系は細胞内の主要な異常タンパク質分解機構のlつであり、リン酸化 αシヌクレインはオートファジー・リソソーム 系にて分解される。PD剖検脳において、この細胞内分解機能に異常が生じていることをこれまで報告してきたが、この異常が長い神経変性の結果起こったのか、病早期より生じているのかは分かっていない。そこで今回、PD患者(n = 35) ならびに正常対照例(n = 23)の末梢血単核球のオートファジーをトランスクリプトーム解析、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応、ウエスタンブロット解析を用いて検討した。トランスクリプトーム解析では、PD群においてオートファジーの主要タンパク質であるULK3、autophagy-related (Atg) 2A、Atg4B、Atg5、Atgl6Ll、histone deacetylase 6のmRNAが有意に減少していた。ウエスタンブロット解析 ならびに逆転写ポリメラーゼ連鎖反応では、オートファジーの開始に関わるULKl、vacuolar protein sorting-associated protein (VPS) 34、Beclinl、autophagy/beclinl regulator (AMBRA) lのうちULKl、Beclinl、AMBRAlが有意に上昇する一方で、VPS34、Beclinl、AMBRAlのmRNAは有意に減少していた。VPS34、 Beclinl、AMBRAlはaシヌクレインのモノマーと正の相関を、ULKl、VPS34、Beclinl、 AMBRAlは αシヌクレインのオリゴマーと正の相関を示した。さらに、 αシヌクレインのオリゴマーはPDの重症度ならびに心臓交感神経の脱神経の程度と相関した。 PDの末梢血単核球におけるオートファジーの変化はPD剖検脳におけるオートファジーの変化を反映している可能性が示唆された。PDにおけるオートファジーの 異常はPDの病早期より生じている可能性がある。
  • Hiroko Fujii, Zhuo Sun, Shu-Hong Li, Jun Wu, Shafie Fazel, Richard D. ...
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 201-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    Background: Ultrasound-targeted microbubble destruction (UTMD) is a tool for gene delivery. There would be diversity of UTMD depending on selected genes. In this study, we challenged UTMD for angiogenesis to treat damaged heart after myocardial infarction. Methods: C57BL/6 female mice had undergone the left anterior descending artery ligation at Day (-7). The empty plasmid, green fluorescent protein (GFP) plasmid, vascular endothelial growth factor (VEGF) plasmid, or stem cell factor (SCF) plasmid was incubated with the lipid microbubble (DEFINITY®) solution. The microbubble solution with each plasmid was injected intravenously, and ultrasound was directed into the heart at Day 0. The protein expressions following gene transfection were evaluated by immunohistochemistry and biochemistry at Day 14. Myocardial perfusion and cardiac function were evaluated by myocardial contrast echocardiography (MCE) and echocardiography at Day 0 and Day 14. Results: GFP group showed GFP expression on the myocardium. In comparison with control, VEGF and SCF groups significantly increased VEGF (p <0.05) and SCF (p <0.05) in the heart. Capillary density by Factor VIII staining and arteriole density by a-SMA staining were significantly increased in VEGF (p <0.001; p <0.001) and SCF (p <0.01; p <0.001) groups compared with control, and the densities were also significantly higher in SCF group than those in VEGF group (p <0.01; p <0.001). Myocardial flow volume by MCE significantly improved in VEGF and SCF groups compared with control (p <0.05; p <0.05) and was higher in SCF than in VEGF group (p <0.05); myocardial flow velocity was significantly higher in SCF group than that in control and VEGF groups (p <0.05; p <0.05). In VEGF and SCF groups, the left ventricular contractility of %FAC and %EF significantly improved (p <0.05; p <0.05), and the infarct size became significantly smaller than that of control (p <0.05; p <0.05). Conclusions: It was demonstrated that UTMD with VEGF and SCF genes after MI induced angiogenesis to improve perfusion and cardiac function, and reduce infarct size, and that SCF induced angiogenesis of arteriole to improve not only flow volume but also flow velocity. UTMD might be a promising tool for cardiac repair following myocardial infarction.
