弘前医学
Online ISSN : 2434-4656
Print ISSN : 0439-1721
70 巻 , 1 号
選択された号の論文の23件中1~23を表示しています
  • Yasufumi Endo, Genn Takahashi, Ikuko Kakizaki, Masahiko Endo
    2019 年 70 巻 1 号 p. 1-12
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    Abstract: Hyaluronan(HA)is a ubiquitous glycosaminoglycan comprising N-acetylglucosamine and glucuronic acid and is involved in matrix formation and cell maintenance. 4-Methylumbelliferone(MU)exhibits anti-tumor activities by inhibiting HA synthesis. In this study, we aimed to elucidate the association between HA and numerous matrix molecules.
    Materials and Methods: We created HA-knock down extracellular matrix(ECM)by culturing human skin fibroblasts(HSF)in the presence of MU(0.5 mM)for 3 days after confluence. Following culture in the presence or absence of MU, the cell layer and culture medium were collected and ECM molecules were measured using enzyme-linked immunosolvent assay, and the[35S]-sulfate uptake method.
    Results: Proteoglycans and type I collagen were released into the medium as HA decreased. However, type I collagen, but not proteoglycans, was immediately replenished. Fibronectin and CD44 in the cell layer decreased, but were not replenished, as HA decreased. On contrary, laminin, cadherin, and vitronectin were not affected by HA decrease.
    Conclusions: HA knockdown by MU treatment elucidated the dynamic interactions between HA and ECM components. Our findings suggest that HA interacts with other ECM components through various ways, including strong interactions for ECM network formation and loose interactions for signal transduction.
  • Kaori Kubo, Ko Kudo, Tsutomu Toki, Rika Kanezaki, Fumika Ikeda, Tatsuy ...
    2019 年 70 巻 1 号 p. 13-23
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    The causes for individual relapse in children with B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia (BCP-ALL) remain incompletely understood. Here, we performed comprehensive genetic analyses of 20 pediatric BCP-ALL paired diagnosis-relapse samples. Copy number variation analysis of IKZF1, a gene for which deletions are associated with increased relapse risk, revealed deletions at both diagnosis and at relapse (n=5). Targeted next generation sequencing showed that RAS pathway genes including KRAS (n=4), NRAS (n=2) and PTPN11 (n=2) were the most common mutations among the sequencing targets at diagnosis and/or relapse. In 7 of 20 cases (35%), mutations in PTPN11, KRAS, TP53, CTCF, NCOR1, WHSC1, TUSC3, ERG and NT5C2   were detected only at relapse. Two cases with TP53   mutations showed fatal outcomes. In two of the four cases with high hyperdiploid BCP-ALL, associated with favorable prognosis, PTPN11 mutations were detected only at relapse. Targeted RNA sequencing identified a rare subtype of BCP-ALL with a NUP214-ABL1 fusion that could benefit from tyrosine kinase inhibitors. Together with recent reports that RAS mutations confer sensitivity to MEK inhibitors, these results suggest that comprehensive genetic analysis will contribute to the optimal treatment for relapsed BCP-ALL.
  • Hidemi Yoshida, Yuko Hashimoto, Takashi Fukushima, Kunikazu Tanji, Tom ...
    2019 年 70 巻 1 号 p. 24-38
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    Toxic amyloid-beta (Aβ) is known to generate symptoms of Alzheimer’s disease (AD); however, less is known regarding the neurotoxicity of Aβ at lower concentrations. Moreover, the neuroprotective potential of combination treatment with plant biophenols and existing drugs is not well understood. In this study, we estimated the no-observed adverse effect level (NOAEL) of Aβ 1–42 (Aβ42) against cultured human neuroblastoma SH-SY5Y cells, and examined the neuroprotective effect of combination pretreatment with 10 µM carnosic acid, 30 nM rebamipide, 10 µM edaravone, and 10 µM of resveratrol (the “CRER” blend) on weak but toxic Aβ42-treated SH-SY5Y cells. We evaluated the NOAEL of Aβ42 at 500 nM in these cells. Aβ42 at 1–8 µM reduced cell viability; however, the “CRER” blend ameliorated this Aβ42-induced decrease in viability. The “CRER” blend induced the expression of Aβ-degrading enzymes including matrix metalloproteinase-14 (MMP-14) and neprilysin, while also enhancing the expression of the inducible α-secretase TACE (tumor necrosis factor-α-converting enzyme), sirtuin 1 (SIRT1), and brain-derived neurotrophic factor (BDNF). Collectively, our results indicate that the “CRER” may aid in the prevention of Aβ toxicity by enhancing MMP-14, neprilysin, TACE, SIRT1, and BDNF. Thus, the “CRER” blend may prove to be a promising strategy for the prevention of Aβ-mediated disorders, particularly AD.