  • 福徳 達宏, 熊谷 玄太郎, 藤田 拓, 佐々木 綾子, 和田 簡一郎, 工藤 整, 浅利 亨, 二階堂 義和, 上野 伸哉, 石橋 恭之
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 201-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【目的】脊髄損傷後には不安障害の合併症が生じると報告されているが、不安障害と神経機能障害との関連は不明な点が多い。本研究の目的は、脊髄損傷モデルマウスにおける不安障害と運動あるいは感覚機能障害との関連について検討することである。 【対象と方法】対象は C57BL/6J マウス(8 週齢)の 21 匹(雌 10 匹, 雄 11 匹)である。第 10 胸椎レベルの脊髄に 60kdyn(中等度損傷)の圧挫 損傷を加えた脊髄損傷(SCI)モデルを作成し、術後 6 週間不安行動・運動/感覚機能を評価した。不安評価は Open field test (OFT)におけるfield 内中心 25%領域の移動距離の割合(In center 25%)、Elevated plus-maze における移動距離の割合(EPM%)、Light/Dark test におけるLight room の滞在時間の割合(L/D%)で評価した。運動機能評価は、後肢運動機能を BMS scale、協調運動を Rota-rod test、活動性を OFT における総移動距離で評価した。感覚機能評価は、Mechanical test, Heat test で評価した。検討項目は 1)損傷前後における各評価項目の 2 群間の比較、2)SCI 群における不安評価項目と運動あるいは感覚機能評価項目との相関関係である。 【結果】1)不安評価は、雌が雄と比較して SCI 後 2,4 週で有意に不安様行動を示した。運動機能は、2 群間に有意な差は認めなかった。感覚機能は、雄が雌と比較して SCI 後で有意に感覚過敏を示した。 2) 雌では 2 週で不安様行動と感覚機能障害が正の相関を示し、雄では 2,4,6 週で不安様行動と運動機能障害が正の相関を示した。 【考察および結語】過去の報告では SCI 後の雌ラットが雄と比較して有意に運動機能回復を示しているが、本研究においては運動機能においては性差を認めなかった。一方で、損傷後の不安障害は運動・感覚機能障害と関連を認め、不安障害に対する治療介入が脊髄機能を改筈させる可能性があると考えられた。
  • 清野 浩子, 呉 雲燕, 吉澤 忠司, 羽賀 敏博, 後藤 慎太郎, 諸橋 聡子, 鬼島 宏
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 202-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    [背景·目的] Thecoma や Fibroma などの卵巣純粋型間質性腫瘍は、時にFDG-PET で偽陽性を示し卵巣癌との鑑別が困難である。当院で 2008 年から20l3 年の間に術前 PET/CT が施行され、その後外科手術により病理組織診断が確定した卵巣病変が78 例あるが、この 78 例中 6 例に偽陽性が認められた。偽陽性 6 例の内訳は、2 例がFibroma (SUVmax 4.0とSUVmax 4.l)、l 例がCellular fibroma (SUVmax 5.2)、l 例が Fibrothecoma (SUVmax 2.7)であり、残り 2 例が炎症性疾患であった。今回我々は、偽陽性を認めた卵巣純粋型間質性腫瘍 4 例について、FDG-PET 陰性の Fibroma 2 例や SUVmax 5.5 未満の非浸潤性卵巣癌 8 例と対比し、偽陽性の原因を病理学的に検討した。 [方法] 卵巣純粋型間質性腫瘍 6 例と、SUVmax 5.5 未満の非浸潤性卵巣癌 8 例について、MRI、FDG-PET、HE 染色、免疫染色(GLUT-l, LATl, Ki-67 labeling index, HIFla, VEGF)を評価した。また、卵巣純粋型間質性腫瘍 6 例については、RT-PCR で HIFlaの発現を解析した。 [結果] 卵巣純粋型間質性腫瘍のうち偽陽性 4 例は何れも、陰性 2 例に比べてSUVmax が高く、HE 上で腫瘍細胞成分が豊富であった。MRI では、FDG 偽陽性集積部位に一致した、T2 強調像での信号上昇と造影九進が見られ、これらの所見は嚢胞変性の高度な部位の周囲で§立った。免疫染色では、偽陽性 4 例は何れも LATl が陰性で、細胞増殖率(Ki-67 labeling index)も低く、悪性化の可能性は低いと判断された。一方、GLUTl, HIFla,VEGF の発現は必ずしも低いとは言えなかった。卵巣純粋型間質性腫瘍 6 例の RT-PCR では、FDG 偽陽性 4 例全てで HIFlaの発現が認めれ、陰性例 2 例には有意な発現は認められなかった。 [結論] 卵巣純粋型間質性腫瘍は元々Hypo vascular tumor として知られているが、腫瘍細胞成分の増加に伴う腫瘍内虚血により、低酸素誘導因子 HIFlaの増加、糖代謝の上昇(GLUTl 増加)、血管新生の増加(VEGF 増加)がもたらされ、FDG-PET/CT や MRI の画像所見に反映されている可能性がある。
  • 追切 裕江, 浅野 義哉, 下田 浩, 横山 良仁