  • 斎藤 拓, 松坂 方士, 田中 里奈, 佐々木 賀広
    2019 年 70 巻 1 号 p. 39-46
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,青森県の大腸がんに対する医療資源の医療圏間の偏りを定量的に検討することである.各二次医療圏における大腸がんの有病率(医療需要の指標),人口10万人当たりの消化器外科専門医数(専門医数),一般病床数,病院数の3種類(医療供給の指標)を算出した.ジニ係数(GC)とハーフィンダール・ハーシュマン係数(HHI)を算出することで,医療資源の偏りを定量化した.八戸圏域では有病率が最も低く,専門医数は最も多かった.GCは,専門医数,一般病床数,病院数でそれぞれ,0.285,0.115,0.053となり,HHIはそれぞれ2736,2272,2102となり,ともに専門医数で最も大きかった.青森県の大腸がんに対する医療資源は需要と供給がミスマッチしていることが分かり,特に専門医数の偏りが大きいことが示された.専門医数の偏りによる影響を緩和するために,遠隔医療や病院機能の分化などを推進する必要があると考えられた.
  • 寺島 真悟, 駒井 史雄, 菅原 大夢, 高橋 由佳, 木村 直希, 横山 昂生, 岩崎 晃, 細川 洋一郎, 須崎 勝正
    2019 年 70 巻 1 号 p. 47-55
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    一般に放射線治療計画装置(RTPS)は, 線源回転軸間距離(SAD)を100 cmとして製作されており, 長い線源回転軸間距離(Long SAD)が設定できないため, 全身照射(TBI)ではRTPSは利用できないことが多い. 本研究では, 自施設のRTPSの限界であるSAD 300 cmで算出されたデータ等を利用し, 簡便にSAD 350, 400 cmでの処方MU値及び補償物質の厚さを決めることが可能かを検討した. Long SADでの線量特性を取得し, SAD 300 cmでのRTPSの計算結果がLong SADの条件で測定される値になるように補正を行った. 本手法のMU値と患者に照射されたMU値との相対誤差は最大で3.6%であった. 大腿部及び下腿部で算出された補償物質の厚さは良い結果を示したが, その他の部位では実際よりも誤差が大きかった. 一部改善の必要はあるが, RTPSを利用して推定された処方MU値及び補償物質の厚さはTBIのセットアップに利用可能であることが示唆された.
  • 藤田 円, 湯澤 健太郎, 三浦 文武, 相澤 知美, 嶋田 淳, 北川 陽介, 渡邊 祥二郎, 津川 浩二, 敦賀 和志, 丹代 諭, 大 ...
    2019 年 70 巻 1 号 p. 56-61
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    小児期発症の高安動脈炎 (TA)に対し IL-6受容体抗体であるtocilizumab (TCZ)を使用した報告は少なく, 加えてTA症例に対して冠動脈バイパス術 (CABG)を施行した症例も稀である. 症例は11歳女子. 反復する胸痛, 心臓超音波検査で大動脈弁閉鎖不全, 心電図で ST低下, 血液検査で CRP上昇と赤沈亢進, トロポニンT陽性, CTで左冠動脈開口部の狭窄を認め TAと診断した. ステロイド薬, 各種免疫抑制剤薬, 抗TNFα抗体のインフリキシマブを併用しても寛解が得られなかった. 倫理委員会承認後に TCZの点滴投与を行い, 速やかに症状と検査所見の改善を認め, ステロイド薬を減量・中止した. TCZ使用に伴う有害事象は認められなかった.炎症が鎮静化後,左冠動脈開口部 99%狭窄に対してCABGが施行され術後の経過は良好である. 本邦でも成人領域において難治性のTAに対するTCZ皮下注射製剤が適応となった. 今後, 小児例においても適応の拡大が期待される.
  • Zaiqiang Yu, Norihiro Kondo, Xu Liu, Ikuo Fukuda
    2019 年 70 巻 1 号 p. 62-66
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    An 80-year-old man with multilevel aortic aneurysms was referred to our hospital. Enhanced computed tomography showed a 90-mm descending aortic aneurysm and a 50-mm abdominal aortic aneurysm with severe stenosis of bilateral external iliac arteries. Thoracotomy was considered a high-risk procedure because he had a long history of chronic obstructive pulmonary disease. We performed combined operation; Y-graft replacement for making access routes, followed by thoracic endovascular aortic repair for the thoracic aortic aneurysm with one de-branching bypass from the left common carotid artery to the left subclavian artery. Neither paraplegia nor infectious complications occurred postoperatively.
  • Zaiqiang Yu, Ikuo Fukuda, Norihiro Kondo, Masahito Minakawa, Kazuyuki ...
    2019 年 70 巻 1 号 p. 67-71
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    A high percentage of patients with a unicuspid aortic valve require cardiac surgery, because it always induces aortic stenosis or regurgitation. It is sometimes difficult to discriminate it from a bicuspid valve. Here, we report a case of a young patient with severe aortic regurgitation and aortic root enlargement caused by the unicommissural form of unicuspid aortic valve. An aortic valve-sparing operation could not be performed because of his special morphology, and it was thought that sufficient durability could not be obtained postoperatively. The Bentall operation was successfully performed with a mechanical prosthetic valve. His postoperative course was uneventful.
  • Naomi Kudo, Takahisa Abe, Shin Midorikawa, Atsushi Matsubara
    2019 年 70 巻 1 号 p. 72-76
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    In recent years, anti-programmed cell death 1 (PD-1) antibody has been approved for recurrent/metastatic head and neck cancer and was reported by the phase 3 study ChackMate 141 to improve the overall survival rate of patients with recurrent/metastatic head and neck squamous cell carcinoma. With the increasing number of cases treated with anti-PD-1 antibody, the synergic interaction between cancer immunotherapy and chemotherapy has been gathering attention. Some reported that administration of chemotherapy after immunotherapy was remarkably effective for progressive non-small cell lung cancer. We examined two notable cases of recurrent/metastatic head and neck cancer in which the subsequent administration of chemotherapy after immunotherapy was markedly effective. The two cases included maxillary sinus cancer and laryngeal cancer that were treated with radiotherapy and chemotherapy as first-line treatment. Both cases developed recurrent/metastatic lesion that were treated with anti-PD-1 antibody. However, the lesions increased in size after immunotherapy. Therefore, subsequent chemotherapy with cetuximab and paclitaxel was considered and showed marked reduction of size of the recurrent/metastatic lesions. The two cases suggested that administration of salvage chemotherapy after immunotherapy is promising for recurrent/metastatic head and neck cancer.
  • 浅利 有紗, 相澤 知美, 渡邊 祥二郎, 津川 浩二, 田中 完, 伊藤 悦朗
    2019 年 70 巻 1 号 p. 77-81
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    重症アトピー性皮膚炎(AD)ではシクロスポリン(CsA)治療が保険適応とされているが,本邦において小児科領域での報告は少ない.今回,ネフローゼ症候群 (NS)で検討されているCsA 1日1回投与法が有用であった重症ADを経験した.症例は15歳男子.10歳頃よりAD (重症度分類16/20点)としてベタメタゾン外用薬を要し,経口プレドニゾロン併用後も増悪を繰り返した.NSに準じてCsA 1.3 mg/kg 1日1回食前投与を開始し,開始3週間で臨床症状の改善を認め,経口プレドニゾロン中止が可能となった.CsA投与後2時間血中濃度は350 ng/ml前後で維持され、治療開始より12か月経過したが副作用は認めていない.本症例はCsAを1日1回投与とすることで,推奨量に比べ低用量での効果が得られた.小児の重症ADに対するCsA 1日1回投与法は有用な治療の一つであることが示唆された.