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 202-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【目的】人工ヒト腹膜組織を用いて上皮性卵巣癌腹膜播種モデル を作製し、Carbonyl reductase 1 (CR1) DNA-デンドリマー複合体導入による癌腹膜播種初期動態の変化から、CR1 による遺伝子治療効果の機序を明らかにする。 【方法】1) 人工ヒト腹膜組織に漿液性卵巣癌細胞(HRA)を播種し、播種動態を形態学的に解析した。2) その播種過程をマウスin vivo モデルと比較し、本卵巣癌播種モデルの妥当性を検証した。3) 本モデルに CR1DNA を導入し、癌細胞播種の抑制効果を経時的に解析した。 【結果】1) 癌細胞は穿孔を形成しながら中皮層に侵入し、中皮間および中皮下で増殖して集塊を形成した。24 時間後にはリンパ管ヘの侵襲がみられ、48 から 72 時間後には癌細胞が集塊を形成しながら組織深部に浸潤していた。2) マウス in vivo モデルにおける癌細胞浸潤では人工ヒト腹膜での所見と形態的類似性が認められ、本 in vitro モデルにおける卵巣癌腹膜播種動態の再現性を確認した。3) このモデルに対して CR1DNA を導入すると、人工ヒト腹膜組織上の癌細胞増殖が有意に抑制され、ネクローシスの誘導を示す結果を得た。し かし中皮下ヘの浸潤は抑制されていなかった。 【結論】人工ヒト腹膜を用いた新たな in vitro 腹膜播種モデルにより、CR1 導入による増殖抑制とネクローシス誘導を通した卵巣癌腹膜播種抑制効果が示唆された。
  • 三浦 卓也, 坂本 義之, 諸橋 一, 吉川 徹, 須藤 亜希子, 吉田 達哉, 佐藤 健太郎, 鶴田 覚, 袴田 健一
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 202-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    当科では直腸癌に対してストーマフリー肛門温存手術を長年にわたり積極的に行ってきたが、その周術期安全性のみならず腫瘍学的または機能的安全性が許容されない宿主腫瘍因子や術式が明らかとなってきた。それらに対する対策として 2016 年から 2017 年にかけて1.高解像度 MRI 診断、2.高リスク例予防的ストーマ造設、3.ICG 腸管血流判定、4.ICG 骨盤側方領域リンパ節同定、5. 先進鏡視下手術、6.術前化学療法、7.高解像度 MRI 術前治療効果判定、8.肛門温存術後 QOL 前向き評価を開始した。直腸癌の局所遠隔再発を減らし患者QOL に重点をおいた臓器温存をめざすという難題を少しでも紐解けるのか、今後の解析が待たれる。
  • 鎌田 耕輔, 間山 恒, 三上 健一郎, 遠藤 哲, 山形 和史, 玉井 佳子, 高見 秀樹, 福田 眞作
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 202-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【背景】C 型肝炎ウイルス(HCV)が発見された 1989 年以前に出生した中等症・重症血友病患者は,輸入非加熱凝固因子製剤や輸血により 7 割以上が HCV に感染した.原疾患治療の進歩により出血死が激減した現在,HCV 関連肝疾患死は大きな間題である.本邦では稀な遺伝子型(Genotype 1a や 3a)の感染が多く,インターフェロン(IFN)治療奏効率が低いことや筋注部位の出血傾向のため治療介入が困難であったが,2014 年に Genotype 1,2 の患者に対する IFN フリー直接作用型抗ウイルス経口薬(Direct acting antivirals:DAAs)による治療が可能となった.これを受けて,当科通院中の HCV 感染合併血友病患者に対し積極的に DAA 治療介入を開始したため,現状と治療効果および安全性について報告する. 【対象】2017 年 12 月現在,当科通院中の血友病患者は 10 名(血友病 A 8 例, 血友病 8 2 例),年齢中央値は 45 歳(27-68 歳),うち HCV 感染者は 7 例(全例 1989 年以前の出生)であった.遺伝子型は Serogroup 1:1 例,Serogroup 2:1 例,Genotype 1a:1 例,Genotype 1b+3a:1 例(本例は当初 3a が検出されず,1b 単独感染と判断された),Genotype 3a:3 例で,Genotype 3a 以外の 4 例に対し DAA 治療を行った.年齢は 42-57 歳,1 例のみ IFN 前治療歴(無効)あり,DAA 治療開始前HCV-RNA は全例高ウイルス量であった.Serogroup 1 およびGenotype 1 の 3 例はソホスブビル/レジパスビル配合錠単剤で,Serogroup 2 の 1 例はソホ スブビル+リバビリンの併用で,いずれも 12 週間内服治療を行った. 【結果】全例重篤な副作用なく治療を完遂した.3 例でウイルス陰性化(SVR) が得られた.治療開始前に 1b のみが検出された例は,治療終了後にウイルスが陰性化したが再燃した.再燃後検査で 3a が検出され,Genotype 1b + 3a の混合感染であったことが判明した. 【考察とまとめ】HCV 陽性血友病患者に対し IFN フリーDAA 治療を行い,副作用による脱落例なく安全に治療を完遂できた.2017 年 9 月に Genotype 1-6 に対する新規 DAA(グレカプレビル/ピブレンタスビル)が承認され,再燃例を含めた Genotype 3a の症例に対しても抗ウイルス療法を開始した. DAA 内服治療は,HCV 感染血友病患者に極めて有益である.今後,血友病患者の肝疾患死を減少させることは重要であり,血液専門医と肝臓専門医の連携が重要である.