  • 櫻庭 裕丈
    2019 年 70 巻 1 号 p. 82-84
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
  • 齋藤 傑
    2019 年 70 巻 1 号 p. 85-87
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
  • 飯野 勢
    2019 年 70 巻 1 号 p. 88-91
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
  • 櫻庭 裕丈
    2019 年 70 巻 1 号 p. 92-93
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
  • 小笠原 宏一, 石戸 圭之輔, 原 裕太郎, 赤石 隆信, 工藤 大輔, 木村 憲央, 米内山 真之介, 陳 豫, 斎藤 絢介, 高畑 武功 ...
    2019 年 70 巻 1 号 p. 94
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    【症例】 症例は50歳、女性。20XX年春に上腹部痛、白色便、黄疸の症状を認め精査加療目的に当院消化器内科へ紹介となった。精査の結果、膵頭部癌および多発肝転移の診断を受けた。遠隔転移を有する切除不能膵癌に準じてFOLFIRINOX療法が開始された。計18コース施行した時点で画像上のPRが得られたため、手術の方針となり20XX+1年春に当科紹介となった。局所は切除可能であり、多発肝転移はほぼ消失し肝S7に瘢痕様所見を認めるのみだった。以上より、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術、および肝S7部分切除術を施行した。肝にはS7以外に転移性病変を認めず、肉眼的完全切除を施行し得た。病理所見では原発巣および肝転移巣は、化学療法による線維化および硝子化変化のみを認め、癌細胞の消失を認めた。一方で1つの12bリンパ節組織にのみ、低分化腺癌の転移を認めた。術後1カ月後からS-1を用いた術後補助化学療法を開始したものの、術後3か月で肝S4に新たに肝転移を認めた。現在、2次化学療法を導入し外来で治療継続されている。
    【考察】 遠隔転移を有する膵癌に対するFOLFIRINOX療法の生存期間中央値は11.2カ月、無増悪生存期間中央値は5.5カ月、奏効率は37.7%とされており、切除不能膵癌に際するconversion surgeryでは生存期間中央値は39.6カ月と予後の延長を認めたとする報告がある。一方で遠隔転移を有する切除不能膵癌のconversion surgeryの報告は少なく、そのタイミングや意義は明らかではない。したがって、自験例に関して文献的考察を加え報告する。
  • 楊 薇, 于 在強, 瀬谷 和彦, 大徳 和之, 今泉 忠淳, 古川 賢一, 福田 幾夫
    2019 年 70 巻 1 号 p. 94
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    大動脈弁狭窄症 (AS)は、ワルファリンの長期投与によって発症しやすいことが知られている。最近 、我々はワルファリンを用い、AS患者大動脈弁から得た間質細胞(HAVICs)の石灰化を高リン酸条件下で誘発するモデルを作成した。ワルファリンはビタミンKサイクルを抑制することが知られている。そこで今回、ワルファリン誘発性石灰化に対するビタミンKの影響について、検討を行った 。AS 患者から得たHAVICsを10% FBSを含むα-MEMで培養し、コンフルエント後に高リン酸培地(3.2 mM)下にてビタミンK(10 nM)やワルファリン(1 μM)を添加し、さらに1週間継続培養した。石灰化はAlizarin Red S染色法により評価した。石灰化関連遺伝子の発現変化は、real-time PCR法で調べた。
    ビタミンK共存は正常培地下ではワルファリン誘発性石灰化に影響を与えなかったが、高リン酸条件下では石灰化を著しく亢進した。この石灰化は、III型ナトリウム-リン酸共輸送体(PiT-1)の阻害薬、ホスホノギ酸により著しく抑制された。一方、ホスホノギ酸は石灰化関連遺伝子の発現に影響を与えなかったが、ビタミンKは、骨形成タンパク質、BMP-2の発現を有意に亢進した。以上の結果からAS患者から得たHAVICsの高リン酸条件下におけるビタミンK誘発性石灰化は、ワルファリンと同様に、高リン酸によるPiT-1活性亢進との相加的あるいは相乗的効果によって起こった可能性が示唆された。
  • 阿島 光, 玉井 佳子, 金子 なつき, 小山内 崇将, 内田 亮, 大和 美都, 田中 一人, 北山 眞任, 廣田 和美, 伊藤 悦朗
    2019 年 70 巻 1 号 p. 94
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    [はじめに]術直前希釈式輸血で用いる自己血は、採血後数時間の全血液であり、血小板や凝固因子を含むため止血能に優れると考えられている。当院では1990年代から希釈式自己血輸血を施行してきた。2016年4月より診療報酬が加算されたため、希釈式自己血輸血の実施状況と医療経済的効果について検討した。[方法]2016年10月から2018年3月の18か月に実施された希釈式自己血輸血を対象として、実施状況の詳細(件数、有害事象の有無、採血量、術式等)および経済的効果を検討した。[結果]対象期間中における手術室内手術の約7%に相当する429件で希釈式自己血輸血が施行された。採血ならびに輸血(返血)による有害事象は認めなかった。診療報酬加算前後での実施数に増減は無かった。総採血量は303,164mLで、800mL(400mL×2本)採血が最も多く行われていた。希釈式自己血輸血が施行された主な術式は、子宮摘出術や人工股関節置換術、膵頭十二指腸切除術のような予測出血量が多い術式であった。対象期間における診療報酬は1,566,000点(87,000点/月)であった。[考察]当院では2000年以降年間300-450件の希釈式自己血輸血を診療報酬無しで施行してきた。診療報酬加算後の2016年4月以降に希釈式自己血輸血の実施件数に変動はなく、適正に実施されていると考える。対象期間中で加算された診療報酬1,566,000点は貯血式自己血輸血400mLに換算すると783本分に相当し、患者にとって貯血式自己血輸血のための外来受診を回避するメリットに加えて、大きな病院収入となっていることが判明した。[結語]希釈式自己血輸血の診療報酬加算により当院では医療経済的効果が大きかった。今後は①希釈式自己血輸血施行例における同種血輸血の回避率、②貯血式・回収式自己血輸血との併用効果ついて検討する。
  • 鎌田 耕輔, 間山 恒, 山形 和史, 玉井 佳子, 山本 祐司, 津田 英一, 石橋 恭之, 福田 眞作, 高見 秀樹
    2019 年 70 巻 1 号 p. 95
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    【背景】血友病性関節症は疼痛,可動域制限ならびに拘縮をきたし,患者のADLを著しく低下させる.重症関節症に対する外科的治療は極めて重要だが,原疾患の出血傾向のために積極的に介入する医療機関は少ない.当院の整形外科,血液内科,リハビリテーション(リハ)科の血友病性関節症治療に関する連携状況と周術期対応の現状を検討した.
    【対象】2008年から2018年の11年間に当院で5症例,10関節の血友病性関節症手術が施行された.全例が1985年以前に出生した男性血友病A患者であった.血友病重症度は中等症2名,重症3名で,人工膝関節全置換術(total knee arthroplasty,TKA)が5症例7関節,人工股関節全置換術(total hip arthroplasty,THA)は3症例3関節で施行された.うち2名は対象期間中に3関節の手術を受けた.手術適応となった全関節において疼痛・可動域制限が認められた.