  • 髙橋 芳雄, 足立 匡基, 安田 小響, 斉藤 まなぶ, 栗林 理人, 中村 和彦
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 203-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【目的】子どもの睡眠の問題は生物学的要因だけでなく、子どもが属する文化・社会・環境といった非生物学的な要因の影欝を強く受けやすいと考えられている。本研究のH的は就学前の子どもを対象に睡眠の問題に関する調査を行うことで、日本の子どもが抱える睡眠問題の実態を調べることである。 【方法】2016 年 7 月に行なった弘前市 5 歳児発達健診の対象者 620 名のうち、482 名から有効回答を得た。子どもの睡眠問題の評価には、親の観察により評定を行なう Children's Sleep Habits Questionnaire(CSHQ)用いた。また、子ども の 情 緒 お よ び 行 動 の 問 題 を 測 定 す る た め に Strength Difficulties Questionnaire(SDQ)を使用した。 【結果】研究協力者から得られた回答を集計した結果、CSHQ において臨床的な睡眠問題の存在を示唆するカットオフポイントを上回る子どもは 80.1 %であった。また、CSHQ の下位尺度においては“睡眠時の抵抗”と“睡眠時の不安”で50%以上の子ども達がカットオフを超える値を示した。また、これらの睡眠の問題と情緒および行動の問題の関連を検討した結果、“睡眠時の不安”と関連する 項Hが、情緒及び行動の問題と広く関連していた。一方で、アジアでの睡眠習慣の特徴とされる、他の家族と一緒に寝ることに関連した項H(“就寝時に一人で寝ない”、“他の家族のベッドで寝る”、“就寝時に家族の付き添いが必要”、“一 人で寝るのを怖がる”)については、行動・情緒の問題とそれほど相関していなかった。 【考察・結論】本研究の結果から、日本における未就学児の睡眠問題としては“睡 眠時の抵抗”と“睡眠時の不安”が特徴的であることが示唆された。情緒及び行動の問題の関連では、“睡眠時の不安”が広く情緒および行動の問題と関連していた 一方で、“睡眠時の抵抗”はそれほど関連がみられなかった。これらの結果は。同 じ子どもの睡眠習慣でも行動・情緒の問題との関連は子どもの住む地域や文化に異なることを示しており、子どもの睡眠問題を考える際には子どもの住む地域や文化的な背景を考慮することの重要性を示唆している。
  • 髙梨 信吾
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 205-206
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
  • 木村 紗也佳, 松宮 朋穂, 吉田 秀見, 瀬谷 和彦, 川口 章吾, 今泉 忠淳
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 207-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    ウイルスゲノムのような非自己 RNA の宿主細胞内における認識、および分解機構は、二本鎖RNA でよく知られている一方、一本鎖RNA では不明である。また、抗原提示能を有する樹状細胞に代表される免疫 学的にプロフェッショナルな細胞と違い、上皮細胞のような、非免疫系 の細胞における非自己一本鎖 RNA の細胞内での動態に研究はこれまで見当たらなかった。そこで本研究で我々は、非免疫系の細胞内での一本 鎖RNA の分解に必要な因子を探索したところ、一本鎖RNA の分解充進に二本鎖 RNA 依存的な抗ウイルス経路の活性化が必須であることを見出した。二本鎖 RNA は免疫系、非免疫系のいずれの細胞内においても抗ウイルスシグナルを活性化した結果、interferon (IFN)依存的な抗ウイルス因子のひとつである二本鎖RNA 依存ribonuclease L(RNase L)により、切断されることが知られている。そこで、一本鎖 RNA の切断 にもRNase L が関与しているかを検証するため、RNA 干渉法でRNase L 遺伝子発現を特異的に抑制したところ、二本鎖 RNA 依存的な一本鎖 RNA の分解がほぼ完全に抑制された。 このことから、非免疫系細胞に おける一本鎖RNA の分解に二本鎖 RNA が必須であることが判明した。本研究の結果、一本鎖 RNA ウイルス感染におけるウイルスゲノム RNA の分解に、ウイルスゲノム RNA の複製過程で生じる二本鎖 RNA が関与している可能性が示唆された。
  • 下山 修司, 古川 智範, 小潟 佳輝, 中村 和彦, 上野 伸哉
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 207-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    18 kDa translocator protein TSPO は、脳内炎症つまりミクログリアの活性化マーカーとして着目され、様々な脳神経疾患・精神疾患において PET 検査による炎症の可視化のターゲットとして利用されている。TSPO の発現量とミクログリアの活性化は正の相関関係にあるが、その因果関係や遺伝子発現の仕組みは不明である。そこで、古典 的な炎症誘導剤であるリポポリサッカライド LPS とマウスミクログリア細胞株 BV-2 を用いて、Tspo 遺伝子発現調節メカニズムについて調べた。 はじめに、LPS 応答配列を調べるために各種データベース・予測ツールを用いて、 Tspo プロモーターに結合しうる転写因子をピックアップした。その結果をもとに、各シスエレメントを徐々に欠損させたレポータージーンアッセイ用ベクターを作製した。 各ベクターをトランスフェクション 48 時間後に 100 ng/ml LPS で8 時間刺激すると、AP-1 結合部位を欠損させたベクターでは活性が有意に減少した。