    【凝固因子補充の実際】入院中の凝固因子補充を血液内科が担当した.40単位/kgの凝固因子を手術直前に静注後,4単位/kg/hrで持続静注を行った.手術部位の再出血の危険が少なくなるまでの期間は,第Ⅷ因子活性80~100%を目安に投与量を調整した.持続投与中止後は,リハ開始直前に凝固因子製剤の静注を行い,患者・理学療法士の両者が安心して可動出来るように配慮した.入院中の第Ⅷ因子活性トラフは20%以上を目標とした.
    【結果】手術時間中央値はTKAで2時間27分,THAで1時間48分であった.出血量はTKAでは50g以下,THAは中央値471g,全例で患部の熱感・疼痛を自覚するような術後出血は認めず,同種血輸血を回避できた.周術期凝固因子製剤持続投与期間はTKA7~10日間,THA9~16日間だった.在院日数の中央値はTKA29日,THA40日であった.リハは術翌日から健常者と同様メニューで施行できた.血友病性関節症患者は術前から高度拘縮に付随する筋力低下などを伴うため,リハは手術前と同程度のADL回復を目標とし,全例独歩での退院が可能であった.
    【考察とまとめ】当院の血友病性関節症手術において,血液内科がガイドラインに準じてテーラーメイドで凝固因子製剤の投与・微調整を行い,整形外科,リハ科と密な連携をとった結果,非血友病患者と同等の出血量で安全な手術,ハが施行可能であった.
  • 斎藤 拓, 松坂 方士, 田中 里奈, 佐々木 賀広
    2019 年 70 巻 1 号 p. 95
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    [目的]青森県では47都道府県の中で年齢調整死亡率は全国1位であり、大腸がんに対する医療需要は特に大きいと考えられる。従って、限られた医療資源が適切に配分されなければ、過小供給の地域や患者が集中することによる過剰需要の地域では、1患者あたりに費やす時間が短くなるため、医療レベルや患者サービスが低下する恐れがある。本研究では、青森県内の大腸がんに対する医療資源に偏りがあるかどうかを定量的に検討した。また、その結果を踏まえ、現時点での解決策の提案を試みた。[方法]対象は2010-2012 年に青森県で大腸がんと診断された5298 名である。青森県は6つの2次医療圏に分けられているが、各医療圏において、大腸がんの有病率(医療需要の指標)及び、人口10万人当たりの消化器外科専門医数(以下 専門医数)・一般病床数(以下 病床数)・病院数の3種類(医療供給の指標)を算出した。これらの数値から、専門医数・病床数・及び病院数について、ジニ係数(GC)とハーフィンダル・ハーシュマン係数(HHI)を算出し、それらの医療圏間不均衡の程度を定量化した。GCは資源偏在の指標であり、均等分配で0、一地域に完全に偏った状態で1となり、GCが大きいほど格差が大きい。HHIは資源占有の指標で完全な独占では10000となり、HHIが大きいほど不均衡の度合いが大きい。[結果] 6医療圏別にみると、八戸では医療需要の指標である有病率が最も少ないにも関わらず、医療供給の指標である専門医数は最も大きく一般病床数や病院数もそれぞれ2位、3位であった。また、下北では医療需要の指標である有病率が2番目に大きいにも関わらず、医療供給の指標である専門医数、一般病床数および病院数がすべて下から2番目であった。算出されたGCは、専門医数、病床数、病院数でそれぞれ、0.285、0.115、0.053となり、専門医数で最も大きかった。HHIは、専門医数、病床数、病院数でそれぞれ2736、2272、2102となり、専門医数で最も大きかった。いずれの結果も専門医数の医療圏間較差が大きいことを示した。[結論]青森県の大腸がんに対する医療資源を医療圏ごとにみると需要と供給がミスマッチしていることが分かり、供給では特に専門医数の偏りが最も大きいことが示された。専門医数の偏りを是正することが望ましいが、急激に是正することは困難であるため、遠隔医療の導入や、地域連携パスの普及などにより、現状の負担を軽減させる取り組みが必要であると考えられた。
  • 藤井 裕子, 長谷川 範幸
    2019 年 70 巻 1 号 p. 95
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
    【背景•目的】Chiara-Network は、右房に存在する場合がある網目状構造物で、下大静脈から冠状静脈洞にわたる胎生期遺残である。Hans Chiari らによる剖検例での報告にはじまり、心エコー図検査で認めることもある構造物である。臨床的には、血栓塞栓症、感染性心内膜炎、上室性頻拍症などとの関連が報告されている。また、日常の心エコー図検査において、心房細動 (atrial fibrillation: AF) 例で Chiari-Network を見ることをしばしば経験する。本研究では、心不全を合併することの多いAF 症例において、Chiari-Network の心不全への影響について検討した。
    【方法】当院で2018年4月から10月に心エコー図検査が行われた症例を対象とした。僧帽弁流入血流波形からA波のないものを心房細動と判断した。心不全の指標として、右房圧 (right atrial pressure: RAP), 三尖弁逆流 (tricuspid regurgitation: TR), 肺動脈収縮期圧 (pulmonary artery systolic pressure: PASP), 左房圧 (left atrial pressure: LAP), 及び、左房容積 (left atrial volume: LA volume)を、心エコー図検査で計測し算出または評価した。それらの指標を、AF 症例において、Chiari-Network の有無間で比較検討した。
    【結果】当院で2018年4月から10月に心エコー図検査が行われた144例中38例が、心エコー図検査中にAFを呈した。Chiari-Network は、AF、発作性 AF、及び、上室性期外収縮連発症例に認められ、全心エコー図検査の11.8% を占め、特に、AF 症例で36.8% と頻度が高かった。Chiari-Network 群と非 Chiara-Network 群との比較において、RAP 及び LA volumeは、両群間でほぼ差は見られなかった (RAP: 6.6 ± 3.5; 6.7 ± 4.4 mmHg)(LA volume: 102.5 ± 28.3; 102.8 ± 46.9 mL)。TR 重症度スコアは、両群とも平均的には中等症であったが (TR スコア: 2.4 ± 1.0; 2.5 ± 1.3)、Chiari-Network 群でやや軽度であった。PASP 及び LAP は、両群とも軽度上昇を呈したが (PASP: 30.1 ± 13.1; 32.2 ± 12.2 mmHg)(LAP: 13.5 ± 2.7; 14.9 ± 5.3 mmHg)、Chiari-Network 群では、やや低い傾向にあった。
    【結論】Chiari-Network は、AF 症例で頻度が高く、Chiari-Network と AF の関連性が示唆された。心不全の特徴は、AF 症例全体で、TR 重症度が増し、 RAP、LA volume、PASP 及び LAP の上昇をきたすものの、Chiari-Network を有するAF は、Chiari-Network を有さない AFに比し、TR 重症度、PASP 及び LAP は、やや低い傾向が示された。その原因としては、Chiari-Network が、左房の形態を支え、拡大を抑制している可能性、また、Chiari-Networkの網目が一部の血栓を捉え、血栓塞栓を予防する可能性、が考えられた。
  • 赤平 一樹, 佐藤 ちひろ, 三上 美咲, 加藤 夢梨, 山田 順子
    2019 年 70 巻 1 号 p. 96
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
      脳卒中後のリハビリテーションは患者のQOLを向上させるため必須であり、中枢神経系の可塑性変化を誘発し、運動機能を回復させると考えられている。臨床現場では、脳卒中片麻痺患者に対する様々な治療方法が展開されているが、治療効果における科学的根拠として脳内における新たな神経回路形成を引き起こす条件および詳細な機序は未だ不明な点が多い。脳卒中患者へのリハビリテーションの中でも、麻痺側上肢集中使用を促すCI療法(Constraint-induced movement therapy)は高い治療エビデンスを有するが、最も効果的な運動種類や質は明らかでなく、回復効果の詳細なメカニズムは未だ明らかではない。