また、クロマチン免疫沈降法を行なった結果、AP-1 構成因子である c-Fos とc-Jun の結合量が LPS 刺激で 増加していた。また、転写開始点近傍の GC-rich 領域では転写因子 Sp1 の結合量が増加しており、遺伝子発現を負に制御するヒストン脱アセチル化酵素 HDAC1 は AP-1 を含むエンハンサー領域では結合量が減少するが、転写開始点近傍では変化が見られ なかった。さらに AP-1 の関与を明らかにするために、RNAi を用いた c-Fos のノックダウン実験を行なった結果、LPS 誘導性のTspo 遺伝子の発現誘導が減少したことより、AP-1 は重要な役割を果たしていることが明らかになった。 以上の結果より、LPS 存在下では HDAC1 がエンハンサー領域からはずれ、代わりに AP-1 がリクルートされてくるとともに、転写開始点近傍では Sp1 がリクルートされ、Tspo プロモーターが活性化していることが明らかになった。この一連の制御により Tspo の遺伝子発現が充進していることがわかった。しかしながら、我々が行ったex vivo の実験系は疾患における状態とは異なることから、今後は炎症誘導や疾患モデルを用いて Tspo 遺伝子発現の制御メカニズムを明らかにするとともに、TSPO が疾患に与える影響を明らかにしていく予定である。
  • 町田 光司, 町田 祐子, 長谷川 範幸, 高橋 識志, 寺田 明功, 中村 光男
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 207-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    平成 25 年の死因・身元調査法施行以来、死後画像診断(Ai)は急増しているが、血糖値の死後評価については困難な現状にある。今回、死後赤血球の解糖系の影響を受けにくい房水の採取を昨年 7 月末より病死・検死 105 例(糖尿病 23 例)に施行し、死後房水グルコース濃度(PMAG:Post Mortem Aqueous humor Glucose)を測定してその死後変化や、HbA1c、ケトン体等との関連を検討した。同一患者での死後房水糖値(PMAG)の経過を 3 例で検討したところ、1 例Hでは死後 19 分で PMAG187.5 g/ eから死後 9 時間で 67.5 g/e(死亡直後の 36%)まで低下し、2 例Hでは死後 40 分 で 105.5 g/eから死後 1 時間 40 分で 91.5 g/eへと低下はわずかであった。3 例H では死後 3 時間で 183.3 g/eから死後 6 時間で 140.1 g/e,9 時間で 123.5 g/e まで低下したが、死後 3 時間で採取して室温放懺した房水糖は死後 9 時間後で 174.7 g/eまでの低下に留まり、生体内から再採取した房水糖との間に 50 g/e以上の差 が認められた。尚、採取した死後房水糖の冷所(4℃)での変化を 7 例で検討したところ、 いずれも最長 6 日間にわたって安定であった。また、房水糖値(PMAG)と血中総ケトン体値との関連を 30 例について検討した結果、①PMAG 高値でケトン体高値の糖尿病性ケトアシドーシス例、②PMAG20 g/e以下でケトン体高値の低栄養(低血糖)例と、 ③高ケトン体の低体温症例 5 例中 3 例では PMAG が 100 g/e以上と高値を示した。また、PMAG による低血糖を検索した 3 例について、1 例H 71 オ女:食事をせずにインスリン注射後入浴し、死後 14 時間の PMAG は 115 g/eと高く、房水中インスリン値 1.1µU/mQであり、2 例H 35 オ男非糖尿病:死後12 時間のPMAG28.6 g/eにて当初房水糖低値と考え、他者によるインスリン注射等を疑ったものの、房水中インスリンは測定不能で他の原因による死亡と考えられた。3 例Hは 67 オ男:慢性石灰化膵炎(膵性糖尿病)で最近食べなくなり、妻の話では食べない日はインスリンを打たなかったという事であったが、PMAG13 g/eと低く、房水中インスリン 0.6µU/mL が検出され、血中総ケトン体は2010µmol/L と高く、GA26.2%、HbA1c7.4%から推察すると、最近食事を摂らないのにインスリン注射を施行したため低血糖となり、死因に関与したものと考えられた。このような PMAG 測定の報告は文献上見当たらず、Ai の補助診断として有用と考えられた。
  • 町田 光司, 長谷川 範幸, 高橋 識志
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 207-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    平成 25 年(2013 年)に死因・身元調査法が施行されて以来、CTやMRI等による死後画像診断(Autopsy Imaging:以下 Ai と略)数は飛躍的に増加しているが、気道や消化管の診断は困難である。平成 28 年、グレープフルーツの誤應 性窒息死の診断に経鼻内視鏡を施行して以来、我々は本邦で初めて 85 例に死後内視鏡(Post Mortem Endoscopy:以下PMEと略)を施行し、死因究明の補助診断として昨年本会で発表したが、今回は更に症例を重ねて報告する。 方法:前回と同様、①鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支と②食道、胃、十二指腸等の観察をした。尚、解剖予定例や腐敗の激しい例、結核等の感染症の疑われる例では施行を控え、費用はあくまで補助診断のため無償とした。結果:平成 28 年8 月から平成30 年6 月20 日までの23 か月間にAi 371 例中、144 例(38.8%) にPMEを施行した。特に平成 28 年 11 月から積極的に行ない、死因別では、心疾患(心筋梗塞等)79 例、肺疾患(肺炎、肺膿瘍、肺癌等)17 例、脳疾患(脳出血、脳梗塞等)5 例、消化管疾患(食道癌、胃潰瘍、胃癌等)6 例、糖尿病 2 例、多臓器不全 2 例、低体温症 9 例、溺水死 16 例、誤應性窒息死 3 例、胸部大 静脈瘤破裂(気管支穿破)3 例、敗血症 1 例、腎不全 1 例であった。