      本研究では、麻痺側肢集中使用と運動介入を併用し機能回復効果を明らかにすることを目的とし、ヒトの上肢・手指の運動麻痺に対応させた脳梗塞モデルラットをPIT(Photochemically Induced Thrombosis) 法により作成し、前肢運動麻痺に対するCI療法の効果を検討した。PIT法は血管内に注入した光感受性色素ローズベンガルに特定波長の光を照射することにより限局した皮質部位に脳梗塞を作成することができる手法である。実験動物は非介入群 、ケージ内の生活上でのみ麻痺側肢を集中使用するCI群、麻痺側肢集中使用に加え、餌へのリーチトレーニングを行ったCI+reach群の3群に分け実験を行った。
      その結果、術後10、14、21日目に非介入群と比較してCI群、CI+reach群において前肢運動機能の評価スケールで有意に機能回復の向上を示した。また、非介入群とCI+reach群の比較では術後10、14日目にリーチ・把握動作を評価するsingle-pellet reaching testでCI+reach群が有意に成功率の改善を示した。本研究の結果より、術後の運動介入が機能回復に有用であり、前肢の粗大運動回復にはCI療法群及びCI療法と手指機能訓練の併用群共に有効であることが示された。このことから、粗大運動の回復には麻痺側集中使用が有効であると考えられる。一方、手指巧緻性の回復においてはCI療法と手指機能訓練の併用群が有意な回復を示した。このことから、餌へリーチし口まで運ぶというような目的ある動作を繰り返し反復する課題指向型訓練 (task-orientated training) が運動機能回復に有効であると考えられる。
      今後、本研究で確立した前肢麻痺モデルを用いて脳回復のメカニズムを明らかにするため、神経再生解析、シナプス、スパイン解析によるネットワークの変化と機能回復の検討などへ発展させることが可能である。
  • 嶋村 則人, 奈良岡 征都, 片山 耕輔, 角田 聖英, 片貝 武, 藤原 望, 松田 尚也, 浅野 研一郎, 大熊 洋揮
    2019 年 70 巻 1 号 p. 96
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
      心原性脳塞栓症を代表とする急性期脳虚血に対するt-PA静注療法が2005年に保険収載され、標準治療として行われている。さらに、2015年には脳血栓回収療法の有効性について複数のエビデンスが発表され、2017年に脳卒中診療ガイドラインではグレードAで推奨された。しかしながら、脳血栓回収療法はおろか、t-PA静注療法も行うことができない症例が数多くみられる。
     当院における急性期脳虚血再灌流療法について、現状を報告し、課題を考察する。脳血栓回収療法は2010年から始まり、年間2~3例程度であった。2015年から7-19-24件と経年的に増加した。これに伴い、治療成績は、1.搬入から治療開始までの時間が50分±24sd。2.TICI 2b以上の有効再開通が86%。3.発症90日後のm-RS 2以下の自立生活が57%。と良好な結果であり、経年的に改善している。しかし、最終健常から頭蓋内再灌流までの時間は平均401分であり、有意な短縮を得られなかった。
     そこで、更なる改善のために、1.救急救命士対象の脳卒中勉強会開催。2.青森県急性期脳梗塞血管内治療ネットワーク設立。3.青森県健康福祉部の協力を得て県内全病院への脳血栓回収療法の案内送付を行っている。
      病院前対応、病院連携を行い、急性期脳虚血からの回復例を増やす取り組みを今後も積極的に行っていく予定である。
  • 福田 幾夫, 鈴木 保之, 福田 和歌子, 池内 淳子
    2019 年 70 巻 1 号 p. 96
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/05
    ジャーナル フリー
     災害での病院被災を前提とした有床診療所・病院495施設への調査回答を解析。立地条件では海岸・河川まで1km以下278病院、56%/1km以遠198病院40%、海抜0m未満3病院/0〜10m 175病院、造成地 56/埋立地 50/河川敷46 病院。職員の意識では、病院周辺の震度5以上の地震リスクを職員のほとんどが知っている 70病院(14%)、病院周囲のハザードマップの職員への周知 55病院(11%) と職員への周知度は低い。病院被災を前提とした災害対策マニュアルは67%で整備されているが、病院被災を想定した災害訓練の実施は 45%に留まった。本研究は本学附属病院の注目すべき学外との共同研究として評価された。
feedback
Top