PMEは① 窒息(喉頭部や気道内)の確認の他、気道内の液体(水腫や血液、喀痰,逆流した胃内容等)、泡沫の有無、腫瘍や異物等が確認できる点非常に有用であり、また②消化管における死戦期の出血、潰瘍や腫瘍、食物、薬剤等の確認も可能で、低体温症例での胃の Wischnivsky 斑も確認し得た。また、PMEにて死後に胃内の血液や食物等が気管内へ逆流した例も経験しており、肺の Ai はこうした所見の混在についても特に注意が必要と考えられる。 尚、肺水腫の診断についてPMEはCTよりも優れており、PMEによって 肺水腫が明らかでない場合は糖尿病性ケトーシスや低体温等の疾患も念頭に置くべきと考えられた。また、最近、老人施設等での誤應症例についてもPME による気道閉塞の確認が極めて有用であった。
  • 町田 光司, 町田 裕子, 松本 一仁, 寺田 明功
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 208-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    冬期間は日照時間が短く、寒さの影繹もあってうつ傾向に陥る患者が少なくないが、 特に昨秋は11月初旬からみぞれが降り中旬には初雪となり、インフルエンザの最大 の流行がみられ、3月まで寒さが続いた。この間、当院の患者で2例の自殺と1例の 自殺未遂があったため、その背景を考察して報告する。
     症例1   52 オ 男   会社員
    平成26 年9 月19 日より、不安神経症と多少うつ的な症状もあり、9 月19 日よりデパス(0.5)3T 分3 夕後/日として投薬していた。28 年1 月より腰痛を訴えるようになり、また28 年9 月からはうつ傾向が前面に出るようになったため、抗うつ剤を使用した。
    バキシルCR(12.5)1T/日 → バキシル(20)1T 1X 日 → ジェイゾロフト(25)1T
       (28.4.30)          (28.11.4);            (28.11.24)
    29 年1 月は来院せず、29 年2 月6 日、腰痛とうつ的傾向があった為サインバルタ (20)1T デパス(0.5)1T 1X 夕/日として投与、患者も経過良好としてきちんと毎日服用していた。 11 月9 日、腰痛著明、心気的傾向も強くデパス(0.5)2T 2X1/日に増量、オパルモン (5)2T メチコバール(500)2T 分2 朝夕/日として追加、11 月11 日みぞれの朝6 時に家を出て、7 時頃公園で綸死(自殺)。職場のストレスも関連あるものの他剤では自殺合図は無く、(サインバルタ(20)/日)長期連用の影繹(因果関係はある)と考えられる。
     症例2  87 オ   女 。
    脳梗塞のため左半身麻痺となり、認知症の夫と二人暮らし。今年2 月、左手首をハサミで深く切って自殺未遂し入院。それまで多種の在宅サービスを受けており、自殺念慮があったが阻止不能であった。 本人の在宅サービスは、まちだ内科訪間診療、P薬局訪間、まちだケアプラン、まちだ福祉用具、A訪間介護、S通所介護。 夫は、まちだ内科訪間診療、P薬局訪間。 自殺念慮の確認と、他機の認識統一が不可欠と考えられた。
     症例3  72 オ  男 。
    個人的にも10 数年の交友があり、糖尿病で通院中。内縁の妻に暴力行為で警察に通報され、別居をきっかけにうつ傾向となった。
    大腸早期癌の告知後、内縁妻宅にて、今年3 月内妻と主治医宛に遺書を残し綸死。 MRI にて脳動脈硬化著明であり、前頭策、側頭策の萎縮が認められた。糖尿病ではアルツハイマー型認知症の他、動脈硬化症による血管型認知症も少なくなく、今後と も注意が必要と考えられた。
  • 于 在強, 瀬谷 和彦, 楊 薇, 野村 亜南, 大徳 和之, 今泉 忠淳, 古川 賢ー, 福田 幾夫
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 208-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    大動脈弁狭窄症(AS)では、石灰化で大動脈弁の開閉が制限され、重症の場合は心不全や失神発作を引き起こす病態である。有効な治療は侵襲の高い外科的大動脈弁置換術(AVR)しかないため、薬物治療法の開発が期待されている。最近、石灰化した大動脈弁で細胞外マトリックスタンパク質テネイシン X(TNX)の発現低下が報告された。そこで我々は、大動脈弁異所性石灰化(EC)における TNX の関与を調べるため、AS 患者由来大動脈弁間質細胞(HAVICs) を用いて細胞レベルで検討した。高リン酸(3.2 mM)及び TNF-a (30 ng/mL) 誘発性 HAVICs 石灰化はいずれも TNX 遺伝子発現を著しく低下させた。さらに、HAVICs から CD 34 陰性及び陽性の間策系未分化細胞を単離したところ、CD 34 陰性細胞が陽性細胞より石灰 化刺激に対して感受性が高いことを明らかにした。かつ、CD 34 陰性細胞では陽性細胞と比較して TNX 遺伝子発現が有意に低下していた。以上の結果は、TNX が弁 EC 調節に関与する可能性を強く示唆している。
  • 佐藤 諭, 岩村 秀輝
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 208-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【症例】69 歳、男性。【既往歴】45 歳、左腎摘出術。63 歳、甲状腺濾胞癌で右甲状腺亜全摘術。糖尿病で近医通院。【臨床経過】2016 年 10 月の CT で膵頭部腫瘤を指摘されるも慢性膵炎による変化として経過観察されていた。2018 年 1 月上旬に全身倦怠感が出現したため受診。血糖値が 721mg/dl と著明に上昇していたため入院となった。入院後黄疸と血液検査で胆道系酵素の上昇がみられ、造影 CT では膵頭部に hypervascular な腫瘤を認め、総胆管へ浸潤、閉塞させ、さらに門脈や十二指腸にも広範囲に浸潤していた。上部消化管内視鏡検査では十二指腸乳頭部に易出血性で中心陥凹を伴う平皿様腫瘤を認め、病理組織学検査では Hematoxylin-Eosin 染色で腺管構造不明瞭で細胞質が淡明な腫瘍を認めた。甲状腺濾胞癌も鑑別にあがったが免疫染色では PAX-8 陽性、TTF-1 陰性、サイログロブリン陰性であったことから腎細胞癌が疑われた。左腎摘出術の詳細は明らかにすることはできなかったが腎細胞癌術後の膵転移と診断。分子標的治療薬の投与を検討したが、入院後全身状態が悪化し第 44 病日に永眠された。【考察】転移性膵腫瘍の頻度は少なく膵悪性腫瘍全体の 2%以下とされる。原発巣の約半数は肺癌と胃癌をはじめとした消化器癌で造血器腫瘍、腎細胞癌がそれに続く。腎細胞癌の 20 –30%の症例で腎摘出術後に転移を認めるとされ、転移臓器としては肺、骨、肝、脳が多く、膵臓への転移は 0.25 –3% 未満と少ない。また、85%は術後 3 年以内に転移を認めるとされるが、一部緩 徐な増殖を示す low grade type が存在し、転移出現までの期間が 10 年以上に及ぶ場合もある。造影 CT での早期濃染像が診断に有用だが、同様の所見を呈する膵内分泌腫瘍や漿液性嚢胞腺腫との鑑別を要し、CT ガイド下もしく超音波内視鏡下の腫瘍針生検での組織学検査が有用とされる。膵転移の治療として は外科手術が推奨されているが、分子標的治療薬が選択される場合もある。一 方、本症例で鑑別にあがった甲状腺癌の膵転移は腎細胞癌以上に報告が少なく、また先行報告の大部分は乳頭部癌であった。甲状腺癌膵転移は症例数が極端に 少なく予後を含め不明な点が多い。本症例は膵転移腫瘍を内視鏡的に観察でき、生検にて確定診断が得られた貴重な症例であった。膵腫瘍は組織採取が困難で あり、画像や腫瘍マーカーから臨床的に診断されることが多いが、可能な限り 検体を採取し病理組織学的に診断することが重要と思われた。
  • 北山 和敬, 小路 祥紘, 加藤 千里, 阿部 直樹
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 208-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【症例】96 歳、女性【現病歴】2017 年 10 月某日朝 7 時に突然の心嵩部痛を自覚し救急要請した。前医にて急性心筋梗塞が疑われ 11 時 5 分当院転院搬送となった。【既往歴】95 歳、右大腿骨転子部骨折術後【背景】HDS-R 13 点、シルバーカー歩行可能【現症】身長 145cm、体重 34kg。意識清明、体温 36.5 度、血圧 132/83mmHg、脈 82 bpm、Sp02 94%(鼻カヌラ 2L/min)、両側肺野に湿性ラ音を聴取する。【入院後経過】心電図では V1-V5 で ST 上昇、II、III、aVf で ST 低下を認めた。血液検査では心筋逸脱酵素の上昇、心エコー図で左室前競の壁運動低下を認め急性心筋梗塞と診断した。緊急で冠動脈造影検査では左冠動脈前行下枝(LAD)#6 の 100%閉塞、右冠動脈(RCA)#1 の 90%狭窄を認めた。責任病変は LAD と判断し引き続き PCI を施行、TIMI 3 で終了した。入院後誤應性肺炎、尿路感染症を併発したが抗生剤加療により改善、第 22 病日に RCA に対する PCI 施行した。心臓リハビリテーション継続し、第 51 病日に以前と同様にシルバーカー歩行可能な状態で施設に退院となった。【考察】近年本症例のような高 齢者に対する PCI の頻度が増加傾向にある。86 歳以上の高齢者であっても長期予後には影響しないものの、PCI 成功により院内死亡率が有意に低下することが文献的に報告されている。2016 年6月1 日 —2018 年5月1 日までに当科に入院した急性心筋梗塞症例は 77 例であり、そのうち 21 例が 80 歳以上の高齢者であった。21 例のうち入院中の合併症(死亡、輸血、感染症)は 8 例に生じてい た。18 例に PCI が施行されたが、施行群と未施行群では患者背景として年齢(84.5+3.5 vs. 93+3.5, p=0.004)、心筋梗塞or CABG の既往(1 vs. 2, p=0.002)、 認知症の有無(38.9% vs. 100%, p=0.049)、歩行可能の有無(94.4% vs. 33.3%, p=0.005)に有意差を認めた。エンドポイントとして施行群と未施行群で総死亡 に有意差は認めなかったが、在宅復帰率では PCI 施行群(83.3% vs. 33.3%, p=0.059)で多い傾向にあった。今後も高齢者の心筋梗塞症例が増えることが予 想されるが、入院中の合併症の頻度が多いものの、PCI 施行により在宅への復帰率が高い傾向にある現状を踏まえ、今後も加療を行なっていく必要がある。
  • 原 裕太郎, 室谷 隆裕, 和嶋 直紀, 久保 寛仁, 吉田 枝里, 袴田 健一
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 209-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【背景】胸腔鏡下食道亜全摘術は開胸手術と比較して出血量や呼吸器合併症が少なく、低侵襲であるとされている。筋肉量、栄養指標の推移から胸腔鏡 下食道亜全摘術の有用性を検討することを目的とした。
    【対象と方法】2014 年から 2017 年の間に食道癌に対して食道亜全摘術、 3 領域郭清を施行した 77 例(開胸群 59 例、胸腔鏡群 18 例)を対象とした。筋肉量は術前、術後 3 ヶ月時の CT 画像を用いて、第 3 腰椎レベルの腸腰筋面積を測定し、身長で補正した Psoas muscle mass index(PMI)を算出した。栄養指標には Controlling nutritional status score(CONUT score)を用い、開胸群、胸腔鏡群の 2 群間での手術成績とともに、PMI、CONUT score の推移を比較した。
    【結果】対象症例の平均年齢は 64.1 歳、男女比 71:6 であり、2 群間(胸腔 鏡群 vs 開胸群)の比較検討では手術時間は 458 分 vs449 分(p=0.606)と差は 認めず、出血量は 481ml vs 679ml(p=0.008)と胸腔鏡群が有意に少なかった。Clavien-Dindo 分類において Grade 2 以上の術後合併症は胸腔鏡群で呼吸器合併症が 2 例(11.1%)、開胸群では 18 例(30.5%)、であり、胸腔鏡群で呼吸器合併症が有意に少なかった(p=0.020)。術後 3 ヶ月時の PMI 減少率は 2.77%vs9.26%(p=0.001) 、 CONUT score は 術 後 1 ヶ 月 時 1.75vs2.38(p=0.049)、3 ヶ月時 0.67vs1.64(p=0.013)であり、胸腔鏡群で筋肉量の減少が抑制され、栄養状態の低下も抑制されていた。
    【まとめ】栄養指標、体組成の観点からも胸腔鏡下食道切除術の低侵襲性、 有用性が示唆された。
  • 棟方 聡, 菊池 潤, 吉川 朋成
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 209-
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【はじめに】脳卒中ガイドライン追補 2017 において急性期脳梗塞に 対して、アルテプラーゼ(t-PA)静注療法に追加して、発症 6 時間以内に主にステントリトリバーを用いた血管内治療(機械的血栓回収療法)を開始することが強く推奨(グレード A)されることとなった。
    【目的と方法】われわれの施設でもガイドライン追補に伴い、本格 的に血管内治療を開始した。若干名の治療を経験できたため、治療 成績の妥当性や、今後の課題について後方視的に検討を行った。
    【結果】2017 年 4 月 —2018 年 3 月に 7 症例の治療を経験した。平 均年齢は 63.1 歳で、男女比は 3:4 であった。全例が心原性脳塞栓症の病型診断で、閉塞血管は内頸動脈:1 例、中大脳動脈:5 例であった。t-PA 静注療法後、発症 6 時間以内に機械的血栓回収術を施行した。手術手技は ARTS(Aspiration-Retriever Technique for Stroke)法を用いた。全例において良好な再還流(TICI2b:2 例、TICI3:5 例)が得られたが、予後良好例は 43%(mRS0:2 例、mRS1:1 例)であった。mRS6が 2 例あり脳ヘルニアおよび肺炎が原因であった。
    【考察】大規模臨床試験のメタ解析(HERMES:Lancet 2016)の結果では mRS0 —1:26.8%および mRS0 —2:46.1%で、当科の治療成績は妥当な結果と考えられた。予後不良例の中には発症 4.5 時間以内であっても、MRI 画像上側副血行路不良などが原因で適応の厳しい症例が含まれている可能性があり、症例の選択にも注意が必要である と考えられた。
  • 古川 正和, 三浦 和知, 津田 英一, 石橋 恭之
    2019 年 69 巻 1-4 号 p. 209-
    発行日: 2019/03/15
    公開日: 2019/05/31
    ジャーナル フリー
    【背景】HAL®医療用下肢タイプを用いた歩行運動処阻(以下 HAL®治療)は、歩行能力の改善に有用であることが報告されているが、その機序については不明な点も多い。本研究のH的は、神経筋疾患患者を対象として、HAL 治療が歩行時の下肢筋活動•関節キネマティクスに及ぼす影響について明らかにすることである。
    【対象と方法】神経筋疾患患者の男性 7 名(平均年齢 67.4 歳:56-72 歳)を対象とし、計 9 回のHAL®治療を行った。治療前後の評価として、(1)10m 歩行テスト: 歩行速度、歩幅、歩行率、両下肢筋活動(中殿筋、外側広筋、大腿二頭筋、前腔骨筋)、股関節と膝関節の伸展•屈曲角度、および(2)2分間歩行テスト:歩行距離と 2 分間歩行前後の修正 Borg scale を測定した。下肢筋活動は表面筋電計(Multi-channel telemetering system WEB-7000:日本光電)にて記録し、波形解析と動作解析には KineAnalyzer(KISSEI COMTEC)を用いた。各測定項HをWilcoxon signed rank test を用いて HAL®治療前後で比較した。
    【結果】(1)10m 歩行テスト:歩幅(治療前 0.39土0.15 m/step、治療後 0.47土 0.10m/step:p=0.048)が有意に増加したが、歩行速度(0.73土0.27 m/s、0.91土 0.17m/s:p=0.117)と歩行率(1.83土0.30 step/s、1.96土0.40step/s:P=0.248) では有意な変化を認めなかった。歩行時の下肢関節角度では踵接地期における股関節屈曲角度(24.8土9.5°、21.4土11.1°:p=0.018)が有意に減少した。歩行時の 下肢筋活動には各筋で有意な変化を認めなかったが、立脚期における両下肢の外側 広筋の活動が低下する傾向を認めた。(2)2 分間歩行テスト:歩行距離(60.7土24.0m、 78.2土16.8m:p=0.023)は有意に増加したが、歩行後の修正 Borg scale(4.5土3.1、 3.0土2.2:p=0.129)は有意な変化を認めなかった。
    【考察】治験結果と同様に HAL 治療により神経筋疾患において 2 分間歩行距離が有意に改善した。立脚期における股関節屈曲角度の減少は、体幹前傾の改善を示唆し、歩幅の増加を促した可能性が考えられた。また歩行距離が延長したにも関わらず、立脚期における外側広筋の筋活動が減少したことから、歩容の改善に伴い歩行効率の改善が得られた可能性が示唆された。
feedback
Top